りんくまが受験生を応援! 文化放送のキャンペーン実施中

受験生におすすめのグッズをプレゼントしたり受験生リスナーの交流の場を設けたり、文化放送では3月18日(日)までの期間中、受験生を応援するキャンペーンを実施しています。

久間田琳加さんが受験生を応援!

キャンペーンガールを務めるのは、現役高校生モデルの久間田琳加さん。人気女優の登竜門とも言われている雑誌「SEVEN TEEN」で専属モデルを務め、“りんくま”の愛称で親しまれる人気モデルです。

このキャンペーンでは、特設サイトで久間田さんからの応援メッセージも公開したり、久間田さんがパーソナリティを務める文化放送『久間田琳加 りんくま*めがへるつ』で、受験生に向けたオリジナルコーナーを放送したりと、受験生の励みになるような企画が多数、実施されます。

『久間田琳加 りんくま*めがへるつ』とは?

2017年の10月から始まった10月から始まった番組で、現役高校生である久間田琳加さんがティーンエイジャーらしい軽やかなトークをお届けしています。

文化放送の人気番組『レコメン』(月曜日~木曜日 22時~25時)内で放送しているのですが、久間田さんの番組が放送される時間帯は、過去に桐谷美玲さんや芳根京子さんといった人気女優がパーソナリティを務めており、人気女性タレントの登竜門といっても過言ではありません。

雑誌では見ることのできない素顔を発見できるかもしれませんよ!

【番組概要】

■番組名『久間田琳加 りんくま*めがへるつ』
■放送局:文化放送
■放送日時:毎週月曜日 23時30分~45分頃 ※『レコメン』内で放送
■出演者:久間田琳加
■番組URL:http://www.joqr.co.jp/reco/

4つの特別企画をチェック!

キャンペーン(1)【特設サイトオープン】
久間田さんのメッセージを公開するほか、受験生リスナーの交流の場を設ける特設サイトを展開中です。

キャンペーン(2)【Twitter連動企画】
キャンペーンのハッシュタグ「#ひとりじゃない」の総ツイート数に応じて、特設サイトにある桜の木が変化していくユニークなキャンペーン。満開を目指してたくさんツイートしてくださいね!

キャンペーン(3)【受験生おすすめグッズプレゼント】
筆記用具などの必須アイテムから、カイロやお守りなどの「試験会場に持っていくと安心な物」まで、試験当日にも役立つグッズをプレゼント。

キャンペーン(4)【受験生応援ミニコーナー】
文化放送で月曜日~木曜日の22時~25時に放送中の『レコメン!』では、パーソナリティを務めるオテンキのりさんが受験勉強の息抜きになるような時間をお届けするコーナー「オテンキのり、受験生の勉強の息抜きに付き合いますテレフォン!」(毎週火曜日 23時45分~23時55分頃放送)や、久間田さんが受験生を応援するコーナー「レコメン!受験生応援 りんくま掲示板」(毎週月曜日 23時30分~23時45分)を放送しています。

■キャンペーン名「~キミはひとりじゃない~文化放送 受験生応援キャンペーン」
■主催:文化放送
■開催期間:2017年12月1日(金)~2018年3月18日(日)
■キャンペーンガール:久間田琳加
▼特設サイト
http://www.joqr.co.jp/juken/

受験勉強は“孤独との闘い”になりがちですが、久間田さんの番組を聴いて他の受験生リスナーとともに乗り切りましょう!

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

タグ

「招待者が、国家権力との距離感を問われる難しさがある」 安倍元首相「国葬」について辛坊治郎が指摘

キャスターの辛坊治郎が9月27日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ゲストとして出演した政治ジャーナリストの田﨑史郎氏と、同日に執り行われた安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について対談した。

安倍元首相の国葬で、献花し手を合わせるプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(中央)と巨人の原辰徳監督(その左)=2022年9月27日午後4時23分、東京都千代田区(代表撮影) ©共同通信社

辛坊)今回の国葬を通じて感じたのは、「なかなか難しいところがあるだろう」ということです。国葬には機械的に招待される人がいますよね。現役の国会議員や国会議員経験者、都道府県知事、経済団体のトップらです。「難しい」と感じたのは、その他の曖昧模糊とした招待者に対してなんです。国葬に参列する、しないというのは、おそらく国家権力との距離感を如実に表すバロメーターにもなるからです。当然ながら、ポジティブに受け止める人もいるだろうし、逆にネガティブに受け止める人もいるはずです。

国家権力との距離というものが1つのバロメーターとして見えてくるとなると、招待者は判断を迫られます。ですから、純粋に故人を悼むという観点からすると、葛藤が生じる人も出てくるわけです。国葬とは、「ずいぶん酷なことをいろいろな人に強いるイベントだな」という気がするんですよ。

田﨑)中には、そう感じる人もいるでしょうね。特に苦しい立場にあったと思われるのは、報道機関ですよ。新聞社、テレビ局の各社には案内状が3枚ずつ届いたといわれています。そこで各社は判断を迫られたわけです。例えば、社長を含め誰が参列するか、しないか。あるいは、参列そのものをどうするか。そういう意味では、辛抱さんがおっしゃったことはメディアに対して当てはまります。岸田政権や安倍元首相との距離感をどう保つかが問われてしまいますからね。

辛坊)そういう意味では、私はちょっと腹に据えかねていることがあるんです。安倍元首相をめぐっては、「桜を見る会」の問題がありました。問題が大騒動になってからは、皆が口をつぐんじゃいましたけれども、大騒ぎしているメディアのトップは毎年、桜を見る会に参加していましたよね。

田﨑)そういうメディアもありましたね。

辛坊)「何なんだ!」というのが正直な思いでしたよ。

田﨑)考えものですね。

辛坊)トップどころか報道局長レベルでも毎年、参加して自慢げに写真を撮っていた人もいますよ。

田﨑)いますね。僕の記憶では、首相官邸記者クラブのキャップ、サブキャップらも行っていました。

辛坊)招待されていたんですよね。

田﨑)ええ。僕は行ったことはないんですけれども、招待されたことはあります。

辛坊)そこです。田﨑さんは、権力との距離の測り方が職業倫理に基づいていて、実にしっかりとしています。すごいです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ