実はこんなにある! ジャズが楽しめるラジオ番組【前編】

ラジオ番組には、ロック、ポップス、クラシック、歌謡曲、演歌など、さまざまなジャンルの音楽番組があります。

中でも非常に多いのがジャズをテーマにした番組。その中から一部ではありますが、おすすめの番組をご紹介します。起きた時、移動中や、自宅でくつろぐ時などに、ラジコを立ち上げてみませんか?

▼そのほかのジャズ番組はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/12769/intro/

TOKYO FM『渡辺貞夫 Nightly Yours』毎週日曜日 24時〜24時30分

20年近く続く人気番組。人と音楽を通して、ポピュラー・ミュージックの幅広い楽しさをジャジーな雰囲気で伝えます。

番組内コーナーの「マンスリー・ライブ」では、渡辺さんの貴重なライブ音源をオンエア! 音楽に関する解説から、ご自身の音楽活動の裏話が聞けるのも嬉しいところ。
( ※この番組はTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中。放送時間は各局によって異なります。)

ラジオ日本『オトナのJAZZ TIME』毎週土曜日 23時〜24時

放送開始からおよそ30年。パーソナリティーは、コピーライター兼広告プロデューサーの島崎保彦さんです。

ジャズの話はもちろん、アシスタントのジャズシンガー・紗理さんとのやりとりにも注目。二人の年齢や経験値に開きがあることもあり、ほのぼのとした会話が繰り広げられます。真面目に解説をしたかと思いきや、急に冗談を言ったり、クイズを出題することも……。この番組は、鹿児島のMBCラジオでも、毎週土曜日の21時から放送されています。

FMヨコハマ『女子ジャズRadio』毎週火曜日  25時30分〜26時

“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトに2011年に結成された3人組バンド・fox capture planがパーソナリティを務めます。

fox capture planは2013年に発売した2枚目のアルバム「BRIDGE」で、「JAZZ JAPAN AWARD 2013アルバム・オブ・ザ・イヤーニュー・スター部門」、第6回「CDショップ大賞2014」ジャズ部門賞を受賞。2016年にはFUJI ROCK FESTIVAL、第15回東京JAZZに出演を果たしました。

fox capture planの曲の中でも、ひときわ異彩を放っているのが、メンバーの皆さんが「ギャグ曲」と呼んでいた「決定的にダメな男」という曲。初心者が初めて叩いたように演奏しており、それが逆に難しかったのだとか。一度聴くと妙に耳の残る曲でおすすめです。

番組では、お便りを紹介するほか、CDショップの店員を迎えて、おすすめの曲を紹介してもうコーナーもありますよ!

FM NIIGATA『CHERRY JAZZ STYLE』毎週日曜日 22時30分〜22時55分

今年始まった新番組。パーソナリティーは、ジャスシンガーの吉川ナオミさんです。

吉川さんは経歴がユニークで、情報誌の副編集長、3年間に渡る香港での駐在生活を経てジャズシンガーに。現在は新潟県内から東京、NYまでさまざまな場所でライブを行っています。

吉川さんの軽快なトークもあり、あっという間の25分間ですよ!

FMとやま『山中千尋 いつだって T-TIME』月曜日〜木曜日 17時45分〜18時

パーソナリティーは、バークリー音楽大学を首席で卒業、国内外問わず縦横無尽に活動を続ける、ジャズピアニスト・山中千尋さん。

楽しいトークと音楽が連日楽しめます。夕方の18時前といえば、通勤ラッシュに悩まされる時間ですが、この番組を聴けば、イライラも解消されるかもしれません。

FMとやま『Jazz Reminiscence』毎週日曜日 20時30分〜21時

山中さんは日曜日にも番組をもっているんです。

『Jazz Reminiscence』では、あるアーティストにスポットを当て、生い立ちから、特徴、聴くべきアルバムなどの話まで至れり尽くせりでお届け。また、山中さんご自身のエピソードも飛び出します。様々な場所で活動している、山中さんだからこそ言えるトークは必聴です。

FM長野『THE CAT 武田徹のJAZZ WORLD』毎週木曜日 11時30分〜11時50分

元ラジオマンで、長野で活躍するパーソナリティー・武田徹さん。

少年時代にジャズの魅力にとりつかれ、大学時代からバンド活動を続けてきました。毎月、一組のアーティストにスポットを当て、当時の資料なども駆使してお届けします。武田さんのジャズ愛が溢れんばかりの番組です。

CBCラジオ『後藤浩二 ジャズ魂~あなたと夜と音楽と~』毎週日曜日 22時30分〜23時

ジャズピアニストの後藤浩二さんの番組。番組名にあるジャズ魂は「ジャズコン」と読みます。

後藤さんのジャズコレクションの中から、名盤はもちろんのこと、隠れた素晴らしい演奏もご紹介しています。もちろん、後藤さんのオリジナルの曲もオンエア。

スタジオライブをしたり、ピアノを弾きながら解説をしたりと贅沢なひとときが味わえます。日曜の夜の、お休み前の時間にピッタリの番組です。

CBCラジオ『渡辺美香のWhat a Wonderful World』毎週土曜日 23時〜23時30分

ジャズを歌うことが趣味の渡辺美香アナウンサーがパーソナリティを務めます。番組では、渡辺さん流のジャズの楽しみ方をご紹介。

渡辺さんは現役のCBCアナウンサーでありながら、ジャズアルバム「JAZZ日曜日」もリリースしています。先述の後藤浩二さんは、そのアルバムの中でピアノを担当しています。
また、昨年11月に愛知県岡崎市で開催された「岡崎ジャズストリート」では、この番組の公開収録も行われました。岡崎はジャズのライブハウスやジャズバー、ジャズ喫茶が多い町。医師でジャズ愛好家の内田修先生の「内田修ジャズコレクション展示室」もあります。

SBSラジオ『インビテーション・トゥ・ジャズ』毎週日曜日 22時〜23時

放送開始40年! パーソナリティーの今村政司さんは、元静岡放送のアナウンサー。ジャズが大好きで、ご自身で立ち上げたという番組です。静岡のジャズファンの間では知らない人はいない…というほど、ジャズに精通。静岡で開催されるジャズのイベントの司会も担当しています。放送では、演奏会に足を運んで収録した音源も流すほどの凝り様です!

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisobakaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

フラ・パフォーマー キャロル・ハルヨがすすめるハワイ「サイド・ストリート・イン」のフライドライス

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(1月7日放送)にフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨが出演。これからの目標とハワイでおすすめのレストランについて語った。

キャロル・ハルヨ

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。1月3日(月)~1月7日(金)のゲストはフラ・パフォーマーのキャロル・ハルヨ。5日目は、これからの活動について—

黒木)フラを芸術の1つとして認めてもらいたいと思っていらっしゃるということなのですが。

ハルヨ)フラは伝統、伝承芸能として、宗教的な目で見られてしまう面もあります。また、「フラはフラでないといけない」という、くくりがどうしても日本はあるのです。

黒木)フラはフラでないといけないと。

ハルヨ)「フラでもこんな踊りができる」とプレゼンテーションしたとしても、言葉では理解してもらえないので、私はこの20年、そういったことを発信し続けて来たのですが、ようやく時代が追いついて来たように思います。他の教室の先生たちも、日本語の曲で踊るようなことも見受けられるようになりました。

黒木)これからの目標は何ですか?

ハルヨ)フラとキャロル・ハルヨを見て元気になってもらえるような活動を引き続きして行きたいなと思います。

黒木)ハルヨさんのフラを見られるチャンスはあるのですか?

ハルヨ)2月にバレンタインのイベントがあります。

黒木)日本で?

ハルヨ)日本です。

黒木)そうなのですか。一度見てみたいです。

ハルヨ)いらしていただけたら光栄です。

黒木)「根暗だから頑張るのだ」という記事も読みましたが、何かわかる気がします。

ハルヨ)地味なのです、私。家では。

黒木)容姿は大変派手でいらっしゃるのですが。

ハルヨ)ハワイに行ったときに、「あなた、歩くミュージアムね」と言われました。みんなが振り返ると。

黒木)注目される、何かオーラが出ていたのですね。ハワイでおすすめのレストランはありますか?

ハルヨ)「サイド・ストリート・イン」かな。昔からあるレストランです。昔はアラモアナのショッピングセンターの裏の方にあったのですが、いまは引っ越して、ホノルル・ズーの方に引っ越してしまったのですが。

黒木)何がおすすめですか?

ハルヨ)フライドライスです。

黒木)フライドライス。

ハルヨ)油モリモリの。身体に悪そうな。オーダーしているものすべて茶色みたいな。

キャロル・ハルヨ

キャロル・ハルヨ / フラ・パフォーマー

■東京都出身。カリフォルニア在住。日本・ハワイ・カリフォルニアを往復。
■1995年・フラを習い始め、教室で講師なども務め、ハワイでの大会にも参加。
■1999年・フラを学ぶためにハワイへ移住。
■恩師であるパレカ・レイナアラ・マトスさん率いる「フラ・ハラウ・オ・カムエラ」(ハワイ名門フラスタジオ)でレッスンを受ける日々を過ごす。
■2000年にはフラ界のワールドカップとも言われる最高峰「メリーモナーク」の 選抜チームの一員に選ばれ優勝。その後・2003年まで4年連続優勝を果たした。
■恩師が亡くなったこともあり、2003年の大会出場を最後に独立。「HPOWER Co.(エイチパワーコーポレーション」をハワイに設立し、本場ハワイをはじめ、ワールドワイドにフラ・パフォーマーとして活動。フラ・スタジオの

運営やイベント開催・出演など、多方面で活躍。ボディメイクや美容に関する活動も展開している。

Facebook

ページトップへ