【ラジオな人】FM802 編成部長 山本剛志さんが語る、音楽ヒットのポイントとその取り組み【後編】

関西No.1のミュージックステーションとして、音楽やアートなど数多くの才能を発掘、そして発信しているFM802。多くのアーティストやスタッフと一緒に仕事をする中で見えてくる景色、そこから生まれる絆や企画があるようです。編成部長 山本さんが目指すFM802の姿は、過去の経験があってこそでは…? そんな山本さんの想いが込められたインタビュー、この記事ではその後編をお届けします。

▼前編はこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/13467/intro/

――FM802は、生ワイド番組が非常に多いことも特徴です。番組編成について、簡単にお聞かせいただけますか?

FM802(以下802)の編成は、大別すると、「多くのリスナーに楽しんで頂きたいワイド番組」「音楽の多様性を届ける番組」「高校生に届けたい番組」の3つに分けられます。

1つ目は、仕事、勉強、車の運転、お店、朝の支度、通勤、通学、家事などの日常生活に入り込めるメディアは、ラジオだからこそだと思っています。

2つ目は、新しいアーティストをどこよりも早くリスナーに届けて出会いをつくるために、ロック、ブラック・ミュージック、アニメ・ゲーム・ネットアーティストなど、さまざまなジャンルを流しています。

3つ目は、落合健太郎がDJの『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』や鬼頭由芽がDJの『ROCK KIDS 802 -YUME GO AROUND-』です。

――夜の番組もバラエティに富んでいると思います。たとえば以前、『MUSIC GUMBO』を放送していましたね。

桜井和寿さん(Mr.Children)、草野マサムネさん(スピッツ)、トータス松本さんほか、いろいろな方がDJを務めてくださいました。当時は平日の夜と週末に多くのリスナーが聴いてくれてたのですが、特に週末になると、平日の3倍ぐらいのリスナーが聴いてくれていたんです。

7

――時代の流れもあって、娯楽の時間が増えたことも考えられるのではないかと…。

20年ほど前からは、平日の朝から夕方の時間帯にラジオを聴くニーズは少しずつ高まっていきました。ですが、このご時世、SNS、スマートフォン、ストリーミング配信、YouTube、ネットショッピングなど競争が増えたことで、夜と週末の時間の奪い合いが激しくなっています。しかし、802だからこそのコンテンツを発信し続けることで、オンリーワンの存在になると信じています。

DJの存在は唯一無二

――ヒット曲を発掘していくために、802ならではの要素は何かあるのでしょうか?

ヒットしている曲を「ヒットしているから」という理由で流すのでは、他のメディアと差別化はできませんし、リスナーにも音楽の良さは伝えられません。

最近ですと、back numberの『瞬き』は全国のラジオ局で流れていますが、この曲をアーティスト名のみ伝えて紹介するのでは、聴いているリスナーには響かない。リスナーにとって“一生忘れられない曲”にするには、DJのコメント力、要は伝え方がポイントだと思っています。DJの言葉で、リスナーの心に届けること。802はDJの存在が唯一無二だと思っています。

――お店や街でよく流れているから紹介するのではなく、DJの言葉で伝えることが、ヒットコンテンツを生み出すことに繋がるのですね。

ヒット曲が生まれる裏には、誰かの心を“揺さぶる”何かがあるはず。だからこそ、誰かにとっては一生忘れない曲になり、いつまでも聴かれるのです。相手に何をどう感じてほしいのかを自分の言葉で伝えることは、音楽をヒットさせていくにあたってのポイントになってきます。

10代の学生さんたちにラジオの楽しさを伝えたい

――先ほど、「ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-」「ROCK KIDS 802 -YUME GO AROUND-」は高校生をターゲットにした番組だとおっしゃっていました。10代の若者たちにラジオを聴いてもらうために、何か考えていることはあるのでしょうか。

中学生や高校生は、音楽に興味を持ち始める時期で、勉強しながら音楽を聴くことが多いですよね。勉強しながらラジオとファーストタッチする1つの大きなチャンスだと思っています。逆に大学生になると、授業、バイト、サークルとキャンパスライフが充実して、ラジオに接する時間がなかなかありません。

でも、思春期真っ只中の中高生は、進路や恋愛、人間関係など悩みを抱えたりしていて、DJが話す内容や音楽は、大げさかもしれませんが、その後の人生に大きな影響を及ぼすくらい刺激されると思うんです。学生たちがラジオと接触する機会を作っていくことも常に考えています。

8

――約30年間で、802としては大きな流れの変化はありましたか?また、ここは802の強みだと思えるところについてはいかがでしょう?

802が開局して、お陰様でナンバーワンステーションになることができました。ただ、もしかすると10年後には別の局が、802に代わってナンバーワンステーションになっている可能性だってあります。「数字を落としてしまうのではないか…」という不安はもちろんありますが、番組で流す曲の選曲を徹底していますし、何よりも音楽、アーティストへの強い愛情があります。これこそ私たち802の強みだと思っています。

――それでは、編成部長である山本さんご自身のお話をお伺いしたいと思います。いろいろなアーティストやスタッフの方と一緒に仕事をしてきて、忘れられないことなどたくさんあると思いますが、入社以来で最も印象に残っていることを教えていただけますか?

802に入社してから20年が経ちます。入社当時から、アーティストの展開について、レコード会社やイベンターの皆さんと一緒に考えさせていただくことは楽しかったですね。たとえば、リスナー同士でトーナメントを組んでゲーム大会を開催したこと。決勝でアーティストと対決して、それを公開放送で流す。試行錯誤する中で、アーティストとの間に信頼関係が生まれて、次の企画に繋がっていくのが面白いんです。他には、入社して間のない頃、開局時から展開していた「バンバーステッカー」のキャンペーンを任せてもらえたことも印象深いですね。802には、自分が考えた企画を責任範囲内で自由に任せてもらえる環境があるのは特徴的だと思います。

ステッカー素材_リサイズ

アーティスト、スタッフたちの繋がりがあってこその企画

――まさにアーティストとの絆が生まれる瞬間が…!山本さんが担当した企画はどんなものがありますか?

802では毎年、「ACCESS!」というキャンペーンを行っています。10年間続いている企画で、新生活が始まる春に向けて、802とゆかり深いアーティストと一緒に、オリジナルのキャンペーンソングを制作する企画です。かつて、忌野清志郎さん、槇原敬之さん、秦基博さんに楽曲をお願いしました。

「ACCESS!」には、新生活を迎えるリスナーにも802との繋がりを深めてほしいという想いが込められているのですが、10年前に初めて「ACCESS!」のキャンペーンソングを作った時は、ノウハウがない中で、楽曲制作の依頼から、アーティストのブッキング、などを行いました。当時は他のラジオ局がやったことがない企画でしたが、それでも引き受けてくださったのは、それまでに築いた関係性があったからだと思います。中には「802だからこそ、やります!」とアーティストが自ら手を挙げてくださったこともあって、それが何よりも嬉しくて…! たくさんの人に聴いてほしい、魅力的なコンテンツを作っていこう!という気持ちが、一層強くなった瞬間でした。

10

――802は不定期にDJオーディションを開催していますね。どういったところを重視しているのでしょうか?

やはり“人間力”です。自分が発信したいことを持っている人、自分の言葉で伝えることができる人は活躍していくと思っています。DJが「今日は上手く話せた!」と思っても、リスナーが「本当はもっとゲストのパーソナルなことを聴きたかった」と満足していないこともあります。

――自己満足で終わらせてはいけない…伝える仕事として、とても重要なことですよね。

DJになるためには、音楽に詳しい人、関心がある人は、伝える引き出しがたくさんあって有利です。でも音楽の知識は、勉強すれば追いつけます。“人として”目の前にいる人やマイクの向こう側にいるリスナーに想いを伝えられるかどうかがポイントです。DJになるという目標だけではなく、DJになってからも切磋琢磨できる人や、自身の欠点を知っている人こそ努力し続けるので伸びていくと思っています。

11

――では最後に、開局30周年を迎えるにあたって、皆さんにメッセージをお願いします。

2019年1月1日から、いよいよ開局30周年イヤーに入ります。開局当時のことを知らない方も多いと思いますし、802のこれまでの良い部分は継承しつつ、コアターゲットである10〜30代のリスナーにとって「802だからこそ!」「音楽最高!」と心の底から感じてもらえる特別な存在になれるよう、いろんなことにチャレンジしていきます。

番組情報

ROCK KIDS 802

■放送局:FM802
■番組名:『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』
■放送日時:毎週月曜~木曜 21時〜23時48分
■DJ:落合健太郎
■番組サイト: https://funky802.com/rockkids/

ROCK KIDS 802 -YUME GO AROUND-

■放送局:FM802
■番組名:『ROCK KIDS 802 -YUME GO AROUND-』
■放送日時:毎週金曜 21時〜23時48分
■DJ:鬼頭由芽
■番組サイト: https://funky802.com/service/homepage/index/1521

▼その他FM802 の番組情報はこちら!
https://funky802.com/

出演者プロフィール


山本剛志

1997年  FM802入社 編成部配属
2011年 営業部へ異動
2013年 802編成部へ異動

インタビュー

YMgrdfKa

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

カメラマン

倉科直弘(kurashina naohiro)

ブルース・ロックを愛する。草野球も少々。街と退廃と幸福について毎日考えています。
「MUSIC MAGAZINE」「Number」「ケトル」など、多数の雑誌に写真を掲載。大阪在住。

twitter: @kurabokurabo

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

電撃ネットワークのリーダー・南部虎弾急逝…ギュウゾウ「“なんか寂しいね”ってなる場面は必ず出てくると思うんです」

TOKYO FMの音声配信プラットフォームAuDee(オーディー)の番組「直撃!コアチョコ地獄電波」(隔週木曜・20時配信)。ホラーにプロレス、カンフーにカルト映画など、コアなデザインでアパレル界を席巻する「ハードコアチョコレート」代表・デザイナーのMUNEが、自身の経営する「BAR バレンタイン」にコアチョコユーザーである各界の著名人をお迎え。大人になりきれなかったあなたに送る教養プログラムです。

2月22日(木)の配信では、電撃ネットワークのギュウゾウさんがゲストに登場。パフォーマンス中に起こった忘れられないハプニングや、今後の電撃ネットワークの活動について語ってくれました。

▶▶「直撃!コアチョコ地獄電波」音声版


(左から)ギュウゾウさん、MUNE


1964年8月生まれのギュウゾウさん。1990年結成の人体実験パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」のメンバーとして現在も活躍中です。栃木県塩谷町ふるさと観光大使であり、2015年からは栃木県応援音楽イベント「ギュウ農フェス」を主宰。音楽と栃木県名物食のイベントを開催しています。

◆サソリ芸でまさかのハプニング!?

MUNE:電撃ネットワークで、「ムチャクチャだったな」と感じた思い出はありますか?

ギュウゾウ:どの方向で(笑)?

MUNE:たとえば、サソリ芸はギュウゾウさんの十八番じゃないですか。サソリに関する面白いエピソードはありますか?

ギュウゾウ:サソリに刺されたエピソードはあります。最初に、なぜ僕がサソリをやろうと思ったか。残念ながら(2015年に)亡くなっちゃった、(元メンバーの)三五十五さんが途中からMC専属になって。パフォーマンスはやらない立場だったんですけど、彼はアイデアマンだったんですよ。で、毒が比較的弱いサソリを見つけてきたぞと。でも、毒はあるんだよ?

MUNE:(笑)。

ギュウゾウ:「これさ、生放送で刺されたら面白くね?」ってところから始まったの(笑)。

MUNE:すごいなあ。

ギュウゾウ:AX(日本テレビ)だかCX(フジテレビ)だかのキー局ですよ。当時、僕はパフォーマンスの数が増えなくて悩んでいたんですね。それで、俺がやることになりました。ゴムで指をめっちゃ締め上げて、正月の年越し番組の生放送で「年明けに世界で一番早くサソリに刺される男」ということでブスっと(笑)。それがはじまり。

MUNE:え~! 指の血を止めていたらなんとかなるものなんですか?

ギュウゾウ:1回目は大したことはなかった。今まで3回強烈に刺されたんだけど、どんどん症状が悪くなんのよ。たしか、山口県でやった2ステージ回しのライブ1ステージ目でサソリに刺されたんですけど、メンバーたちのリアクションがみんな違って面白かったんですよ。

三五さんは「お前顔がすげぇぞ」と。口のなかを刺されて腫れがすごかったんですよ。「次は休んでもいいからな。無理するなよ」とも言ってくれた。

そうしたら南部さんが「ちょっと失礼」と写真をカシャっと撮ったんですよ。「なんだ?」と思っていたら、ガンガン俺の携帯に電話がかかってきて。南部さん、俺がサソリに刺された顔の写真をSNSにアップして、大騒ぎになったんですよ(笑)。

MUNE:(笑)。

ギュウゾウ:次にダンナ小柳君が、「ギュウちゃん。いくらケガをしていてもね、次のステージを休んだらギャラは減ることになるよ」と。「お前、金の話かよ!」みたいなね(笑)。

オチとしては、顔がパンパンになったしSNSで出まわっているから「嫁さんが心配しているだろうなあ」と思いながら家に帰ったんですよ。そうしたら、うちのカミさんが「父ちゃん大変! ほうれい線がなくなってる!」とか言って。いいカミさんをもらったなあと思いました(笑)。

MUNE:ポジティブな言葉ですね(笑)。

ギュウゾウ:そのあとは病院に行って、毒消しというかアレルギー止めを投与してもらったんです。「これを飲んで寝てください」って睡眠導入剤ももらったんですけども、それを飲んで寝るときに「このまま目が覚めないんじゃないか」と思って怖かった。

カミさんに「起きないかもしれないから写真を撮っておいて」と伝えましたが、起きました。大丈夫でした。俺、30年のあいだサソリを口に入れていて、ひどく刺されたのは3回なんですよ。コストパフォーマンスはいいほうだよ。

MUNE:(笑)。


ギュウゾウさん


◆今後の電撃ネットワークはどうなる?

MUNE:今後も電撃ネットワークの活動は続けて、大きくしていくみたいな展望ですか?

ギュウゾウ:電撃ネットワークは、南部(南部虎弾)さんが残念ながら急逝(2024年1月)して、新しく体制を整えないといけない部分はあるんですよね。だけど、エンターテインメントの演出に関しては自信があるつもりなんです。

あとは、いつまでもおじさんの脳みそのなかでやっちゃうと寒いところがあるので、今の若い人たちがどういうパフォーマンスを見たらワクワクするのか、どういうジョークで笑顔になるのかを、僕ら先輩組が(後輩メンバーに)押し付けずに、メンバーみんなで伸び伸びとやりたい。

残念ながら南部さんが亡くなって、三五さんが亡くなって。パワー不足になったり「なんか寂しいね」ってなる場面は必ず出てくると思うんです。そこをどうやって耐えて乗り越えていくかを考えていく。

MUNE:そうですね。

ギュウゾウ:「信義耐」と言ってね。いろんなことがあっても耐えて前に進むという、役者の安藤昇さんが言っていた言葉なんです。最初のうちはなかなかうまくいかない。だけど、そのほうが爆発力はあるじゃん? だから、心配はしていない。

MUNE:では、今後の電撃ネットワークのご予定は?

ギュウゾウ:電撃ネットワークのライブはあるけれど、まだ小さいところでの再開ですね。あとは、3月23日(土)に南部さんとエスパー伊東さんの合同お別れ会があります。

それと、僕は60歳になるんですけども、8月11日(日)に川崎のクラブチッタで還暦イベントをやります。今回は久しぶりにパンクバンド、パフォーマー、ヒップホップの連中とやろうかなと。あと、許される限り電撃も火を使ったりするパフォーマンスができたらいいなと思っています。



番組では他にも、ギュウゾウさんの俳優時代の振り返りや、今日元気さんを交えて電撃ネットワークのパフォーマンスに関するエピソードを披露しました。

----------------------------------------------------
「直撃!コアチョコ地獄電波」音声版
----------------------------------------------------
<番組情報>
番組名:直撃!コアチョコ地獄電波
配信日時:隔週木曜日・20時配信
パーソナリティ:MUNE

Facebook

ページトップへ