【ラジオな人】『SCHOOL OF LOCK!』は未来の鍵を探す場所。とーやま校長あしざわ教頭にインタビュー!【前編】

新入生のみなさん、ようこそ! ラジオの中の学校『SCHOOL OF LOCK!』では、「起立・礼・叫べー!!」が合言葉。何気ない学校生活についてはもちろん、甘酸っぱい恋の悩み、そして人間関係のことなど、10代の生徒たちからのいろんなメッセージが届きます。

どんなときも生徒と真剣に向き合うとーやま校長とあしざわ教頭に、番組のこと、生徒たちのこと、就任し続けている今の気持ちなどを伺ってきました!

▼『SCHOOL OF LOCK!』(スクールオブロック)についてはこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/2630/intro/

『SCHOOL OF LOCK!』は自分の帰る場所でもある

 

「新しく『SOL』に入学した生徒へのメッセージ」byとーやま校長
「新しく『SOL』に入学した生徒へのメッセージ」byとーやま校長

 

――とーやま校長は、『SCHOOL OF LOCK!』の校長に就任して8年目になりますね。

とーやま:8年って結構ですよね。自分でも最近ちょっと引き気味なんですけど(笑)。歴代の校長・教頭あわせて、一番長くなってしまったって感じですね。

――長くなって「しまった」というのは?

とーやま:申し訳ないな…とも思っているんですよ。毎日しゃべる人が8年もい続けていいのかなっていうのは、最近ちょっと本気で思っているんですけど。

――この春、大学生になった生徒(リスナー)が中学1年から聴き始めたとしても、とーやま校長の声がずっと流れていたわけじゃないですか。そうすると、「自分の帰る場所がある」と安心できるのかなと感じたのですが。

とーやま:そう言っていただけるとありがたいです。

――あしざわ教頭は4年目に入りましたが、いかがですか?

あしざわ:もう、あっという間ですね。しゃべっている本人としては毎日が違うことの連続なので、『SCHOOL OF LOCK!』を担当する前よりもすごいスピードで1年が過ぎていくんですが、一刻はものすごく濃くて。時間の感覚が本当に違うんですよ。不思議な感覚です。

50年前も800年前も10代の悩みは変わらない!?

――radiko.jp(ラジコ)やラジコプレミアム、タイムフリー聴取機能も始まり、ラジオの聴き方が変わりましたが、生徒の求めることは変わったと感じますか?

とーやま:僕が『SCHOOL OF LOCK!』に就任したのが2010年4月、今年の4月で丸8年が経ちますが、変わった感じはないですね。結局みんな、思っていることは一緒だと思います。もちろん、1人ひとり違う人間なんで、すべて一致しているわけではありません。でも、大もとにある気持ちや行きたい場所は、ざっくりいうとみんな一緒かなと思っています。学生生活を送ることは、今も2010年も一緒です。たぶん1950年も一緒でしょうし、1200年代だと……。何時代ですか?

3

――鎌倉時代ですね。

とーやま:鎌倉時代の10代はそんなこと思っていないか…。

あしざわ:何で出したんだ、例えに。

とーやま:考えても「いつ元服しようかな」とか、そんなことですよね。

あしざわ:どんだけ続けるんですか、その話題。

とーやま:「元服の気持ちってどんな気持ちなのかな」とか、「俺が元服していいのかな」とか。

あしざわ:元服ギャグってやったことないでしょ?

とーやま:でも、そうなると「元服していいのかな」って考えるんですよ。僕も高校卒業して大学生になって大丈夫なのかなとか、大人になって……。

あしざわ:つながってくるんかい(笑)。

とーやま:でも、実際そうですよね。だから哲学者がいて、倫理の授業もあって。

あしざわ:すげー深い話になってるよ。

とーやま:違う違う。これはマジな話で、未来の話でも一緒だと思うんです。テクノロジーが進化して、これからどういう世界になっていくかわからないですけど。みんな今、番組の掲示板はスマートフォンで登録してくれていますよね。

――番組のアプリもありますね。

とーやま:radiko.jp(ラジコ)なんてものすごく画期的じゃないですか。タイムフリーでいつだって聴くことができるし、エリアフリーで北海道から沖縄のラジオ番組も聴くことができる。これからもどんどん進化を遂げていくんでしょうけど、何十年経っても、僕たち人間がぶちあたるところは、たぶん一緒なんじゃないのかなと思っています

――あしざわ教頭はどうでしょうか。話していて生徒の変化に何か気づきはありますか?

あしざわ:僕も基本的には変わっていないと思っています。ただ、悩みの内容に「SNS」が出てきているんじゃないかな。友だちを作るのに「LINEを交換する」という話はいっぱい聴くんですけど、結局「好きな子に話せない」のはLINEを駆使したところで解決できないんですよ。最終的に自分で話しかけるしかありません。そこはテクノロジーが進化しても変わらない気がするので、パッと見は変わっても、本質は変わっていないという印象です。

校長と教頭の役割がときどき入れ替わるのも魅力

――番組を聴いていて、とーやま校長が熱くしゃべって、あしざわ教頭が全体を見て冷静にツッコむところが好きなんですが、その関係性は最初からできてたんですか?

とーやま:これはたぶん、先代たちのものだと思うんですよ。やましげ校長(※1)とやしろ教頭(※2)のバランスを、いつの間にか引き継いでいるんだと思います。もちろん、聴いている生徒たちが作ってくれているのもあって、自然と成り立った感じですね。

あしざわ:今までの教頭はクールでクレバーな部分があったと思うんです。僕は確かにツッコむ側で冷静でいるんですけど、圧倒的に「学」がない感じがありまして…。

4

とーやま:それは否めない。

あしざわ:最近は逆転して、「校長がツッコんでんじゃねぇか」ってことがすごく多くて。申し訳ないなと思いつつ、人間が違うから仕方ないかなと思っていて。でもそれがメチャクチャ面白いときもあったりするんですよね。

――弱点があった方が、人間味を感じられて生徒は喜ぶのかなと。

あしざわ:最初の頃はクールな感じでいった方がいいのかなとも思っていました。隠していても、毎日しゃべってたらバレるので、「あ、コイツ大したことねぇな」というのが、結果として良かったのかなって(笑)。

――続きは後編で!

(※1)2005年10月の番組開始から、2010年3月まで初代校長(メインパーソナリティ)を務めた。「涙目の熱血校長」。

(※2)同じく番組開始から初代教頭(メインパーソナリティ)を務めた。2012年3月に退任。現在はTOKYO FM『Skyrocket Company』(月曜日~木曜日 17時~19時、金曜日 21時30分~21時55分『Skyrocket Company PARCO Hot Seminar』)ラジオの中の会社で本部長をつとめている。
 

番組概要

cl_20161006195052_82605

■放送局:TOKYO FM他、JFN全国38局ネット
■番組名:『SCHOOL OF LOCK!』
■放送日時:月曜日~木曜日 22時~23時55分、金曜日 22時~22時55分

出演者プロフィール

■とーやま校長

1979年、北海道出身。2010年4月に『SCHOOL OF LOCK!』の2代目校長に就任。前任はやましげ校長(2005年10月の番組開始から2010年3月まで)。感情をそのまま出す熱いトークが魅力。

■あしざわ教頭

1979年、東京都出身。2014年10月に3代目教頭に就任。前任はよしだ教頭(初代はやしろ教頭)。美術(アート)的センスを備えたツッコミで、とーやま校長をクールダウンさせる……はずが、ミスしてツッコまれることもある。

インタビュー・写真

jigazo

豊田拓臣
1979年、埼玉県生まれ。
中学生からラジオを聴き始め、ずっと聴き続けていたら、ラジオ番組の紹介記事やしゃべり手のインタビューをして原稿を書くことが仕事になったフリー編集者/ライター。

自称・ラジオ解説者。
著書に『ラジオのすごい人たち~今こそ聴きたい34人のパーソナリティ』(2012年、アスペクト)がある。
一般社団法人日本放送作家協会会員。
特定非営利活動法人放送批評懇談会正会員。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

2022年下半期の運勢・12星座別占い「牡羊座(おひつじ座))」ルーンからのお告げ

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする12星座占い、星とルーンで見る2022年下半期の運勢「牡羊座(おひつじ座)」。星座ごとの2022年下半期の運勢と、北欧の神々が用いた魔法の古代文字「ルーンからのお告げ」により、健やかに過ごすヒントをお届けします。ルーン占いによる2022年下半期のあなたの運勢は……?
(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属・真龍人(マリユドゥ)さん)


◆2022年下半期はどんな年になる?

今年の上半期にうお座を運行していた幸運の星・木星が、5月11日(水)におひつじ座に移動した後10月28日(金)までの約半年間滞在して、その後12月20日(火)に再びおひつじ座に歩みを進めて下半期の運勢に大きなインパクトを与えます。

おひつじ座は占星術のトップバッター。“積極性”“自己主張”などを示すため、前に進む勢いがあります。2023年の目標などを少し先取りして進めてみるのもアリ!

ただし、この幸運の星は7月末から11月後半まで大半の期間は逆行してしまうので、“何となくうまくいかない”“停滞を感じているのかな”と感じてしまう可能性も。惑星が逆行しているときは、振り返りや見直しなどをするのがベストだと言われているので、来年に向けた準備期間として、これまで順調だったことを見直したり、強化するのも良いでしょう。

また、エネルギーの星・火星も8月20日(土)にふたご座に移動すると、来年3月まで長逗留します。情熱を注げる趣味や勉強なども探してみては? 古代北欧にて魔術や呪術に使用されてきたルーンを使って、下半期を快適に過ごすアドバイスもお届けします。

【牡羊座(おひつじ座)】

◆2022年下半期のテーマ「輝く未来への扉を開ける」

幸運の星・木星があなたの星座に滞在して、来年やってくる“12年に一度の拡大期”へのプレリュードを奏でていきます。木星がうお座に逆戻りする10月28日までは、この幸運なパワーの恩恵も得られるので、ひと足お先に来年の幸運の扉を開いて、一歩を踏み出してみましょう。10月後半くらいまでは、今年の課題である人脈について振り返りの時間を持つことも大切です。

7月に入ると少しペースダウンするような印象もありますが、8月中旬頃は動きが出てきそう。特に恋愛面では星のご加護を受けられるので、夏の終わりの恋にも期待したいところ。9月に入ると仕事がさらに忙しくなる人もいそうです。9月10日から水星が逆行するので、ケアレスミスなどに注意してスケジュールをこまめにチェックすると良いでしょう。

結婚運やパートナー運に期待できるのは、秋が深まるころの予想。11月に入ると最終調整に入ります。来年に向けて何かを深堀してみるのもオススメ。

<お守りルーン>
2022年下半期のあなたを守ってくれるルーンは、収穫までのプロセスを示す「ジェラ」。まさに今期のあなたにふさわしいルーンが出ました! “幸運をつかむためには、その過程も大切にしましょう”という暗示です。来年の“12年に一度の幸せな時期”に向けてコツコツ努力をすることを忘れないで。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。LINE占いコンテンツ「石垣島の宿命師 マリユドゥ」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、西洋占星術とタロットを組み合わせ、お客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。対面・オンライン鑑定、占いライター、占い講師として活動中。
個人サイト:https://linktr.ee/Maryudu
Webサイト:https://selene-uranai.com/

Facebook

ページトップへ