村上春樹さんがラジオDJ初挑戦! 『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』

TOKYO FMをはじめとするJFN38局では、作家・村上春樹さんがディスクジョッキー(以下:DJ)をつとめる特別番組『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』を8月5日(日)に放送します。

DJ初挑戦となる村上春樹さんは、どんな曲を選び、どんな話を繰り広げるのでしょうか?

目次

  1. ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい
  2. 村上春樹さんにとってなくてはならない「音楽」と「走ること」
  3. 番組概要

ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい

「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞し、作家としてデビューした村上さん。谷崎潤一郎賞やフランツ・カフカ賞など、国内外の文学賞を多数受賞しています。

また、小説家になる前はジャズ喫茶を開いていたほど音楽が好きだそうで、「ラジオを通して、心地いい時間を分け合いたい」とDJに挑戦することにしたのだとか。

番組を始めるにあたり、村上さんから届いたメッセージをご紹介します!

小さい頃から、レコード(とかCD)のコレクションが趣味で、おかげでうちにはそういうものが溢れかえっているんですが、「こんな素敵な音楽をいつも僕ひとりで聴いて、気持ちの良い時間を送っていて、世の中になんか申し訳ないよな」とよく思っていました。ときにはいろんな人たちと適当におしゃべりをしながら、ワイン・グラスやコーヒー・カップを手に、心地よい時間を分け合うのもいいかもしれない。
ラジオでディスクジョッキーみたいなのをやってみようかという気になったのは、そういうところが原点になっています。だから僕の好きな音楽ソースをうちから持ってきて、それを好きなようにかけて、そのあいだに好きなことを話させていただく……そんな感じのパーソナルな番組にできればと思っています。
他の番組ではあまり(まず)聴けないような曲を、でもできるだけ寛いで聴ける音楽を選んでかけていきたいと思います。むずかしいことはほとんど抜きで。そしてその合間にちょっとしたお話もできればなと思っています。楽しんでください。

村上春樹さんにとってなくてはならない「音楽」と「走ること」

テーマは「RUN&SONGS」。村上さんは、専業作家になると決めた時から走り始め、走る時には必ず音楽を聴いているそうです。

村上さんといえば「1Q84」や「ノルウェイの森」などの文学作品のイメージが強いですが、「小澤征爾さんと、音楽について話をする」や「走ることについて語るときに僕の語ること」といった、「音楽」と「走ること」についての著作も10作品以上あります。

番組では、村上さんがランニングするときに愛用しているiPodやCD、レコードをスタジオに持ち込み、「曲」についてはもちろん、「走ること」や「音楽」、「文学」についてもざっくばらんに語ります。

さらに、リスナーから集めた音楽に関する質問にも回答。いったいどんな答えが飛び出すのか、どうぞお楽しみに!

番組概要

■番組名:『村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~』
■放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
■放送日時:2018年8月5日(日) 19時~19時55分
(※Date fm、広島FMは20時~20時55分、FM沖縄は21時~21時55分)
■パーソナリティ:村上春樹
■番組URL:http://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

「縦型」と「ドラム式」洗濯機、それぞれのメリットは?

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月20日放送分のテーマは「縦型/ドラム式」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

現在、洗濯機の主流は「縦型」と「ドラム式」です。ドラム式の「ドラム」とは、丸い筒状の洗濯槽・ドラム槽のことです。

2つのタイプの洗濯機ですが、見た目以外で最も違うところが「洗い方」です。簡単に言うと、縦型は「もみ洗い」が基本で、洗濯物同士をこすり合わせて汚れを落とすやり方です。

ドラム式の場合、基本はドラムを回転させ、衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」です。縦型に比べて少ない水でも、しっかりと洗剤を泡立てて洗うことができます。ただし、縦型のなかには節水タイプのものもあります。

他にも、乾燥機能を比べた場合、ドラム式の方が性能が高く、衣類がシワになりにくいと言われています。

しかし、盲点になりがちなのが「洗濯機を置く場所」です。ドラム式はドアが手前にあるため、開けたり閉めたりする際、その分のスペースが必要です。スペースの問題を忘れてしまい、いざ購入してドアを開けようとしたら、壁につかえてしまうケースも珍しくないそうです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ