スマホやPCでラジオが聴ける! radiko(ラジコ)の使い方ガイド

ラジコはスマートフォンやPCで気軽にラジオを聴くことができます。スマートフォンのラジコアプリは、2019年3月18日(月)にリニューアルしました。今回は、スマートフォン・PCそれぞれの基本的な使い方を解説します。通学や通勤中の移動時間、ちょっとした空き時間に、ぜひラジコでラジオをお楽しみください。

ラジコで放送中の番組を聴く方法

スマートフォンで聴く方法

(1)ライブページで今いるエリアで放送されている番組の一覧を確認できます。聴きたい番組をタップします。

(2)左下の再生ボタンをタップして、番組の再生/停止の操作が可能です。右下のボタンをタップするとシークバーを表示できます。

(3)シークバーを再生したい位置へスライドするとタイムフリー聴取機能へ切り替わり、お好きな位置から再生が可能です。

パソコン(Webサイト)で聴く方法

(1)トップページで今いるエリアで放送されている番組の一覧を確認できます。聴きたい番組をクリックします。

(2)再生ボタンをクリックして、番組の再生/停止の操作が可能です。

聴き逃してしまった番組は「タイムフリー」で

「タイムフリー」機能を使えば、番組を聴き逃してしまっても大丈夫! 過去一週間の放送を聴くことができます。

「タイムフリー」の詳細はこちら

プレミアム会員登録でエリアフリーを楽しもう!

プレミアム会員登録をすると、今いる地域に関係なく全国の番組を聴くことができます。

エリアフリーの詳細はこちら

そのほか便利な機能を紹介

今回は基本的な使い方を説明しましたが、ラジコアプリには他にも便利な機能がたくさんついています。詳しく解説しているページをまとめました。

①:バッファ時間設定、オフタイマー

バッファ時間設定

オフタイマー

②:レコメンド

レコメンド

③:番組表、検索、マイリスト

番組表

検索

マイリスト

④:シェア、オンタイマー、楽曲購入

シェア

オンタイマー(※Androidのみ)

楽曲購入

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「祝日」と「祭日」の違いって何?


『祭日』はよく“日曜・祭日はお休みします”といったように使われています。『祭日』を辞書で調べますと、『皇室で儀式や祭典が行われる日』とあります。

以前はこの『祭日』の一部が、皇室の祭典に関する法律で休日や祝日になっていましたが、1947年(昭和22年)にこの法律が廃止されました。
現在では『国民の祝日に関する法律』、いわゆる『祝日法』で決められた祝日については、『祭日』という言い方はせずに、『祝日』あるいは『国民の祝日』としています。それでも戦前までの名残から『祭日』という言葉が使われています。

このように現在、法律上では『祭日』はありませんが、名前を変えて、いまの祝日に受け継がれているものもあります。
例えば、2月11日の『建国記念の日』。“建国をしのび、国を愛する心を養う日”ですが、“日本という国が建てられたという事実そのものを記念する日”でもあります。『建国記念の日』は元々、日本の初代天皇、神武(じんむ)天皇が即位された日、『紀元節』という祝日でした。

他にも、11月23日の『勤労感謝の日』。“勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日”ですが、元々は農作物の恵みを感じて感謝する『新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)』という祝日でした。


■杏樹の感想

今回のテーマは『祝日』でしたが、これは『令和』になって改めて手帳をながめていたら、今年後半から来年にかけて祝日が大きく変わると分かったからです。祝日や連休によって、お仕事に影響がある方もいらっしゃると思いますので、これを機会に覚えていただけたら…と思います。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ