記者会見に潜入!名古屋の民放ラジオ5局が「リレー特別生放送」を実施。『BuzzRadio バズラジオ』ってどんな番組?

9月23日(日)19時~21時30分に、名古屋にある地上波民放ラジオ5局が、特別番組『BuzzRadio バズラジオ』を放送します。「リレー特別生放送」という、あまり耳慣れない方式での放送です。一体どんな放送になるのか? 記者会見に潜入してきました!

23日のメインパーソナリティ・つぶやきシローさんと、アシスタントの山内彩加アナウンサー(CBC)。9月14日の記者会見にはつぶやきさんが参加し、山内アナは司会を務めた。
23日のメインパーソナリティ・つぶやきシローさんと、アシスタントの山内彩加アナウンサー(CBC)。9月14日の記者会見にはつぶやきさんが参加し、山内アナは司会を務めた。

突然ですが、名古屋に地上波民放ラジオ局がいくつあるかご存じですか?

@FM(FM80.7MHz)、CBCラジオ(AM1053kHz/FM93.7MHz)、ZIP-FM(FM77.8MHz)、Radio NEO(FM79.5MHz)、東海ラジオ(AM1332kHz/FM92.9MHz)の5つです(順不同)。
この5局が、同じ番組をリレー形式で放送します。タイトルは『BuzzRadio バズラジオ』。

オンエア日時は9月23日(日)19時~21時30分ですが、30分ごとに放送する局が変わります。「リレー形式」たる由縁です。

放送時間と放送局は以下をご覧ください。

19時~19時30分    @FM ▶ラジコで聴くにはこちら
19時30分~20時    CBCラジオ ▶ラジコで聴くにはこちら
20時~20時30分    ZIP-FM ▶ラジコで聴くにはこちら
20時30分~21時    Radio NEO ▶ラジコで聴くにはこちら
21時~21時30分    東海ラジオ ▶ラジコで聴くにはこちら

実はこのリレー形式での番組は、今回で3回目。過去には2017年9月10日に『Yume Tube~あなたの夢をラジオがつなぐ~』を、2018年3月4日には『Yume Anime~あなたの夢~』を放送している。
今回のテーマは「SNS」。プロデューサーを務める東海ラジオ・梅沢尚志さんは、「中高生に“今、興味のあるものは何か”をアンケートで尋ねたところ、SNSが一番多かった」と語る。若い人たちが、今回の番組をきっかけにラジオに触れ、“人の声のコミュニケーションの楽しさ”を伝えるのが狙いのようだ。

メインパーソナリティはつぶやきシローと足立佳奈

Ph02
「若者にイジられる覚悟で臨みたい」と、記者会見で語ったつぶやきシローさん。SNSの使い方だけでなく、ラジオの面白さも伝えてくれるのではないだろうか。

メインパーソナリティはお笑い芸人のつぶやきシローさん、シンガーソングライターの足立佳奈さん。

つぶやきさんはTwitterで1日1ツイートしかせず、フォロワーへのリアクションもしないという、今の流行とは真逆の方法でSNSを活用している。にも関わらず、98万人を超えるフォロワーを持ち、愛知学院大学出身とゆかりがあることから、白羽の矢が立った。
9月14日(金)に行われた記者会見で、つぶやきさんは「名古屋の特別番組のメインパーソナリティに選ばれて大変光栄です。リレー形式というのがチャレンジ企画ですし、何より僕をこの位置に立たせることがすごいチャレンジ精神だと思います」と語った。

が、梅沢プロデューサーが「名前のインパクトも理由のひとつ」と暴露。つぶやきさんは、「そろそろ実力を認められたのかと思ったのに……」とガックリ。会場の笑いを誘った。
足立佳奈さんは岐阜県出身の現役大学生で、2014年にLINE×SONY MUSICオーディションのグランプリを獲得。2017年2月にTwitterにアップした15秒動画「キムチ~笑顔の作り方~」が中高生の間で話題となり、2,500万回以上の再生回数を記録した。デビューの経緯や年齢が、今回の番組内容や想定リスナーと一致したのだろう。彼女がどんなトークをしてくれるのか、非常に楽しみだ。

アシスタントにはCBCの山内彩加アナ。ゲストにはSNSを活用している高校生や、中学生シンガーの冨金原佑菜(ふきんばら・ゆうな)さん、愛知学院大学の放送研究会の学生などが出演する。

オブザーバーとして、Twitter Japanの森田謙太郎さんも加わり、今の学生がどのSNSを何のために使っているのか、いわゆる「炎上」などは怖くないのか、といった話をしていく。

リスナーのメッセージで、どう転がっていくのか

もちろん、リスナーもLINE@、Twitterからのメッセージで参加可能。アカウント、Twitterハッシュタグは以下の通り。

LINE@:@nagoradi
Twitter:@nagoradi
#なごらじ #バズラジオ

梅沢プロデューサーは、「学生リスナーがどんな質問や相談を投げかけてくるのか、それを受けて同年代の出演者がどうトークを展開していくのか、作り手としても楽しみ」と期待を膨らませている。
つぶやきさんは、アカウントを持っているTwitterを含め、LINE、Instagramなど、他のSNSについてもよく分かっていないそう。

「いろいろ聞く立場ですね。『知らないんですか?』ぐらいの感じできてくれて構わないし、こっちからも疑問をぶつけていきますし。そうして『いいことがあるよ』と分かればいいですね。ラジオの面白さが分かってくれればいいですし、楽しみです。学生さんとか若者にイジられる覚悟で、臨んでいきたいと思っています」
ひとつの魅力的な番組を、同じ地域の局が続けて生放送することで、リスナーは自分が住む土地にどんなラジオ局があるのかを知ることができる。しかし、膨大な娯楽の中からラジオを選んでもらうには、まず存在を認識してもらわなければ始まらない。そのような観点からも、名古屋各局の取り組みは大きな意義がある。

番組概要

ti_01

■放送局:CBCラジオ、東海ラジオ、@FM、ZIP-FM、Radio NEO
■番組名:<特別番組>名古屋民放ラジオ5局リレー特別生放送『BuzzRadio(バズラジオ)』
■放送日時:2018年9月23日(日)19時~21時30分
■番組サイト:https://fma.co.jp/f/cam/buzzradio/

インタビュー/カメラマン

豊田拓臣
1979年、埼玉県生まれ。
中学校1年生からラジオを聴き始め、ずっと聴き続けていたら、ラジオ番組の紹介記事やしゃべり手のインタビューをして原稿を書くことが仕事になっていたフリー編集者/ライター。自称・ラジオ解説者。
著書に『ラジオのすごい人たち~今こそ聴きたい34人のパーソナリティ』(2012年、アスペクト)がある。
一般社団法人日本放送作家協会理事。
特定非営利活動法人放送批評懇談会正会員。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

ガンダムのモビルスーツ生みの親・大河原邦男「仕事の醍醐味は、子どもの脳に種をまくこと」

J-WAVEで放送中の番組『INNOVATION WORLD』(ナビゲーター:川田十夢)のワンコーナー「DNP GLOBAL OPEN INNOVATION」。4月19日(金)のオンエアでは、『機動戦士ガンダム』シリーズのモビルスーツなどをデザインしたメカニックデザイナーの大河原邦男さんが登場。その多様なデザインの裏側に迫りました。


■ガンプラには興味がない?

今年40周年を迎えた『機動戦士ガンダム』シリーズ。『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル「ガンプラ」は、累計出荷数5億個を超えるとも言われています。しかし、大河原さんは「あまりよくわからない」と、それほど関心がない様子です。

大河原:私は企画の立ち上げからメカコンセプトを作る段階がいちばん楽しいので、それが終わったらあまり興味はない。ガンプラが出て、まさか40年も続くと思わないから、MSV(モビルスーツバリエーション)で随分と勝手に遊んでしまったんです。みなさんがプラモデルを作るようになったのは、それ以降ですよね。
川田:ガンダム以前にプラモデルってあったんですか?
大河原:ありました。ただ、スケール感で展開したガンプラは、少し今までと違ったものだったかもしれません。
川田:数字が出ていましたよね。「1/144スケール」とか。あの数字がリアルでしたよね。
大河原:そう思わせるだけなんですけどね(笑)。


■メカニックデザインの醍醐味とは

大河原さんは『機動戦士ガンダム』シリーズをはじめ、あらゆるロボットアニメのメカニックデザインに携わり、その道の第一人者と言われています。

大河原:『科学忍者隊ガッチャマン』ではじめてメカニックデザインを担当しましたが、それが終わったら背景をやっていました。メカニックデザインはひとつの仕事だったんです。でも、その仕事を職業にしたいという思いで頑張りました。
川田:その後に出てくるいろんなロボットは、ガンダムの影響を受けていますからね。
大河原:私の仕事の醍醐味は、子どものやわらかい脳に「大人になったらこれを研究しよう」という種をまくことです。
川田:見事にその種をまかれました。

川田は、『機動戦士ガンダム』シリーズの大河原さんが手掛けたモビルスーツについて、「機能性がかたちに表れている」と言います。

川田:機能性とデザインの両翼を備えていましたよね。
大河原:『機動戦士ガンダム』シリーズのスポンサーが玩具メーカーだったので、そう自由にはならなかったんですけど、登場する敵に関しては当時商品にならなかったので、監督の思うとおりのものが作れたんじゃないかなと思います。


■一生懸命にいろんなことをやってみる

川田は、「大河原さんのデザインするロボットは似ているようで似ていなくて、フォルムも角張ったものから丸みを帯びたものまである」とその多様性を絶賛。続けて「なぜそんなに変幻自在にデザインできるのか」と、問いかけました。

大河原:私は、タツノコプロで色々なアニメに携わりました。『ゴワッパー5 ゴーダム』を担当していた頃、ギャグ要素のあるタイムボカンシリーズ第2作『ヤッターマン』をやってみないかと言われました。それまではギャグものはやったことがなかったけど、私は何でもやってみたいタイプなんです。それで「ギャグものはこうデザインするんだ」と学べたからラッキーでした。
川田:でも、毎回ネタは違うじゃないですか?
大河原:それがまた楽しいんですよ。ニヤニヤしながら描くっていうのがね(笑)。

さらに川田は、どういう視点があれば大河原さんのようなアイデアが生まれてくるのかも訊きました。

大河原:何でも一生懸命にいろんなことをやってみることですね。そうすれば間口や奥行きが出てくるので。好きなものだけやっていたとしても、3作品くらい同じものが続いたらやりたくなくなるでしょ。

また、川田は「大河原さんの描く色彩を見ると、ファッション的な要素があるように感じる」と言います。

大河原:私はタツノコプロの前にアパレル会社にいて、そこでは紳士服の企画でシルエットをよく描かされていました。その影響がザクのシルエットに反映されているということですね。
川田:最近のファッションでは、そんなに色を使わず質素にまとめる「ノームコア」が流行っていますが、「それってザクじゃん」と思いました(笑)。ファッション的な流れもそれぞれのモビルスーツにあるから、そういった視点で解釈するデザイナーもいると思います。ファッションにもつながる感覚だなと思います。
大河原:それはあるかもしれないですね。
川田:流行にある雑多なものを大河原さんは自由に引き出し、カタチにしているような印象です。

デザインの参考にするため、新聞の折り込みチラシにまで目を通していたというエピソードが飛び出すなど、貴重なお話をたくさん伺うことができました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 


【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD』
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ