村上春樹のラジオ番組「声が渋い」「選曲が素敵」と大反響! 待望の第2弾放送

8月5日(日)に放送され、全国から大きな反響を呼んだ『村上RADIO』。スペシャルウィークの最終日・10月21日(日)に、第2弾『村上RADIO~秋の夜長は村上ソングズで~』を放送します。

また、10月17日(水)にはプレ特番として、第1回目の放送で紹介しきれなかったQ&Aをお届け。19日(金)には『村上RADIO ~RUN&SONGS』を再放送しますよ! どうぞお聴き逃しなく!

目次

  1. 選曲テーマは「秋の夜長は村上ソングズで」
  2. プレ特番や『村上RADIO』第1弾の再放送も!

選曲テーマは「秋の夜長は村上ソングズで」

1回目の特番では、「RUN&SONGS」と題して村上さんが選曲し、「曲」についてはもちろん、「走ること」や「音楽」、「自身のエピソード」など、さまざまなトークをお届けしました。

放送後、「初めて村上さんの声を聴きました」「声が若々しくて、渋くて素敵!」「選曲がとても素敵でした!」「第2弾も期待しています!」など、多くの反響があったことから、第2弾の放送が決定。

今回は「秋の夜長は村上ソングズで」と題してお届けします。前回同様、村上さん自身が選曲を担当し、リスナーからの「素朴な質問」に答えます。

村上さんご本人のメッセージもご紹介。

1回目の放送が思いのほか好評で、是非もっと続けてほしいという要望がたくさん寄せられました。ありがとうございます。僕もなかなか楽しかったので、とりあえず2回目をやろうということになりました。
今回はとくにこれというテーマはありません。秋の夜長を、村上の選んだ曲で楽しく過ごしてください……というのがテーマです。うちから持ってきたレコードやCDをかけます。他の番組ではなかなか(ほとんど)かからない素敵な曲をどんどんかけちゃおうというのが、僕の選曲の基本的ポリシーであります。
それからいろいろとお話ししなくてはならないこともあります。といっても、なにも深刻な話じゃありません。どちらかといえば、どうでもいいような話です。どうか気楽に耳を傾けてください。お楽しみに。

【番組概要】
■番組名:『村上RADIO~秋の夜長は村上ソングズで~』
■放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
■放送日時:2018年10月21日(日) 19時~19時55分
(※ふくしまFMは22時~22時55分、エフエム山口は20時~20時55分、FM沖縄は21時~21時55分)
■パーソナリティ:村上春樹
▼詳細
http://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

プレ特番や『村上RADIO』第1弾の再放送も!

17日(水)には『村上RADIOプレ特番』も放送。第1回の放送で紹介しきれなかったQ&Aをオンエアするほか、10月6日(土)にNYにて行われた「ニューヨーカー・フェスティバル」に登場した村上さんの最新動向や、10月19日(金)に公開予定の村上さん原作の映画「ハナレイ・ベイ」で監督を務めた松永大司さんへのインタビューなど、ファン必聴の内容でお届けします。

さらに、19日(金)には第1回目の特番『村上RADIO~RUN&SONGS~』を再放送。前回の放送を聴き逃したという方は、どうぞお楽しみに!

【番組概要】
■番組名:『村上RADIOプレスペシャル』
■放送局:TOKYO FM
■放送日時:2018年10月17日(水) 20時~21時30分
■パーソナリティ:坂本美雨、小川哲

■番組名:『村上RADIO~RUN&SONGS~』 ※再放送
■放送局:TOKYO FM
■放送日時:2018年10月19日(金) 20時~20時55分
■パーソナリティ:村上春樹

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

小池vs蓮舫 都知事選は「アンチの数対決」? 東スポ記者に見立てを聞く

落語家の春風亭一蔵がパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂フライデー ~どうした!?一蔵!』(文化放送・金曜日9〜13時) 6月14日の放送はスペシャルウィーク! 東京スポーツの種井一司記者をお招きし、番組パートナーの水谷加奈アナウンサーとともに、注目が集まる都知事選について伺った。

水谷アナ「7月7日に投開票が行われる東京都知事選挙に小池百合子都知事が立候補を表明しました。種井さんの見立てを教えてください」

種井記者「面子も含めて、地獄のような都知事選じゃないですか? 今はまだ小池都知事が有利なんじゃないかなと思います。蓮舫さんとの二強というか、一騎打ちなんですけども、やっぱり事前の情報を聞くと、まあ小池さんが有利かなと。蓮舫さんも知名度はあるんですけれどアンチも多いので。どっちかと言うと支持者というより「アンチの数」対決みたいな感じです」

水谷「小池さんは(学歴詐称疑惑の)カイロ大問題がありますけど、そこはどうなんですか?」

種井「本人的にはもう解決したことのようですが、我々はまだ違うだろうと思うし、新たな情報も出てきてるんですけど、本人としては「ない」、「もう終わった」と。問題はここから先、選挙のポスターとか選挙公報があるじゃないですか。そこに「カイロ大卒」って書くかどうか。書いたら書いたで突っ込まれるし、書かなかったら書かなかったで突っ込まれる。でも想定問答みたいなものは、たぶん、もう作ってると思うんですよね」

水谷「カイロ大問題はずっと長引いてますけど、調べたらすぐ分かることじゃないんですか?」

種井「カイロ大卒業したのはすごい昔なんですよ。エジプトって今は先進国とまで言わないまでも、ちゃんとしてるんですけど、昔は結構いい加減なとこがあったんじゃないかと言われてて。もしかしたら、金出せば学位が買えたとか」

一蔵「それこそエジプトとの繋がりとか、いろんな裏事情があるんですかね? 今、種井さんの見立て的には、蓮舫さんと小池さんって「何馬身差」ぐらいなんですか?」

種井「三馬身ぐらい付いてますよね。広島県安芸高田市の市長だった石丸伸二さんも出馬してるんですけど、あの人が出たことによって、蓮舫さんの票が持っていかれちゃうんじゃないかと思うんですよね」

一蔵「そうか。でもまだ蓮舫さんが「差し切る」可能性もある?」

種井「いや今の状況では…だから、これから新たなスキャンダルが出るか出ないかでしょうね。テレビなんかは選挙期間中だと、どっちか片方がダメージを負うようなことはやれないんですけど、雑誌の文春さんとか、ウチとかは、探してあれば選挙期間中だろうがお構いなしに打ちます」

このあとは、一蔵と種井記者がギャンブラー目線で考えた水原一平被告の返済作戦や、星野源さんと新垣結衣さんの不倫疑惑報道の裏側について伺います。トークの続きはradikoのタイムフリー機能でご確認ください。

Facebook

ページトップへ