【ライブレポート】斉藤和義×立川談春、平安神宮で前代未聞のコラボ! 3500人を魅了したステージ

9月22日(土)、京都・平安神宮で「平安神宮月夜の宴 ROOTS66 京(みやこ)の二人会」(FM COCOLO主催)が開かれました。出演は今年でデビュー25周年を迎える斉藤和義と落語家の立川談春。ともに1966年生まれ。斉藤は2006年に当時40歳の男性アーティストが集った「ROOTS66」のメンバーで、同い年の談春とはかねてから親交があり、50歳を機に開催された一昨年の「ROOTS66」のライブイベントでは談春が開演を告げる口上を担当したこともあります。かくして、音楽と落語のコラボは実現しました。

談春のコール・アンド・レスポンスも

s_2_1600

平安神宮では当日の朝まで雨が降っていましたが、夜の宴を待ちわびていたかのように回復。午後には晴天に恵まれました。ステージ上は京都の華道「未生流笹岡」家元の笹岡隆甫氏によるいけばななどで、幻想的な空間が作り上げられていました。権禰宜によるお祓いも行われ、いよいよ開演。斉藤の楽曲『月影』の出囃子で二人が登場。

まずは、ステージ上に用意された高座で談春が「替わり目」を披露する傍ら、斉藤和義は自身の曲『男節』の弾き語りをしました。夫婦愛が滲む、古典落語と現代歌が一つの作品を組み立てていくように交互に披露され、前代未聞のコラボは見事に成功。3500人の観客から盛大な拍手が贈られました。

続いて、弾き語りライブへ移行。『空に星が綺麗』の出囃子で斉藤が登場。かつてないコラボに「緊張した!」と心の内を明かすと場内は笑いに包まれ、『やさしくなりたい』のイントロの演奏が始まるや否や、観客から歓声が起こりました。続いて『Are you ready?』『ずっと好きだった』『進め なまけもの』『月影』『ベリーベリーストロング』を、最後は黄色に染まった幻想的な照明に包まれながら『歌うたいのバラッド』を披露。

s_3_1751 (1)

MCでは、斉藤自身も落語が好きで、知り合いに誘われて寄席を観に行ったことがきっかけでハマったとのこと。今日初めて落語を観た人は、その落語家が談春でラッキー、と語りました。

最後は談春が、古典落語「紺屋高尾」を披露。真面目一筋で生きてきた染物職人の男が、些細なきっかけから吉原で出会った最上級遊女の花魁に一目惚れ。もう一度、花魁に会いたいと給金を貯めて、身分や身なりを偽って出会ったものの、嘘がバレ…。しかし、花魁は男の真摯な姿に心を動かされ、ついには身分を超えて結ばれる…。そんな愛の物語に、場内は大きな拍手で包まれました。

s_4_2237

エンディングで斉藤さんは「泣きそうになりました」とポツリ。一方、談春さんは「一度やりたかった」と普段の落語会ではできないコール&レスポンスに挑戦。「京都~!」「平安神宮~!」とコールして観客とのやり取りを楽しんだほか、ステージを隅から隅まで歩いて、後方のお客さんに向かって手を振る場面もありました。

さらに、談春さんは自身初となる平安神宮のステージに「絶対、この状況を自分で作ることはできないです。ありがとうございました」と斉藤に感謝の言葉を告げ、音楽と落語の前代未聞のコラボは、観客の笑顔と綺麗な月に見守られながら幕を閉じました。
s_5D3_2352

表現者同士から出てきたアイデアには敵わない

斉藤も参加している「ROOTS66」は、1966年生まれ(丙午)の男性ミュージシャンが、2006年に当時40歳(数え年42歳)を迎えたのを機に集結。大阪城ホールを満員にするなど当初から話題になりました。10年後には女性を含め参加人数を倍増して、再び「ROOTS66」を開催。斉藤のほかに宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))、渡辺美里、大槻ケンヂ(筋肉少女帯/特撮)、田島貴男 (ORIGINAL LOVE)、スガ シカオ、トータス松本(ウルフルズ)、吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)、増子直純(怒髪天)など、日本の音楽シーンでひと際強い個性を放つ面々が顔を並べています。そこで「平安神宮月夜の宴 ROOTS66 京(みやこ)の二人会」を手がけたほか、「ROOTS66」を結集時から主宰する、FM802取締役の岩尾知明さんに、今回の企画に至る経緯や、これまでに手がけたライブ・イベントについてお訊きしました。

――音楽と落語のコラボ、素晴らしかったです!

いつか、音楽と落語のコラボレーションができないかと思っていました。ただし、談春さんも大きな規模で独演会を開くような人なので、普通の内容では口説けないと思っていました。談春さんは平安神宮に思い入れがあるということで、天候のことを考えれば、一か八かでしたけど、「やってみよう」ということになりました。和義さん自身は、古典落語と自分の音楽を手合せすることは、落語を愛する人たちに対して、失礼にあたるのではないかと心配していたところもあるようです。いざ、蓋を開けてみると、談春さんの人情噺と和義さんのラブソングが見事に繋がっていましたね。

岩尾トーク1

――準備が大変だったのでは?

平安神宮という最高の舞台は早い段階で用意したものの、おふたりとも多忙ということもあり、3ヶ月ほど前に初めての打ち合わせをしました。具体的な内容はおふたりにお任せしました。私はもともとイベント企画がしたくて今の仕事に転職したのですが、若い頃は思いついたアイデアをあれもこれも盛り込もうとして、TOO MUCHなところがあったんです。しかし、この仕事を長らく担当して分かったのは、表現者同士から生まれたアイデアに絶対に敵わないということ。そこで、こちらから「こういう構成はいかがですか?」と原案の提案はするものの、できるだけ本人たちの意向を汲み取るようになりました。お二人とも、かなり周到に思案して、和義さんのセットリストなど、本番直前まで確定しない部分もありました。

岩尾さんは、FM802の編成部長を経て、FM COCOLOの編成部長をこの4月までおよそ3年間務めました。「ROOTS66」の立ち上げから、2016年に大阪城ホール、日本武道館、仙台の3ヶ所で行われたライブ・イベント。さらには、2001年、2004年、2006年に忌野清志郎をリスペクトするミュージシャンが集まって行われた「忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー」(大阪城ホール)のほか、数々のライブ・イベントを手がけています。

――「ナニワ・サリバンショー」は映画化されましたよね。

そうです。ライブ自体は、清志郎さんをリスペクトするミュージシャンがコラボをしながら、キヨシローの名曲を歌い継ぐというものでした。ほかにも、女優の一人芝居に音楽やタップダンスを融合した舞台など、さまざまな企画に取り組んできました。僕らの仕事はアーティストとリスナーを繋げることですが、ミュージシャンや落語家、俳優など表現者同士を繋げることにも醍醐味があると思っています。

――これからも、FM COCOLOのライブやイベントを楽しみにしています。本日はありがとうございました。

――【ラジオな人】岩尾さんの記事はこちら

出演者プロフィール

岩尾 知明(いわお ともあき)

広告代理店で5年間の営業職勤務を経て、平成7年(1995年)に株式会社FM802へ転職。
20年間にわたり、編成・事業部門を担当。
平成27年(2015年)よりFM COCOLOの編成部長を担い、現在はFM COCOLOおよびFM802の番組、事業部門を統括。平成30年(2018年)5月より、株式会社FM802取締役。

インタビュー

YMgrdfKa
やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

写真

渡邉一生(『平安神宮月夜の宴 ROOTS66 京の二人会』)

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『ラジコプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

タグ

いよいよ今夜コスタリカ戦! 了戒美子 現地カタールより直前レポート

 

 ドイツ戦勝利で日本中が盛り上がってきたFIFAワールドカップカタール大会。日本の第2戦コスタリカ戦は日本時間今夜午後7時から。日本が勝って、スペインドイツ戦の結果次第で決勝トーナメント進出が決まります。

 文化放送では大会期間中、現地カタールで取材するドイツ在住のサッカージャーナリスト了戒美子さんが随時レポート。

 今回は日本に敗戦したドイツ、対戦相手のコスタリカ、そして日本の試合前日記者会見の様子です。

 

 

第2戦コスタリカ戦がまもなくです。初戦でスペインに0-7で敗れているコスタリカですが、W杯北中米カリブ予選を4位ではありますがストレートで勝ち抜け3大会連続でW杯に出場する国ですから決して侮って良い相手ではありません。ただ、1次リーグ最終戦にスペイン戦が控えていることを考えるとやはり勝っておきたいことに間違いはありません。

 

ところで、試合前日というのは「前日記者会見」というものが行われます。各国監督と選手1名以上の登壇がFIFA義務付けられており、30分という枠が設けられています。監督と選手は同時に登壇してもよいし、順番に15分ずつなどでも良いことになっています。初戦で日本に負けたドイツはこの前日会見に選手を登壇させず、フリック監督一人のみで会見を行うといういわば奇行にでました。ドイツの練習場は会見場から100キロほど離れており、選手のコンディションを考えてのことだそう。とはいえ、今大会で試合前日会見をここの会見場で行うということはかなり早い段階から決まっており、どこの国もしっかり義務を果たしていることを考えるとドイツの行動は批判されても仕方ありません。FIFAから何らかの、おそらくは金銭的な、制裁が降ることは間違い無いですがドイツの主要スポーツ雑誌であるキッカー誌(名前はキッカーですがサッカー専門誌ではないのです)では「あまりにも無礼だ」と、対外的な影響の面から批判しています。ドイツ人といえば、生真面目で時間やルールにきちんとした人たちという印象がありますが、こんなこともするのだと現地在住の私ですら思いました。それだけスペイン戦に必死なのでしょうけど、ちょっと行きすぎかなと思います。

 

 

当然ではありますが日本も会見を行いました。初戦前日は森保一監督と吉田麻也主将、この日のコスタリカ戦前日会見は監督と遠藤航選手が登壇しました。会見は良い雰囲気で穏やかそのもの、穏やか過ぎてやや眠気を誘われてしまいました(申し訳ございません)。

 

森保監督は会見で「明日のベスト(メンバーで)と考えている。1試合目の疲労も考えて組みたい」と話しました。言葉だけ見ると少しわかりにくいですが、要するにメンバーの入れ替えを行う可能性が高い、という意味です。サッカーでは通常、勝った試合の後は極力メンバーを変更しないものです。森保監督も昨年の東京五輪を見てもわかる通り信頼している選手はほとんど変更しません。ですが今回は、酒井宏樹選手が「現実的には難しい」と話しており、冨安健洋選手も「出るかもしれないし出ないかもしれない」とすっきりしません。すっきりしない場合は「出ない、出られない」と解釈して構わないでしょう。出られるのであれば「頑張りたい」などと話すものです。

この守備の実力者二人が不在と考えて先発を予想すると、GK権田、DF右から山根視来、板倉滉、吉田、長友佑都、中盤に遠藤、守田英正、鎌田大地、前線に右から伊東純也、上田綺世、久保健英となるのではないでしょうか。システムは4-2-3-1か4-3-3、どちらでも対応できるメンバーです。試合中に展開次第で3バックに変える可能性はありますが、立ち上がりは4バックでしょう。最終ラインでは長友を右SBにまわし、左に伊藤洋輝という考え方もあります。ただ伊藤は所属チームでは3バックの左でプレーしておりサイドバックとしては6月にテストもしましたが、少し難しそう。中盤には攻撃的なロングパスを得意とする柴崎岳も可能性がありますが、守田を試しておきたいでしょう。前線は好調!堂安律選手をという考え方もできますが、途中からでもいけるでしょう。また、前線中央にはドイツ戦の前田大然の出来不出来の問題ではなく、プレスをかけるタイプよりはボールを収めるタイプのほうがよさそうです。コスタリカは、スペイン戦では4-4-2で最終ラインと中盤は守備的に引いてきました。ですが時間とともに攻めざるを得なくなるはずですから、タイミングを見逃さず攻撃しなくてはなりません。守備的な相手を苦手とする日本ですが、どうにかこじ開け、逆にカウンターを警戒して勝ち点3を手に入れたいところです。

 

前日記者会見ですが、もちろんコスタリカも行いました。こちらは、ケンケンガクガクと言いますが、記者たちからルイス・フェルナンド・スアレス監督とジョエル・キャンベル選手は袋叩き状態。なぜスペインにあんな負け方をしたのか、次の試合は勝てるのかと。興奮気味のキャンベル選手は「勝てるかどうかは先の話なのでしたくない。ベストを尽くす。日本だってそうだろう」と強い口調で返していました。なかなか激しくて面白い記者会見でした。

 

日本としては、一番良いのはスペイン戦の前に決着をつけることで、その次にドイツがスペインを下したとしても勝ち点6同士で突破争いの第3戦を戦うこと。コスタリカ戦は気の抜けない戦いになりそうです。

 

 

 

Text&Photo

了戒美子 Yoshiko Ryokai

映像制作会社勤務からサッカー取材を開始。五輪は2008年北京五輪、W杯は2010南ア大会から現地で取材。2011年からドイツに拠点を移し、ブンデスリーグ、ヨーロッパで活躍する日本人選手を精力的に取材し、雑誌、新聞、WEB、ラジオなど媒体を問わず活躍中。

Facebook

ページトップへ