聴き比べをしたくなる!『歌のない歌謡曲』全国37局パーソナリティ&放送時間【中編】

AMラジオで放送中の朝番組『歌のない歌謡曲』(通称“うたなし”)。全国37局で放送されており、“歌が入っていない曲“と楽しい話題を紹介しています。ラジオ局によっては放送時間もパーソナリティも異なります。

前回は北海道から福井県の『歌のない歌謡曲』をご紹介しましたが、今回は山梨県から山口県までのラジオ局で放送中の『歌のない歌謡曲』を、各パーソナリティーの特徴とともにまとめました!

▼全国各地の『歌のない歌謡曲』はエリアフリー機能で聴けます。
http://radiko.jp/rg/premium/

YBSラジオ パーソナリティ:依田智子さん

キャプチャ
パーソナルヨガを始めて硬かった股関節が徐々に柔らかくなったという依田さん。

YBSラジオではいわゆる“偉い人”なのですが、以前『はみだし しゃべくりラジオ キックス』(月曜日〜金曜日 13時〜16時30分)でお休み中の加藤響子アナウンサーの代役として依田さんが登場した際は、年上女性のお相手が上手な髭男爵の山田ルイ53世さんから“ともちゃん”と呼ばれ、3時間半の間おもしろおかしくイジられ続けていました。

恐るべし、男爵……。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 7時〜7時15分

SBCラジオ パーソナリティ:生田明子さん

モーニングワイド ラジオ・J』(月曜日~金曜日 6時30分~8時50分)内で放送。

うたなしパーソナリティー・生田さんによると、朝一番に「眠い……」ではなく、「今日もさわやかぁーっ! いいことありそう!」と自分に暗示をかけると、毎日幸せな気持ちで過ごせるそうです。

生田さんの旦那様は、2002年ソルトレークシティー五輪代表・山田大起さん。生田さんよりも4歳年下で、放送を聞く限り完全に尻に敷かれているよう……。

生田さんは、お昼のワイド番組『情報わんさか GO!GO!ワイド らじ☆カン』(月曜日〜金曜日 14時5分〜18時15分)の月曜日から水曜日も担当しています。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

CBCラジオ パーソナリティ:桐生順子さん(月曜日〜水曜日)、山内彩加さん(木曜日・金曜日)

多田しげおの気分爽快! 朝からP・O・N』(月曜日~水曜日 6時30分~9時)内で放送。

月曜日~水曜日担当の桐生さんは初めて買った車にサンルーフを付けたところ、春は花粉が入り、夏は暑く、冬は寒くてあけられなかったとのこと。唯一開けられたのは秋だったそうで「サンルーフを開けて見た、秋の星空はきれいでした」 と語っていました。

木曜日~金曜日を担当している山内さんが番組で披露するユニークな体験エピソードは、私の密かな楽しみです。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

ぎふチャン パーソナリティ:中辻景子さん

キャプチャ
とにかくアクティブな中辻さん!

9月16日(日)に開催された「ツール・ド・西美濃2018」では135キロを走りきりました! 100キロを過ぎたところにきつい坂があるものの、一度も歩かずにゴールしたそうです。太ももとおしりの筋肉が切れると思ったとか。

そのほか、会社帰りにフットサルに行ったり、豆まきがあると知れば豆をもらいにいったり……。声もハツラツです。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

SBSラジオ パーソナリティ:柳澤亜弓さん

静岡県内の話題はもちろん、少しユニークな話題もお届けしています。

先日は“悪魔のトースト”なるものを紹介。ネットで話題になっているトーストで、食パンの上にスライスチーズと、たっぷりの上白糖をのせてトーストすると、やみつきになる美味しさなのだとか。ぜひ試してみてくださいね!

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

MBSラジオ パーソナリティ:古川圭子さん(月曜日・火曜日)、大塚由美さん(水曜日・木曜日)、高井美紀さん(金曜日)

子守康範 朝からてんコモリ!』(月曜日~金曜日 5時~8時)内で放送。子守さんと一緒に進行しています。

月曜日~火曜日担当・古川さんは、伊丹空港でJALのグランド・スタッフとして勤務。国際花と緑の博覧会のコンパニオンなどを経て、毎日放送に入社しました。

大塚さんは水曜日~木曜日の担当で、2017年にフェアトレードのお店「Pamojah」をオープン。学生時代のモロッコでのワーキングボランティアをきっかけに、親切にしてくれた人たちに何か恩返しをしたいという思いで開業したそうです。

金曜日担当の高井さんは、“よく喋る”ことからラジオで共演していた清水国明さんから「しゃべる暴走族」と言われたことがあるのだとか。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 7時30分〜7時45分

ラジオ関西 パーソナリティ:木谷美帆さん(月曜日・火曜日)、上原伊代さん(水曜日・木曜日)、浅井ちかこさん(金曜日)

キャプチャ

木谷さんの2歳の息子さんはアンパンマンが大好きで、いつも「アンパンマンの絵を描いて」とせがまれるのだとか。おかげで木谷さんのアンパンマンの絵は上達してきているようです。

上原さんは嵐の大ファンで、ストレス解消法は「1人でお酒を飲みながら嵐のDVDを観る」こと、タイプの男性は「相葉雅紀さんのような笑顔がカワイイ人」なのだそう。

浅井さんは印象力の向上のための講座やコミュニケーション研修、笑顔に特化した個人向けのセミナーを行っていて、DVDも発売しています。これまでに5,000人以上の笑顔を変えてきた“極上笑顔プロデューサー”として活躍中!

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

KBS京都ラジオ パーソナリティ:遠藤奈美さん

キャプチャ

アメリカ・ジョージア州に9年間住んでいたという遠藤さん。マッサージが得意で、周りからは「世界一うまい」と絶賛されるのだそうです。

また、カメラが趣味で特に猿の写真を撮ることが好きとのこと。

遠藤さんは、『妹尾和夫のパラダイスkyoto』(毎週金曜日 10時〜12時、12時30分〜13時55分)、『遠藤奈美の週刊シネマMAX』(毎週金曜日 21時〜21時20分)、『チキチキ・遠藤 nami乗りジョニー』(毎週水曜日 14時〜17時)などにも出演しています。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時15分〜6時30分

wbs和歌山放送 パーソナリティ:中川智美さん

中川さんといえば、大のラジオっ子としてもおなじみです。

太田さん(爆笑問題)のお気に入りの番組のひとつ『つながるワイド しそまるの全開! 金曜日』(毎週金曜日 13時〜16時29分)のほか、放送回数が400回を超えた『らしくあれ!』(毎週土曜日 22時30分〜23時)なども担当。

ちなみに、『らしくあれ!』の人気コーナー「裏・和歌山放送ニュース」は、局内で起きた、本当に小さな出来事をお届けしています。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 7時30分〜7時45分

BSSラジオ パーソナリティ:木野村尚子さん

キャプチャ

今年20年ぶりに中国地方の最高峰・大山登山を行った木野村さん。

日頃の運動不足がたたって大変だったものの、山頂で食べたカップラーメンは最高の美味しさだったとか。しかし、下山する際に脚に湿布をたくさん貼ったところ、寒くなってしまいこれまた大変だったそうです……。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 7時25分〜7時40分

RSKラジオ パーソナリティ:中村恵美さん

アンガーマネジメントファシリテーターや着物着付け3級、心理カウンセラー、第1回ニュース検定3級、おかやま文化観光検定3級、けん玉6級、絵本カフェマイスターなど多彩な資格を持っている中村さん。

特技はたらこ唇で、手を使わずにペンをはさめるとのこと。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時45分〜7時

RCCラジオ パーソナリティ:伊藤文さん

伊藤さんは、広島の挨拶で「いってらっしゃい」と「帰りを待っているよ、元気で帰っておいでね」という気持ちが合わさった「いってかえりー!」という言葉が大好きで、リスナーに向けて「いってかえりー!」の気持ちで放送しているのだとか。(最近では「いってかえり」はあまり聞かなくなったそう)

伊藤さんの落ち着いた声で朝を迎えてみるなんていかがでしょうか?

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 6時40分〜6時55分

KRY山口放送  パーソナリティ:瀬川嘉(よしみ)さん

おはようKRY』(月曜日~金曜日 7時~10時)内で放送。

瀬川さんは、金子みすゞさんの世界観を歌うシンガーソングライター・ちひろさんと『ちひろ DE ブレイク』(毎週日曜日 14時〜14時30分)も担当しています。音楽はもちろんのこと、話の引き出しも多いちひろさんと瀬川さんとの笑いの絶えないコンビに注目です。

■『歌のない歌謡曲』の放送時間:月曜日~金曜日 7時45分〜8時

 

▼北海道~福井県の『歌のない歌謡曲』についてはこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/19991/intro/

▼四国、九州、沖縄の『歌のない歌謡曲』についてはこちら
https://news.radiko.jp/article/edit/20977/intro/

この記事を書いた人

YMgrdfKa

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「 I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

 

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

今年も「変化」を受け入れながら「順応」していく1年に…「2022年の働き方」どう変化する?

TOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。月曜・火曜の放送は、稲垣吾郎(店長・パーソナリティ)と、吉田明世(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。

ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」では、専属ナビゲーター・中川絵美里が東京近郊の中小企業を訪問。新しい働き方など“会社のニューノーマル”に関するエピソードを生中継で紹介します。

1月3日(月)放送のゲストは、ビジネス版LINE「LINE WORKS」を手がけるワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田隆一さん。「2022年の働き方」や「LINE WORKS」について伺いました。


(左から)増田隆一さん、中川絵美里



ニューノーマルに対応する中小企業を応援するコーナー「THE お仕事ラッド」。ナビゲーターをつとめるのは、「THE TRAD」専属店員・中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)です。現場に強い仕事用のLINEを提供する「LINE WORKS」と番組がタッグを組んで、首都圏の会社やお店で働いているリスナーと中継を結び、ご自身のお店をPRしてもらいます!

◆「2022年の働き方」…どのように変化する?

稲垣:今日は新年最初の「THE お仕事ラッド」ということで、特別ゲストをお迎えしています。

中川:LINE WORKSを運営しているワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部・本部長の増田さんをお招きして「2022年の働き方」についてお聞きしていきたいと思います。

増田さん、初めまして。本年もよろしくお願いいたします! LINE WORKSは、企業やお店、行政などさまざまな職種の方々に利用されています。多くの企業と関わる増田さんから見て、2022年の働き方はどのように変化すると思いますか?

増田:新型コロナウイルスの影響で外出自粛もあって、生活様式や仕事の仕方もガラリと変わりました。仕事の面でいうと在宅ワークへの切り替え。また、それに伴ってオフィスを縮小する会社も増えました。

私たちの身近なところで言うと、ビデオ会議やセミナー、勉強会などもすべてオンラインでおこなうなど、IT活用が加速しました。2022年も変化を受け入れながら、その変化に順応していく1年になると思われます。

稲垣:昨年出演していただいた企業もIT導入の声は多かったですよね。

中川:そうですね。「コロナ禍を機にビデオ会議ツールを利用し始めた」という声や、お店を経営されている方のなかには「YouTubeやInstagramを開設した」という声が多かったように思います。

ちなみに、ワークスモバイルジャパンではコロナ禍において変化した働き方はありますか?

増田:私たちが使っているLINE WORKSは、離れて働く人同士が便利にコミュニケーションを取れるツールで、どこにいても仕事ができるのが強みです。

私たちはコロナ禍で特に大きな仕事の変化はなかったのですが、「社内でLINE WORKSのビデオ通話機能の利用が増えた」とか、リモート環境で働くことが多いので「些細なことでもビデオ通話で相談する」とか、コミュニケーションの機会をたくさん作れるように心がけていますね。

中川:LINE WORKSは、コロナ禍(のビジネス)でコミュニケーションがとりやすいツールということですが、改めて詳しく教えていただけますか?
  
増田:LINE WORKSとは、みなさまが日常的にご利用いただいているLINEとは異なるソフトウェアですが、「LINE」のように使い慣れた操作感で、誰にでも使いやすく作られています。

トークやスタンプの送信はもちろんのこと、仕事用に作られているため、スピード感を持って業務のやり取りをできるのがポイントです。ワンタップでビデオ会議をスタートできる機能などもあります。

また、社員全員に一斉に情報配信する掲示板機能や、(社内チーム)メンバーの予定がわかるカレンダー機能、社員の意見をスムーズにまとめるアンケート機能などもあります。

そんなLINE WORKSは「47都道府県ではたらくすべての人たち」に「仕事、楽しい」を届けることを目標としています。楽しく仕事するには、仕事仲間やお客様との円滑なコミュニーションが大切だと考えます。LINE WORKSでは無料プランもご用意していますので、ぜひ試してみてください。

中川:増田さんありがとうございました。今年も、たくさんのお店や企業に「新しい働き方」についても伺っていきたいと思います。

▶特設サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/oshigoto/

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/

Facebook

ページトップへ