新曲からマニアックな情報まで聴ける! アジアに関するおすすめラジオ番組

韓国や中国から、タイ、ベトナム、マレーシアまで!

アジアの音楽や情報を紹介する番組は多数放送されています。

その中から、おすすめの番組を紹介します。

HBCラジオ『水野浩二のアジアステーション』毎週日曜日 28時~28時30分

「日本人が歌っている韓国の歌特集」、「訪日外国人に人気の街を舞台にした ご当地ソング特集」など、ユニークな切り口で紹介。

ぎふチャンでも、土曜日の7時15分から5分番組として放送されています。

FM NORTH WAVE『Sabaai Sabaai! Thailand』毎週日曜日 10時~11時


現地の生活の話から観光に役立つ情報まで、タイに関するありとあらゆる話題を紹介します。

タイトルの“Sabaai”は、タイ語で「気分が良い」「元気だ」という意味です。

放送と合わせて楽しみたいのが、番組の公式ブログ。毎回、たくさんの写真と情報が掲載されていて、記事の数は1000を超えています。

J-WAVE『RINREI SOMEWHERE IN ASIA』毎週金曜日 24時30分~25時


アジアの片隅への旅を、シンガポールをアイデンティティとする女優・金沢雅美さんが演じる架空の主人公“ヤーメイ”のモノローグで巡ります。

金沢さんは、日本人の父とシンガポール人の母の間に東京で生まれ。5歳までシンガポールで暮らし、その後は日本とシンガポールを行き来し、現在、日本、アジアを中心に女優として活動しています。

旅の情景をイメージしたアジアンポップスの選曲にもご注目ください!

NACK5『JJANG! KOREA』毎週土曜日 21時30分~22時


2018年10月にスタート。K-POPスターから届いた新曲やコメントの紹介のほか、気になるワード「KEREWORD」をテーマに韓国の“今”を伝えるコーナーもあります。

パーソナリティは、韓国のエンタメファンにはおなじみ、韓国観光名誉広報大使も務める古家正亨さん。古家さんは素敵な声なので、声のファンもいるそうです!

FMヨコハマ『JACK STYLE』毎週金曜日 23時30分~24時


横浜・中華街で生まれ育ったジャッキー・ウーさんがDJを担当。甘いマスクに、思わず聞き入ってしまうテンポの良いトークが特徴です。

彼は、1996年に香港で俳優としての活動を開始。1998年にフィリピンに渡り、ハリウッド映画『地獄の目次録』『プラトーン』等に関わった映画スタッフとの出会いから、プロデューサーとして映画『TOTAL AIKIDO』の製作を始めますが、監督の熱望で、自らが主役として出演し、その後、数々の映画祭で賞を受賞。

シンガー・ソングライターとしてゴールド・ディスクも出しています。

IBS茨城放送『中国直行便』 月曜日~金曜日 5時~5時55分

CRI中国国際放送局の情報を元にお届けする番組。

パーソナリティを務めるアンジー・リーさんは11歳まで上海で過ごし、ファッションを勉強したのち、日中貿易を5年間経験。ガーリー系人気ファッションブランド「Bobon21」プロデューサーでもあります。

また、特急オホーツク号(札幌~網走間)と特急大雪号(旭川~網走間)の車内の中国語の自動アナウンスも担当しているんだとか!

ユニークなコーナー「47都道府県で実践 中国語」では、観光に訪れた中国人に、街の魅力を伝えるための例文をレクチャー。「長野の国宝で有名なのは松本城と善光寺です」「善光寺といえば七年に一度のご開帳が有名です」などを中国語で紹介するので、中国語をある程度勉強している方におすすめですよ!

@FM『Asian Breeze』 毎週土曜日 26時30分〜27時

台湾の話題を中心にお届け! また、それ以外にも日本で開催された中国に関するイベントも紹介します。

現地で暮らしている人に電話をつないで、「冬は何を食べている?」「住んでいて気になるところは?」といった素朴な疑問に答える興味深い企画も。

DJは竹内将子さんです。

FM COCOLO『FROM OVERSEAS』 月曜日~日曜日 5時〜6時

FM COCOLOの早朝5時台は、毎日アジア一色!

月曜日は『FROM OVERSEAS -SRI LANKA-』、火曜日は『FROM OVERSEAS -PHILIPPINE-』、水曜日は『FROM OVERSEAS -THAILAND-』、木曜日は『FROM OVERSEAS -INDONESIA-』、金曜日は『FROM OVERSEAS -VIETNAM-』、土曜日は『FROM OVERSEAS -MALAYSIA-』、日曜日は『FROM OVERSEAS -INDIA-』と、アジア各国を個性豊かなDJとともに日替わりでお届けします。

FM COCOLO『COCOLO Earth Colors』月曜日~金曜日 20時〜21時

月曜日は韓国(DJ:ユニさん、キム・ヒテさん)、火曜日は中国(DJ:シャオチェンさん、季佳さん)の音楽と話題をたっぷりと紹介します。(水曜日はイギリス、木曜日はスペイン、金曜日はポルトガル。)

各国語でお届けしているため、外国語の勉強をしている人にもピッタリ!

番組の公式サイトには、オンエアリストが掲載されています。

α–STATION FM京都『KP CONNECTION』毎週日曜日 6時~7時


“キヨピー“の愛称でおなじみ、関西で活躍中のDJ・谷口キヨコさんが、日曜日の朝にK-POPの曲を紹介しつつ、テンション高めに、韓国への愛を語り尽くします。

アーティストからのコメントほか、「韓流スター御用達レストラン」、「BTSのアルバムジャケット写真やミュージックビデオのロケ地情報」といったK-POPファンにとって嬉しい情報もたっぷりとお届け!

また月に一度、タワーレコード京都店の協力によるK-POPチャートもお送りします。

LOVE FM『K Vibes Up Show』毎週土曜日 14時~15時


K-POPが大好きな若手DJ・YURIさんのK-POP愛が溢れる生放送!

曲の歌詞を独自の解釈で紹介したり、カウントダウンのコーナーもあったりと音楽や文化を語り尽くす60分です。

夏には公開放送を含めたイベント「K Vibes Up Showcase」も開催されています。

LOVE FM『Kore“an”Night』毎週土曜日 20時~21時


DJはJi-sook Kimさん。

ネイティブな韓国語と日本語でのトークは、日本に住んでいる韓国出身者や、韓国語を学んでいる人にとって嬉しいポイント!

福岡で活躍する韓国人のインタビューもあります。

LOVE FM『日中直行便』毎週日曜日 8時~9時


中国で話題の音楽や話題を、中国語や日本語で紹介。また「中国検定」のコーナーもあります。

DJは、北京出身、福岡に20年以上暮らしているLuLuさんです。

ある回の放送では「SNS」が話題に。中国でも日本と同じように、もらったメッセージをすぐに返さないといけないという風潮があり、それに疲れている人が増えているんだとか!

cross fm『K-story』毎週土曜日 18時~19時

ナビゲーターは『JJANG! KOREA』(NACK5)にも出演する古家正亨さん。ゲストも豪華で、番組に届いたコメントも放送しています。

ちなみに、福岡は韓国と近いこともあり、お得なツアーを使えば1泊2日、ホテル代込みで15000円前後で遊びに行けますよ。

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter:@yakisoba_kaoru

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

▼プレミアム会員登録はこちらから
http://radiko.jp/rg/premium/

『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』なら、全国のラジオ番組を楽しむことができます。

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ