あの芸人の漫才から、即興コント番組も! ネタが楽しめる番組を一気に紹介

いよいよ2016年も大詰めです! この時期はテレビ番組ではお笑いのネタ番組が増えますが、実はラジオでもネタが楽しめる番組があります。

何かと忙しくてテレビを見るヒマがないという人も、ラジオでネタを楽しんでみてはいかがでしょう? 今回はネタが楽しめる番組を紹介します。

TBSラジオ『マイナビ Laughter Night』(土曜 24時~24時30分)

ネタ見せライブとオンエア、そして、YouTubeを使った、リスナー投票により、毎月チャンピオンを決める番組です。チャンピオンになると、番組内で流れるCMでオリジナルのCMを流せるところも魅力です。第1回チャンピオンはニューヨーク。第2回は空気階段が優勝し、賞金50万円を獲得するとともに、先日、TBSラジオの冠特番「空気階段のRADIO ESCALATOR(ラジオエスカレーター)」が放送されました。(しかも2時間の生放送でした!)

「Laughter Night」は非常に雰囲気が良い番組で、「映像がないとネタが楽しめないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、映像がないからこそ楽しめるというところもありますので、ぜひ!

bayfm78『しゃべってんじゃねえよ!』(土曜 22時30分~22時57分)

シュールなネタで人気の若手芸人、ジャルジャルの番組。オープニングトーク以外即興コントです! 後藤さん、福徳さんそれぞれの役柄(役柄はリスナーから募集)とBGMを抽選で決定。そのBGMの長さに合わせた即興コントを披露します。コントで使う効果音は口でやります。

例えば、ある日の放送では「すごい福をもってそうな人」(後藤さん)と「咳払いが妙に色っぽい人」という役柄で、BGMはトータス松本の「クリア!」(3分16秒)でコントをするといった具合です。即興コントの後はお互いに感想を言い合います。そのほか、リスナーが考えてくれた出だしのセリフだけを抽選で決めて、フリーでコントをするコーナーもあります。

毎週3本の新作コントを即興で作らないといけないという、とてつもなくハードルの高い番組です。ある意味、鶴瓶さんの「スジナシ」のコント版です。こんなにストイックな番組を1年半以上も続けていると思うと、恐ろしいものを感じます(笑)。

@FM『ノリノリでいこうぜ★』(月曜 20時30分~21時)

php2BZSGO

光浦靖子さん、PENICILLINのHAKUEI、俳優、脚本家の平沼紀久さんによる、異色のメンバーの番組。トークがメインですが、コントも必聴。メンバーがメンバーだけに、なんとも濃厚な30分です。

光浦さんは文化放送『大竹まことゴールデンラジオ!』の木曜日にも出演していますが、聞き上手でリアクション上手なので、「共演者の面白いところを引き出すのが、本当にうまいな~」とつくづく感心します。

CRKラジオ関西『おはようラジ関 演芸』(水曜 5時15分~6時)

道頓堀角座で行われている漫才、コントなどをお送りする番組です。横山たかし・ひろし、酒井くにお・とおるといったベテランから、チキチキジョニー、よふかしイエローなどの若手のネタとトークをたっぷり紹介。トークコーナーの時間がたっぷりととってあり、出演した芸人の特徴が分かるのも嬉しいところです。

MBCラジオ『ミニミニ SHOW TIME』(月曜 21時50分~21時55分)

鹿児島で活動中の社会人劇団、「鳴かず飛ばず」(通称「なかとば」)によるショートコントを放送しています。2016年で結成10周年を迎えた「鳴かず飛ばす」は、鹿児島市内を拠点に、躍動的な舞台芝居とコントライブ、さらにワークショップも開催しています。5分番組なので、あっという間に終わってしまうのがもったいないのですが、その分、気軽に聴くことができます。

RBCiラジオ『ズミーファイユー』(土曜 18時~18時30分)

沖縄民謡界の唄者、新良幸人さんと、宮古出身のシンガーソングライター、下地イサムさんによる番組。お二人とも音楽関係者なのですが、フリートークやネコントなど、お笑い芸人の番組かと思ってしまうほどの楽しさがあります。大喜利コーナー「ちんぎられた遊び」も好評です。

 

漫才やコントを作るのは大変ですが、今回紹介した番組の中では、ジャルジャルの番組のカロリー(労力)は非常に高いです。漫才、コントはラジオと相性が良いと言われていますので、皆さんもぜひ、ラジコで楽しんでみてください。

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

yamaがZIP-FM『SWEET VOX』に登場!『くびったけ』レコーディング秘話を語る

ZIP-FMが平日のお昼にお届けしている『SWEET VOX』(毎週月曜から木曜、14時~17時放送)。8月17日(水)の放送では、ゲストにyamaをお迎えしました。2020年4月にリリースした「春を告げる」が大ヒット!しかし、プライベートは謎に包まれたyamaに、番組ナビゲーターの高木マーガレットがインタビュー。

この日の番組テーマ『山派?海派?』という質問には「山派!」と即答。この夏、アルバムリリースの祈願も込めて、富士登山を計画しているそうです。

さらに、先月より配信されている『』のレコーディング裏話も披露。同楽曲のプロデューサーVaundy独特の語尾で下がる"フォール"に苦労したとのこと。カラオケでなりきって"フォール"するには?という質問にも快く回答。レコーディングでディレクションもしてくれたVaundyから様々なことを吸収できたと話してくれました。

また、8/31リリースのアルバム『Versus the night』に収録される『それでもぼくは』について、自身が初めて作詞作曲をした楽曲で、自信がなかったが、つたないけど自分の言葉を表現する等身大を意識した楽曲と語りました。

素顔を明かさないyamaですが、真摯な受け答えに人柄が垣間見え、アルバムがますます楽しみになったインタビューでした。

Facebook

ページトップへ