「第100回全国高校サッカー選手権大会」決勝戦!高校サッカーはラジコで応援しよう

冬の高校サッカーもいよいよ大詰め。1月10日(月・祝)に「第100回全国高校サッカー選手権大会」決勝戦が行われます。記念すべき100回の節目を迎えた今大会は、開会式・開幕戦・準決勝・決勝と8年ぶりに国立競技場で熱い戦いが繰り広げられます。

決勝戦に駒を進めるのはどのチームなのか……既に準決勝進出を決めた4校の注目ポイントとともに、決勝戦当日に放送される中継番組をご紹介します。

全国高校サッカー選手権大会とは

各都道府県の代表48校(東京都のみ2校)によってトーナメント形式で行われる、高校男子サッカー部の頂点を決める大会です。正式名称は「全国高等学校サッカー選手権大会」で、1918年に第1回大会が開催され、戦争による中断や大会の規模、規定の変更を重ねながら今年で100回を迎えました。

通称「冬の国立」の由来にもなっている国立競技場は、第55回大会(1976年)より決勝大会を首都圏に移して以降の会場の一つで、開幕戦とベスト4の最大6チームしかピッチに立てないことから、高校サッカーの聖地としてサッカー部員たちにとって憧れの舞台にもなっています。

毎年、数々の名勝負、そして日本サッカー界を代表するスター選手が生まれる全国高校サッカー選手権大会。「目指せ!国立」を舞台に、代表48校が熱い火花を散らします。

公式サイトはこちら

ベスト4が決定!注目ポイントは

2021年12月28日(月)に開幕した今大会も、1月4日(火)までに準々決勝を消化。国立の舞台に立つ4チームが決定しました。1月8日(土)の準決勝、1月10日(月)の決勝を控える中、ベスト4に進出した高校の注目ポイントをご紹介します。

青森山田高校(青森県代表)
第97回(2018年)以来の選手権優勝を目指す青森山田は、準々決勝の東山(京都)戦では大会初の先取点を許してしまうものの、試合巧者ぶりを発揮し逆転勝利。"選手権の申し子"松木玖生選手(MF)や"高体連最強ボランチ"宇野禅斗選手(MF)ら攻守にタレントが揃っています。

昨年の高校総体とプレミアリーグEASTも制しており、東福岡(1998年)が成し遂げて以来、歴代2校目の3冠達成に向けて盤石の体制を築きます。

関東第一(東京B代表)
開幕戦の中津東(大分)戦で6ゴールを奪い圧勝した関東第一は、攻撃を牽引する10番・肥田野蓮治選手(MF)を中心に、地区大会5試合で13得点2失点と攻守のバランスが取れたチームです。

その後も2回戦・尚志(沖縄)、3回戦・矢板中央(栃木)、そして準々決勝の静岡学園(静岡)ではPK戦の末に勝利と、全国の強豪校を次々と撃破してきました。これまで2回戦進出がベストのチームが、勢いそのままに決勝の舞台を目指して戦います。

大津(熊本県代表)
今大会、ベスト8進出チームの中で唯一の公立高でもある大津は、初の国立の舞台。191cmの長身・小林俊瑛選手(FW)と川口敦史選手(MF)を筆頭に、これまでの4試合で13得点と大会屈指の破壊力を見せつけています。

守備面でも佐藤瑠星選手(GK)を中心に1失点と抜群の安定感を示しており、隙の無い試合運びで熊本県勢としては初の決勝進出を目指します。

高川学園(山口県代表)
旧校名の多々良学園も含めて、14年ぶりの4強を決めた高川学園。星稜(石川)との1回戦では、セットプレーの場面で選手たちが円陣を組んで回転する「トルメンタ」(スペイン語で嵐の意味)で先制点を奪取。相手マークを外させる奇策が、世界中のサッカーファンからも注目を集めています。

1回戦からの4試合全てでセットプレーからのゴールを決めるなど、着実に得点を積み重ねてきたチームは準決勝で青森山田と対戦。夏の王者を相手に再び大きな旋風を巻き起こします。

「第100回全国高校サッカー選手権大会決勝」中継番組

第100回全国高校サッカー選手権大会決勝戦実況中継
放送局:ラジオ日本
放送日時:2022年1月10日 月曜日 14時00分~16時10分
出演者:解説:水内猛 実況:矢田雄二郎(ラジオ日本)

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

今年の「大阪ほんま本大賞」受賞作家・高田郁のインタビューを交えて、 「本」と「本文化」をほんまに愛する人たちにスポットを当てる1時間

Whole Earth RADIO

『大阪ほんま本』

■放送:2022年8月14日(日)17:00-18:00 

■出演:高田郁/池田なみ子 ほか

“大阪の本屋と問屋が選んだほんまに読んでほしい1冊”を選出する「大阪ほんま本大賞」。毎年、天神祭の日に発表され、今年で記念すべき10回目を迎えました。

この番組では、大阪の書店と販売会社から有志が集まった Osaka Book One Project 委員会メンバーによる座談会や、2022年大阪ほんま本大賞を受賞した 「ふるさと銀河線 軌道春秋」の著者、高田郁さんへのインタビューをオンエア。「本」と「本文化」をほんまに愛する人たちにスポットを当てる1時間です。

■番組のホームページ(過去の特集内容はこちらから) :https://cocolo.jp/wer

■番組ブログはこちらから:https://cocolo.jp/service/homepage/index/7170 

  ※オンエアした SONG LIST掲載

Facebook

ページトップへ