【編集部が行く!】気鋭の演出家・松居大悟とJ-WAVEが送る異色の舞台『みみばしる』の魅力に迫る!

ラジオをテーマにした話題の舞台作品『みみばしる』が、2月6日(水)から上演中です。 この作品は、J-WAVE開局30周年記念として企画されました。 作・演出を手がけるのは、昨年旗揚げ10周年を迎えた劇団ゴジゲンの主宰、松居大悟さん。テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズをはじめ、映像の世界でも脚本、監督として活躍する注目のクリエイターです。そこで、松居さんに番組や舞台制作の経緯、みどころ、ハマっていたラジオ番組などをたっぷりと語っていただきました。

松居さんは、J-WAVEで日曜23時から放送中の『JUMP OVER』でナビゲーターを担当。コンセプトは”稽古場ラジオ”。番組そのものや舞台作品を、リスナーと一緒に約1年かけて創り上げていきました。リスナーからタイトル案を募集したほか、愚痴、エピソードなども募り、脚本に反映しています。

「番組を通じて、脚本作りに半年以上をかけたことを含めても、新しい作品です!」と松居さん。フライヤーで使用する宣伝コピーもリスナーから募り、1041本もの作品が寄せられました。その気になるストーリーは……。

あらすじ

30歳になった途端会社をクビになった妙子(本仮屋ユイカ)は、なんとなく劇団の手伝いを始める。自分は誰にも必要とされていないのではないかと思う日々の中、妹の影響でラジオを聴き始める。音楽と共に、リスナーから送られてくる愚痴や悲しみを全力で励ましてくれるラジオに妙子はのめり込み、メッセージを投稿するようになるのだが……?

主人公はリスナー

――いよいよ、ラジオ好きも演劇ファンも大注目する『みみばしる』の本番がはじまりますね。(※取材日は2月3日)ラジオファンとしては、リスナーを主役にしている点も気になるところです。

松居:「ナビゲーターを主役にしない」ことを、最初に決めました。ナビゲーターを主役にすると、ドラマは作りやすいけど、選ばれた人の話になってしまうので、冷めてしまうところがあって……“選ばれた人たち”のお話では、観客が入り込めないと思ったんです。リスナーと創るなら、リスナーがどんな景色を見ながらラジオを聴いているか、ラジオによってどのように人生が変わったか、というところを物語にしたいと思って。

――主演の本仮屋ユイカさんも実際にラジオファンですが、劇中ではどういった役ですか?

松居:本仮屋さん演じる妙子は、ラジオに出会って、番組のファンになって、一度メッセージを読まれます。それまでは出すつもりはなかったけど、初めて読まれたことによって何度も送るようになるんです。その後はなかなか読まれなくて、それでもなんとかして読まれたいと思っていた矢先に事件が起きます。妙子が働いている職場、家族をはじめ、自分とは関係がないと思ってた人たちが、ラジオを通じて出会っていく……そんな物語です。

キャストには、本仮屋ユイカさんをはじめ、松居大悟が主宰を務めるゴジゲンのメンバーのほか、演劇ファンにもたまらない出演者が揃っています。音楽は石崎ひゅーいさんが担当。劇中ではワタナベシンゴさん(THE BOYS&GIRLS)、タカハシマイさん(Czecho No Republic)などの歌唱シーンや、本仮屋ユイカさんが生で歌う場面もあるそうです。

 

※稽古中の集合写真(ワタナベシンゴさんのTwitter 1月 18 日の投稿より)

公募リスナーも出演!

さらに、番組を通じてオーディションも行われ、824名の応募のなかから、リスナー出演者が選ばれました。合格の基準は、松居さんが“ラジオに関する何か“を感じた人だといいます。

松居:リスナー役の本仮屋さんのまわりに、ラジオ好きな皆さんが立ったら、すごく説得力があるというか、何か感じるものがあると思ったので、リスナーから選びました。職場でいつもJ-WAVEが流れているという人や、いろいろなラジオ局の番組を聴いている人。さらには、ラジオが好きで、どうしても今回の舞台に立ちたくて、会社を辞めた人までいます。演技のことは知らなくても、ラジオと共に生活している人も登場するからこそ、この作品の意味があるのかなと思います。

――オーディションで選ばれた人も、かなりセリフが多いと聞きました。

松居:結構ありますね。僕は“全員が出演者”という考え方なので、それぞれの役に合ったセリフを書いただけなんですけど。オーディションで選ばれた子がラジオ愛を語る場面があるんですけど、その部分のセリフは僕が途中まで書いて、そのあとは本人に任せたんです。その場面は、特にグッときます。ラジオが好きな人の心からの言葉なので、感動しますよ。だから、ラジオ好きな人が観ると、気持ちがものすごくよく分かると思います。J-WAVEファンに限らず、他の放送局の番組を聞いている人にとっても、特別なものを感じられる内容です。ラジオに出会って、ラジオの魅力に気づく……ラジオ好きが必ず通ってきた道です。逆に、ラジオを聴いてこなかった人にとっても、さまざまな人の“ラジオへの想い”が分かる作品です。

※放送中の松居大悟さんと、癖のある準備体操をしているワタナベシンゴさん (JUMP OVER 公式 Twitter 1月 27日の投稿より)

「ニセ酒」撲滅運動から見えてくる中国の特権社会をウォッチャーが解説

画像はイメージです

「不正コピー天国」「ニセモノ天国」というイメージが根強い“Made in China”。ニセモノの中でもいま、中国政府が力を入れているのが、ニセ酒の摘発だという。東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長が、6月13日に出演したRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で「特別な人しか飲めない極めて高級な酒を装ったニセ酒の摘発から、中国社会、中国の官僚社会の様子が見えてくる」とコメントした。

Facebook

ページトップへ