【ラジオな人】熊本のお昼に”福”を届ける RKKラジオ(熊本放送)の癒しボイス・塚原まきこさんに直撃!

災害時の情報は、ラジオからすぐに

――2016年の熊本地震のときは、どうされていましたか?

地震直後からRKKに来ていました。あのときはワイド番組を担当しているパーソナリティが、朝と午後と夕方から震災特番を担当して。私は午前中を担当して、生活情報を届けたり音楽をかけたりしていました。無我夢中だったからか、記憶が曖昧なところが多いのですが。ただ、そのときから熊本の状況をすごく気にしてくださって、「熊本地震がきっかけでRKKラジオを聴いています」という方もいらっしゃいますね。

©radiko news

――災害特番で気をつけた点は?

「何が起きているか」をとにかく分かりやすく伝えることです。そして、できるだけリスナーさんに寄り添って、元気になってもらえる曲をいっぱいかけました。あとは「今の状況をとにかく教えてください」と言い続けました。
それと、東日本大震災のとき「女川さいがいエフエム」(※9)を立ち上げた方々の中に、東京時代にお世話になった方がいたので、いろいろアドバイスを頂きました。こういうときに、みんながつながるってすごいなぁと思いました。

――実は坂本咲子さんや大橋俊夫さん、女川さいがいエフエムを立ち上げた方々には、私もお世話になっていて。みんなラジオが好きで、困ったときに助けてくれますよね。

そうなんです。共通の知り合いがたくさんいてビックリだなぁ。これなら枠を超えて、いろいろやれそうですね。

――そのときは私を伝書鳩として使ってください(笑)。また地震のときに話は戻るのですが、前震と本震は両方とも夜中に起きましたよね?

本震は土曜日の午前1時半頃、金曜日から日が替わってすぐでしたね。県北はそんなに被害がありませんでしたが、(上益城郡)益城町や(阿蘇郡)西原村などは被害が大きくて……東日本大震災の報道は観て、聴いていましたが、経験してみないと分からないことがたくさんありましたね。
電気はわりと復旧が早かったのですが、私の家も含め、水とガスがなかなか復旧しなくて。私自身、「今日もまだ水が出ない」という毎日の中で、ラジオからの情報を必要としている人たちがいて。大変なときでも、いつもの時間にいつもの声がする日常がラジオにあることは、すごく大事だと感じましたね。

©radiko news

――熊本地震を経験して、ご自身の中で変わった点はありますか?

ラジオをいつも傍においてほしいと、強く思うようになりました。「地震でも台風でも、新しい情報があったらすぐにラジオからお伝えします。だから、ラジオを傍に置いてください」って。リスナーさん以外にこの声を届けるのは難しいですが、言うか言わないかでは全然違うと思うんです。もっとラジオが、生活の中に入っていけばいいですよね。

――そのために、具体的に取り組んでいることはありますか?

SNSです。ラジオを聴いていない方でも「ツイッター見てます」とか、「インスタ見てます」とか「Facebook見てます」っていう方はいらっしゃって、その中で1人でも、「ラジオを聴いてみようかな」と思ってもらえればいいなと思います。昔は聴いていたけど最近は聴いていない、という方も多いですから。
ラジコを使えば、スマートフォンで聴けるのもありがたいですね。私はテレビもラジオも両方出演するのですが、ラジオが自分のライフスタイルの中にあるので、ラジオ好きな方がもっと増えたらいいな、と思います。

番組10周年でもいつも通り

――さて、「福ミミらじお」も4月で10周年を迎えますが、今後のご予定は?

いつも通りだと思います。いつも通りに皆さんのところに音楽が届いて、笑顔になってもらえれば、それが一番いいと思うので。「福ミミ」の「福」がハッピーなので、それがお耳に届いてくれたら、もうそれが一番ですね。特別な何かがなくてごめんなさい(笑)。

でも、音楽をもっと深く掘っていきたいですね。あとはミュージシャンの方々のつながりがあるので、生演奏など、アーティストの方とのコラボができたらうれしいですね。スタジオライブとか。

――ありがとうございました。これからも、素敵な声と音楽、楽しみにしております。

出演者プロフィール

塚原 まきこ(つかはら まきこ)

熊本県出身。学生時代から地元のテレビ・ラジオで活動していた。1997年に活動拠点を東京に移す。2002年4月に熊本へ帰郷。以後、ラジオ、テレビ、イベントの司会など、幅広いジャンルで活躍している。

©radiko news

番組概要

『塚原まきこの福ミミらじお』

2009年4月にスタートした音楽番組。月~金曜のお昼に放送中。地元のエンタメ情報やゲストとのトークを楽しみつつ、塚原まきこが選びに選び抜いた曲が楽しめる。

塚原まきこの福ミミらじお
放送局:RKKラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 12時30分~13時55分
出演者:塚原まきこ
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook
公式Instagram
公式Youtube

※放送情報は変更となる場合があります。

【脚注】

(※9)東日本大震災を受け、2011年4月~2016年3月まで、宮城県牡鹿郡女川町にあった臨時災害放送局

この記事を書いた人

豊田 拓臣(とよだ・たくみ)

1979年埼玉県生まれ。放送文化研究家。

全国各地の放送局へ取材に行き、放送が世の中に与える影響を考察、検証している。専門はラジオ。著書に『ラジオのすごい人たち~今こそ聴きたい34人のパーソナリティ』(2012年、アスペクト)がある。

一般社団法人 日本放送作家協会 理事
特定非営利活動法人 放送批評懇談会 正会員

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ