【ラジオな人】熊本地震の第一報と、放送現場のリアル エフエム熊本(FMK)編成技術部・池上大介さんが語る

©radiko news

エフエム熊本、通称「FMK」では、FMラジオが大事にしてきた音楽番組と、エンターテイメント性の強い番組が、バランス良く放送されています。そこで、編成技術部主任の池上大介さんに、局全体のことや担当されている番組のこと、2016年の熊本地震当時のようすについて、詳しく伺ってきました。

――現在、池上さんが担当されている番組を教えてください。

FMK パンゲア!』(月~木 11:30~14:34)、『千客万来!「安井笑店」』(月 15:30~15:55)、『ディアライフグループ presents CANDY POP』(金 15:00~15:20)などですね。

――『FMK パンゲア!』の番組作りには、どこまで携わっているのですか?

現番組プロデューサーとして、生放送中の作業というよりは、営業案件、放送内容の大筋の決定が主です。メッセージテーマ決めなどはみんなでやるのですが、それを前の週とかに皆さんに連絡して、放送中に不測の事態が起きたら対応しています。

――他に、自社制作の生番組はありますか?

月曜から木曜日の朝は『FMK Morning Glory』(月~木 7:30~10:34)。昼が『FMK パンゲア!』で夕方が『FMK RADIO BUSTERS』(月~木 16:00~18:55)。金曜日が朝は『FMK charmy×2 』(7:30~10:29)、昼が『FMK BEAT MAX』(12:00~14:34)、夕方が『FMK Feel the Voice』(16:00~18:55)の6つが大きなところですね。

――「パンゲア!」の前に担当した番組は?

僕は、入社してから8年間は営業だったんです。5年前に制作に異動してきたので、『パンゲア!』がメインですね。2007年4年から始まった番組なので、今年で12年目です。

――オンエアを聴いて、リスナーの参加率がとても高いなと感じました。

『パンゲア!』も毎日出演者が違うので、テイストも少し違うんですね。特に水曜日は参加率が高いです。担当の黒木よしひろさんが、『お昼もGAMADAS』(※1)という帯番組の担当だったので、黒木さんのファンが多いのでしょうね。黒木さんは、FMKの看板パーソナリティの1人で、他にも『パンゲア!』でいうと、月曜日のMEGさんと英太郎さんも、とても人気のあるコンビです(※2)。あと、夕方の番組でいうと、かなぶんや(※3)さんですね。「ザ・ラジオDJ」という感じの方で、うちでしゃべってもらえてありがたいです。

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ