菅田将暉が語るラジオの魅力!「#このラジオがヤバい」インタビュー

NHKと民放ラジオ局が共同で行なっているラジオキャンペーン「#このラジオがヤバい」! 特設サイトでは、人気パーソナリティーたちのインタビューを掲載しています。

その中から今回は、ニッポン放送『オールナイトニッポン』でパーソナリティを務めている俳優・菅田将暉さんをピックアップ。ラジオだからこそのおもしろさや魅力を語っていますよ!

「#このラジオがヤバい」についてはこちら

菅田将暉がパーソナリティ!『菅田将暉のオールナイトニッポン』とは?

ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』は、2017年4月にスタート。今年で3年目に突入しました。

リスナーが考えたショートストーリーを菅田さんが読み上げる「ショートシャンクの空に」や、マンガに100%いるキャラや起きる展開をリスナーから募集する「100パー漫画」は、超人気コーナー。リスナーと菅田さんの漫才のような掛け合いが、本人たちはもちろん、聴いているだけのリスナーからも「おもしろい!」と大好評です。

また2ヶ月に1回行われるスペシャルウィークでは、俳優や声優、芸人など、バラエティ豊かな豪華ゲストと共演。今月のスペシャルウィークの際は、声優・緒方恵美さんと阪口大助さんを迎えて、「ショートシャンクの空に」の特別編「ムービー&アニメあるあるSP‼︎」をお届けしました。

そして昨日の放送は、スペシャルゲストとして菅田さんと親交の深いアーティスト・米津玄師さんが生登場。さらに、ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌であり、米津さんが作詞・作曲・プロデュースを担当した菅田さんの新曲「まちがいさがし」が初めてフルサイズでオンエアされました!

菅田将暉はラジオで「俳優にならなかった自分」を体験する

現在「#このラジオがヤバい」の特設サイトでは、菅田さんのインタビューが掲載されています。

ラジオ番組のパーソナリティをしたことでの心境の変化や、リスナーに対する思いなどが等身大の言葉で綴られ、映画やドラマ、CMなどでは見られない菅田さんの一面を見ることができます。

例えば、ラジオに対しては「自由を感じている」と話しています。
「声だけ出ればいいし、話す内容も基本的にはライブだし。『俳優の道に進まなかった場合の自分』でいられる、そんな仕事だと感じるときがあるんですよ。」

また「ラジオの魅力」については、こう語っています。
「テレビのバラエティとも映画とも違う距離感で、とても狭くてプライベートですよね。それこそ家で横になりながら暗闇の中で聴いてたりすると、空間に自分とパーソナリティの2人しかいないような感じさえする。いわゆる芸能人みたいな人たちと、ちゃんと人間としての距離感で接せる場所だと思います。それが大きな魅力じゃないかな。」

みなさんもラジオで、“素”の菅田さんと接してみませんか? 菅田さんや他のリスナーと一緒に『菅田将暉のオールナイトニッポン』を盛り上げていきましょう!

「#このラジオがヤバい」特設サイトでのインタビューはこちら

菅田将暉のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:菅田将暉
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#菅田将暉ANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ