全国・恋愛相談を送りたくなるラジオ番組!(学生向け編)

ついこの前に年が明けたと思ったら、早くもバレンタインデーが近づいてきました。この時期になると、ラジオ番組では恋愛にまつわる相談のメールが増えます。そこで、学生の皆さんも、学生時代に淡い恋愛をした大人の皆さんも、思わず耳を傾けてしまうラジオ番組をご紹介します。

ニッポン放送『井上苑子のオールナイトニッポン0(ゼロ)』

phpNPC610

自身のツイキャスで、再生回数200万回を突破したこともある、人気シンガーソングライター・井上苑子さん(そんちゃん)の番組です。おしゃべりが大好きで、友達とトイレに行った時でも、ずっとしゃべっているほどだそうです。深夜4時すぎに放送される「真夜中の人生相談」では、19歳になったばかりのそんちゃんが、リスナーからの恋愛相談にこたえます。そんちゃんは、恋愛相談を受けるのが大好きだそうで、関西弁のあけすけなトークは止まりません。

■放送日時:月曜 27時~28時30分

TOKYO FM『木村カエラ cosmic radio』

php1BIReG

昨年10月にスタート。木村カエラさんはラジオが大好きで、放送でも「やっぱり、ラジオって楽しいね!」と言っています。『cosmic radio』はカエラさんにとって、7年ぶりのレギュラー番組ということで、初回の放送から興奮気味でした。常にリスナーに向かって、問いかけをしているような雰囲気でおしゃべりをしています。恋愛相談には前向きなアドバイスが多いのが特徴。先日の放送で「2017年は良い年になりそうな気がする!」と言っていたカエラさん。聴いていると、パワーがもらえます。

■放送日時:日曜 15時~15時30分

TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』

d4829-1001-199416-1

2005年スタート。学生時代に聴いていたという人も多いのではないでしょうか。現在は、とーやま校長(2代目校長)、あしざわ教頭(3代目教頭)が担当しています。番組内のコーナー『きゃりーLOCKS!』に登場する、きゃりーぱみゅぱみゅさんや橋本奈々未さん(乃木坂46)も“生徒”だったそうです。

この番組は、掲示板をうまく活用していて、校長や教頭がどうしてもうまくアドバイスができない時は、生徒の意見に委ねることも。また、現役の先生からの書き込みもあるそうで、大人が番組を聴いていると、10代にタイムスリップしたような気分になります。時々、各地の放送局で出張授業をしてくれる点も嬉しいところです。

放送日時:月曜~木曜 22時~23時55分 金曜 22時~22時55分

J-WAVE『AVALON』

AVALON

中高校生から20代に人気の番組『AVALON』。毎日放送されている人気コーナー「POSTEL」では、主に10代の学生からいただいた相談に対して、各曜日のナビゲーター(月曜:松岡茉優、火曜:KenKen、水曜:満島真之介、木曜:渡辺直美)が真摯にアドバイスをします。特に、高校を卒業してまだ3年の松岡茉優さんは、リスナーの年齢に近いこともあり、恋愛相談に定評があります。21歳とは思えないほど考えがしっかりしているため、「お母さんみたい」と言われてしまうこともあるそうです。それほど、松岡さんのアドバイスには愛がたくさん詰まっています。

番組の特集でも恋愛をテーマにした内容を展開することがあり、若手お笑い芸人の「相席スタート」の山崎ケイさんが出演したことも。ケイさんはモテることで有名ですが、ケイさんによると「自分のことはブスだとは思ってなかったけど、“ブスなのかな”と薄々気がつきはじめてからは、どうせブスだったら色気がある方がいいかと思って振る舞うようにしました」と、独自の恋愛論を紹介すると、松岡さんは感心しながら聴いていました。

放送日時:月曜(松岡茉優) 22時~23時30分

J-WAVE『SPARK』

SPARK

『SPARK』火曜日のナビゲーターは、10代を中心に絶大な支持を得ている女性3人組バンド・SHISHAMOです。時に切なく、時に励ましてくれる恋愛ソングが人気ということもあり、恋愛に関する相談が非常に多く紹介されます。時には、かなり深刻な相談に答えることも。

メンバーの3人(宮崎朝子、吉川美冴貴、松岡彩)はそれぞれ性格に特徴があり、リスナーから寄せられた相談に対して三者三様のアドバイスが飛び出します。中でもヴォーカルの宮崎さんは、シビアながらも的確なアドバイスで、聞いていて清々しいものがあります。ちなみに、ドラムの吉川さんは番組で「自分を応援してくれる人が少ない」とよく嘆いていますが、先日、熱狂的な吉川さんファン(通称「吉川サポーターズ」)の、とある男女が付き合っていたことが発覚し、吉川さんはなぜかショックを受けていました(笑)。

放送日時:火曜(SHISHAMO) 25時~26時

SBSラジオ『テキトーナイト!!』

出演している静岡のテレビ番組では、ある時はピエロの格好をしたり、またある時は牛の格好をしたり…と、自由奔放な鬼頭里枝さん(キトちゃん)がお送りする人気番組です。お悩み相談コーナー「教えて! キトー先生」では、恋の悩みや性の悩み、進路や友人関係の悩みに真剣に答えます。もちろん、親の世代からの悩みも紹介されます。キトーちゃんだけでなく、他のリスナーからの意見が紹介されるのも生放送ならではです。

ほかに、静岡県内の学校の話題を紹介したり、時には学校を訪問する「TNN学校ニュース」、LINEを使ってアンケートを実施する「どっち、どっち、どっち!?」のコーナーも。ちなみに、以前、恋人に関するアンケートを実施したところ「彼氏・彼女なし」56% に対して「交際中」15%、また「既婚」と答えた人は29%でした。番組開始から8年ということもあり、昔から聴いているリスナーの中には、それなりに年齢を重ねた人も。番組には「しずおか横断! 中高生クイズ!!」のコーナーがありますが、毎月一度「中高年クイズ!!」も行われます。

■放送日時:土曜 21時~23時30分

K-MIX SHIZUOKA『K-mix みんなの19HR!』

中学生・高校生向けの番組です。火曜に行われるコーナー「みんなで恋バナしよっ!」は、【運命の人って、いると思う?】【恋愛で見栄を張っちゃったこと】【2017年、みんなの恋の目標】などのテーマと共に、LINEを使ったアンケートも活用しながら展開していきます。さらに、大人からのメールも届き、恋愛話を盛り上げます。火曜のパーソナリティーは、先日開催されたセンター試験の英語の問題を解いたところ、250点中215点という高徳点だった加藤ジュンさん、女“高田純次”こと高橋茉奈さんがお届けしています。高橋さんは笑い上戸で、聞いているだけでホッとします。

■放送日時:月曜~木曜 19時~21時

ABCラジオ『よなよな…』

森脇健児さん、ダイアンなど、日替わりのパーソナリティーでお届けしている番組『よなよな…』。水曜日(通称『よな水』)は、関西を中心に活躍する、人気シンガーソングライター・近藤夏子さんと北村真平アナウンサーが担当しています。特に『よな水』はリスナーの年齢の幅が広く、小学生から80歳くらいの方まで、電話やメールなどで参加しています。聴きどころの一つは、リスナーとの電話のやりとり。恋愛相談や家族にまつわる悩み、登校拒否にまつわる相談など、近藤さんも北村さんも、リスナーの話に真摯に耳を傾けます。時には一人につき、20分も話すことも。

さらに「ナツコステーション」のコーナーも好評です。リスナーと電話で話した内容に関するオリジナル曲を作り、翌週にピアノを弾きながら生演奏で披露します。つまり、毎週新曲が誕生しているというわけです。この番組は、ニコ生、Ustreamでも配信されていますが、曲を披露する度に、たくさんの賞賛のメッセージがコメントされます。ある時は恋愛ソングだったり、両親へのメッセージにまつわる曲だったり…。涙を誘う名曲もたくさん誕生しています。近藤さんは、トークの時は“天然”が入っている時がありますが、真面目なお悩み相談や、生歌の時になるとスイッチが入るようで、そのギャップにも注目です。

■放送日時:水曜(近藤夏子、 北村真平) 22時~25時

BSSラジオ『森谷佳奈のはきださNIGHT!』

山陰放送入社2年目の森谷佳奈アナウンサーが、一人で進行を務めます。世の中に対する不平・不満など、毎週のテーマに沿ってメールやツイッターで投稿してもらい、BGMに乗せてテンポよく紹介していきます。中でも隔週で放送している「教えて、保健室の先生」は、恋愛や学校での人間関係を中心とした相談に、森谷アナが答えます。しかも、保健室の雰囲気を醸し出すために、コーナーが始める前に白衣に着替えるという徹底ぶり。番組はUstreamで放送されているため、そこを意識しています。自身の恋愛の失敗談を踏まえて、あけすけに話している点も嬉しいところです。

実は番組がスタートして間もなく、『爆笑問題の日曜サンデー』の名物企画「全国ラジオ新番組選手権2016」でも紹介されました。その際に「教えて、保健室の先生」の模様を放送したところ好評で、見事に優勝しました。そのことがきっかけで、あっという間に知られるようになり、ラジコプレミアムで聴いているという、全国のリスナーからたくさんの投稿が届いています。森谷アナウンサーは、放送以外の時間帯でも番組宛のツイートをチェックしているそうで、その内容によって次の放送で話す内容や、企画を考えたりするそうで、番組愛に溢れています。

■放送日時:月曜 21時~22時

 

『SCHOOL OF LOCK!』『よなよな…』など、特に生放送でリスナーと電話をつないで相談をする番組では、電話口で話し始めた時は暗い口調だったリスナーも、話をしているうちに明るくなってくることがあるのも醍醐味です。皆さんもまずはメールを送ってみてください。

この記事を書いた人

YMgrdfKa
やきそばかおる
子どもの頃からのラジオっ子。
「ケトル」「BRUTUS」等ラジオ特集を担当。
ライター・構成作家・動物園愛好家。好きな食べ物は、焼きそば。
ツイッター @yakisoba_kaoru

「すべてをデジタル化しようとする人は嫌い」Instagramを日本に広めた長瀬次英が考える“デジタル戦略”とは?

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。1月15日(土)の放送は、株式会社Wellness Me CEOの長瀬次英(ながせ・つぐひで)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)長瀬次英さん、笹川友里


長瀬さんは、通信事業会社、外資広告代理店などを経てFacebook Japanに参画。2014年にInstagramの初代日本事業代表責任者に就任し、日本におけるInstagramの収益モデルを確立。その後、ロレアル日本法人で初代CDO(最高デジタル責任者)に就任し、「CDO of the Year 2017」を受賞。

その後、エンターテインメント会社LDH JAPANの執行役員兼CDOなどを務め、2019年には自身の会社を中心にパラレルキャリア&ワーキングを遂行し、2021年にウエルネス事業の会社、株式会社Wellness MEを共同代表で設立。同時に、TOKYO FMのチーフデジタルプロデューサーも務めています。

◆Instagramを日本に広めるために…

日本でInstagramをローンチした際に、責任者として手腕を発揮した長瀬さん。「まずは多くの人に使ってもらうためにも、入念に戦略を立てた」と振り返ります。Instagramはテキストよりも写真や動画など視覚的・直感的にアピールするコンテンツが中心とあって、「写真(を撮るの)がうまい人を先に取り込んだほうがいいので、写真家やモデル、ブランドなど、きれいな写真を持っている人たちを巻き込んで、Instagramのプラットフォームに上げてもらいました」と、初期段階の取り組みを説明。

さらには、普段は見ることのできない著名人のプライベートを切り取った写真を投稿してもらうことで、より多くの人の関心を引くだけではなく、いわゆる“映える”写真がおのずと蓄積していくことによって、「それがプラットフォームの質を維持するための素敵な抑止力となった。ただ、それだけでは広がりが薄いので、誰が撮ってもそれなりの写真に見えるようにフィルター機能を付けたりと、順序立ててやっていった」と回顧。そんな戦略もあって、1年間でおよそ1,100万人のユーザーを獲得しました。

◆デジタル戦略で重要なのは「アナログな部分」

華々しい経歴を経て、2021年にはチーフデジタルプロデューサーとしてTOKYO FMに参画。デジタル戦略を推進していくうえで、「本当に重要なのは“アナログ”な部分」と言います。「変えてはいけない部分をいかに守って、それをいかに伸ばすかがデジタルの役目。すべてをデジタル化しようとする人がものすごく多いんですけど、僕はそれがすごく嫌い。だからTOKYO FMも、ラジオのいいところだけを残して、その良さをもっと広くするのが僕のやり方」と解説します。

長瀬さんいわく、デジタル化していくにあたり「最初にやったのは“教育”。そのなかでも、マナーや受け答え。デジタルの世界だからこそ、どうやったらもっと温かく接することができるのか。そうすることで何が起きるかというと、個人情報が取りやすくなるんです。(アンケートなどを取るにも)実は会話が重要な接点なので、美容部員をやめてiPadで全部対応しましょう、というのはありえないし、面白くない」と持論を展開します。

あくまでもデジタルは、アナログな部分や人間味、温度感を活かすためであって「所詮、人と人とのやり取りや駆け引きでビジネスが成り立っているので、そこをどう活かすかが注目ポイントだと思う」と自身の見解を示しました。

◆仕事で大事にしているのは“人間力”

昨年には、元テレビ東京アナウンサーの森本智子(もりもと・ともこ)さんと共同でWellness MEを設立した長瀬さん。これについては、“健康ビジネス”がこれから盛り上がるのを見越してのことだと明かします。「コロナ禍において、みんな自分に向き合う時間や生き方を考える時間が増えた。そのなかで、時間の使い方、自分のエネルギーの使い方などがすごく追及されていくだろう」と予見します。

また、「自分の生き方は幸せであるべきだし、時間もお金も人も自分のために使うべき。だから、“どのようにして豊かにしていくか”の提言とアイデア、それを実現させるものを提供していくと、人々はもっと自分のために幸せに生きていけるんじゃないか、というのをテーマとしてつくった会社」と思いを語ります。

「“これからは楽しく美しく健やかに、健康と幸せを自分のために使っていく時代だ”というのをテーマとして掲げているので、肌がきれいになるクリームやコスメ、リラックスするようなサービス、もっと自分の体と見つめ合うプログラムや教育などの方面にも手を伸ばしていけたら」と展望を語ります。

また、仕事をするうえで重要だと思っていることは、“誰からも好かれるような人間力”と長瀬さん。数多くの業務を抱えていることもあって、ときにはダブルブッキングをしてしまうことがあるそうですが、「『しょうがないな、長瀬さん』と許してくれて、好きでいてくれるような人間力がすごく大事だと感じる。 “語学が堪能”“高学歴”といったスキルやバックボーンよりも、キャラが良ければ話が進みやすい」と語っていました。

次回1月22日(土)の放送は、後払い決済サービスPaidy 副社長 執行役員・橋本知周(はしもと・ともひろ)さんをゲストに迎え、お届けします。Paidyのサービスについてや“世界から見た日本の決済サービスの展望”など、貴重な話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年1月23日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/futurepix/

Facebook

ページトップへ