【編集部が行く!】安東弘樹&宮島咲良が送る“居心地の良い”時間。bayfm78『MOTIVE!!』インタビュー!(前編)

©radiko news

2019年4月よりbayfm78で始まった『MOTIVE!!』。初回放送の終了直後、番組パーソナリティ・安東弘樹さんと宮島咲良さんにお話を伺うことができました。局舎から見える景色のように、爽やかな情報エンターテインメント番組かと思いきや……?

インタビュー後編はこちら

言葉にファーがついている!

――初回オンエアが終わってお疲れのところ、ありがとうございます。4時間の生放送、いかがでしたか?

安東:パートナーが宮島さんで良かったです!全部吸収してくれて、フォローもしてくれる。メールアドレスの紹介も2人で割り振るのかと思っていたら、自然と全部言ってくれたり。トークにもフッと入ってきてくれるので、本当に助かりました。

今日はスタッフの皆さんと、宮島さんに助けていただいたというのが4時間の感想です。それに甘えていいのか……という迷いは若干あるんですけど、とにかく居心地が良かったですね。僕は放送中かなり自分の事をさらけ出すことが出来ました。宮島さんも多少さらけ出せているのかなと感じました。どうですか?

宮島:譲り受けました! 褒めてもらえるとは思わなくてビックリしています……! 私は東京都江戸川区の出身なので、中学生の頃からbayfmをずっと聴いていたんですよ。親が聞いてたとかではなく、ラジオと音楽が好きなので、『BAY RHYTHMIX』(※)を毎日聴いていました。

当時はFAXをめちゃくちゃ送って読んでもらっていたので、DJの丸山みづ紀さんのサインが入ったタイムテーブルが、毎月送られてきていたほどです。bayfmでしゃべりたいとずっと思っていたので、中学生の私に、「お前、このまま真っ直ぐ生きてたらbayfmでしゃべれるようになるからな!」って言ってあげたいぐらいです。そして、そのお相手が安東さんで本当に良かったなと思っています。

ラジオとテレビの違いって、人間性が出ちゃうところだと思うんです。声質でもそうですし、人となりが直でリスナーさんにも伝わりますし、一緒にしゃべっているパーソナリティ同士でも伝わるものなので……。私は安東さんの口から出て来る言葉に、ファーがついていると感じたんですよ。

安東:……口臭に気をつけます。

宮島:臭いの話ではなく(笑)、イメージというか……ファーがついている人ってあんまりいないので、すごく嬉しくてありがたいなぁと思って……。

安東:良いことなのかどうか……。

宮島:良いことですよ、フェイクファーですから!

※1997年10月~2003年3月まで放送されていた音楽番組

©radiko news

――確かにフェイクなら大丈夫!……ですか?(笑)

宮島:つまり、言葉に柔らかさをすごく感じたんです。

私がKBC九州朝日放送のアナウンサーだった頃、先輩アナウンサーの宮本啓丞さん(KBC九州朝日放送のアナウンサー。テレビ『アサデス。KBC』『アサデス。九州・山口』『羽鳥×宮本 福岡好いとぉ』、ラジオ『オールナイトKBC マントル宮本の××祭りだよ!カーニバロー』を担当)と一番仲良くさせてもらっていたんですね。

ラジオでもすごく素晴らしいしゃべりをする方で、人間性も素晴らしい、ちょっと変わった人なんですけど。

安東:素晴らしいけど変わっている……。あ、何でもないです。どうぞ。

宮島:その宮本さんと安東さんが、どこか雰囲気が似てらっしゃって。外見は違いますけど、しゃべりの雰囲気とかが。

――たしかに。ジェントルなんだけど、独自の視点で物事を見ている辺りが似ていますね!

宮島:そうです!いろんなところに疑問を持たれているところとか、その疑問の持ち方だったりとか。

私、それをランスルー(いわゆる予行練習。番組開始より前に、放送はしないが本番と同じように行う)の時に感じて、「何て素敵な方と一緒にできるんだろう。嬉しい!」と思ったんですよ。本当に大好きな先輩なので。

安東:たぶん僕、人生で今一番褒められていると思います。

宮島:そんなはずはない(笑)。でも、私も好きなものに対して熱くなってしまうところがあるので、そこも1回受け止めてくださるのは、本当にありがたいです。

“業界っぽさ”があまり無い

©radiko news

――宮島さんの勢いを安東さんが吸収して、返すときは返す、受け止めるときは受け止めるという関係性は、番組を聴いていても感じました。

安東:ありがたいですね。正直に言うと僕はランスルーでお会いするまでは、宮島さんのイメージがゼロに……。なので、ネット検索してみたら、出てくる写真が派手なんですよ。「局アナだったんだよね?ニーハイソックス履いてるけど。ミニスカ履いてるけど」みたいな。で、そのままランスルーに臨んだら、二言目ぐらいで「あ、大丈夫だ」と思ったんです。

写真と文章だけ拝見したとき、僕の中に2通りのイメージが浮かんだのですが、良い方のイメージでよかったなって(笑)。

それからスタッフの皆さんも、僕たちを受け入れつつも導いてくれるところがあって。局全体の雰囲気も、“業界っぽさ”があまり無いんですよね。僕にとって「居心地の良い場所」の条件でもあるのですが、そこに宮島さんも含まれているというか。タレントさんには失礼な表現かもしれませんが。

宮島:そんなことないです。局アナ出身だとそうなりますよね。性格もあるのかもしれないですけど。

番組はノービジョンでスタート

©radiko news

――番組が始まる前、具体的に「こういう番組にしよう」というお話はされたんですか?

安東:コーナーごとの話をしただけで、全体的な話はしていないです。いわゆるノービジョンってやつですか(笑)。

でも、何となくリスナーと一緒に進めていきたいとは思っていました。今日、放送中、何回もある事に関して教えて下さいって言ったのは、本当に教えて欲しかったからです。「ググれよ」って答えは面白かったですけどね。あ、「ググっても出なかった」っていうの忘れた!

宮島:そうでしたね! チャンスがあったらまた言いましょう。私も今まで「どういうふうに生きていこう」とか、「どういうふうになりたい」とか、「アナウンサーの誰が目標」だとか、全く考えたことがなくて。その時にやりたいこととか、「これだけは大事にしたい」っていうことだけ考えてやってきていて。

なので、最初に「こういう番組にしていきたい」とは1回も思ったことがないんです。その場、その場の生ものですから。みんな生きている人間ですし、あまり頭が固くなりすぎちゃうのも良くないかなって、1人でやるときは特に思っています。

ただ、1つあるとしたら、「この番組のゲストに出たい」と思ってくれる方が、いろんなジャンルにいてくれたらうれしいです。そうなればリスナーの皆さんも幅広い話を、楽しく聴けると思うので。リスナーさんからも「こういう人に来てほしい」とか、「2人だったらこういう話ができるんじゃないか」みたいな提案をもらいながらやれたらいいですね。

安東:いやぁ、「目標のアナウンサーがいない」っていう人、僕以外で初めて会いました。僕も就職活動の面接のときから、何回聞かれても「誰がアナウンサーかも分かりません」みたいな感じだったので。フリーになったときにも聞かれたんですけど、「特にありません」としか言いようがなくて……(笑)。

その場その場で一生懸命、「スタッフの努力を無駄にしない」とか「相手に不快な思いをさせない」とか、その繰り返しで二十何年間、アナウンサーをやってきたんです。謙遜でも好感度のためでもなく、必要以上に、お金を儲けたいというのも無いんですよ。生きていくコンセプトが同じ人がいて驚きました。

©radiko news

――「何をしたい?」って聞かれた方がまだいいですか?

2人:そうでもないですね。

安東:そろいましたね、奇しくも(笑)。ただ、例えば宮島さんの場合は、bayfmでしゃべりたいっていうのが1つあったと思うんですよね。それはすごく分かるっていうか。

宮島:1個1個はあって、「スーパー戦隊の役に立ってから死にたい」とかはあるんですけど。

安東:アナウンサーとしてというよりは、1ファンとしてという感じですよね。bayfmでしゃべりたいっていうのは。

宮島:そうですね。「将来的にどうしたい」とかじゃなくて、「今これをしたいからやっている」ってことで。それでbayfmの皆さんのお役にも立てるんだったら嬉しいし、皆さんと一緒にお仕事できることがうれしいし、それが長く続けばもっと嬉しいです。

――まだまだ話し足りない! お2人のインタビューは、後編へ続きます。

MOTIVE!!
放送局:bayfm78
放送日時:毎週金曜 9時00分~13時00分
出演者:安東弘樹、宮島咲良
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

【パーソナリティプロフィール】

安東弘樹(あんどう ひろき)

1967年、神奈川県生まれ。1991年、TBSにアナウンサーとして入社。テレビ、ラジオで多くの番組に出演。2018年3月に退社し、フリーに。多趣味で、中でも車に関しては日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員も務めるほど

宮島咲良(みやじま さくら)

1983年、東京都生まれ。2007年、アナウンサーとしてKBC九州朝日放送に入社。2010年に退社してフリーに。華やかな容姿とは裏腹なオタク気質で、大のスーパー戦隊好き

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。アメリカがイランにサイバー攻撃を承認したニュースについて解説した。

イランの最高指導者ハメネイ師(右)と会談する安倍晋三首相=2019年6月13日、イラン・テヘラン[ハメネイ師のツイッターより] 写真提供:時事通信

アメリカがイランにサイバー攻撃か

ワシントンポストやニューヨークタイムズによると、トランプ大統領はイランへの軍事攻撃を中止する一方で、サイバー攻撃を承認していたと報じている。6月20日夜、タンカー攻撃への関与が疑われるイランの情報機関などのコンピューターシステムに対しサイバー攻撃が行われ、打撃を与えたということだ。またトランプ大統領はイランに対して24日、追加制裁を与えるとツイッターで明らかにしている。その一方で、「イランと戦争をしようとは思わない。対話には無条件で応じる」とも述べている。

飯田)週末、アメリカとイランの関係が動きましたね。

須田)無人偵察機(ドローン)の撃墜を受けて攻撃司令を出したけれど、攻撃の10分前にそれを撤回した。トランプ大統領がツイッター上で明らかにしたことですが、アメリカとイランは開戦寸前まで行っていたのかということが衝撃的でしたね。そういう状況を受けて、トランプ大統領はカタールに対して仲介してくれないかという要求をしている。この番組で申し上げているように、トランプ大統領の外交スタンスは圧力を極限まで高めて、首脳会談で打開策を見出して行くというものです。

共同記者発表を終え、握手するイランのロウハニ大統領(右)と安倍首相=2019年6月12日、テヘラン(共同) 写真提供:共同通信社

ハメネイ師やザリフ外務大臣のツイートが意味するもの

須田)ではイラン側はどうなっているかと言うと、日本のメディアはほとんど報道しませんが、イランの最高指導者であるハメネイ師が英語でツイッターをやっているのですよ。先だって安倍総理がイランを訪問して、ハメネイ師と会談を行った。その様子をツイートしているのですが、「安倍総理はアメリカがイランと誠実な対応を望んでいると言うけれど、我々はそのような言葉を決して信じない。誠実な対応はトランプ氏のような人間からは生まれないからだ」と言っています。この文言を見る限り、トランプ大統領に対しての信頼度はゼロだということが伺える。
なぜならば、「アメリカはイランの石油化学業界に対して経済制裁を課しているではないか。これが誠実な交渉を望む人間のやることか」と、具体的になぜ交渉に応じないかを明記しているのですよ。そうすると、トランプ大統領が更なる追加制裁をするとなったら、ますますイランは背を向けてしまうのではないかと思います。
一方で、イランのザリフ外務大臣もツイッターをやっています。私が注目したのは、先日のタンカー攻撃の後に「いよいよBチームによるプランBが発動された」と言っているものです。Bチームとは、ボルトン特別補佐官を筆頭に、イスラエルのネタニヤフ首相、サウジアラビアのサルマン皇太子、UAEのザイド皇太子の4人組と言われています。Bチームはトランプ大統領を焚きつけて、イランとの戦争を望んでいるグループなのだと。ではBチームによるプランBとは何かと言うと、サボタージュディプロマシーです。

飯田)サボタージュディプロマシー?

須田)要するに妨害外交と言ったらいいでしょうか。イランにとって、いままで西側の唯一の窓口が日本だったのですよ。いよいよ安倍首相がアメリカとの仲介交渉に乗り出そうという矢先になって、タンカー攻撃が行われた。これはBチームによるプランB、つまり我々がやったわけではないと言いたいのです。逆に言えば、安倍総理のイラン訪問をザリフ氏は歓迎しているのですよ。重大な決断をしてくれたことで、何とか戦争を回避したいという意識は持っているのだけれども、それが御破算にされた。加えてその後に無人機の撃墜ですから、これもBチームによるものだと認識しているのではないでしょうか。

イラン学生通信(ISNA)が13日、AFP通信に提供した、オマーン湾で黒煙を上げるタンカーの画像=2019年6月13日 写真提供:時事通信

イランが核兵器保有国になる可能性も

飯田)イラン側としては、確たる証拠がないからどちらにもとれるけれど、アメリカ側が自作自演をやったという主張をしているのですね。

須田)ニューヨークタイムズは、ベトナム戦争が始まるきっかけになった「トンキン湾事件」に非常によく似ていると言っています。私もニューヨークタイムズの報道が気になったので、当時のマクナマラ国防長官の回想録を読んでみました。2回攻撃が行われたと言われていますが、2回目はやっぱり自作自演だったのですよ。

飯田)2回目に関しては、自作自演が確定している。

須田)ええ。「回想録を書くまで私は喋らなかったけれど」という書き出しで始まっています。やるのですよ、アメリカは。

飯田)アメリカが証拠として出して来た映像も、夜中だったこともあってかなり不鮮明でした。その後でカラーの写真も出ましたが、だいぶ時間が経ってからですよね。

須田)もちろん、イラン犯行説について確証がないのと同時に、アメリカの自作自演説に対しても確たる証拠はないですよ。両方とも証拠はないのです。だからバランスを見て報道すべきなのに、日本のメディアやマスコミはアメリカの主張を垂れ流している傾向があると思います。

飯田)しかし、ハメネイ師のツイッターは面白いですね。逆の意味でとれば、少しでも制裁を緩めてくれたら交渉の余地はあると言っているようなものですよね。

須田)だから大前提として、経済制裁を元の状態に戻す必要があります。一方で怖いのは、イランがウランの再濃縮を始めたということです。「OK! Cozy up!」金曜日の担当である宮家邦彦さんに聞いてみたところ、僕は再濃縮を始めて数年後には核兵器を持てるのではないかと思ったのですが、宮家さんは1年以内だと言うのですよ。

飯田)それほどの濃縮能力があるのですか?

須田)あるのだそうです。

飯田)遠心分離機の数を減らしたという話がありましたが、実際に減らしたかどうかはわからないですものね。

須田)イランが核兵器保有国になると、黙っていないのがイスラエルであり、もちろんアメリカもそうですから。

飯田)サウジアラビアもですよね。

須田)そういう状況に少しずつ動き始めていることを、認識しないといけないですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ