阿部真央×FM802 DJ・深町絵里 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

今年30周年を迎える大阪のラジオ局FM802が6月1日(土)・2日(日)に縁ある豪華アーティストを招き、メモリアルイヤーを飾る「FM802 30PARTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」を大坂城ホールにて開催する。そこで、同イベントに出演するアーティストとFM802のDJによる対談を実施!

「FM802 30PERTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」の初日6月1日(土)に登場する阿部真央。

大分県出身の阿部真央と同郷のDJ深町絵里の二名で対談を実施!

リラックスしたムードで始まった対談は爆笑エピソードやディープなトークで阿部真央のデビュー10周年も振り返り、「FM802 30PERTY SPECIAL LIVE RADIO MAGIC」への意気込みも語ってもらった。

深町:FM802が間もなく30周年、そして真央ちゃんは今年1月に10周年とおめでたいこと続き。どうでしたか10周年?

阿部:「Road to 10th Anniversary」ということで2018年に精力的に活動して、1/27には神戸ワールド記念ホールでライブもあって1年間やりきった感じですね。

深町:神戸のライブ、すごくよかったです。これからの真央ちゃんを予感させました。

阿部:神戸の公演はツアーの延長線上だったので安心感を持って、リラックしてできたと思います。

深町:ファンへの感謝も伝わってきました。そして改めて10年を振り返ると長かったですか? それともあっと言う間だった??

阿部:体感的にはそんなに時が経った感じはないんですけど、元号が変わるのに合わせてここ10年の平成のニュースを見たら、長かったんだなって感じましたね。

深町:この10年、真央ちゃんと一緒にFM802も走らせてもらったような気がして。まずデビュー当時は「ふりぃ」がFM802のヘビーローテーションになったんですが、この時のことはどんな風に覚えていますか?

阿部:本当に失礼な話なんですけど、当時は何が何だかわからないっていうのが正直なところでした。もちろん私なりに頑張っていたし一生懸命なんですけど、若さゆえの無知・不躾さはあったかもしれない。でも天狗になってたつもりもないです。それが前置きとしてあって“あ、力を入れてもらってたんだな”って思いますね。ただラジオっ子でもなかったから“ヘビーローテーションって何?”って……(笑)。

深町:そこから(笑)?

阿部:もともと自分がシンガーソングライターとして表現しよう!と思ってたタイプじゃなかったんで……。例えばバンドとかは、ライブハウスと密な関係を作ってライブをして、メディアに取り上げてもらえたらうれしくてっていう段階を踏むじゃないですか。それがなかったんですよ。だから、ただただ“ヘビーローテーション、ありがとうございます”って感じで、その重みはわかってなかった部分はありますね。

深町:突然ボンッて大きな場所(音楽シーン)に出てきたのがあったしね。で、その後は順風満帆に……。

阿部:ウソだ~(笑)。

深町:え! 自分でそう思わない(笑)?

阿部:全然(笑)!

深町:苦労が多かったなって感じ?

阿部:うーん、苦労もしてないけど(笑)。でも、やっぱ周りに目を掛けてもらって、懐深く受け止めてもらって活動してるのに、これだけかよ!みたいなところがあるんですよ。それは自分の実力不足。

深町:「これだけ」っていうのは?

阿部:セールスとか認知度とか。いわゆる売れてる感みたいなのは、これだけやってもらってるのに全然だなって……それは自分のせいだなって。でも、かといって私にはセールス1位になるぞ!とかいうのはからっきしないから困りもん(笑)。個人的には今の状況が好ましいし、今のような状況でないと逆に10年続かないと思うし。恵まれてると思うけど、こんなに周りにやってもらっているのにな……っていうのは10年ずっとありますね。矛盾はしてますけど。

深町:自分に厳しいところがある?

阿部:よく言われますけど、そう思ったことはないですね。

深町:自己肯定感が低い?

阿部:低いし、自信もないし……の割りに歌手としての自分への自己評価は高いんです。だから、こんなもんじゃないんじゃないか?っていうのもある。それは自分に対しての負けん気というか。達成感はあるけど満足したことは1回もない。でもその考えがもっと飛躍できたらなっていうのになってるのかも?

深町:原動力になってるんでしょうね。深い話になりました(笑)。

で、話を戻すとデビューした2009年は、10月から半年、FM802の番組「MUSIC FREAKS」のDJを担当してくれました。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ