阿部真央×FM802 DJ・深町絵里 FM802開局30周年記念!「RADIO MAGIC」スペシャル対談

阿部:楽しかったですね。今でも私はラジオでしゃべるのがすごく好きなんですよ。今は、「MUSIC FREAKS」をやっていた10年前よりはしゃべれるようになってると思うし、インタビューでも自分の思ったことを口にできる頭にはなっていると思います。

深町:うん。真央ちゃんの言葉はすごく伝わってきますよね。核の部分をついているというか。

阿部:そういう風に思ってもらえるようになったのは「MUSIC FREAKS」の一人しゃべりのおかげ。生放送で2時間しゃべるのは大変だったんですけど、そこで言葉の瞬発力とか、シナプス的なものが培われましたね。

深町:番組ディレクターに印象的だった回を聞いたら、成人式の日って……。真央ちゃんの地元・大分から生放送したんですよね。“2時間、ブースの外からおかんが見てた”って聞きましたよ(笑)。あと、SEKAI NO OWARIをFM802で初めてかけたのは真央ちゃんだって言ってました。

阿部:そうなんですよ! まだインディーズの時のCDを聴いて、これはすばらしい!って番組で紹介したんです。いや、私の目は間違ってなかったなと思います(笑)。

深町:すごいですよ。先見の明が!

阿部:そうですよ(笑)。私が売れると思った人は、みんな売れてるんですよ。

Aimerさんとか岡崎体育さんとか高橋優さんとか。高橋さんも「MUSIC FREAKS」をやっている時にサンプルをいただいて、それを聴いて何だこりゃ!ってなって……今や大スターですよ(笑)。そういうのってすごくうれしいことで、やっぱ私の感覚って正しいのかもって自信にもなります。

深町:真央ちゃんはセレクターとかリスナーの耳もすごく持ってますよね。さて2011年頃になると辛いことも……。声帯の手術をしました。

阿部:最初の転機って感じでしたね。肉体的な辛さは何てことなく、それよりいわゆるファン離れが辛かったです。声が変わるっていうことへの反応はシビアだなって。当時はなかなか思うことができなかったけど、自分がやりたいこと守りたいことを貫くために変わっていかなきゃいけないって学びましたね。それかから、手術後に「モットー。」っていう曲を出したんですけど、これが2011年のFM802のオンエア回数1位だったみたいなんですよ。で、この曲を翌年のマーキーさん(現・FM COCOLOのDJ)の生誕60周年祭(「MARK`E Rolling 60-It`s great to be alive!」)で、OKAMOTO'Sと一緒に歌わせてもらったんです。

深町:その時の思い出は?

阿部:衣装がチューブトップ+オールインワンだったんですけど、それをOKAMOTO'Sのレイジ君に“すごい露出ですね”みたいな感じでいじられたんですよ(笑)。

今となってはいい思い出です(笑)。もちろんOKAMOTO'Sの演奏はピカイチですし!

深町:そんな2人も今では母となり父となり(笑)。真央さんの出産は2015年。

阿部:そうですね。子どもを授かったのは幸福なことだったなって思います。こんなにかわいがれると思ってなかったってくらい、子どもがかわいい(笑)。ただ同時に自分は個人主義なんだなって感じましたね。一人の時間が必要な人間だなって。それは子供を振り回すってことじゃなく、子どもが寝た後に寝不足になっても一人の時間を作るとか、そういうことですね。

深町:それはアーティストだから?

阿部:いや、人間として。家族も入れない時間を作らないと保てないんだなってわかりましたね。だから時間の使い方とか周りの人とのいい関係性の作り方とかをすごく考えるようになったんです。それはよかったことですね。

深町:産休から復帰した時はどんな感覚だったんですか?

阿部:「Babe.」っていうアルバムで復帰してツアーもして、その時は多少集客的なものやセールスは落ちたんですよ。

深町:なんかさっきから、アーティストっていうかプロモーターさんのする話みたい(笑)。自分のことを冷静に見てるよね。

阿部:ま、そういうのは気にしたくはないけど、でもそこから学ぶこともいっぱいあるんでね。で、その時はそれでもついてきてくれたファンへのありがとう!っていう気持ちがわいたし、離婚とかもあって心ないことを言われたりもしたから、人生で一番踏ん張ってた時期かもしれないですね。

深町:その時、自分を奮い立たせてくれたのは?

阿部:やっぱり息子とファンと近くの友人ですね。私のことをちゃんとわかってくれている人たちの声。そこで心底の感謝を学んだかもしれないです。ファンを大事にしていかなければって思いました。そこから徐々に自分が変わっていった気もします。

深町:それを乗り越えて今年10周年を迎え、5月には10周年記念の第1弾シングル「君の唄(キミノウタ)/答」をリリース。他人を励まして勇気を与え、背中を押す曲だなって感じました。今はどういうモード?

阿部:今は曲でどういうことを伝えられるか?っていうのをシンプルに考えてますね。こういう曲が受けてきたからこうしよう!とか、そういうのは経験としてあるけど、それを打算的には使わない!って決めてます。本当に言いたいことを掘り下げる感覚に近いかな。だから初期の何もわからずに曲を作ってた時に近い。ずっと縛られていた呪縛から抜け出そうしてるって感覚ですね。

深町:すごくいいですね! 今後の展望はどうですか? 20周年、30周年と道は続いていきます。

阿部:これは別に歌手を辞めるとかそういうことじゃないんですけど……。そもそも私は歌うのは好きだけど、音楽好きか?って言われるとそうじゃないんですよ。たまたま自分の表現のツールが歌と曲を書くことだったからやってるんですよね。だからその(純粋に何かで自分を表現したいという)感覚を失わずにいたい。シンガーソングライターだからこうあらねば!みたいなところが、この10年あったんですけど、もうそういうのはいいやってなりました。それはファンをないがしろにするとかではないんです。ただ、そういう(自分が表現したいという)感覚がないと喜んでもらえるものが作れないし、それを生み出せる自分を守れない。それに気づくのに10年かかった気がするんですよ。あとは、アーティストとか女とか母とか、そういうのを置いておいて私は私でありたいっていう。私はこうしたい!っていうのをより貫きたいですね。そしてそうすると楽ですよね。

深町:そうですね。たぶん、みんなそうありたいとは思っているんだろうけど。

阿部:絶対そうですね。ただ、どこにプライオリティを置くかは人それぞれで、例えば女性だから女性らしくすることが幸せだっていう人もいるし。だから、自分の好きなことをするべきなんですよね。私は自分が何者かっていうことを表現することに重きをおいて生きていきたい。歌とかシンガーソングライターにしがみつくのはやめて、何を表現したいのかを見失わないようにしよう!って感じです。

深町:でも今、音楽で表現しているのは楽しい?

阿部:楽しい! だって得意だもんね。10年やったから(笑)。でもこうやって話すのも楽しいです。これもある種の表現だから。そのしゃべることも好きなんだなって知ったきっかけはFM802さんの「MUSIC FREAKS」だった。

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ