あなたはAM派? FM派? AM・FMラジオの違いとおすすめの番組

皆さんはラジオの「AM」と「FM」の違いはご存知ですか? 今回はAMとFM、それぞれの違いとおすすめのラジオ番組をご紹介します。

AMとFMの違い

出典:総務省

ラジオは、放送局が音声を電気信号に変えて電波に乗せたものを受信し、再び音声に変えることで情報や音楽などを流す仕組みになっています。このように音声を電気信号に変えて電波を飛ばす方法を変調と言いますが、AM放送とFM放送はこの変調の方法が違います。

出典:総務省

AMの特徴:「遠くまで伝わるが、雑音が入りやすい」

AMは、振幅変調(Amplitude Modulation)の略で、遠くまで伝わるけれど、雑音が入りやすいのが特徴です。

音波の強弱をそのまま電波の強弱(振幅)で表した方式で広い範囲に安定して放送することができるますが、電波の混信などによってノイズが入りやすく、音質はそれほどよくありません。 波長が長いため、障害物などに強く、広範囲(海外にも届く場合がある)での放送が可能にしています。

しかし、波長が長い分ノイズや混信(近い周波数の電波が混ざってしまうこと)に弱く、音域が狭いためFM放送よりも低音質になっています。このためAMはニュースやトーク番組が中心です。

FMの特徴:「遠くまでは伝わりづらいが、雑音の影響を受けにくい」

FMは、周波数変調(Frequency Modulation)の略。遠くまでは伝わりづらいけれど、雑音の影響を受けにくいのが特徴です。

音波の強弱を周波数の変化で表した方式で 放送範囲はAM放送に比べて狭いですが、綺麗な音質で放送できます。 波長が短いため放送できる範囲は狭く(数10km~100km程度)、地域限定の放送に適しています。 音域が広くノイズに強いため、AM放送よりも高音質になっているため、FMは音楽番組が多いです。

出典:総務省

このようにAM放送とFM放送とでは変調が異なるため、 送信所の場所も異なります。 FM放送の送信所は高い位置に設ける必要があるため、 山頂や高台などに設置されているケースが多く、 広い土地を必要とするAM放送の送信所は 遮蔽物のない郊外に設置されています。

いま注目されている「ワイドFM」

災害時に情報を得る方法としてラジオは有効な手段ですが、 AM放送の場合だと状況によってはノイズが入ってうまく聞き取れなかったり、 平地にある放送局が地震や津波の影響を受けて情報を送ることができない可能性もあります。 そこで、いま注目されているのが「ワイドFM」です。「ワイドFM」とはAM放送局の放送地域内において、 難聴対策や災害対策のために新たなFM放送用の周波数を用いて、 AM放送の番組を放送することです。

地上デジタル放送に移行した際に使用しなくなった周波数帯域の一部を使用し放送するもので、 AM放送の内容をFM放送で聞くことができるという特徴があります。 そのため、FM補完放送とも呼ばれています。

ワイドFMであれば、災害時でもFM放送によって送られてくる情報を良い音質で聞くことができます。また、FM放送の送信所は山頂や高台など高い位置に設置されているケースが多いので海岸部の災害の影響を受けにくく、 いざという時に送信できないリスクも低いという利点があります。

参考:RADICOM「今更聞けない!AMとFMの違いとは?」

続いて、ラジコのInstagramで実施したアンケートで集まった、AM派、FM派のそれぞれの意見を紹介します。

▼AM派
「音楽主体ではなく、パーソナリティのトークを聴きたいから」「番組内容が多彩。リクエスト、スポーツ、トークなんでもあり!」「深夜ラジオ好きだから」「芸人さんの本音話が聴けるのはAMの印象」「オールナイトニッポンが好きだから」「野球中継を聴くため」「まるで喫煙所や居酒屋かのような空気が良い」

▼FM派
「最新のミュージックシーンを知りたいから」「音質がいいからです。AMもワイドFMで聴けるので助かります!」「FM音楽多めだから!」「音楽を扱う局が多いから!  J-WAVE、InterFM897など…」「新しい音楽を知るとなると、やはりFMの方がいい」「Androidスマホ(古い機種)にアプリがついているから」「ウォークマンで聴いてるから!」

AM派におすすめの番組

ニッポン放送『サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー』

平日昼のワイド番組『ザ・ラジオショー』が、2021年秋から土曜日にも拡大。平日の『ザ・ラジオショー』を担当するナイツ、中川家とともに「漫才サミット」を開催しているサンドウィッチマンがパーソナリティを務めます。

オープニングではサンドウィッチマンのフリートークがたっぷりと聴けるほか、番組後半にはゲストとの楽しいやりとりも。東北のリアルな現地情報を伝える「東北来てけさいんショー」では、現地の人と電話を繋ぎながら東北の復興を支援します。

サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 13時00分~15時00分
出演者:サンドウィッチマン、パートナー:東島衣里
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#サンドラジオショー」

※放送情報は変更となる場合があります。

サンドウィッチマンとゲストのトークが面白いラジオ『サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー』

サンドウィッチマン×ナイツ『ザ・ラジオショー』で本音トーク炸裂!

ABCラジオ『ミルクボーイの火曜日やないか!』

同局の深夜番組『ミルクボーイの煩悩の塊』を担当するミルクボーイが、平日昼の放送枠『ABCパワフルアフタヌーン』で3時間の生放送に挑戦。トークや投稿コーナーはもちろん、ニュースも織り交ぜながら展開していきます。

クイズコーナー『M-1王者VSミス東大!クイズグランプリ!』では、ミルクボーイとミス東大の経歴を持つABC・澤田有也佳アナウンサーが真の知識人を懸けてクイズ対決を行います。

ミルクボーイの火曜日やないか!
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週火曜 12時00分~15時00分
出演者:ミルクボーイ、澤田有也佳
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#みるかよ」

※放送情報は変更となる場合があります。

MBSラジオ『アッパレやってまーす!』

月曜~木曜、土曜に放送しているMBSの人気帯番組。お笑い芸人にアイドルや女優など、各曜日でバラエティ豊かな面々が出演しています。

今年10月からは時間帯変更とともに、一部の曜日で出演者のリニューアルを実施。月曜にはKis-My-Ft2・二階堂高嗣さん、岩崎諒太さん、水曜にはAKB48・村山彩希さん、沢口愛華さんらが新たにレギュラー入りしました。

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週火曜 22時00分~23時30分
出演者:クロちゃん(安田大サーカス)、坪倉由幸(我が家)、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、岩崎諒太、坂ノ上茜
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#アッパレ月」

※放送情報は変更となる場合があります。

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週月曜 22時00分~23時30分
出演者:くっきー!、アインシュタイン、内田雄馬、小栗有以(AKB48)
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ「#アッパレ火」

※放送情報は変更となる場合があります。

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週水曜 22時00分~23時30分
出演者:ケンドーコバヤシ、アンガールズ、村山彩希(AKB48)、沢口愛華
番組ホームページ

Twitterハッシュタグ「#アッパレ水」

※放送情報は変更となる場合があります。

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週木曜 22時00分~23時30分
出演者:城島茂(TOKIO)、さらば青春の光、齊藤京子(日向坂46)、鈴木美羽、鈴木拓(ドランクドラゴン)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「#アッパレ木」

※放送情報は変更となる場合があります。

アッパレやってまーす!~土曜日です~
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週土曜 24時00分~25時30分
出演者:極楽とんぼ、小峠英二(週替わり)(バイきんぐ)、小沢一敬(週替わり)(スピードワゴン)、小林豊(BOYS AND MEN)、大谷映美里(=LOVE)、池田裕子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグ「 #アッパレ土」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM派におすすめの番組

TOKYO FM『いいこと、聴いた』

作詞家・プロデューサーの秋元康さんがTOKYO FMで12年半ぶりにパーソナリティを務めている地域情報番組。小島瑠璃子さんと共に、地元でしか知られていない人やもの、こと、逸品グルメといった全国各地に眠っているさまざま素材をJFN37局のネットワークを活かして発掘、秋元さんによるプロデュースでその魅力を再提示していきます。

いいこと、聴いた
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 13時00分~13時55分
出演者:秋元康、小島瑠璃子
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#いいこと聴いた」

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『SONAR MUSIC』

あっこゴリラさんを番組ナビゲーターに、国内シーンを中心とした音楽カルチャーの情報を発信する音楽番組です。洋邦問わずさまざまなアーティストを独自の視点で特集するコーナーや、旬なアーティストをゲストに迎えてのトークコーナーなどをお届けします。

番組内コーナー「SONAR’S ROOM」では、番組が注目するミュージシャン4組が自身の原点となった音楽や影響を受けたものについて語ります。

SONAR MUSIC
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週月曜~木曜 22時00分~24時00分
出演者:あっこゴリラ
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#sonar813」

※放送情報は変更となる場合があります。

FM802『MUSIC FREAKS』

「これからブレイクが期待されるアーティスト」をコンセプトに、FM802で20年以上にわたって放送されている音楽番組。番組DJを務めるアーティストとリスナーが一つになって新しいモノを作っていきます。

毎年10月に注目のアーティスト2組がDJに抜擢され、隔週交替で1年間担当します。2021年10月からはヨルシカ・suisさんとVaundyさんがDJを担当しています。

MUSIC FREAKS
放送局:FM802
放送日時:毎週日曜 22時00分~23時00分
出演者:suis(ヨルシカ)、Vaundy
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

ロシアのウクライナ侵攻で“犬猿の仲”中国とインドが「同じ船」

飯田和郎・元RKB解説委員長

ロシアによるウクライナ侵攻は、当事者による停戦交渉などが続くが、依然ロシア軍の撤収の動きは見えてこない。そんな中、今月24日に中国の外務大臣がインドを電撃訪問し翌25日にインドの外務大臣と会談した。ウクライナ紛争の場外戦=周辺国をめぐる動きとその意味について、東アジア情勢に詳しい、飯田和郎・元RKB解説委員長がRKBラジオ『田畑竜介 Grooooow Up』で解説した。

Facebook

ページトップへ