FM802学生サポーター「802wannabes」にインタビュー!

FM802の学生サポーター「802wannabes(エイトオーツーワナビーズ)」は、2008年に発足され、現在は8〜11期生が活動しています。

今回は6月1日(土)・2日(日)に開催された、FM802の30周年記念イベント「RADIO MAGIC」では、オフィシャル物販やradikoブースのスタッフとして活動しました。
その会場にてメンバーのみなさんにインタビュー! 主な活動内容や、メンバーになって良かったことなどをお聞きしました!

「802wannabes」の主な活動内容は?

――早速ですが、「802wannabes」の具体的な活動内容を教えてください!

いろいろなことをやっています。例えばイベントスタッフだったり、「RADIO CRAZY(FM802が主催するロックフェスティバル)」の音波神社の縁日などの企画だったり。メンバーがゲストとしてラジオ番組に出演することもあります。

ライブスタッフと違うところは、当日来て物販などを手伝うだけでなく、ブースを1つ任せてもらって企画から進められたりするところですかね。

「802wannabes」に参加したきっかけは?

――なるほど。企画からラジオ出演まで……幅広いですね! 次に「802wannabes」に参加しようと思ったきっかけをお一人ずつ教えてください。

中道香奈さん

中道香奈:「802wannabes」 のメンバーになる前は、FM802のイベントにお客さんとして行っていましたが、そのイベントの裏側が知りたかったこと、普段からラジコを聴いていること、音楽が好きだということもあって、音楽に携われる「802wannabes」に魅力を感じ、応募しました。

中川紗矢香さん

中川紗矢香:ラジオを聴いたことがなくて、音楽イベントも行ったことがなかったんです。でも大学2回生の春、何か新しいことを始めたいなと思い立って、何かないかなとSNSで探していたら、当時のバイト先の先輩が「802wannabes」に入っていて。話を聞いたところ、すごく楽しそうだったので「私もやってみようかな」と軽い気持ちで踏み込みました(笑)

熊野颯さん

熊野颯:僕は高校生の頃にイベントや公開収録に行ったり、ラジオを聴いたりと、いちリスナーだったのですが、大学に入学したての頃「802wannabes」メンバーから「ラジオに興味ある人いませんか?」と声をかけられました。興味があったので「802wannabes」について教えてもらい、是非一緒にやろうと誘ってもらったので、メンバーになりました。

林睦実さん

林睦実:小さい頃から家でラジオが常に流れている環境で育ったので、将来はラジオに関わることがしたいと思っていました。そして、大学生になる前の春休みにいつものようにラジオを聴いていたところ、「802wannabes」メンバー募集のCMが流れてその存在を知り、ネットで検索してHPに辿り着き応募しました。

藤原理佐さん

藤原理佐:ラジオが中学生の頃から好きで、高校生のときにFM802のHPを見ていたら、「802wannabes」のメンバー募集の項目見つけて知りました。大学生になったら絶対に応募しようと心に決めて、大学生になったので応募しました。

――お客さんとしてイベントに行ったり、ラジオが好きだったりといった理由はもちろん、「802wannabes」メンバーの先輩が積極的に誘ってくれるケースもあるのですね。

もちろん直接誘うこともあります。でもそれだけじゃなく新入生を集める時期に、現役のメンバーがライブハウスにチラシを置きに行ったり、SNSを使ってメンバー募集を積極的に働きかけたりしています。

タグ

“お風呂をすぐむ”ってどんな意味? OLDCODEX・Ta_2が愛知県の方言をレクチャー

ボーカル・Ta_2(タツ)とペインター・YORKE.(ヨーク)による個性派ロックユニット・OLDCODEX(オルドコデックス)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~」。9月10日(火)の放送では、リスナーからのメールに応えて、Ta_2の故郷・愛知県の方言をレクチャーしました。
(TOKYO FM「LADDERLESS from OLDCODEX」2019年9月10日(火)放送より)

左からYORKE.、Ta_2



月ごとのメールテーマを設けて、リスナーと交流を深めているこの番組。9月のマンスリーテーマは「いま立ち向かっていること」です。この日は、「愛知県の方言を直したい」というリスナーからのメッセージを紹介しました。

「いま立ち向かっているのは、“方言を極力出さないようにする”ことです。私はTa_2さんと同じ愛知県出身ですが、標準語だと思っていた『言っとるよ』『やってこりん』『えらい』が方言だったことに今さらながら気付きました。地方出身の職場の先輩に意味が伝わらなくてマズイと思い、方言を直そうとしている最中です。とくに『えらい』が伝わらなかったときは、焦りました。“身体がだるい”と言いたかったのに、『誰が偉いの?』と聞かれて説明に困りました。方言の直し方って難しいですね」

Ta_2:スゲーよくわかるよ、これ。

YORKE.:「言っとるよ」は(イントネーションが)「言っ↗と→る→よ」じゃなくて、「言っ↗と↘る↗よ」なんだね。「やってこりん」ってなに?

Ta_2:「やっ↗てこり↘ん」ね。“やっておいで”ってことだね。

YORKE.:“やってごらん”みたいなこと?

Ta_2:そうそう。「言っとるよ」は、“言っているよ“って意味。

YORKE.:まぁ、これはわかるな。

Ta_2:「えらい」は“辛い”とか“しんどい”とか。

YORKE.:“たくさん”とか?

Ta_2:そう、(「えらい」には)“たくさん”という意味もあるから、愛知県や中部地方に行くと、「今日は、すげー疲れたな」を「今日は、えらいえらかったわ」って言うよ。

YORKE.:「えらいえらかった」?

Ta_2:「どえりゃーえらかった」という言い方もするね。

YORKE.:言葉を重ねていくわけだ。だから「えらい・えらかった」になるわけね。

Ta_2:あと、名古屋の言い方だと「でらえらかったわ」とか。あと、これは昔の方言だったらしいんだけど、こっち(東京)では、お風呂には「浸かる」って言うじゃない?

YORKE.:ああ、湯船に「浸かる」からね。

Ta_2:俺、ずっとそれを「すぐむ」だと思っていたの。

YORKE.:「すぐむ」?

Ta_2:それが「浸かる」って意味なのよ。だから(Ta_2の実家)鈴木家では、ずっと「もうちょっとお風呂に浸かってから出ておいで」というのを、「もうちょっとお風呂すぐんどいで」って言われていた。

YORKE.:その言い方、ちょっといいね。

Ta_2:これ、三河弁(愛知県東部の方言)のすごく昔の言葉のようで、使っている人ももう少ないみたい。

YORKE.:おもしろいね、言葉って。

Ta_2:たしかに。「えらい」とかは(東京の人には)伝わらなかったなぁ。

YORKE.:「えらい」「えらかった」と言われたら、「誰が?」ってなるよね、シチュエーションによっては。

Ta_2:でも方言って、可愛いと思うんだよなぁ。

YORKE.:いいと思う。方言を出さないようにしている感じが、またグッとくるしね。可愛いじゃん。

Ta_2:うん。だから、(方言が)出ちゃってもいいと思うんだよ。

YORKE.:いいと思う。俺は、福岡の方言「すいとーよ」(意味:好いているよ)が好きだね。あれは超いい! 言われたい(笑)。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年9月18日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:THE QUARTER~LADDERLESS from OLDCODEX~
放送日時:毎週火曜25:00~25:30
パーソナリティ:OLDCODEX
番組Webサイト:https://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/quarter/top

Facebook

ページトップへ