山里亮太、蒼井優との結婚をリスナーに生報告‼︎「このセリフをリスナーの方に言う日が夢でございました!」

南海キャンディーズ・山里亮太さんがTBSラジオのレギュラー番組に出演。人気女優・蒼井優さんとの電撃結婚をリスナーに向けて生報告しました!(TBSラジオ『JUNK 山里亮太の不毛な議論』6月5日(水)放送分)

「このセリフをリスナーの方に言う日が夢でございました!」

「私、山里亮太42歳、女優の蒼井優さんと結婚いたしました!」のという山里さんの第一声から番組がスタート。結婚発表の当日かつ、結婚会見直後の生放送でした。

山里:このセリフをこのブースの中で、不毛な議論を聴いているリスナーの方に言う日が夢でございました。「自分にはそんな日が来ないなぁ」と思っていましたけども、ずっとラジオやらせてもらってる中で、いつかそういう時が来たら「子供の名前だって大喜利のお題にしてメールしたい」とか取材とかでも答えさせてもらいましたけども。本当に「自分の中でありえないと思ってるから“ラジオ好きアピールのツール”として言ってるんじゃないの?」ってなんて思ってる方もいたかもしれないですけど。

僕、本当に人生の一番大事な事をここに座って、今ラジオの前にいるリスナーが何かが起きた時の一番最初の音を、僕の声を聴いてくれるっていうのが、本当にJUNKをやらせてもらった時からの夢だったし、そういう時が来たら絶対一番最初に声出したかったんです。

「お前ら、最高やん!」しずちゃん、泥酔状態で乱入!?

山里さんの相方、しずちゃん(山崎静代さん)がなんと泥酔状態で生出演! しずちゃんは、同日夜に行われた結婚会見にも2人のキューピットとして登壇していました。

山里:仕上がっていると噂のこの方が来てくれました。どうぞ!

しずちゃん:イェイイェイイェイイェイ、イェーーイ! キューピッドのおしずでーす!

山里:あ~あ~あ~あ~。なんでそんなにベロンベロンでくんのよ。言ったじゃない、会見の後。夜ラジオあるから、その時にしずちゃんがキューピッドだから、話すために来てくれって。なんでベロベロで来るのよ! くっさ……! なんでそんな飲む訳?

しずちゃん:今日はこんな席ですからこの空気で言うのも不謹慎かもしれないですけど、本当申し訳ないですけど……お前ら、最高やん!

一同:(爆笑)!

aikoがゲスト登場!

また当日のゲストはaikoさん! シングル・コレクション『aikoの詩。』をリリースしたばかりのaikoさんは、同番組に昨年8月以来10ヶ月ぶりの登場となりました。山里さんが度々aikoさんのライブへ足を運んでいることは番組内でも話題に上がり、2人の親交の深さは有名です。

山里さんの夢が叶った、祝福ムードに包まれた特別な放送をどうぞお聴き逃しなく!

JUNK 山里亮太の不毛な議論
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週水曜 25時00分~26時00分
出演者:山里亮太
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

aikoの幼少期「ピアノを辞めたくてしかたなくて」 転機となった出来事は

デビューから21年目を迎えたシンガーソングライターのaikoさんが登場した、J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。6月6日(木)のオンエアです。

aikoさんが登場したのは、「YA-MAN BEAUTIFUL STANDARD」のコーナー。毎週1人のゲストが登場し、お話を伺っています。6月3日(月)から6日(木)までは、aikoさんが毎日、テーマに沿って語ります。最終日の6日(木)は、aikoさんの子ども時代について。

【1日目】aiko「40歳を超えて、まだこういう曲を書いているのか」と言われることもあるけど…
【2日目】aiko、忙しさに心と体がついていかず…名曲『花火』が生まれた瞬間
【3日目】aiko、スタッフと「別れ話をしてるみたいな感じでした(笑)」 シングルコレクション制作の苦労


■毎日怒られながらピアノを弾いた

シングルコレクション『aikoの詩。』は、小さな女の子がピアノに向かって一生懸命弾いている姿がジャケットにデザインされています。
 

 


aiko:「チビaiko」が写ってます。4歳くらいだと思います。たまたま去年の11月にこの写真を見せてもらって、「こんな写真が残ってたんだ」って思いました。しかも、昔の現像した写真ってツルツルしたやつとザラザラしたやつがあったじゃないですか。私たちが子どもの頃は、光沢でプリントアウトしたいけど、ちょっと高いんですよね。だから、この写真はザラザラしてたんです。そのおかげで指紋も何もついてなくて、今もちゃんとそのまま残っていたのでジャケットにすることができました。

aikoさんは3歳の頃からピアノをはじめました。「その頃は指がちっちゃいからピアノを押せなくて、紙のピアノで音階を練習して、そこから弾けるようになってピアノを弾くようになりました」と振り返ります。

aiko:ジャケットに写っている頃の私は、ピアノを辞めたくてしかたがなくて、お父さんとお母さんに毎日怒られながら弾いてました。そのときの写真です。おじいちゃんが撮ってくれました。


■「前歯を虫歯にするな」「ピアノを弾け」

また、aikoさんは自身の幼少期を「わがままな子だったんですかね。全部自分でやりたいって言って、たくさん習い事をしてたんです」と言います。

aiko:そろばん、英語、習字、水泳、KUMON(くもん)、全部やっていて、ピアノもやりたいって言ったのに、すぐに「辞めたい」ってなって。ピアノって高いじゃないですか。両親がお金を貯めて買ってくれて、家にアップライトピアノがあったので、何が何でも弾かせるという感じで、「ピアノと歯磨きだけは絶対にやれ」って言われていました。「前歯を虫歯にするな」「ピアノを弾け」っていうのは毎日言われていました(笑)。

最初に挫折を味わったのは、小学4年生の頃でした。

aiko:気持ちよく弾けるっていう勘違いを最初にしてしまうんですよ。上手に弾ける人たちをテレビとかいろんなところで見てるから「自分も弾けるかな」と思うんですけど、すごく難しいんです。それで挫折して、小学4年生くらいのときに1回辞めたんですよね。辞めたときに、テレビでやってるアニメの曲、『忍者ハットリくん』(テレビ朝日系)とかを、耳で聴いてすぐに弾けるという特技があったので、学校でそういう曲をピアノで披露したらみんなが集まってくれて、そこから独学でピアノをやるようになりました。そこからはずっと好きに弾いてましたね。

コードを勉強したのは、大阪音楽大学短期大学部に入ってからでした。

aiko:いろんなことをはじめに詰め込まなかったおかげで、コード進行とかも「ここからこういうふうにいかなくちゃいけない」とか、方程式みたいなものを勉強しなかったので、逆に不協和音にメロディーをぶつけることができたのがよかったです。

名曲を生み出すaikoさんの、かわいらしい幼少期がわかるオンエアとなりました。『aikoの詩。』で、これまでのaikoさんの楽曲を堪能してください。

この番組をラジコで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

 

Facebook

ページトップへ