【ラジオな人】ラジオのガイド! 「ラジオソムリエ」RNB南海放送白石優子さんインタビュー(前編)

みなさんは数多くのラジオ番組の中から自分に合った番組をどうやって見つけていますか?

ラジオ初心者の方ほど「どんな番組があるのか?」、または「どうやって聴いたらいいのか?」といった疑問がたくさんあって、ラジオを聴くことへのハードルは案外高いことも……。RNB南海放送の白石優子さんは、そんな方々に向けておすすめの番組や情報を発信する「ラジオソムリエ」として活動されています。

前編では、「ラジオソムリエ」になった経緯や活動内容について伺いました!

インタビュー後編はこちら

「ラジオソムリエ」はラジオのガイド役!

ーー「ラジオソムリエ」とは、どんなお仕事なんですか?

食事やシチュエーションに合ったワインを勧める“ソムリエのラジオ版”みたいな形で、その人に合った番組を紹介しています。ラジオのガイド役みたいな役割かなと。女性なので、できればおしゃれな感じで紹介できたらいいなと思っています。

ーー白石さんが「ラジオソムリエ」になったきっかけは何だったんですか?

8年程前の東京支社の社内異動でテレビの編成から、営業部に配属になり、ラジオ専任の営業・編成担当になったのがきっかけです。地方民間放送協同制作協議会(※火曜会)というローカル局の集まるラジオの会には、以前出席していたのでローカルラジオの方々との交流はあったのですが、本格的にラジオと向き合うことになったのはこの異動がきっかけでした。

※火曜会について

自ら立ち上げた「ラジオソムリエ」ブログ

担当になって「ラジオのこと私自身がよく知らないのに…」って、慌ててラジオを聴き始めたら、ラジオってなんかちょっと面白いなって思うようになりました。番組にまつわるエピソードや、パーソナリティの情報などを知るとその番組を聴いてみたくなる。でも、当時はラジオの番組情報が少なくて。パーソナリティのプロフィール情報ももっと詳しいものや親しみが持てるものがあってもいいのではないか、と思いました。

ーー確かにタレントさん以外のパーソナリティのプロフィールは、見ても番組とうまく結びつかないことってありますよね。

ちょうどラジコが出たぐらいの時に「自分でブログを立ち上げて、ラジオの情報をまとめてみよう」って。そこがスタートみたいな感じでした。

ーー情報が無いから自分でブログを立ち上げるっていう行動力が素晴らしいですね!

作曲家・浜圭介のヒット曲で綴る『原光隆の歌謡曲主義』

「昭和の名曲が生まれた背景には、その歌を作った作家たちのドラマがある…」このフレーズで始まるのが「昭和のうたびと」。東海ラジオ『原光隆の歌謡曲主義』(日17:00~18:00)の中で毎週午後6時から(6時40分まで)放送しているコーナーだ。昭和から平成、令和へと歌い継がれている名曲とともに、作家の人生を紐解いている。

Facebook

ページトップへ