【ラジオな人】ラジオのガイド! 「ラジオソムリエ」RNB南海放送白石優子さんインタビュー(前編)

みなさんは数多くのラジオ番組の中から自分に合った番組をどうやって見つけていますか?

ラジオ初心者の方ほど「どんな番組があるのか?」、または「どうやって聴いたらいいのか?」といった疑問がたくさんあって、ラジオを聴くことへのハードルは案外高いことも……。RNB南海放送の白石優子さんは、そんな方々に向けておすすめの番組や情報を発信する「ラジオソムリエ」として活動されています。

前編では、「ラジオソムリエ」になった経緯や活動内容について伺いました!

インタビュー後編はこちら

「ラジオソムリエ」はラジオのガイド役!

ーー「ラジオソムリエ」とは、どんなお仕事なんですか?

食事やシチュエーションに合ったワインを勧める“ソムリエのラジオ版”みたいな形で、その人に合った番組を紹介しています。ラジオのガイド役みたいな役割かなと。女性なので、できればおしゃれな感じで紹介できたらいいなと思っています。

ーー白石さんが「ラジオソムリエ」になったきっかけは何だったんですか?

8年程前の東京支社の社内異動でテレビの編成から、営業部に配属になり、ラジオ専任の営業・編成担当になったのがきっかけです。地方民間放送協同制作協議会(※火曜会)というローカル局の集まるラジオの会には、以前出席していたのでローカルラジオの方々との交流はあったのですが、本格的にラジオと向き合うことになったのはこの異動がきっかけでした。

※火曜会について

自ら立ち上げた「ラジオソムリエ」ブログ

担当になって「ラジオのこと私自身がよく知らないのに…」って、慌ててラジオを聴き始めたら、ラジオってなんかちょっと面白いなって思うようになりました。番組にまつわるエピソードや、パーソナリティの情報などを知るとその番組を聴いてみたくなる。でも、当時はラジオの番組情報が少なくて。パーソナリティのプロフィール情報ももっと詳しいものや親しみが持てるものがあってもいいのではないか、と思いました。

ーー確かにタレントさん以外のパーソナリティのプロフィールは、見ても番組とうまく結びつかないことってありますよね。

ちょうどラジコが出たぐらいの時に「自分でブログを立ち上げて、ラジオの情報をまとめてみよう」って。そこがスタートみたいな感じでした。

ーー情報が無いから自分でブログを立ち上げるっていう行動力が素晴らしいですね!

先輩に対してどうしても固くなってしまうという悩みに中元がアドバイス「少しだけ弱みを見せてみては?」


『中元日芽香の「な」』が、8月8日(月)午前7時に更新され、「ちょっぴり長電話」のコーナーで先輩と上手く会話が続かず、どうしても固くなってしまう。どうしたら気を使わずに話すことができますか?という相談に親身に答えた。

今回の相談は、仕事上の会話については問題無いが、プライベートでの会話についても仕事の時のように固くなってしまって上手く会話が続かないというもの。真面目な人なら、あるあると感じるかもしれない悩みだ。

中元は、この悩みに対してまずはこのように語りかけた。

「きっと丁寧な方というか、失礼が無いように接しているのだろうという気がする」
この中元の発言に相談者も同意し、「畏まって話してしまう。上手にコミュニケーションが取れていないと少し距離ができてしまう気がする」と、上手く会話できている人と自身を比べていると語った。

中元は、その人のキャラクターで相手の受け取り方も変わると語り、
「元々のキャラクターというか、ひょいと懐に入り込んでいくのが上手なタイプの人もいれば、飲みの席とかは無礼講ではないけどヤンチャしてもかわいいなと捉えられる人も中にはいる。」と、得意不得意はどうしてもあると話し、その上で先輩との関わり方についてこの様にアドバイスを行った。

「話していて、先輩に気を遣わないのは難しいと感じた。気を遣いつつも新しい関わり方が見つけられたら良い。言葉遣いをタメ口でいこうというのは失礼かなと思うけど、自分の話をしたりしても良いかも。弱みを見せるとか手の内を見せるのに近い感覚なので、すこし抵抗があるかもしれないけれど、先輩からすると隙というか、人間らしいところに親しみを感じて、こいつちょっといじっても良いかもしれないとか、親しくなりたいと思うのかも」

Facebook

ページトップへ