【ラジオな人】山口智充、中川家、原田龍二、安東弘樹出演! ニッポン放送『DAYS』プロデューサー・ 柴田篤さんインタビュー(後編)

山口智充さん、中川家、原田龍二さん、安東弘樹さんが日替わりでパーソナリティを務める平日の生ワイド番組、ニッポン放送『DAYS』プロデューサー・柴田篤さんのインタビュー!

後編では、編成部長(※)である柴田さんのニッポン放送でのキャリア(「茨城ゴールデンゴールズ」の運営で萩本欽一さん(以下:欽ちゃん)とコントをしたことも!)や、今後のラジオの姿についてお聞きしました。

※6月5日(水)取材時点。7月1日(月)よりニッポン放送編成部は、コンテンツプランニング局コンテンツプランニング部に変更となり、現在はコンテンツプランニング部部長。

インタビュー前編はこちら

スポーツ中継に携わりたかった

ーー現在は『DAYS』プロデューサーであり、編成部長でいらっしゃいますよね。柴田さんがニッポン放送に入社された経緯やキャリアについて教えてください。

入社後3年間は営業、その後スポーツ部で5年半、制作部に3年間。その後イベント等を行う事業部、エンターテインメント開発部に5年いました。それから営業に戻って4年半を過ごし、去年から編成部にきて今に至ります。

ーーそうなると、ほぼ全ての部署を経験されているんですか?

いろいろなことを経験させていただきました。元々は「スポーツ中継に携わりたい」と思っていたので、昔から聴いていたニッポン放送で、「スポーツ中継ができたらいいな」と考えていました

営業配属になった時は驚きましたし、新入社員当時は、社会人のことも分からないので毎日が勉強でしたね。日々色々なスポンサーのところにご挨拶をして過ごしておりましたし、「売上無いなら会議出るな」って言われたこともあり、貴重な経験が出来ました(笑)。

シドニー五輪で現地派遣、松井の満塁ホームランも中継

スポーツ部時代は、2000年の「シドニーオリンピック」の際に、1ヶ月シドニーに派遣され、他局の方々と一緒に仕事をしました。スポーツ部に異動してすぐにオリンピックに参加することになり、プレッシャーもありましたが、局の代表として頑張らないといけないという意識もありました。「他の局のスタッフに負けないように頑張ろう」と思ったのが当時の糧でした。いまだに当時一緒だった他局の方々とは交流が続いています。

2001年からはサッカーの担当として、2002年の「日韓ワールドカップ」の時は、当時ニッポン放送がJリーグ音声中継の独占権を持っていたこともあり、ワールドカップに向けてサッカー漬けの1年間でした。

2003年からはメジャーリーグの担当になりました。元々野球好きで、特にメジャーリーグが大好きで、2003年は松井秀喜がメジャーに行ったので、2年間現地に何度も行って、松井の満塁ホームランも現地から中継させてもらいました。

スポーツ部の仕事は入社当時からやりたいことだったので、もちろん大変でしたけど、すごく楽しかった5年半でした。

テリー伊藤さんの番組を担当

制作部では、当時今の『DAYS』の時間帯に当たる午後の看板番組『テリー伊藤のってけラジオ』を担当しました。

テリーさんは元々制作側の方なので、制作者に対してとても厳しく、貴重な経験をさせてもらいました。生放送中にテリーさんに怒られたこともありますし……(笑)。そんな3年間でしたが、いまだにテリーさんともお付き合いさせていただいています。

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ