【ラジオな人】山口智充、中川家、原田龍二、安東弘樹出演! ニッポン放送『DAYS』プロデューサー・ 柴田篤さんインタビュー(後編)

山口智充さん、中川家、原田龍二さん、安東弘樹さんが日替わりでパーソナリティを務める平日の生ワイド番組、ニッポン放送『DAYS』プロデューサー・柴田篤さんのインタビュー!

後編では、編成部長(※)である柴田さんのニッポン放送でのキャリア(「茨城ゴールデンゴールズ」の運営で萩本欽一さん(以下:欽ちゃん)とコントをしたことも!)や、今後のラジオの姿についてお聞きしました。

※6月5日(水)取材時点。7月1日(月)よりニッポン放送編成部は、コンテンツプランニング局コンテンツプランニング部に変更となり、現在はコンテンツプランニング部部長。

インタビュー前編はこちら

スポーツ中継に携わりたかった

ーー現在は『DAYS』プロデューサーであり、編成部長でいらっしゃいますよね。柴田さんがニッポン放送に入社された経緯やキャリアについて教えてください。

入社後3年間は営業、その後スポーツ部で5年半、制作部に3年間。その後イベント等を行う事業部、エンターテインメント開発部に5年いました。それから営業に戻って4年半を過ごし、去年から編成部にきて今に至ります。

ーーそうなると、ほぼ全ての部署を経験されているんですか?

いろいろなことを経験させていただきました。元々は「スポーツ中継に携わりたい」と思っていたので、昔から聴いていたニッポン放送で、「スポーツ中継ができたらいいな」と考えていました

営業配属になった時は驚きましたし、新入社員当時は、社会人のことも分からないので毎日が勉強でしたね。日々色々なスポンサーのところにご挨拶をして過ごしておりましたし、「売上無いなら会議出るな」って言われたこともあり、貴重な経験が出来ました(笑)。

シドニー五輪で現地派遣、松井の満塁ホームランも中継

スポーツ部時代は、2000年の「シドニーオリンピック」の際に、1ヶ月シドニーに派遣され、他局の方々と一緒に仕事をしました。スポーツ部に異動してすぐにオリンピックに参加することになり、プレッシャーもありましたが、局の代表として頑張らないといけないという意識もありました。「他の局のスタッフに負けないように頑張ろう」と思ったのが当時の糧でした。いまだに当時一緒だった他局の方々とは交流が続いています。

2001年からはサッカーの担当として、2002年の「日韓ワールドカップ」の時は、当時ニッポン放送がJリーグ音声中継の独占権を持っていたこともあり、ワールドカップに向けてサッカー漬けの1年間でした。

2003年からはメジャーリーグの担当になりました。元々野球好きで、特にメジャーリーグが大好きで、2003年は松井秀喜がメジャーに行ったので、2年間現地に何度も行って、松井の満塁ホームランも現地から中継させてもらいました。

スポーツ部の仕事は入社当時からやりたいことだったので、もちろん大変でしたけど、すごく楽しかった5年半でした。

テリー伊藤さんの番組を担当

制作部では、当時今の『DAYS』の時間帯に当たる午後の看板番組『テリー伊藤のってけラジオ』を担当しました。

テリーさんは元々制作側の方なので、制作者に対してとても厳しく、貴重な経験をさせてもらいました。生放送中にテリーさんに怒られたこともありますし……(笑)。そんな3年間でしたが、いまだにテリーさんともお付き合いさせていただいています。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ