J-WAVEで山本彩×サッシャが対談!「ラジオ」をテーマにした新曲の歌詞に込められた思いを語る

『METRO SONGS(以下:メトロソングス)』とは、「朝・夕の通勤時間を音楽の力、歌詞の力でもっと豊かに」という想いを込めて2017年12月、antenna*と共同で立ち上げたプロジェクトです。

そんな毎回大人気のこちらのプロジェクトの第7弾が、8月26日(月)からスタートします!

8月25日(日)放送「J-WAVE SELECTION MY FAVORITE LYRICS-METRO SONGS SPECIAL-」ではメトロソングスに選ばれた、シンガーソングライターの山本彩さん×サッシャさんが対談トーク。ラジコニュース編集部でインタビュー現場に潜入しました! いったいどんなお話が聞けるのでしょうか…?

J-WAVEの番組のために書き下ろした楽曲がメトロソングスに選曲!

サッシャさんがナビゲートしている8月25日(日)放送の「J-WAVE SELECTION MY FAVORITE LYRICS-METRO SONGS SPECIAL-」では、シンガーソングライター・山本彩さんに新曲や歌詞へのこだわりについて伺いました。

サッシャ:実は山本さん、J-WAVEの番組「GYAO!CLUB INTIMATE」の新エンディングテーマを描き下ろしていただいた、というのがことの始まりなんですよね。

山本:はい。

サッシャ:タイトルが『feel the night feat.Kai Takahashi』ということで、LUCKY TAPESの高橋海さん!

山本:そうです!

サッシャ:これが初ですか?

山本:はじめましてでした。

サッシャ:はじめましてだったんだ、すごい! 海君、素敵な人ですよね~。

山本:そうですね。お若いのかなと思っていたんですけど。

サッシャ:(笑)。最初年下かと思ったということですね。

山本:年下かなと思ったんですけど、年上で。LUCKY TAPESさんの楽曲自体は結構私がやっているものとは違ったものも多いんですけど、ルーツは同じものが多かったりして。共有できるものがすごく多かったですね

サッシャ:じゃあ、まずはそういう音楽の話から始まったんですか? 二人で「どういう音楽が好き?」というところから。曲を作ることになって、「夜」と「ラジオ」というテーマで書いていただいたんですよね。最初はどんなイメージで曲作りをスタートしたんですか?

山本:最初はJ-WAVEさんからお話をいただいてから、「夜」とか「ラジオ」とか、いろんな連想できるキーワードをたくさんノートに書き出して。自分の普段の力強い歌い方っていうより、少し気を抜ける…リラックスできるような夜の楽しい曲になればいいなという思いでメロディと歌詞を書き始めました。

サッシャ:曲の作詞作曲は、海くんとの共同名義になっていますが、どういう風に割り振っていったんですか?

山本:最初は全部自分で歌う予定で作っていたんですけど、制作に入る前の段階のときに「1番と2番はAメロBメロ繰り返しじゃなくて、ラップとか入れて曲の雰囲気を変えてみたい!」と提案したら、「いいですね!」と乗っかってくださって。 「じゃあ書いてみてもらう?」とディレクターさんも言ってくださって、実際に書いてきてくれて仮歌を聴いたら「海くんに歌ってもらったほうがいいね。」となったので、曲を作っていくうちに流れでどんどん変わっていった感じです。

サッシャ:となると、曲の始まりは彩さんで、途中から海くんになって、またご自分の歌詞に戻ってくるという順番になるんですね。歌詞の世界観はどんなところにこだわったんですか?

山本:「ラジオ」とか「夜」とか、歌詞の世界が身近に感じられるようなワードを具体的に出しました。あとは夜なので、落ち着きたいけど悩みこむんじゃなくて、どこかちょっと気持ちが明るくなれるようにってところを意識して、暗くならないようにと思って書きました。

サッシャ:メロウなんだけど明るいというか………。そうなると、音と歌詞は同時進行で作っていったんですか?

山本:「歌がこうなるから音はこうして」とか、「音がこうだから歌詞はもうちょっとこうして…」っていう感じで、掛け合いみたいな感じで作っていきました。

サッシャ:そこに海くんの部分をどう繋げていくかってのも発生してくるわけでしょ? パズルみたいですね。

山本:そうですね、確かに! 新鮮でした。

東京メトロのポスターの歌詞に込められた都会のぬくもり

サッシャ:歌詞でいうと、東京メトロの広告に載るのは最初の部分ですよね。『午前0時 仕事が終わり帰る新宿はlively それがどこか居心地良いって寂しいのかな』というこの最初の2行にはどんな思いが込められているんですか?

山本私夜になると「明日地球が終わったらどうしよう」とかいろいろと考えてしまうタイプで…

サッシャ:そこまで⁉(笑) 毎日寝れないじゃん!

山本:そうなんです、気づいたら朝みたいなことがあって。そういう時ってすごい孤独に追いやられるんですけど、だからこそそういう時は人が集まっているにぎやかな場所があると「自分以外にも人が生きてて街が動いている」みたいな安心感を得られるし、仕事終わりに一人で帰っていてもそういうところに落ち着きというか、安心感を持てるんじゃないかなと思い書きました。

サッシャ:でもこれみんな思うよね。家で一人とかでいると、本当に自分だけの世界になっちゃう瞬間があって、人が居てくれる温もりのありがたみとかの、みんな多分そういうことに葛藤しながら毎日生きてるんだと思うんだけど。僕も深夜にスーパーに行って、24時間やってるスーパーだと人がいるじゃないですか。そうすると「この時間に来てる人はなんでこんな時間にいるんだろう?」とか思うわけですよ。そういう都会ならでは温もり? 都会ってどうしても冷たいって感じがするけど、温もりってありますよね。

山本:ありますよね! そういうところに温もりを感じられるなって、書いてみて発見でもありましたね

アンタッチャブル・柴田、10年ぶりの漫才に「これから復活していくのかしら」

11月29日(金)放送のフジテレビ系『全力!脱力タイムズ(以下:脱力タイムズ)』で、10年ぶりにコンビ共演を果たしたアンタッチャブル・柴田英嗣さん。水曜パートナーとしてレギュラー出演している文化放送『なな→きゅう』では、多くの人に衝撃を与えたアンタッチャブル復活の裏側を語りました。(文化放送『なな→きゅう』12月4日(水)放送分)

Facebook

ページトップへ