AM、FM人気パーソナリティが再び集結! 『第3回 ラジオナイトサミット』レポート【後編】

2019年8月24日(土)に静岡のSBSラジオでラジオについて議論する『第3回 ラジオナイトサミット』が、3時間に渡って放送されました。今回はその一部始終の後編をご紹介します!

SBSラジオ『テキトーナイト!!』の鬼頭里枝さん、ニッポン放送『ミューコミプラス』の吉田尚記アナウンサー、MBCラジオ『岩﨑弘志のてゲてゲハイスクール』『#てゲてゲハウス』の岩﨑弘志アナウンサー、FM802『Poppin'FLAG!!!』のDJ、板東さえかさん、AIR-G’(FM 北海道)『IMAREAL』『LEVANGA STATION』の森本優アナウンサー、全国のラジオに関するインタビュー取材や執筆をしているコラムニスト・やきそばかおるさんです。

前編はこちら

ローカルラジオ局だからやるべきこと

写真左奥より時計まわりに、鬼頭里枝さん、岩﨑弘志アナ、板東さえかさん、吉田尚記アナ、やきそばかおるさん、森本優アナ

後半は、ローカルラジオ局の役割に関する討論から始まりました。FM802といえば、大阪の人気ラジオ局で全国にファンが多い放送局ですが、FM802のDJ・板東さんによると、ローカルであることを大切にしているそうです。

板東さん:公共の電波に乗るという点では、標準語が必要とされていることは分かってるんですけど、関西弁(板東さんは大阪出身)で話すことで親しみをもっていただけたら嬉しいし、“距離”を作りたくない思いもあるので、関西弁を意識して喋っています。

鬼頭さん:『Poppin'FLAG!!!』も『てゲてゲハイスクール』も『IMAREAL』も地名や学校名を多く言ってますよね。地域密着性を感じます。

森本アナ:北海道は広くて、179の市町村があるので、自治体の名前を言うだけで「(この地域で)聞いてるのは、自分だけじゃないんだ」と一体感が生まれるのもローカルの魅力のひとつですね。

板東さん:確かに家の近所だと分かると嬉しいですよね!

岩﨑アナ:直接足を運んで打ち合わせをできるのも強みですよ。『てゲてゲハイスクール』ではこれまでに4回『てゲてゲハイスクール フェスティバル』というイベントを行なっています。前回は2日間で42校、600人の生徒が参加してくれて、直接顔を合わせて打ち合わせをするからこそ、信頼関係ができるというところがあります。ローカル局はずっと根を張ってくことが大事だと思いますね。

鬼頭さん:地味だけど大事! 『テキトーナイト!』も学生さんに街頭インタビューをすると、「先輩が番組に出ました!」と言われることもあって、ゼロをイチにするには、“牛歩作戦”のようなものは必要かも。

吉田アナ:ニッポン放送は東京のラジオ局だけど、『ミューコミプラス』に関しては“秋葉原のローカルラジオ局”だと思ってます。僕はアニメ、ゲーム、漫画、アイドルで育ってきたし、同じような人って、全国の学校のクラスに何人かはいると思うんです。むしろ、電波だから距離を超えてローカルになれるんです。“文化的なローカル”をやっているつもりです。

鬼頭さん:放送枠って限られてるけど、いろいろな人が、ジャンルを問わずに好きなことについて喋る放送が、いっぱいあったらいいですよね!  リスナーからも「ラジオは縦にも横にもつながることができる、むしろ“これからのコンテンツ”かも」というメッセージが届きました。

放送では、5月に結婚した岩﨑アナをお祝いするサプライズ企画も行われました。 ※奥様はMBCラジオのディレクター。「こうちゃん」「りえちゃん」と呼びあっているそうで、プロポーズの言葉は「(時計を手渡して)同じ時を刻んでいきましょう」でした。

パーソナリティが「緊張しない方法」をアドバイス

『ラジオナイトサミット』恒例、静岡の美味しいものの紹介。今回は静岡県焼津市に本社を構える水産加工食品メーカー・シーラック株式会社の「バリ勝男クン。」。700万食の大ヒット商品。秘伝のタレとパリパリ感がたまらない一品で、出演者陣にも大好評でした。

中盤では、ラジオ(特にSBSラジオ『テキトーナイト!』)が好きで、番組を聴いて励まされているというリスナーと電話を繋ぎました。はじめはラジオの魅力の話をしていましたが、その方が就職活動をしていて「面接で緊張する」と困っていることが分かると、パーソナリティ陣による「緊張しない方法」のアドバイスが飛び出しました。

森本アナ:「自分が最強だ!」と、いい意味で思い込むことが大事! これは訓練が必要で、最初は自分が最強だと思っても、ちょっと自信をなくしちゃったりします。だけど、言い続けていたら、「俺、最強かも」と思える時がくるんです。今日は先輩方が多いからこんなことを言うのは恐縮ですが、今日も「自分は最強だ!」と思ってスタジオに入ってきました。僕は緊張するタイプだけど、緊張が解けました。だから「御社には私が必要です!」と言うくらいの気持ちでいいんじゃないかな。

吉田アナ:逆の方法もあります。みんな緊張を解く方法を考えるけど、緊張って絶対に解けないんです。緊張した時は「自分、緊張してる」って思うべきなんです。そうすると、100の緊張が90にはなるんです。あとの10が余裕になると、「失敗したのは緊張したからだ」って思えます。100の緊張で失敗すると頭が真っ白になって混乱します。ただ、最近はむしろ「自分が最弱で、何が悪いんだろう」って思ってます(笑)。

岡村隆史「7割が志村さんなんですよ」 お笑いの教科書だった志村けんさんに感謝

4月2日(木)深夜、お笑いコンビのナインティナイン岡村隆史がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時~)が放送。新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した、コメディアンの志村けんさんへ、感謝の言葉を述べた。

冒頭、「暗い感じで喋り出すと天国におられる志村さんに『そんな喋り方をするなよ』と言われそうなので普通に……と思っているんですけども」と切り出した岡村。「不謹慎かもわからないですが、志村さんと会えないという実感が全然なくて。まだお仕事ができるという感覚」と述べ、「ほとんどの方が気付かれていると思いますけど、僕がバラエティ番組でやる動きや表情は、ほぼほぼ志村さんのコピー……パクりに近いと思います」とし、岡村隆史という人間は7(割)が志村さんで構成されていると、自身の人生に多大な影響を受けたと語った。

そして、志村さんとは公私ともに親しかった間柄だったことから、「夢のような時間を過ごさせてもらった」と数々のエピソードを明かし、感謝の言葉を述べた。

「本当に、まだまだ他にも思い出したら色々と。お仕事の上でも助けて頂きましたし。ゲストで出て頂いた時も目一杯やって頂きました。

『めちゃイケ』なんかでも、『これ、ドリフやん!』っていう……。バレてるのかバレてないのは、わからないようなコントが沢山あったと思いますけど。僕らは『オマージュです』って言って、パクりなんですけどね。“もしも威勢のいい風呂屋があったら”みたいなのを、パロディーじゃないですけど、パッケージを借りてやったものもありました。全てにおいて、ありがたいというか。“こうやって笑いを取るんだ”っていう、教科書だったと本当に思います。

土曜8時に“土8戦争”と言われる、『8時だョ!全員集合』(TBS)があり、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)があり、この2つが教科書になっていました。その土曜8時に、我々がお笑い番組をやれたというのは、この時代のすごい番組を見て、育って、勉強できたからこそ、土曜8時をやれたんじゃないかな。

何の恥じらいもなくパクッていましたからね(笑)。何もカッコ悪いと思わずに。自分たちが見てきた笑いなんだから、それしかできないんだもん。自分たちが面白いと思ってきたことだから。オリジナルなんてないの。7割が志村さんなんですよ。本当、そうだと思う。今、めちゃイケを見たら『この顔もこの動きも、このパッケージも』って、全部がドリフに繋がっているかもしれない」

放送時間のほとんどで、志村さんとの思い出を語った岡村。初共演の思い出や、初めて飲みに行った際のエピソードなども語り、「尊敬もしてましたし、これからもずっと志村けんさんを追いかけながら、がんばっていきたいと思います。会えないっていうのは残念なんですけど、ずっと見守って頂いているという気持ちで、これからもやらせて頂こうかと思っています。本当に天国でゆっくりして頂きたいと思います。ありがとうございました」と締めくくった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ