山里亮太、地元・千葉県の台風被害を心配。「天の声」ギャラ500万の真相も!

9月11日(水)に放送された『JUNK 山里亮太の不毛な議論』で南海キャンディーズ・山里亮太さんが、現在台風15号での被害を受けている地元・千葉県についてのメッセージや、日本テレビ系列・朝の情報番組『スッキリ』関連の”ウワサ”の真相について言及されました。

山里亮太、地元・千葉県の台風被害を心配

山里:思いの外ね、世の中の人が今回の台風で千葉がこうなってることを知らないっていう状況のほうが多いみたいだから…

今もね、千葉で言ったら電気つかないとかあって。大切な情報としてラジオってとても身近で聞ける存在だと思うんで。

私はいつも通りくだらないことばっかりかもしれませんけど、付き合ってくれたら。

少しでも不安な気持ちとかあったら「馬鹿だな〜コイツ(笑)」って言いながら目が、耳が少しでもこっちに向いてくれる。そんな時間も必要かなって思う方に聴いてもらえれば。

「天の声」ギャラ500万は信じたかった…!?

先週の放送で山里さんは、『スッキリ』降板説と「天の声」のギャラが月500万円と一部週刊誌に報じられたことについて言及。

今回の放送では、その放送を聴いていた『スッキリ』の偉い人が、「山里さん、すみません。変な噂に翻弄させちゃって」と謝罪に来たことを報告しました。

山里:今日『スッキリ』の偉い人から、「そんなもん、全くないです。全然ないんで!これからもどうぞよろしくお願いします」って言ってもらったの。で、その時に思ったんだよね。「本当にあんなの全くのウソなんで」ってことは、月500万くれないんだね。

月500万は信じたかったなあ…。俺、吉本に言おうと思ったんだから。「月500なのに、俺のところ手元に来るのは…おっ、これ…やってんな!」って。エージェントと契約結ぶぞ!! って言いそうになったんだから(笑)

乃木坂のライブに行ったことを楽しそうに話す宮嵜プロデューサー

リスナーメール:山里さん、事件です。宮嵜さんが乃木坂のライブに行き、そして新内眞衣さんのタオルを持ち、新内さんと楽しく話をしていることが、裏の有楽町の放送で分かりました。新内さんはとても嬉しそうでした。現場からは以上です。

山里:宮嵜って、『JUNK』プロデューサーなんですけどね。なんか、乃木坂46のライブ行って楽しかったっていうので。真裏でやってるパーソナリティに会ってね。宮嵜さん、僕たちに説明してたときは、「ちょっとかましたった」みたいなテンションで喋ってたんですけど。「とても楽しかった」って言ってるね。

宮嵜さん確かに言ってたのよ。「ライブすごい良かったわー」って。いや俺は思ったよ、ていうか宮嵜さん以外全員気づいてたよ。「いや、裏じゃん」って。

今、見えないけど…ラジコでニッポン放送聴いてんじゃねえか?あの男。いねえな、やってんな、おい!

蒼井優さんとのエピソードやヒルナンデスの裏話も…!

この他にも蒼井優さんとの『千と千尋の神隠し』ごっこをしたときのお話しや、ヒルナンデス『3色ショッピング』の裏話などを語りました。ぜひラジコのタイムフリーで放送をチェックしてみてくださいね!

JUNK 山里亮太の不毛な議論
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週水曜 25時00分~26時00分
出演者:山里亮太
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴く

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

EV市場に変調……アクセルをふかしはじめた日本勢への影響は?

政策アナリストの石川和男が5月19日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送Podcast番組「石川和男のポリシーリテラシー」に出演。米EV(電気自動車)大手テスラが、減収減益や人員削減に追い込まれるなど変調をきたすEV市場について専門家と議論。今後の日本がとるべきEV政策やメーカーの戦略について提言した。

※画像はイメージです

米EV大手テスラは4月15日、世界で従業員の10%以上を削減すると発表。同社の今年1-3月期の決算は、前年同期に比べ4年ぶりの減収減益となったほか、EVの販売台数も9%減となった。一方、安値攻勢をかける中国メーカーBYDの今年1-3月期決算は、純利益が前年同期に比べ11%増、販売台数は13%増となったものの、伸び率は減少した。

この現状について、ゲスト出演した自動車業界に詳しい経済ジャーナリスト井上久男氏は「中国では今、景気低迷を背景にした価格競争からEVの値引き販売が起きている。今年3月に中国のスマホ大手シャオミが出したEVが、かなり評判がよく、まさに走るスマホ。テスラより安い価格で市場投入してきており、中国のEV大手BYDが“シャオミ潰し”に動くなど、中国勢同士で競争が起きていて第二のEV競争が始まっている。テスラはそれに巻き込まれている」と解説した。

日本勢について井上氏は「まだ商品をほとんど出せていない。値引き競争したくてもできない。それが不幸中の幸いで、値引き競争に巻き込まれずに済んでいる」と指摘。あわせて「EVが新しいもの好きな人たちの間である程度一巡して、いわゆるキャズムのような状態になっている。充電環境の悪さや、補助金がないと高くて買えないなどの理由から、再び世界でHV(ハイブリッド車)が売れ始めている」と明かした。

一時はEVに関して出遅れが指摘された日本メーカーだが、井上氏によると「テスラやBYDが引っ張ってきた、この4年くらいのスピードが早すぎた」とのこと。井上氏が取材した大手国内自動車メーカーの経営陣は「(EVが)想定内の普及スピードに戻ってきた」と話したという。

井上氏は「中国では“賢い車”、車のスマート化が加速している。日本メーカーは中国勢に比べると、まだスマート化に関するノウハウは少ない」とも述べ、トヨタと中国SNS大手テンセント、日産と中国ウェブ検索大手バイドゥが提携したように、車のスマート化技術の強化が重要だと指摘した。

そのうえで、今後日本メーカーが世界のEV市場で勝てる価格について聞かれた井上氏は「市場によって違うと思うが、アメリカであれば補助金なしで400万円くらい(1ドル150円程度を想定)のEVを出せば売れると思う」と述べる一方、「日本国内では150万円くらいだと思う。国内は軽自動車が中心のマーケットになっていて、可処分所得も伸びず、高齢者も増えるなかで国民の足となっている。地方に行けば一人一台。ガソリンスタンドも減少する中、軽自動車のEVでもう少し安いものが出れば爆発的に売れると思う」との見通しを示した。

最後に石川は「(今のEV価格競争を)日本が傍観者として見ているのは、実はいいこと。日本メーカーは、競争を見極めたうえで売っていくことができる。最終的に日本メーカーが大事にしなければならないのは価格戦略。いいものが売れるのではなく、売れるものがいいもの。メーカーが価格戦略を立てられるよう、国も支援策をふんだんに出して、国策として日本のEVメーカーを育てていくべきだ」と持論を述べた。

Facebook

ページトップへ