山里亮太、地元・千葉県の台風被害を心配。「天の声」ギャラ500万の真相も!

9月11日(水)に放送された『JUNK 山里亮太の不毛な議論』で南海キャンディーズ・山里亮太さんが、現在台風15号での被害を受けている地元・千葉県についてのメッセージや、日本テレビ系列・朝の情報番組『スッキリ』関連の”ウワサ”の真相について言及されました。

山里亮太、地元・千葉県の台風被害を心配

山里:思いの外ね、世の中の人が今回の台風で千葉がこうなってることを知らないっていう状況のほうが多いみたいだから…

今もね、千葉で言ったら電気つかないとかあって。大切な情報としてラジオってとても身近で聞ける存在だと思うんで。

私はいつも通りくだらないことばっかりかもしれませんけど、付き合ってくれたら。

少しでも不安な気持ちとかあったら「馬鹿だな〜コイツ(笑)」って言いながら目が、耳が少しでもこっちに向いてくれる。そんな時間も必要かなって思う方に聴いてもらえれば。

「天の声」ギャラ500万は信じたかった…!?

先週の放送で山里さんは、『スッキリ』降板説と「天の声」のギャラが月500万円と一部週刊誌に報じられたことについて言及。

今回の放送では、その放送を聴いていた『スッキリ』の偉い人が、「山里さん、すみません。変な噂に翻弄させちゃって」と謝罪に来たことを報告しました。

山里:今日『スッキリ』の偉い人から、「そんなもん、全くないです。全然ないんで!これからもどうぞよろしくお願いします」って言ってもらったの。で、その時に思ったんだよね。「本当にあんなの全くのウソなんで」ってことは、月500万くれないんだね。

月500万は信じたかったなあ…。俺、吉本に言おうと思ったんだから。「月500なのに、俺のところ手元に来るのは…おっ、これ…やってんな!」って。エージェントと契約結ぶぞ!! って言いそうになったんだから(笑)

乃木坂のライブに行ったことを楽しそうに話す宮嵜プロデューサー

リスナーメール:山里さん、事件です。宮嵜さんが乃木坂のライブに行き、そして新内眞衣さんのタオルを持ち、新内さんと楽しく話をしていることが、裏の有楽町の放送で分かりました。新内さんはとても嬉しそうでした。現場からは以上です。

山里:宮嵜って、『JUNK』プロデューサーなんですけどね。なんか、乃木坂46のライブ行って楽しかったっていうので。真裏でやってるパーソナリティに会ってね。宮嵜さん、僕たちに説明してたときは、「ちょっとかましたった」みたいなテンションで喋ってたんですけど。「とても楽しかった」って言ってるね。

宮嵜さん確かに言ってたのよ。「ライブすごい良かったわー」って。いや俺は思ったよ、ていうか宮嵜さん以外全員気づいてたよ。「いや、裏じゃん」って。

今、見えないけど…ラジコでニッポン放送聴いてんじゃねえか?あの男。いねえな、やってんな、おい!

蒼井優さんとのエピソードやヒルナンデスの裏話も…!

この他にも蒼井優さんとの『千と千尋の神隠し』ごっこをしたときのお話しや、ヒルナンデス『3色ショッピング』の裏話などを語りました。ぜひラジコのタイムフリーで放送をチェックしてみてくださいね!

JUNK 山里亮太の不毛な議論
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週水曜 25時00分~26時00分
出演者:山里亮太
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴く

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ