Snow Man、初冠レギュラー番組でデビュー発表時の素の気持ちを語る「これから恩返しをしていきたい!」

2020年にデビューが決定したジャニーズJr.の9人組ユニット・Snow Manが、仕事や家事、勉強などでお疲れのリスナーを癒す初の冠レギュラーラジオ番組がスタートしました。

記念すべき初回放送には、メンバー全員が登場し、デビュー発表をした時の”素の気持ち”を語りました。(文化放送『Bioreふくだけコットンpresents Snow Manの「素のWoman」』10/3(木)放送分)

岩本「支えてくれている人たちがいることを実感」

番組前半では、8月8日に東京ドームにて行われたコンサート『ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~』のステージ上で発表されたSixTONESとの同時CDデビューについて、その時の”素の気持ち”を語りました。

渡辺:嬉しいですよね~今までジャニーズになかったデビューの仕方に、一番の喜びがあるかな~!

宮舘:発表する瞬間の景色を、もう本当に忘れられない……。東京ドームで発表するのも初めてだったから、個人的にもみんな的にも忘れられない時間になったんじゃないかなと思います。

阿部:発表の瞬間を迎えるまでは、実感がなかった。でも発表した瞬間に自分の中の細胞が、「今実感してるぞ~」っていうのが脳に伝わってきた。

向井:僕は大阪で頑張ってきましたけども、東京ドームで発表できたのは本当に嬉しい!

メンバーがデビューを聞かされたのは、6月28日。その後の発表までの期間は、取材で記者の方からデビューについて質問されるも、隠しながら仕事していたので、結構長く感じたとのこと。そして、デビューが発表されてからはジャニーズの先輩陣をはじめ、さまざまな仕事現場でお祝いしてもらったそうです。

佐久間:僕たちいろんな先輩にお世話になっているので、決まってからいろんな方に連絡したんですけど、Hey!Say!JUMPの八乙女光くんが、「Snow ManとSixTONES全員を連れてご飯行きたい」って言ってくれて、焼肉に行きました!

ラウール:俺はドラマの現場でお祝いしてもらったり、多方面から祝ってもらえたことが嬉しかった。

目黒:健くん(三宅健)とかすごいお世話になっていて。東京ドームも見にきてくれて。今までJr.の時代にお世話になった先輩たちがすごい喜んでくださっているから、これから恩返しをしていかないと!

岩本:デビュー発表してから一番最初に連絡したのが、ジャニーズWESTのシゲ(重岡大毅)だったな。シゲも自分のことのようにすごい喜んでて「こんだけ嬉しかったことがないから、なんて言葉で表現したらいいのかわからない。照(ひかる)が持ってる勢いとかSnow Manの勢いとか、俺ちょっとにも分けて欲しい」って言ってた。

改めて自分たちのことを応援してくれる存在に気づけた。おめでとうって言われて、自分たちにはこれだけの仲間とか支えてくれる人たちがいるんだって、再確認できたのが貴重だったな。

深澤:Kis-My-Ft2、A.B.C-Zのみなさんから、お祝いコメントいただいて。僕はNEWSのまっすー(増田貴久)からもメール来たりしました。

ちゃんとしたデビューは来年2020年ですけど、みなさんへの恩返しもありますし、せっかく獲るならやっぱりNO.1獲りたいので、ぜひみなさんのお力も貸していただきたいし、僕たちも頑張るので、応援のほどよろしくお願いします!

佐久間「みなさんの癒しになりたい!」

そのほか来週から本格的にスタートする「女性の素顔・のぞき見企画」は、テーマに合わせてリスナーから募集した回答に対し、メンバーから癒しの決めゼリフを言うコーナー。今回は、癒しの決めゼリフとはどんなものなのか、今後に向けてメンバーが挑戦。また番組のオリジナルソング「素の君に会いたい」もオンエアされました。

8月に放送された特番からレギュラーしたSnow Man初の冠レギュラー番組。来週からはメンバーの中から何名かのみの出演となります。メンバー全員でのわちゃわちゃ楽しい初回放送は、ぜひタイムフリーでお楽しみください!

Bioreふくだけコットンpresents Snow Manの「素のWoman」
放送局:文化放送
放送日時:毎週木曜 21時00分~21時30分
出演者:Snow Man
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#素のWoman」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ