村上春樹、処女作タイトルの元となった曲を紹介「歌詞を理解すると音楽の世界が広がる」

作家の村上春樹さんがDJを務め、自ら選曲した音楽とトークをお届けする『村上RADIO』。放送するたび毎回大好評となっています。

9回目となる今回は、「歌詞を訳してみました」と題した訳詞特集です。村上さんが訳した英語詞を歌手・坂本美雨さんと共に朗読しながらお届けしました。(TOKYO FM『村上RADIO~歌詞を訳してみました~』10月13日(日)放送分)

村上春樹、処女作はタイトルが先に決まっていた!

今回は村上さんが選曲し、日本語に訳した洋楽の詞を音楽とともにお届けする訳詞特集。素敵な歌詞がいくつも紹介されました。

その中で選曲されたひとつが『On A Slow Boat To China』(中国行きのスロウ・ボート)。村上さんが自身の処女作である、同名の短編小説について語りました。

村上:僕が生まれて初めて書いた短編小説のタイトルは『中国行きのスロウ・ボート』。僕は短編小説を書いたことがなくて書き方がわからなかったので、最初にタイトルをつけたんですよ。最初に話があったわけじゃなくて、その言葉からどんな話が膨らんでいくだろうという風に書いていったわけ。

今も同じですね。先にタイトルを決めちゃって勝手にどんどん書いていくということがほとんど。

村上春樹『1Q84』にぴったりの楽曲を紹介

番組後半に紹介された、Pet Shop Boysの『Opportunities(Let’s Make a Lot of Money)』。「おれには頭がある。きみにはルックスがある。一緒に金儲けをしようじゃないか」というフレーズから始まる、金儲け計画に誘う男の歌です。

実は、村上さんのベストセラー小説と関わりがあったそうで……。

村上:『1Q84』という小説を書いた時、この曲がちょっと頭に浮かんでいて。というのは、あれは売れない作家志望の青年と10代のきれいな女の子を一緒にして、ベストセラ―を作っちゃおうという編集者の話なんですよ。この雰囲気に近いんですよね、一種の詐欺というか(笑)。

村上春樹「歌詞を理解すると音楽の世界がぐっと広がります」

そのほかも、素敵な楽曲と村上さんの日本語訳詞がたっぷり紹介されました。村上さんが「歌詞を理解すると音楽の世界がぐっと広がります」と言うように、音楽がより一層素敵に感じられます。

村上さんのトークはもちろん、新たな音楽との出会いや曲の世界観も楽しめる贅沢な1時間です。ぜひタイムフリーでお聴きください。

村上RADIO~歌詞を訳してみました~
放送局:TOKYO FM
放送日時:2019年10月13日 日曜日 19時00分~19時55分
出演者:村上春樹、坂本美雨
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#村上RADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ