村上春樹、処女作タイトルの元となった曲を紹介「歌詞を理解すると音楽の世界が広がる」

作家の村上春樹さんがDJを務め、自ら選曲した音楽とトークをお届けする『村上RADIO』。放送するたび毎回大好評となっています。

9回目となる今回は、「歌詞を訳してみました」と題した訳詞特集です。村上さんが訳した英語詞を歌手・坂本美雨さんと共に朗読しながらお届けしました。(TOKYO FM『村上RADIO~歌詞を訳してみました~』10月13日(日)放送分)

村上春樹、処女作はタイトルが先に決まっていた!

今回は村上さんが選曲し、日本語に訳した洋楽の詞を音楽とともにお届けする訳詞特集。素敵な歌詞がいくつも紹介されました。

その中で選曲されたひとつが『On A Slow Boat To China』(中国行きのスロウ・ボート)。村上さんが自身の処女作である、同名の短編小説について語りました。

村上:僕が生まれて初めて書いた短編小説のタイトルは『中国行きのスロウ・ボート』。僕は短編小説を書いたことがなくて書き方がわからなかったので、最初にタイトルをつけたんですよ。最初に話があったわけじゃなくて、その言葉からどんな話が膨らんでいくだろうという風に書いていったわけ。

今も同じですね。先にタイトルを決めちゃって勝手にどんどん書いていくということがほとんど。

村上春樹『1Q84』にぴったりの楽曲を紹介

番組後半に紹介された、Pet Shop Boysの『Opportunities(Let’s Make a Lot of Money)』。「おれには頭がある。きみにはルックスがある。一緒に金儲けをしようじゃないか」というフレーズから始まる、金儲け計画に誘う男の歌です。

実は、村上さんのベストセラー小説と関わりがあったそうで……。

村上:『1Q84』という小説を書いた時、この曲がちょっと頭に浮かんでいて。というのは、あれは売れない作家志望の青年と10代のきれいな女の子を一緒にして、ベストセラ―を作っちゃおうという編集者の話なんですよ。この雰囲気に近いんですよね、一種の詐欺というか(笑)。

村上春樹「歌詞を理解すると音楽の世界がぐっと広がります」

そのほかも、素敵な楽曲と村上さんの日本語訳詞がたっぷり紹介されました。村上さんが「歌詞を理解すると音楽の世界がぐっと広がります」と言うように、音楽がより一層素敵に感じられます。

村上さんのトークはもちろん、新たな音楽との出会いや曲の世界観も楽しめる贅沢な1時間です。ぜひタイムフリーでお聴きください。

村上RADIO~歌詞を訳してみました~
放送局:TOKYO FM
放送日時:2019年10月13日 日曜日 19時00分~19時55分
出演者:村上春樹、坂本美雨
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#村上RADIO」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

渡辺美里 デビュー35周年を迎えて見えたのは「今を大事にすること」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。11月11日(月)の放送は、歌手の渡辺美里さんが登場。デビュー35周年を振り返って感じる思いについて語ってくれました。


渡辺美里さんと坂本美雨


坂本:美里さんとこんなふうに、普通におしゃべりしているのがまだ信じられない。

渡辺:初期のころにレコーディングやツアーをずっと一緒にやっていたギタリストが、美雨さんが小さいころに住んでいたニューヨークのお家にお邪魔したときに、私のアルバムが(坂本の家に)並んでいるのを見たそうで、「ニューヨークで美里ちゃんのアルバムが見られるなんて!」って思ったって、いつも話してくれるんですよ。

坂本:自分も大人になって歌い続けて20年ほど経ってきたんですけれども、そのさらにずっと先を行く美里さんに、歌い続けることへの意識や“(昔とは)変わってきたな”と感じることを伺いたいです。

渡辺:スタートした時期には自分自身の“歌いたい”っていう、火の玉ガールみたいな意識があって。“上手に表現できない思いも、音楽に乗せたら伝わる”っていうのを、なんとなく子どものころから薄々気づいていて。“私が生かされる場所って、ここなんだ!”って思いでプロになりたくて、無我夢中で走ってきたんですよね。

それから10年くらいは、そういう“私!”って思いがあったんですけれど、少しずつ「渡辺美里の歌が聴きたい」「渡辺美里のコンサートが観たい」って言ってくださる方が増えてきて、それと同時に、一緒に音楽を作る人たちの意識っていうものが見えてきました。

「僕はアメリカが好き」「僕はブリティッシュが好き」って人たちとも活動して、いろいろ混ざってきたなかで「一番自分らしいものはこっちなんだけどな……」と思いながらも、遠心力でフワーっと回っているようなところもあって(笑)。

最初のころは自分の時間って、いくらでもあるように思えていたんです。でも、「人生長いよ」とは言われるけれど、人の人生って長いようであっという間なんだなって思ったら、“今”っていうのをものすごく大事に意識しながらツアーをやっていかなければいけないっていう気持ちになりました。

そう感じるようになったのは、ここ何年かのことですね。それが、デビュー当時と今とで大きく変わったところだと思います。

渡辺美里さんは現在全国ツアー「渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020」の真っ最中。2020年1月1日には、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのライブも予定しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月19日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ