佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌監督と映画『ひとよ』撮影秘話を語る!

11月8日(金)公開の映画『ひとよ』に出演している佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さんと、本作の監督である白石和彌監督がラジオの特別番組に出演。それぞれの役の立場からの苦労したことや作品に込めた思いを語りました。(TBSラジオ『映画「ひとよ」公開直前特別番組』10月27日(日)放送分)

白石和彌、「家族」というテーマに初挑戦!

映画『ひとよ』のテーマは「家族」。15年前の事件によって家族の岐路に立たされた、ひとりの母親と子どもたち三兄妹のその後が描かれています。白石和彌監督が「いつかは撮らねばならない」と感じていたテーマに初めて挑んだわけとは? 出演者3人が、監督へ一歩踏み込んでそれぞれ質問しました。

鈴木:初めて「家族」というテーマを撮って、どうでしたか?

白石:家族の中で、ある意味被害者と加害者が同居しているじゃないですか。そこのバランスがすごく難しかったですね。恥ずかしかったですね、家族を描くって。

松岡:監督にとって映画は、胸の内を明かしている感じがあるんですか?

白石:演出する時や本を作る時って、自分の記憶に頼らざるを得ない時があるんですよね。自分の体験が一番強くて、それを一言でも入れる努力をするんだけど、それが恥ずかしかった。僕の家族はまだ観ていないけど、どう思うんだろうなとかって考えちゃいますよね。

松岡:娘さんは(年齢的に)観れる?

白石:親の了解があれば観れる。だから健くんのあんなシーンやこんなシーンも観れちゃう。

佐藤:よろしくお伝えください。

白石:かっこいい(笑)。

白石和彌、佐藤健は「『たけてれ』で何を喋ってくれるんだろう(笑)。」

映画『ひとよ』で3兄妹役を演じた佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さんは、それぞれの役の目線から、作品がどう映ったのかとい話題に。松岡さんは「先のことを考えていた」と語りましたが、白石監督は、何やら別の「先のこと」を考えていたようで……。

松岡:園子目線では、この先のことをずっと考えてて。15年間変わってこなかったものを、また考えなきゃいけないって。家族がまた揃ったからこそ、普遍的な悩みが出てきたりとか。

白石:この先どうなるんだろうなあとかって、実生活でもあるんじゃない。でも、家族ってそういうものなんだろうなっていうのはあるかな。僕も、出てもらった3人が今後どういう仕事をしていくのか。『たけてれ』(STOLABO TOKYOでの佐藤さんのレギュラー番組)で何を喋ってくれるのかなっていうのは考えますね(笑)。

松岡:そっち(笑)。

佐藤:なんで把握しているんですか!? こっそりやってるんです。

鈴木;『たけてれ』って何?

佐藤:こっそりやってるんです。

白石:こっそりやってるわりにはLINEでもしっかり……。

佐藤:LINEもこっそりやってるんです(笑)。

ここでしか聴けない撮影秘話が盛りだくさん!

そのほかにも、作品への想いなど撮影秘話が盛りだくさんだった30分。白石監督が「兄妹にしか見えない」と絶賛した、3人の息の合ったトークも必聴ですよ!

映画公開前に、ぜひタイムフリーでお楽しみください!

映画「ひとよ」公開直前特別番組
放送局:TBSラジオ
放送日時:2019年10月27日 日曜日 12時00分~12時30分
出演者:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌(映画監督)

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

ラジコで聴ける! ラジオ初心者のためのシーン別おすすめ番組

「ラジオに興味があるけど、どんな番組を聴いていいか分からない!」
「朝の通勤中にニュースを聴きたいけど、おすすめの番組ってあるのかな?」

今回は、ラジオ初心者の方が数多くの放送局や番組から自分に合った番組を見つけるヒントになるように、おすすめの番組をシーン別にご紹介します。

Facebook

ページトップへ