佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌監督と映画『ひとよ』撮影秘話を語る!

11月8日(金)公開の映画『ひとよ』に出演している佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さんと、本作の監督である白石和彌監督がラジオの特別番組に出演。それぞれの役の立場からの苦労したことや作品に込めた思いを語りました。(TBSラジオ『映画「ひとよ」公開直前特別番組』10月27日(日)放送分)

白石和彌、「家族」というテーマに初挑戦!

映画『ひとよ』のテーマは「家族」。15年前の事件によって家族の岐路に立たされた、ひとりの母親と子どもたち三兄妹のその後が描かれています。白石和彌監督が「いつかは撮らねばならない」と感じていたテーマに初めて挑んだわけとは? 出演者3人が、監督へ一歩踏み込んでそれぞれ質問しました。

鈴木:初めて「家族」というテーマを撮って、どうでしたか?

白石:家族の中で、ある意味被害者と加害者が同居しているじゃないですか。そこのバランスがすごく難しかったですね。恥ずかしかったですね、家族を描くって。

松岡:監督にとって映画は、胸の内を明かしている感じがあるんですか?

白石:演出する時や本を作る時って、自分の記憶に頼らざるを得ない時があるんですよね。自分の体験が一番強くて、それを一言でも入れる努力をするんだけど、それが恥ずかしかった。僕の家族はまだ観ていないけど、どう思うんだろうなとかって考えちゃいますよね。

松岡:娘さんは(年齢的に)観れる?

白石:親の了解があれば観れる。だから健くんのあんなシーンやこんなシーンも観れちゃう。

佐藤:よろしくお伝えください。

白石:かっこいい(笑)。

白石和彌、佐藤健は「『たけてれ』で何を喋ってくれるんだろう(笑)。」

映画『ひとよ』で3兄妹役を演じた佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さんは、それぞれの役の目線から、作品がどう映ったのかとい話題に。松岡さんは「先のことを考えていた」と語りましたが、白石監督は、何やら別の「先のこと」を考えていたようで……。

松岡:園子目線では、この先のことをずっと考えてて。15年間変わってこなかったものを、また考えなきゃいけないって。家族がまた揃ったからこそ、普遍的な悩みが出てきたりとか。

白石:この先どうなるんだろうなあとかって、実生活でもあるんじゃない。でも、家族ってそういうものなんだろうなっていうのはあるかな。僕も、出てもらった3人が今後どういう仕事をしていくのか。『たけてれ』(STOLABO TOKYOでの佐藤さんのレギュラー番組)で何を喋ってくれるのかなっていうのは考えますね(笑)。

松岡:そっち(笑)。

佐藤:なんで把握しているんですか!? こっそりやってるんです。

鈴木;『たけてれ』って何?

佐藤:こっそりやってるんです。

白石:こっそりやってるわりにはLINEでもしっかり……。

佐藤:LINEもこっそりやってるんです(笑)。

ここでしか聴けない撮影秘話が盛りだくさん!

そのほかにも、作品への想いなど撮影秘話が盛りだくさんだった30分。白石監督が「兄妹にしか見えない」と絶賛した、3人の息の合ったトークも必聴ですよ!

映画公開前に、ぜひタイムフリーでお楽しみください!

映画「ひとよ」公開直前特別番組
放送局:TBSラジオ
放送日時:2019年10月27日 日曜日 12時00分~12時30分
出演者:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、白石和彌(映画監督)

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

渡辺美里 デビュー35周年を迎えて見えたのは「今を大事にすること」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。11月11日(月)の放送は、歌手の渡辺美里さんが登場。デビュー35周年を振り返って感じる思いについて語ってくれました。


渡辺美里さんと坂本美雨


坂本:美里さんとこんなふうに、普通におしゃべりしているのがまだ信じられない。

渡辺:初期のころにレコーディングやツアーをずっと一緒にやっていたギタリストが、美雨さんが小さいころに住んでいたニューヨークのお家にお邪魔したときに、私のアルバムが(坂本の家に)並んでいるのを見たそうで、「ニューヨークで美里ちゃんのアルバムが見られるなんて!」って思ったって、いつも話してくれるんですよ。

坂本:自分も大人になって歌い続けて20年ほど経ってきたんですけれども、そのさらにずっと先を行く美里さんに、歌い続けることへの意識や“(昔とは)変わってきたな”と感じることを伺いたいです。

渡辺:スタートした時期には自分自身の“歌いたい”っていう、火の玉ガールみたいな意識があって。“上手に表現できない思いも、音楽に乗せたら伝わる”っていうのを、なんとなく子どものころから薄々気づいていて。“私が生かされる場所って、ここなんだ!”って思いでプロになりたくて、無我夢中で走ってきたんですよね。

それから10年くらいは、そういう“私!”って思いがあったんですけれど、少しずつ「渡辺美里の歌が聴きたい」「渡辺美里のコンサートが観たい」って言ってくださる方が増えてきて、それと同時に、一緒に音楽を作る人たちの意識っていうものが見えてきました。

「僕はアメリカが好き」「僕はブリティッシュが好き」って人たちとも活動して、いろいろ混ざってきたなかで「一番自分らしいものはこっちなんだけどな……」と思いながらも、遠心力でフワーっと回っているようなところもあって(笑)。

最初のころは自分の時間って、いくらでもあるように思えていたんです。でも、「人生長いよ」とは言われるけれど、人の人生って長いようであっという間なんだなって思ったら、“今”っていうのをものすごく大事に意識しながらツアーをやっていかなければいけないっていう気持ちになりました。

そう感じるようになったのは、ここ何年かのことですね。それが、デビュー当時と今とで大きく変わったところだと思います。

渡辺美里さんは現在全国ツアー「渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020」の真っ最中。2020年1月1日には、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)でのライブも予定しています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月19日(火)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ