家でゆっくりラジオを聴こう!「#おうちラジコ」キャンペーン開催!

あっという間に暑さも過ぎ去り、冬も目前…。
気温もどんどん低くなり、外に出たくない日も増えてくる時期が近づいてきました。

そんなときは室内でゆっくりとラジオを聴いて過ごしてみるのはいかがでしょうか?
ラジコではよりラジオを聴くのが楽しみになるようなスピーカーをプレゼントする「#おうちラジコ」キャンペーンを開催します。

#おうちラジコ キャンペーンとは?

#おうちラジコ キャンペーンとは?

「#おうちラジコ キャンペーン」は、ラジコの公式Twitterのアカウントをフォロー&対象のツイートをリツイートで「Tivoli Audio」のAM/FMラジオ付きBluetoothスピーカーが抽選で2名様に当たるプレゼントキャンペーンです。

アメリカ発のブランド「Tivoli Audio」のAM/FMラジオ付きBluetoothスピーカーをプレゼント! (2名様)

今回のプレゼントは、Bluetoothスピーカー『Model One BT』。
オーディオ界の巨匠ヘンリー・クロスが、最高の技術を注いだ伝説的なテーブルラジオ『Model One』にBluetooth機能が装備され、最新オーディオ機器へと進化。
「テーブルラジオのマスターピース」と呼ぶにふさわしい逸品です。

Tivoli Audioとは?

Tivoli Audioは 世界オーディオ業界名誉殿堂に選人されたヘンリー・クロスと、彼の長年のビジネスパートナーであるトム・デベストによって2,000年に設立されたオーディオメーカー。スタイリッシュなデザインと、優れた機能性が人気を博しています。

人の声をキレイに表現する「良質な音」と最新技術による「受信感度のよさ」、そして「使いやすいデザイン」がTivoli Audioの特徴です。

木の温かみを感じられる木製フレームとレトロなデザインからインテリアとしてもあなたの部屋の”格”を上げてくれます。

「Tivoli Audio」ブランドサイトはこちら

人気モデル『Model One BT』から、シックな色合いのブラックをセレクト!

今回プレゼントするのは、Bluetoothスピーカー『Model One BT』。Tivoli Audioの中でも人気ナンバー1のテーブルラジオにBluetoothを搭載したモデルです!今回はその中から知的でクールな印象のブラックをチョイス。

『Model One BT』は、世界の一流のホテルでも使われているオーディオと同じモノ。ホテルで使用されるということは様々な条件をクリアしているという証。電源も直接コンセントから取っているので、聴いてる途中で充電切れ…なんて心配もありません。

開発者のヘンリー・クロスは『オーディオの神』と崇められていました。彼のこだわりは人の声がよりはっきりと明瞭に聞こえるようにすること。彼はより小さくて高音質なオーディオを開発するという信念を貫き通し、亡くなる2年前にこのオーディオのベースとなる『Model One』を完成させました。
そのため、この『Model One BT』の音質はとてもクリアで深みのある音を再現することができます。

普段とは異なったオーディオでラジオを聴くと、いつも聴いている番組も違ったように聴こえて、新たな発見や出会いが生まれるかもしれません!

たくさんのご応募、お待ちしております。

応募方法

ラジコTwitter公式アカウント(@radiko_jp)をフォローしていただき、対象ツイートをリツイートしてくださった方の中から、抽選で2名様にTivoli Audio『Model One BT』をプレゼントします。また外れた方にもWチャンスで、Amazonギフト券1,000円分を5名様にプレゼントします。

応募期間:2019年11月18日(月)12時~11月30日(土)24時 まで

STEP1. ラジコ公式Twitterアカウント(@radiko_jp)をフォロー!

STEP2. 下記の対象投稿をリツイート!

以上で応募は完了です。プレゼントが当選した方には、ラジコ公式 Twitterアカウントからダイレクトメッセージ(DM)をお届けします。

※フォローを外されますと、当選した場合のご連絡ができなくなることがありますので、ご注意ください。

応募要項

<応募について>
■応募は、本規約に同意いただける方に限らせていただきます。なお応募いただいた時点で本規約に同意したものとみなしますので、内容をよくご確認の上、ご応募ください。
■応募は、日本国内に在住の方に限らせていただきます。
■20歳未満の方は親権者の同意が必要です。
■ご応募は、2019年11月18日(月)12時から2019年11月30日(土)24時までの間にRTされた分までとさせていただきます。
■期間中は複数回応募いただけますが、プレゼントの当選はお一人様1回までとさせていただきます。
■上記の「応募方法」以外の方法(郵送やお電話など)によるご応募は受け付けておりません。
■Twitterはこのキャンペーンの後援、承認、運営を行っておらず、一切関係がありません。また本キャンペーンへの参加、及び賞品に関して、Twitterは一切の関与をせず、参加者はそのことに同意したものとみなされます。

<プレゼントの当選について>
■当選した方は、その権利を他人に譲渡したり、金銭や他の品物と引き換えることはできません。
■商品のお色はお選びいただけませんので、あらかじめご了承ください。
■抽選結果に関するお問い合わせはお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
■当選した方には、Twitterダイレクトメッセージ(DM)にてご連絡させていただきます。記載されているURLにアクセスし、必要事項を入力してからフォームより返信いただいた場合、正式に当選とさせていただきます。なお以下の場合は、当選を無効とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
(1)ラジコTwitter公式アカウント(@radiko_jp)のフォローがされておらず、当社からダイレクトメッセージ(DM)を送信できない場合
(2)アカウントを消失される等の理由により、当社からのご連絡ができない場合
(3)当社の指定した期間内に必要事項の入力をいただけない場合
(4)必要事項の記入内容に不備がある場合

<賞品の発送について>
■賞品の発送は2019年12月中を予定しておりますが、諸事情により多少前後する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
■当選者へ長期不在等の理由により賞品をお届けできない場合、該当賞品を受け取る権利を無効とさせていただく場合がございます。
■賞品の配送日時・配送方法・配送業者の指定はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

<個人情報取り扱いについて>
賞品当選者の個人情報(氏名・住所・連絡先等)は、当社および本キャンペーンの運営の業務委託先が、本キャンペーンに関するお問い合わせ、ご連絡や賞品発送の手続きのために使用いたします。(本キャンペーンでは、当選者の方のみ個人情報をお預かりいたします)
また、①法令により許容される場合、②上記の使用目的のため、③当社の監督のもと委託先に使用させる場合を除いては、第三者に開示・提供はいたしません。

<お問い合わせ先>

株式会社radikoヘルプページ

受付期間:2019年11月18日(月)〜2019年11月30日(土)

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ