乃木坂46 山崎怜奈の番組からまでマニアックな番組まで〜AMラジオ 2019 秋の新番組紹介【東日本編】

2019年秋の新番組がスタートして、そろそろ定着し始める頃。乃木坂46 山崎怜奈さんの番組から『関ジャム』(テレビ朝日)でもおなじみのピアニスト、清塚信也さんの番組までバラエティ豊かなラインナップ。そのなかでも東日本のAMラジオ曲で放送されている注目の番組を選んで紹介します。

HBCラジオ『金子智也の朝からど〜もすみません!』日曜 9時〜9時30分

明朗活発、低姿勢…という表現がピッタリのシンガーソングライター、金子智也さん。北海道下川町出身で、2019年4月からHBCラジオの看板番組の一つ『カーナビラジオ午後1番』(月曜〜金曜 12時〜16時)のレポーターも務めています。ファンに会うと笑顔で「ど〜もすみません!」と言うことが癖になっているという金子さん。愛嬌のあるキャラクターは、とりわけマダムに好かれそうな雰囲気です。不定期で行われるコーナー「名曲リマインド」ではリスナーから寄せられた思い出のシーンと曲をドラマ風に演じるとともに、弾き語りを披露。ほかに影響を受けた名言や心に刺さった歌詞を紹介する「名言は道しるべ」のコーナーも。30分でフリートーク、メッセージ紹介、週によってはラジオドラマに弾き語りと濃い内容です。

金子智也の朝からど~もすみません!
放送局:HBCラジオ
放送日時:毎週日曜 9時00分~9時30分
出演者:金子智也

※放送情報は変更となる場合があります。

STVラジオ『ひちょりのWA!』日曜 13時〜13時30分

ファイターズ中継でおなじみの森本稀哲さん、初の冠番組がスタート。吉川のりおアナウンサーと息の合ったトークをお届け。ファイターズのことはもちろん、ほかのスポーツに関しても思うところを喋り尽くします。冷静に重要なポイントを次々に突いていくひちょりさん。リスナーからの相談にも真摯にこたえます。

ひちょりのWA!!
放送局:STVラジオ
放送日時:毎週日曜 13時00分~13時30分
出演者:森本稀哲.吉川のりお
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

TBSラジオ『清塚信也 Xタイム ラジオ』日曜19時〜19時30分

「XTIME(エックスタイム)」は、音楽用語で尺を決めずに自由に表現する時間のこと。清塚信也さんは5歳よりクラシックピアノの英才教育を受け、中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。国内外のコンクールで数々の賞を受賞しています。『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)での音楽解説でもおなじみ。「清塚さんは演奏中はどこを見ているの?」といった素朴な質問に答えるほか、質問の内容によっては実際にピアノを弾きながら解説します。まるで、個人レッスンを楽しく受けているような気持ちにさせてくれます。

清塚信也 Xタイム ラジオ
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週日曜 19時00分~19時30分
出演者:清塚信也
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

文化放送『チョコレートプラネットの東京遊泳』月曜 26時〜26時30分

文化放送の月曜から木曜の深夜2時台は、お笑い芸人の番組が充実。10月から月曜は深夜2時にチョコレートプラネットの番組がスタート。フリートークはもちろん、ものまねを生かしたネタコーナーにも注目。“よく分かっているリスナー”からの秀逸なネタが番組を盛り上げます。

チョコレートプラネットの東京遊泳
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 26時00分~26時30分
出演者:チョコレートプラネット
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#東京遊泳」

※放送情報は変更となる場合があります。

文化放送『相席スタートの密会Midnight』木曜 26時〜26時30分

文化放送、木曜深夜2時には相席スタートの番組がスタート。二人ともトークが面白いですが、中でも山崎ケイさんは、これまでもさまざまなラジオ番組にゲスト出演しては盛り上げて爪痕を残してきました。相席スタートのいいところは、お互いがお互いのトークを邪魔することなく、一緒に盛り上げていくところ。ほかの芸人とのエピソードトークから、プライベート・トーク、二人がハマった『バチェラー・ジャパン』などの番組の話まで、オープニングから楽しい話は尽きません。ちなみに、番組では相席スタートの二人の写真を待ち受けにすると恋人ができるという話で盛り上がっていましたが、真相はいかに。

相席スタートの密会Midnight
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 26時00分~26時30分
出演者:相席スタート
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#密会ミッドナイト」

※放送情報は変更となる場合があります。

ニッポン放送『やじうまサタデー よっ! たかしま屋!』土曜18時〜19時

高島ひでたけさんが土曜の夕方に登場。世の中に対して言いたいことを、ズバズバと言っていきます。台風19号が接近した時は放送時間を急遽拡大して放送したり、リアルタイムで行われていた天皇陛下・ご即位祝賀国民大会の模様を、皇居前広場からのレポートを入れながら放送したりと生放送の利点も生かしています。

IT化が進む社会についていけないお父さん、お母さんの失敗談を教えてもらう「デジタル人間模様」、変わりゆく街、変わらない街のエピソードを紹介する「どこへ行った わたしの東京」のコーナーなど、高島さんの放送を聴きながら仕事を頑張ってきた世代にとっては思わず共感するコーナーもあります。

やじうまサタデー よっ!たかしま屋!
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 18時00分~19時00分
出演者:高嶋ひでたけ
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#やじうま」

※放送情報は変更となる場合があります。

MROラジオ『宮永正隆のラジオビートルズ大学』木曜 20時15分〜20時30分

宮永正隆さんは『ビートルズ来日学』『ビートルズ大学』を著書にもつ音楽評論家。金沢大学 金沢駅前サテライトでビートルズをテーマにした市民向け講座も開いています。その宮永さんがビートルズを語り尽くす番組『宮永正隆のラジオビートルズ大学』がスタート。“大学”というタイトルにふさわしいほどマニアックな話も飛び出しますが、ビートルズ初心者もぜひ!

宮永正隆のラジオビートルズ大学
放送局:MROラジオ
放送日時:毎週木曜 20時15分~20時30分
出演者:宮永正隆.坐間妙子(MROアナウンサー)

※放送情報は変更となる場合があります。

FBCラジオ『今夜はびんびんナイト』土曜 20時〜20時45分

“がんちゃん”こと岩本和弘アナ、“ゆのてつ”こと湯瀬徹朗アナ、“ゆかゆか”こと藤井友香アナの個性強めな3人が“面白い”をプロデュース。オープニングのワチャワチャした楽しいトークからも、仲のよさが伝わってきます。福井で活躍する音楽プロデューサー、福井の老舗醤油屋の方からアナウンサーまで、福井で活躍する人をゲストに招き、面白おかしく魅力を引き出します。聞き終わった頃にはゲストの印象が変わります。

今夜はびんびんナイト
放送局:FBCラジオ
放送日時:毎週土曜 20時00分~20時45分
出演者:岩本和弘.湯瀬徹朗.藤井友香
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

YBSラジオ『佐々木優太の開運巡り』土曜16時15分〜16時30分

全国の神社、1万社以上を訪れたという神社巡拝家、佐々木優太さん。御朱印を拝受した神社は3900社を超えているほか、神社トークライブ、神社バスツアーも行っています。番組では各地域のおすすめの神社、参拝の仕方、知られざる歴史、ご利益、周辺のおすすめスポットなど、神社に関する話題尽くし。シンガーソングライターとしても活動中です。

佐々木優太の開運巡り
放送局:YBSラジオ
放送日時:毎週土曜 16時15分~16時30分
出演者:佐々木優太.塩澤未佳子

※放送情報は変更となる場合があります。

CBCラジオ『チュウモリ』月曜〜金曜 22時〜24時30分

CBCラジオ、平日22時からの2時間半は「東海3県をもっと元気に!」をコンセプトに、日替わりのワイド番組が登場。月曜は『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』。「名古屋市・栄にある(架空の)高校『第七学園』の中にある、イケメンなのに落ちこぼれが集まる『男組』の生徒たち(BOYS AND MEN)が、東海地方を元気にするために日々活動していく」という設定。大喜利コーナー「ボイギリ部」、水野勝さんがあらゆる質問に答える「水野勝の あーそれね。」、無邪気キャラでおなじみ平松さんに「言ってほしい単語」を言ってもらう「平松ひとこと劇場」など、コーナーも充実。

火曜はお笑い芸人、パンサーの向井慧さんによる『#むかいの喋り方』が時間を拡大してこの時間にお引越し。向井さんは名古屋熱田区出身。ラジオが大好きで、海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)、ダイノジ、ブラックマヨネーズやココリコなどの番組を聴いて育ちました。圧巻はオープニングからおよそ60分にわたるフリートーク。芸人の話はもちろん、大好きなドラマの話についてほぼノンストップで語ります。プライベートな話もするため「恥ずかしいから、芸人仲間には聞かれたくない」と漏らしたことも。「よくないね」「弱クイズ王」「この人を見た」など、ハガキ職人にとって書き甲斐のあるネタコーナーが並びます。

水曜は『酒井直斗のラジノート」がこの時間にお引越し。ロケ先で出会った学生に話を訊く「ロケノート」では、ある食べ物を食べてもらって咀嚼音をAMSRで楽しみます。そのほか「みんなでお悩み相談」「ナオトライフアカデミー」「わんちゃんフレーズリターンズ」「イッツ昇天タイム」のコーナーほか、音楽の情報もたっぷりと。23時50分頃からは、祭nine.がパーソナリティを務める「祭nine.です。」を放送。

木曜は坂本遥奈さん(TEAM SHACHI)、酒井直斗さんがパーソナリティを務める『推しマシ』がスタート。自分が好きなアイドルやメンバー“推シ”を紹介し、応援してくれるファンを“マシ”、つまり増やしていくアイドル応援番組。22時50分頃からは、乃木坂46 山崎怜奈さんのコーナー『推しの1コマ』を放送。山崎さんも大のラジオっ子。通学中やロケバスなどで聞いていて、チェックしている番組は20本前後あるとか。放送時間中はツイッター上で“#ザキ推し”が賑わいます。

金曜は『MIX YOUTH RADIO』。パーソナリティは、ボーイズユニットSTELLAθの荒川海人さん、安藤悟さん。テンション高めの二人の会話で世界のB級ニュースやリスナーから寄せられた恋の話などで盛り上がります。毎月第2金曜はBOYS AND MEN研究生が登場。「例えたガール」「暴走妄想研究所略してBMK!」などのコーナーを展開。22時45分頃からは『THE BEAT GARDENの勝手にお邪魔しまっす~!!!!』を放送。

チュウモリ
放送局:CBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 22時00分~24時30分
出演者:BOYS AND MEN.向井慧(パンサー).酒井直斗.坂本遥奈(TEAM SHACHI).荒川海人.安藤悟
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#チュウモリ」

※放送情報は変更となる場合があります。

東海ラジオ『クリエイターズ』火曜〜金曜 20時〜21時

パーソナリティは人気動画クリエイター&生配信者。火曜は神奈川厚木発コミック系ラウドバンド兼クリエイター・夕闇に誘いし漆黒の天使達。リスナーは送った豆知識が本当か嘘かを当てる『この豆知識ウソ?ホント?』、恋の悩みに関する質問、相談を夕闇メンバーの知り合いの女子会メンバーに解決してもらう他力本願なコーナー『ウチらにまかしな~』などなど。

水曜はチャンネル登録数180万人、「ボンボンTV」でおなじみ、女性マルチのアート系クリエイターえっちゃん。えっちゃんに教えたいことを送ってもらう「えっちゃんコレ知ってる!?」、参加型絵描き歌コーナー「みんなで♪絵かき歌♪」などなど。

木曜はLA生まれ、LA育ちのクリエイター、どうでもいいような日常のニュースを配信。「才能の無駄遣い系動画クリエイター」と言われている、わっきゃいが担当。新しいコーナーが次々にうまれているので、詳細は番組で。

金曜は名古屋在住のピアニスト、まらしぃが担当。「ラジオの前野あなたと電話しちゃおう!」のコーナーのほか、演奏してほしい曲やお悩みも募集中です。

クリエイターズ
放送局:東海ラジオ
放送日時:毎週火曜~金曜 20時00分~21時00分
出演者:夕闇に誘いし漆黒の天使達.えっちゃん.わっきゃい.まらしぃ
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#クリエイターズ」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

周防正行「サイレント映画について大変な勘違いをしていました」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、映画監督の周防正行が出演。最新映画『カツベン!』の題材となったサイレント映画について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)今週のゲストは映画監督の周防正行さんです。周防監督の5年ぶりとなる最新作映画『カツベン!』が全国公開中です。『カツベン!』は、映画の始まりの時代を駆け抜けたスーパースターである、活動弁士の話なのです。

周防)日本に初めて映画が入って来たときに、「Motion Picture」という言葉をそのまま訳して「活動写真」と呼んだのですね。そのときは、まだ映画に音がなかったのですよ。スクリーンの横に人が立って、写っているものの説明を始めたのです。最初は物語映画ではなかったから、何が写っているかとか、どうして動くとか、まさに“写真が動く”ということは始めてのことだったので、世界中で流行るわけです。当時、日本ではそのように説明する人が、最初の日の上映からいたのです。

黒木)つまりは紙芝居みたいに「こういう物語ですよ」と、ト書きも言えばセリフも言うという…。

周防)最初は単なる出来事が写っていました。駅に列車が到着するとか、工場から人が出て来るとか。それがやがて物語を持つようになって、弁士は物語をきちんと説明することを始めました。こういう文化が根付いたのは日本だけなのです。アメリカやヨーロッパでも説明する人が立った記録はありますが、職業としては説明していません。アメリカ、ヨーロッパは生演奏の音楽だけで魅せていたのです。

黒木)『カツベン!』はオリジナルの作品ですが、どうしてこれを映画にしようと思われたのですか?

周防)僕が浅はかにも、ずっと無視をして来たから。

黒木)え?

周防)大学生のときに、サイレント映画をたくさん観ていました。そのときはサイレント映画だから音がない状態で、活動弁士の説明も音楽もない、まさに無音の動く画を観るというのが、サイレント映画の見方だと思っていました。活動弁士がいることも、音楽があることも知っていたのですが、それを無視していたのです。サイレント映画なのだから、サイレントで観ないと監督の意図は伝わらないのだと、ずっと思って生きて来た。でもつい最近、僕の助監督をして下さっていた片島章三さんが「こんな本を書きました」と、この映画の元になる台本を読ませてくれたのですね。

黒木)いつも周防監督は、ご自分でシナリオをお書きになりますよね。

周防)自分のシナリオではないのは、今回が初めてです。

黒木)そのシナリオを読まれてどうだったのですか?

周防)「僕はなんて勘違いをしていたのだろう」と思いました。当時、明治の終わりから大正昭和の始まりにかけて、無声映画をサイレントで観ていた人はいなかったのです。当然、映画監督は自分の作ったものが上映されるときに、生演奏があり、誰かの説明が入るとわかって撮っていたのですね。要するに、監督がサイレントで観てもらうことを前提に撮っていなかった。それを僕はサイレントで観ていたのですよ。「これはいけない」と。それも僕は映画監督なのに、なぜ日本映画史の重要なことを無視して来たのだと思って、大反省です。音がない状態で物語をつくり上げるというのは、映像を作る人間としての最高のテクニックだ、技術だと思っていたのです。それこそが映画の基本と言うか、映画の本質だろうと。

黒木)それが180度変わったわけですね。

周防)変わりました。

黒木)活動弁士という方々がいて、初めてサイレント映画は成り立つのだと。

撮影・下村一喜

周防正行(すお・まさゆき)/映画監督

■東京・目黒区出身。1956年生まれ。
■立教大学在学中に、高橋伴明監督の助監督を務めるようになり、以降、若松孝二監督や井筒和幸監督の作品に助監督として携わる。
■1984年に小津安二郎へのオマージュを含んだピンク映画で監督デビュー。
■1989年に『ファンシイダンス』で商業映画初メガホン。
■1992年の『シコふんじゃった。』で、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞を受賞。
■1996年には大ヒット作『Shall We ダンス?』公開。日本アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚本賞など13部門を総なめ。
■2006年には痴漢の冤罪裁判を描いた『それでもボクはやってない』、2011年にはバレエ作品を映画として収めた『ダンシング・チャップリン』、2012年には終末医療を題材にしたヒューマンドラマ『終の信託』、2014年には花街で成長する舞妓の姿を描いた『舞妓はレディ』を監督。
■最新作は、2019年12月13日公開の『カツベン!』。大正時代に全盛だった無声映画を個性豊かな語りで彩った「活動弁士」が主人公。活動弁士を志す青年・俊太郎を成田凌が演じ、ヒロインを黒島結菜が演じる。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月9日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ