アンタッチャブル・柴田、10年ぶりの漫才に「これから復活していくのかしら」

11月29日(金)放送のフジテレビ系『全力!脱力タイムズ(以下:脱力タイムズ)』で、10年ぶりにコンビ共演を果たしたアンタッチャブル・柴田英嗣さん。水曜パートナーとしてレギュラー出演している文化放送『なな→きゅう』では、多くの人に衝撃を与えたアンタッチャブル復活の裏側を語りました。(文化放送『なな→きゅう』12月4日(水)放送分)

「ありがとうございます」に込められた意味とは?

アンタッチャブル復活の瞬間をリアルタイムで観ていたという、メインパーソナリティ・上田まりえさんは、柴田さんの姿に「涙が止まらなかった」と語りました。

上田:もう柴田さん、凄かったですよね! 私もいつも観ている番組なんですよ。「ああ、柴田さん、すごく楽しそうにやってるな」と。朝の『なな→きゅう』とは違って、「テレビの柴田さん、いいなあ」って思いながら観てたわけですよ。

柴田:夜バージョンの俺だから(笑)。

『脱力タイムズ』の放送直後、さまぁ~ず・三村マサカズさんがTwitterで反応するなど、芸能界からも大きな反響がありました。

柴田:三村さんはお礼の連絡をしてるんですけど、一切繋がらないんですよね(笑)。いつ繋がるんだろう。ミムさん、ありがとうございます!  大竹(一樹)さんはすぐに繋がったんですけどねえ。

リスナーから、「漫才を始める前、柴田さんが相方の山崎(弘也)さんに対して頭を下げた瞬間が1番グッときた」というメッセージが届きました。

上田:すごい勢いで頭を下げてましたよね?

柴田:俺もVTRで観て確認したけど、本当にありがたいと思ったんじゃない? ここを選んでくれたこと、そして俺に言わないでそれ(漫才)をやろうと。本人(山崎)の方が大変じゃん? 俺は番組の頭から出てて、アイドリングもできてるけどさ、本人は緊張するでしょ。さすがにあそこから出てきて、人を笑わせますみたいな感じ。そういうのに含めてじゃない? あとは関係確認(笑)。ご迷惑をかけた人に対して「ありがとうございます!」だよね。

上田:いろんな意味が込められていたんですね。

柴田:でも「ありがとうございます」とか言ってても、そのあとふざけるんだから(笑)。結局ふざけちゃってるんだよ(笑)。

相方・ザキヤマを見た瞬間は…

柴田さんが『脱力タイムズ』にゲスト出演した際は、「偽物の相方と漫才をする」という”お約束”があり、今回も俳優・小手伸也さんが山崎さんに扮して漫才を披露するという展開でした。

上田:有田(哲平)さんが一旦スタジオの裏側に行って「小手さん、小手さん」って言って、戻っていらっしゃったじゃないですか。あのザキヤマさんを見た瞬間は、どんな感じだったんですか?

柴田:何をやらされるんだろうなみたいな感じだったけど、瞬時に気づいた。山崎が出てきて、ここで漫才を1回やって、「これから復活していくのかしら、俺たちは」みたいな。俺も半信半疑だからね。

上田:そこでちょっと、復活の瞬間を。

柴田:なんせあそこ(番組)で4回も騙されてるから。ワンチャンよ? 本当に(山崎に)すごい似てるやつが来たみたいな感覚もあったのよ。

上田:小手さんからさらにもう一人似たやつが来たみたいな。

柴田:そうそう。本当に世界で1番似てるやつがきたんじゃないかくらいな……(笑)。「でも本物じゃないよね?」くらいな感覚だったね。マジであのときはまだ分かんなかった。それと同時に、「漫才やるのかな」、「今後アンタッチャブルで何かやっていくのかな」みたいな。復活って言っても、別に俺たち解散してるわけじゃないからね。「ふたりでの活動をするきっかけなのかしら」っていう判断を事務所(人力舎)も山崎もしたのかしらっていう感じだよね。

コンビ不仲説に「誰も信じないんだから」

10年のブランクを感じさせない、息の合った漫才を繰り広げたアンタッチャブルですが、柴田さんは現在のコンビ仲についても言及しました。

柴田:みんなが信じないから言うんだけど、俺と山崎は会ってたからね! 会ってなくないのよ。誰も信じないんだから!

上田:『なな→きゅう』の中でも、楽屋が近かったら挨拶に行くとか、一緒に飲んだりするっていう話もしてましたよね?

柴田:そのへんで飲んでるのに、飲んでることとか誰もリークしないんだもん。リークされてりゃあね、多少は信じてくれたかもしんないけど、お店の人とかやたら守ってくれたのかしら。

山崎さんとはプライベートで「ちょいちょい会ってた」と語る柴田さんでしたが、山崎さんとの久々の漫才に緊張したとか。

柴田:漫才はちょっと種類が違う。漫才は緊張した。作品じゃん。「プライベートなトークしていいですよ」って言ったら全然違うけど、ネタって作品じゃん? 緊張度が違うよ。「作ったものを見せます」みたいな。俺たちはいつも「作ってる最中を見せてます」だから。

上田:アドリブだからこそ、作りあげてるところをっていう。

柴田:普段の漫才も一応作ってはいるんだよ。作ってはいるんだけど、結局変わっちゃうから。俺たちは「プラモデルを作ってる最中を見せます」っていう感じなのよ。でも、他の人たちの漫才のネタっていうのは、「完成しました。このプラモデルをご覧ください」って感じじゃん。でも、ああいう場で漫才をやるっていうことは、完成したものを見せてくれるんでしょ感があるから緊張すんのよ。

10年ぶりの復活を遂げたアンタッチャブル。12月8日(日)放送のフジテレビ系『THE MANZAI 2019 マスターズ』では、新作漫才を披露します。

柴田さんが赤裸々に語るアンタッチャブル復活の裏側を、ぜひタイムフリーでもお楽しみください!

なな→きゅう
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~9時00分
出演者:【メインパーソナリティ】 上田まりえ 【パートナー】 柴田英嗣(アンタッチャブル) 【TOKYO2020 エール ゲスト】 平野早矢香
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

残業が多く、仕事に見合った給料がもらえない…フリーに転身したエンジニア「もっと早くフリーになっておけばよかった」

AKB48の向井地美音がパーソナリティをつとめ、公認会計士の澤昭人から身近にある経済の仕組みをわかりやすく学んでいくTOKYO FMの番組「ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~」。8月27日(木)、9月3日(木)放送の「美音のまるっとエコノミー supported by PE-BANK」のコーナーでは、株式会社PE-BANK所属のITエンジニア・伊藤研(いとう・けん)さんを迎え、これまでの経歴や現在の仕事ぶりについて伺いました。


向井地美音、伊藤研さん(タブレット端末・画面内)


◆ゲーム好きが高じて訪れた転機
向井地:現在、どんなお仕事をされているのですか?

伊藤:流通金融業界の電子マネー分野で、インフラ構築をしています。コンビニやスーパーに行ったときに(電子決済で)携帯電話をかざしますよね? その売上データを集約するようなサーバを作り上げるような仕事です。

向井地:すごい! たぶん1番お世話になっています(笑)。伊藤さんがエンジニアを始めたきっかけは、ゲームだそうですね。

伊藤:中高生くらいのときにインベーダーゲームが流行り、それにハマりました。ゲームセンターでやると1回100円するので、相当かかってしまうなと。それで“自分でゲームを作れないかな?”と、当時マイコン(マイクロコンピュータ:小型のホビーパソコン)で自作したのが、高校2年の夏休みの頃でした。

向井地:どんなゲームを作ったのですか?

伊藤:「海底宝探し」というゲームを作りました。シンプルですが、ハマるゲームでしたよ。

向井地:ゲームの自作がきっかけでエンジニアになられたんですね。

伊藤:そうですね。高2の夏までは、やりたいことがなかったのですが、“これだ!”と確信して、そこからITの道へ進みました。

向井地:エンジニア歴33年、フリーランス歴は12年ということですが、フリーになったきっかけは?

伊藤:サラリーマンからスタートしたのですが、とにかく転勤が多い会社でした。あちこち行っては戻っての繰り返しで……会社に振り回されていたということと、やりたい仕事をなかなかやらせてもらえませんでした。インフラ構築が得意なんですけど、ちょっと分野が違った。

あとは残業が多かったのですが、それに見合った給料がもらえないということもあって、いろいろと不満が溜まってPE-BANKのドアを叩いたのが12年前でした。今となっては、もっと早くフリーになっておけばよかったなと(笑)。

◆趣味が高じて通販サイトの運営も
向井地:伊藤さんは多趣味で、フリーランスで空いた時間を趣味にあてているそうですね。無類のコーヒー好きとか。

伊藤:親の影響なんですけどね。中学生くらいの頃から、自分で豆を挽いて淹れて飲み続けています。大人になってからは、いろいろなコーヒー豆を買ってきては飲み比べをして、それがどんどんエスカレートして“自分で焙煎したほうがおいしいんじゃないか?”という域に到達しました。

向井地:すごい!

伊藤:生豆を買ってきて、透明なガラス蓋のフライパンに入れて20分間、一生懸命振り続けて(自分で焙煎を)していました。最初は、自分で飲むためにつくっていたのですが、友達にわけていたら「売ってくれ」と言われるようになって、“じゃあ商売をしてみようかな”ということで、2014年からコーヒー豆の販売をしています。

向井地:お店を出されているんですね!

伊藤:名前が“研”で、“ケニー”と呼ばれているので「Kenny's Cafe」という名前で、コーヒー豆のネット通販をしています。イベント出店をして、コーヒーやスイーツを提供することもあります。

向井地:こだわりは?

伊藤:生豆の在庫(or ストック)があるので、注文を受けてから焙煎してお渡しすると、香りがものすごくいいんです。少量生産でやっているからできることなんですけどね。あとは、お客さんの好みを聞いて、オリジナルブレンドをつくったりもしています。例えば……「オリジナル美音ブレンド」とか。

向井地:できるんですか!?

伊藤:ラベルも作って。1回お渡しした(ブレンドの)レシピはずっと保存しているので、1年後に注文を受けても同じものを出せます。

向井地:すごい! そういう仕組みのお店ってめずらしいですよね?

伊藤:なかなかないと思います。

向井地:あと伊藤さんは、地元・仙台のコミュニティFMの番組スポンサーにもなっているそうですね。

伊藤:毎週金曜の18時からの生放送番組「ともかずのハッピーアワー」です。たまたまご縁があって、1回番組に遊びに行ったことがきっかけで、“なにか応援できることはないかな?”ということで、かれこれ4年くらいになります。ちなみに、スポンサーはいつでも番組に出られるという話になっていまして(笑)。

向井地:プライベートも充実しているみたいですね! あらためて、お仕事の話になりますが、エンジニアになってよかったことは?

伊藤:自分の興味のある仕事なので、スキルをフルに発揮できることです。自分としては、まさに天職だなと思います。

向井地:フリーランスのいいところは?

伊藤:自分のライフスタイルに合わせて仕事をコントロールできるところが大きいなと思います。今は、仙台に住みながら東京の仕事をしているのですが、サラリーマンでは、なかなかできないことだと思います。フリーならではの働き方ですね。

向井地:仙台から東京まで通っているのですか?

伊藤:週4日、月曜に(東京に)行って、木曜に(仙台)帰ってくる。金土日は、仙台で過ごす生活を続けています。

<番組概要>
番組名:ジュグラーの波~澤と美音のまるっと経済学~
放送日時:毎週木曜 21:30~21:55
パーソナリティ:澤昭人、向井地美音(AKB48)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/46993

Facebook

ページトップへ