岡村隆史、ノンスタ・石田明とM-1を振り返る!「ミルクボーイはお手上げ。面白すぎた」

ナインティナイン・岡村隆史さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』。12月26日(木)の放送では、NON STYLEの石田明さんをゲストに迎え、先日開催された「M-1グランプリ2019」を振り返りました。(ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』12月26日(木)放送分)

今年のM-1は「ほんまに勘弁してくれ」と思った芸人がいっぱいおった

好評だった昨年に引き続き、今年も「M-1答え合わせ!」と題して、石田さんが鋭い視点で「M-1グランプリ」(以下「M-1」)を解説しました。

岡村:石田教授は今年のM-1をどう思われましたか? 総括と言いますか。去年に比べて今年は。

石田:めちゃくちゃ面白かったですね。「ほんまに勘弁してくれ」と思った芸人がいっぱいおったと思います。こんなクオリティー高いものを何組も持ってこられたら、そら、もう、どうにもなりませんと。

岡村:ほんまに漫才がすごくなってきてない?

石田:もともと漫才の文化はそれほど長くないんですけど、その中でM-1が生まれてから、明からさまに急成長していますので。

岡村:そうやよな。落語とかに比べたら全然まだまだ浅いよな。でもこんなとこまでなったで。

石田:目まぐるしく成長していると思います。

岡村:数年前は「漫才のパターンが一周したんちゃうか」というのがあったけど、一周したと思いきや、まだその先がちょっとあったんじゃない?

石田:全然ありましたね。過去の漫才の影響を受けていない人はいないと思うんですが、その中でも「それ、ありやったの?」「俺らの時はそれはなしやったけど、今はそれがありやの?」っていうのが結構ありましたね。

その後も続く石田さんの総括を聞き、岡村さんは「えらい時代に突入ですね」としみじみ語っていました。

ミルクボーイは短時間で「この人、面白い人や」って知らしめた

M-1に出場したお笑い芸人の漫才を、登場順に一組ずつ解説していった石田さんと岡村さん。その中でもトークが盛り上がったのは、やはり優勝したミルクボーイについて。石田さんは「ミルクボーイはお手上げ。面白すぎた」と同じお笑い芸人として、ぐうの音も出ない様子。

石田:M-1史上、2005年に優勝したブラックマヨネーズ、2006年に優勝したチュートリアル以来の発明な感じというか。「こんなんあったんだ」っていうのが一般の方は感じたんじゃないですか。ミルクボーイはだいぶ前からこういう漫才をやってたけど、「こんなんあったんだ」っていう衝撃というか。衝撃度でいくとその感じだと思います。あの時の空気になりましたよね。

岡村:お客さんからしたらミルクボーイは顔も知られていないし、どんなネタをするかも分からない。出てきたら内海(崇)はもっちゃりしてるし、昔の阪急電車のシートの色のスーツを着てるし。それが、ふぁっと短時間で「この人、面白い人や」って知らしめたやんね。声のトーンなのか質なのかそれは分からへんのやけど。

石田:内海の声がいいんですよ。

岡村:ええよな。あの声。M-1の後、ユーチューブとかでミルクボーイのネタをさらってんけど、ミルクボーイって山下達郎さんと一緒やと思ってんねん。CDとコンサートが全く一緒やねん。CD聴いてるかのような感じ。それと同じで、ミルクボーイの漫才はユーチューブも全部同じ。

石田:変なアレンジがないんですね。

岡村:変なアレンジ一切せえへん。CD聴いてるみたい。それくらい同じ感じやねん。

続けて、石田さんはミルクボーイのすごさについて、こう語ります。

石田:ミルクボーイのネタってすごいポップなテーマじゃないですか。誰でも親しみやすいテーマの「あるある」と「ないない」で構成されてて、「あるある」と「ないない」がめちゃめちゃポップなんです。これでとりあえず笑いやすい空気にしといて、「ないない」に対してめちゃめちゃどぎつい偏見を言っていくっていう。本来、どぎつい偏見だけやったらお客さんも笑いにくいかもしれないんですよ。でも、ポップの二階建てがあるから、どぎつい偏見が続きで見てるからファニーになってて。だから、どんどん飛んでいけるんですよね。

岡村:みんなそこまで考えてネタを作っているのだろうか。たまたまそうなったのか、それともそういうのも分かったうえでネタ作っていくのか。怖いな。

石田:でも、最初はそういうネタがウケたんやと思いますよ。

岡村:ほんなら「ハッ」と思うんやろな。これいけるやんってなるんやろうな。

ミルクボーイが決勝第1ラウンドの「コーンフレーク」ネタで、M-1史上歴代最高得点となる681点を獲得したことも話題になり……

岡村:ほとんど知らん、出てきて「えっ?」ていうような人たちが最高得点をたたき出すわけやから。審査員の方もよう笑っとった。

石田:よう笑ってましたね。ほんまに笑ってました。

岡村:でも、こんなネタが100個くらいあるねんて。怖いよな。

終始、さえ渡る解説をしてくれた石田さん。最後に岡村さんが「また来年もスケジュールを押さえておいて」と伝えると、「この番組のあと、スマホを見る怖いねん」と不安がっていました。

バカリズムが結婚!岡村隆史は何を思う?

その他、岡村さんが12月24日に結婚発表したバカリズムさんについて語る場面もありました。ぜひタイムフリーでもお楽しみください!

ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:岡村隆史
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

#99ann

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

新型コロナ影響「卒アル」にも…若新雄純「普段の授業中の写真を使えるようになればいい」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、「コロナ禍における卒業アルバム制作」について取り上げました。


木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)



◆学校行事の中止で卒業アルバムはどうなる?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校の長期化や学校行事の中止により、卒業アルバムの制作に影響を及ぼしているようです。

卒業アルバムといえば、遠足や運動会、修学旅行、文化祭……など、学校行事に参加している生徒たちの思い出がつまっています。しかし、コロナ禍でこれらの学校行事は縮小・中止を余儀なくされています。

*  *  *

若新は「できるなら、普段の授業中の写真を使えるようになればいいんじゃないかと思うんだけど」と率直な感想を述べます。「どちらかというと、行事はたまにしかない。(学校生活の)ほとんどが授業や部活。例えば、運動会ができなかったとしても、走っている写真が必要なのであれば、体育の授業中に撮ればいいと思う」と説明。

続けて「(卒業アルバムでは)普段の授業がメインではなくて、たまにしかないイベントが、やたら思い出として扱われている。学校の先生たちが(“コロナ禍で卒業アルバムに入れるカットが少ない……”と)頭を悩ませているということは、卒業アルバムのなかの思い出の写真は、“行事中に撮影をしなければならない”という価値観なんだと思う」と指摘。その背景には、“授業は抑制的な場”という意識が働いてしまっているからじゃないかと推測します。

現在の日本の学校生活は、「授業とイベントが、抑制と解放のように“対”になっている」と言い、「普段の授業のなかでも、いろいろな人からの発言を引き出したり、それぞれが違う行動をしたりすることも共存できるような、新しい学校のあり方があってもいいなと思う。イベントがないから『写真を撮れない』と言うのではなく、授業中に先生が『今いい表情していたね』とか『今の構図、面白かったね』と言って写真がとれるような、もっとオープンな時間になるといいのにな」と提案。

さらには、「授業中は聖なる時間だから写真を撮ってはいけない、授業は先生主導の特別なものだから……という考えではなく、教室や授業の時間こそ、“みんなでつくり上げて、みんなの行動で成り立っている”というふうに、学校のあり方も変わっていかないといけないのでは」と持論を展開します。

そんな若新の意見に、リスナーからは「卒業アルバムも“映え”が重視されていたんですね。確かに学校生活は、遠足や文化祭などのイベントがある日数よりも、何気ない日常の時間が多いのにもかかわらず、その何気ない時間の写真がないのは少し変だと思います」と共感のメッセージも。これを受け、若新は「普段の学びの時間からこそ、もっと豊かな表情が引き出されるような場になるべき」と語りました。

----------------------------------------------------
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Seasoning~season your life with music~
放送日時:毎週月曜~木曜 13:30~15:55
放送エリア:TOKYO FMをのぞくJFN全国20局ネット
パーソナリティ:市川美絵、ヨウイチロウ(月曜)、乙武洋匡(火曜)、IVAN(水曜)、若新雄純(木曜)
番組Webサイト:https://park.gsj.mobi/program/show/38286

Facebook

ページトップへ