岡村隆史、ノンスタ・石田明とM-1を振り返る!「ミルクボーイはお手上げ。面白すぎた」

ナインティナイン・岡村隆史さんがパーソナリティを務める、ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』。12月26日(木)の放送では、NON STYLEの石田明さんをゲストに迎え、先日開催された「M-1グランプリ2019」を振り返りました。(ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』12月26日(木)放送分)

今年のM-1は「ほんまに勘弁してくれ」と思った芸人がいっぱいおった

好評だった昨年に引き続き、今年も「M-1答え合わせ!」と題して、石田さんが鋭い視点で「M-1グランプリ」(以下「M-1」)を解説しました。

岡村:石田教授は今年のM-1をどう思われましたか? 総括と言いますか。去年に比べて今年は。

石田:めちゃくちゃ面白かったですね。「ほんまに勘弁してくれ」と思った芸人がいっぱいおったと思います。こんなクオリティー高いものを何組も持ってこられたら、そら、もう、どうにもなりませんと。

岡村:ほんまに漫才がすごくなってきてない?

石田:もともと漫才の文化はそれほど長くないんですけど、その中でM-1が生まれてから、明からさまに急成長していますので。

岡村:そうやよな。落語とかに比べたら全然まだまだ浅いよな。でもこんなとこまでなったで。

石田:目まぐるしく成長していると思います。

岡村:数年前は「漫才のパターンが一周したんちゃうか」というのがあったけど、一周したと思いきや、まだその先がちょっとあったんじゃない?

石田:全然ありましたね。過去の漫才の影響を受けていない人はいないと思うんですが、その中でも「それ、ありやったの?」「俺らの時はそれはなしやったけど、今はそれがありやの?」っていうのが結構ありましたね。

その後も続く石田さんの総括を聞き、岡村さんは「えらい時代に突入ですね」としみじみ語っていました。

ミルクボーイは短時間で「この人、面白い人や」って知らしめた

M-1に出場したお笑い芸人の漫才を、登場順に一組ずつ解説していった石田さんと岡村さん。その中でもトークが盛り上がったのは、やはり優勝したミルクボーイについて。石田さんは「ミルクボーイはお手上げ。面白すぎた」と同じお笑い芸人として、ぐうの音も出ない様子。

石田:M-1史上、2005年に優勝したブラックマヨネーズ、2006年に優勝したチュートリアル以来の発明な感じというか。「こんなんあったんだ」っていうのが一般の方は感じたんじゃないですか。ミルクボーイはだいぶ前からこういう漫才をやってたけど、「こんなんあったんだ」っていう衝撃というか。衝撃度でいくとその感じだと思います。あの時の空気になりましたよね。

岡村:お客さんからしたらミルクボーイは顔も知られていないし、どんなネタをするかも分からない。出てきたら内海(崇)はもっちゃりしてるし、昔の阪急電車のシートの色のスーツを着てるし。それが、ふぁっと短時間で「この人、面白い人や」って知らしめたやんね。声のトーンなのか質なのかそれは分からへんのやけど。

石田:内海の声がいいんですよ。

岡村:ええよな。あの声。M-1の後、ユーチューブとかでミルクボーイのネタをさらってんけど、ミルクボーイって山下達郎さんと一緒やと思ってんねん。CDとコンサートが全く一緒やねん。CD聴いてるかのような感じ。それと同じで、ミルクボーイの漫才はユーチューブも全部同じ。

石田:変なアレンジがないんですね。

岡村:変なアレンジ一切せえへん。CD聴いてるみたい。それくらい同じ感じやねん。

続けて、石田さんはミルクボーイのすごさについて、こう語ります。

石田:ミルクボーイのネタってすごいポップなテーマじゃないですか。誰でも親しみやすいテーマの「あるある」と「ないない」で構成されてて、「あるある」と「ないない」がめちゃめちゃポップなんです。これでとりあえず笑いやすい空気にしといて、「ないない」に対してめちゃめちゃどぎつい偏見を言っていくっていう。本来、どぎつい偏見だけやったらお客さんも笑いにくいかもしれないんですよ。でも、ポップの二階建てがあるから、どぎつい偏見が続きで見てるからファニーになってて。だから、どんどん飛んでいけるんですよね。

岡村:みんなそこまで考えてネタを作っているのだろうか。たまたまそうなったのか、それともそういうのも分かったうえでネタ作っていくのか。怖いな。

石田:でも、最初はそういうネタがウケたんやと思いますよ。

岡村:ほんなら「ハッ」と思うんやろな。これいけるやんってなるんやろうな。

ミルクボーイが決勝第1ラウンドの「コーンフレーク」ネタで、M-1史上歴代最高得点となる681点を獲得したことも話題になり……

岡村:ほとんど知らん、出てきて「えっ?」ていうような人たちが最高得点をたたき出すわけやから。審査員の方もよう笑っとった。

石田:よう笑ってましたね。ほんまに笑ってました。

岡村:でも、こんなネタが100個くらいあるねんて。怖いよな。

終始、さえ渡る解説をしてくれた石田さん。最後に岡村さんが「また来年もスケジュールを押さえておいて」と伝えると、「この番組のあと、スマホを見る怖いねん」と不安がっていました。

バカリズムが結婚!岡村隆史は何を思う?

その他、岡村さんが12月24日に結婚発表したバカリズムさんについて語る場面もありました。ぜひタイムフリーでもお楽しみください!

ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:岡村隆史
番組ホームページ
公式Twitter
公式Instagram

#99ann

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコでラジオを聴こう!

▼スマートフォンで聴くなら
http://m.onelink.me/9bdb4fb

▼パソコンで聴くなら
http://radiko.jp/

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Van de Shopの“始まり”と言える楽曲は? 日本のポップスの表現とは異なる魅力

Van de Shopの栗山夕璃(Vo, Gt)が、自身のルーツとなる楽曲、そして新曲『Tiny』に込めた想いを明かした。

栗山が登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』内のコーナー「RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC」。オンエアは8月3日(水)、4日(木)。同コーナーでは、アーティストたちの自身の楽曲に込めた想いと、彼らのアーティスト人生に大きく影響を与えた楽曲との出会いの話を通じて、音楽との「まだ、ここにない、出会い。」をお届けする。

進学や就職…周囲に取り残された人たちに向けた歌

デビューシングル『レセプション』が、以前「J-WAVE SONAR TRAX」に選出されていたVan de Shop。元々、ボカロP・蜂屋ななしとして活動していた栗山がその活動を卒業し、シンガーソングライター・栗山夕璃として復活。そんな栗山が率いているバンドが、Van de Shopだ。メンバーは栗山のほか、端倉鑛(MANIPULATOR, DJ)、仁井伯(PIANO, KEY)といった面々。メンバー全員が作詞・作曲・編曲をすることができ、楽曲毎にさまざまな表情を見せている。そんなVan de Shopが新曲『Tiny』を8月12日に配信リリース。果たしてこの曲ではどんな自分らしさが込められているのか。栗山に聞いた。

栗谷:新曲の『Tiny』ですが、実は6〜7年前からある程度、形は出来上がっていました。バンドにとって2曲目でして、夏の爽快さとジャジーなアンサンブルが気持ち良い楽曲となっています。

この曲は、進学だったり就職だったり、新しい1歩を踏み出している周囲に取り残された人たちに向けて歌っています。失敗するのはとても怖いけど、自分の持っている夢とか大切なものを失うくらいなら、もう1回チャレンジしようという内容が歌われていて、つまり当時の僕に向けた曲なんです(笑)。全然完成させることができなかったんですけど、今の僕たちなら完成できるかなと引っ張り出して挑戦した曲です。

この『Tiny』という曲はとても変拍子が多くて、そこも楽曲的に表現するのが難しいと感じているんですけど、音色的には、PC上に作り込んだシンセ類の音と生楽器のアンサンブルのバランスにこだわっています。

例えばピアノなどは生演奏のピアノとPC上のリリースカットしたピアノという2つの音色を絶妙なバランスで混ぜているんです。リリースカットというのは拍にピッタリ合わせているので、生演奏がちょっとでも遅れてしまうと、すごくかっこ悪くなってしまう。こういう点が高度に表現しなくちゃいけない部分ですね。

でもこの表現はすごく面白いんですよ。生音をどれだけグリットで合わせても、PC上で作った音とはまた違うんです。やっぱり人の手で演奏した感じが確実に出るんです。考え方はメタルに近いですかね。メタルもキックとギターのリフをぴったり合わせてサウンドを構築していく。つまりそのピアノ・ドラムバージョンをやっているんです。

「僕らの始まり」と語る楽曲は?

メンバー全員が作詞・作曲・編曲をすることができるVan de Shop。そんな彼らのルーツとなる1曲は?

ルーツの1曲として選んだのはCaravan Palaceの『Suzy』です。この楽曲に出会ったのはだいたい7〜8年前。僕たちのルーツだと思う理由なんですけど、僕がまだ学生だった頃、まだ友人関係だった今のメンバーに「スゴい曲があったよ」と共有したんです。振り返るとこれが僕らの始まりだったなと思います。

その頃、僕はすでに作曲をしていて、仁井くんはゴリゴリにジャズピアノを弾いていて。エレクトロ・スウィングというジャンルは生音が大切で、古いジャズを基礎としたものをEDMっぽくアレンジしていくジャンルなんですね。そんな中で、ゴリゴリにピアノ生音を弾ける人が必要だということで、仁井くんに声を掛けることになりました。

まだバンドは結成されていなかったけど、この曲を聴いた1年後くらいに、初めてVan de Shop名義で曲を作りました。この『Suzy』って日本のポップスの表現とは異なる魅力があるんですよね。曲の構成がドロップとサビの部分しかなくて、そこが面白いと感じました。

今のVan de Shopに繋がる部分は、生音とEDM、そしてPC上の音楽との融合というところじゃないですかね。僕らもそういう表現を目指しているし、PCの良いところ、そして生音でしかできないこと、それぞれの高品質な部分をどうミックスしていくか、というのは常々考えています。

1曲の中でさまざまな音色を聴くことができ、その上で思わず体を動かしたくなるようなビートが印象的なCaravan Palace『Suzy』。この曲との出会いは、今のVan de Shopを作る上で大きな影響を与えたようだ。
アーティストの話を通じて音楽との「まだ、ここにない、出会い。」をお届けするコーナー「RECRUIT OPPORTUNITY FOR MUSIC」は、J-WAVE『SONAR MUSIC』内で月曜~木曜の22時41分ごろからオンエア。Podcastでも配信しており、過去のオンエアがアーカイブされている。

【Van de Shopの栗山夕璃 出演回のトークを聞く】

・Apple Podcastで聞く
前編後編

・Spotifyで聞く
前編後編

・公式ページ
https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/opportunity/

(構成=中山洋平)

Facebook

ページトップへ