バカリズム、菅田将暉と映画『架空OL日記』を語る!「趣味のブログが映画になるという(笑)」

俳優、歌手として活躍する菅田将暉さんが毎週月曜日にパーソナリティを務めるニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』。

2月のスペシャルウィークでは、2月28日(金)に原作×脚本×主演の映画『架空OL日記』の公開を控えたバカリズムさんをゲストに迎え、終始笑いの絶えないトークで盛り上がりました。(ニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』。2月17日(月)放送分)

バカリズム「何考えているかわからないとか言われたら気持ちいい(笑)」

放送が始まると、まるで旧友のようなリズムでトークを展開した二人。しかし、過去に挨拶をした程度で、ちゃんと会うのは今回が初めてとのこと。お互いの第一印象から始まり、それぞれの自己プロデュース論を自虐的に語り合いました。

菅田:私生活があんまり見えない感じで、クリエイティブなイメージがあります。

バカリズム:そう見られるようにしてますもん(笑)。

菅田:自己プロデュースというか。

バカリズム:何考えているかわからないとか言われたら気持ちいいじゃないですか。菅田さんはどういうふうにカッコつけてるんですか(笑)?

菅田:やめろ!(笑)

バカリズム「手塚治虫AIよりもエロがAIでどうなっていくのか。」

毎週のレギュラーコーナー「月曜エンタメのアカデミー」では、日々忙しいバカリズムさんのためにエンタメニュースをご紹介。AIに関する内容から俳優の失敗タトゥーなど幅広い話題で盛り上がりました。

バカリズム:(AIは)手塚治虫先生が好きですから興味ありますね。

菅田:この間、紅白でもAIで美空ひばりさんがあったりとか。今後こういうのが増えていくと思うんですけど、どう思いますか?

バカリズム:うーん。やっぱりエロにどう活かされてくるかだと思うんですよ。VRなんてエロのためしかないでしょ? 手塚治虫AIよりもエロが今後どうなっていくのか……。

菅田:(笑)

バカリズム「趣味のブログが映画になるという(笑)」

放送の最後では、バカリズムさんが原作×脚本×主演の映画『架空OL日記』の見どころを紹介しました。

バカリズム:僕がOLになりすましてずっとブログを書いてたんですよ。それがブログ本となり、ドラマ化しますかというのがあって…...。

菅田:読んでましたよ。ただ笑ってました(笑)。どんな気持ちで書いてたんですか?

バカリズム:もう一つのパラレルワールドを体験しているような感じで。楽しくて、面白いと思ってやってましたよ。ネタとか色々書いてるけど、その中で一番狂気だから。だからこそ趣味というか。仕事にはならないだろうなと思って。「ただ自分がおもしろいと思えばいい」というだけでやってました。

菅田:あまりにも自然に始まってたんで。

バカリズム:趣味のブログが映画になるという(笑)。

菅田:これが、すごい不思議で、観させていただきましたけど、めちゃめちゃ“映画”でした!

ラジオで感じられる菅田さんとバカリズムさんのさらけ出したトーク。二人の絶妙な距離感をぜひタイムフリーでご堪能ください!

菅田将暉のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜 25時00分~27時00分
出演者:菅田将暉
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#菅田将暉ANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ