アーティストの愛猫、愛犬から動物園の話まで〜生き物の話が楽しめるラジオ番組

猫や犬を飼っている人は、愛するペットのことを思い出しただけで幸せな気持ちになる……という人が多いのではないでしょうか。実は動物を話題にしているラジオ番組は多数あります。今回はそのなかから一部の番組を紹介します。

エフエム岩手『山手先生の動物のこと』

犬、猫、鳥など、さまざまな動物の生態や飼い方について、松園動物病院の山手寛嗣院長がお話しします。

番組サイトはありませんが、松園動物病院のサイトには「犬の寿命としつけ」「犬とダイエット」「猫の鼻の話」など、犬や猫を始めとする動物の話が掲載されています。あわせて参考にしてみてください。

山手先生の動物のこと
放送局:FM岩手
放送日時:毎週火曜 10時55分~11時00分
出演者:古山そのみ、山手寛嗣

※放送情報は変更となる場合があります。

J-WAVE『SPARK』(火曜日)

『SPARK』火曜は人気バンド・ポルカドットスティングレイのヴォーカル、雫さんがナビゲート。

愛猫「ビビ」の話をする「今週のビビ」のコーナーは、リスナーからの相談にビビがお答え(!?)する番組開始時からの人気コーナーです。ビビは雫さんが家で仕事をしているとジーっと見つめてくるそうで、雫さんはビビと目が合うとたまらない気持ちになるそう。雫さんのTwitterにもビビがたびたび登場するほか、ポルカドットスティングレイのバンドアイコンにもなっています。

そのほか、番組では人生相談からバンド、楽器、ゲームに関する話、雫さんが選曲したとっておきの音楽にも注目です。

SPARK
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週月曜 24時00分~25時00分
出演者:雫(ポルカドットスティングレイ)
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#sp813」

※放送情報は変更となる場合があります。

NACK5『NEO AGE CIRCUIT』

パーソナリティ・浅倉大介さんは大の犬好きで、愛犬・ベルカちゃんの話になるとデレデレ。「ウチのベルカちゃんは『う〜〜』というときはあるけど、吠えないんですよ。あと、小室(哲哉)さんが家に来ると本当に喜びます」と楽しそうに喋ります。

ベルカちゃんは浅倉さんのTwitterにも登場していて、浅倉さんの動物愛がヒシヒシと伝わってきます。浅倉さんはオリジナルのわんこカレンダーも作っており、2020年4月始まりのカレンダーも完成したばかり。

番組の「ペット自慢」のコーナーでは、リスナーから寄せられた動物の話を紹介。聴いているだけで嬉しい気持ちになりますよ。

NEO AGE CIRCUIT
放送局:NACK5
放送日時:毎週土曜 23時00分~24時00分
出演者:浅倉大介
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

CRT栃木放送『宇都宮動物園 Presents 恋する動物園⭐︎』

栃木県のご当地アイドルでリアル姉妹ユニットのLovin&S(ラヴィンズ)が、飼育員と一緒に宇都宮動物園の魅力を語ります。テーマは動物の観察のポイント、動物のことがもっと好きになるイベントの紹介から正しいペットの飼い方までさまざまです。

余談ですが、宇都宮動物園には「さんた」という“猫園長”が暮らしています。6年前、宇都宮動物園に現れて以来、人気者に。クリスマスの日に現れたため、この名前が付けられました。気まぐれなのでなかなか姿を現さないそうですが、宇都宮動物園を訪れた際は探してみてください。

宇都宮動物園 Presents 恋する動物園☆
放送局:CRT栃木放送
放送日時:毎週金曜 22時30分~23時00分
出演者:Lovin&S
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#栃木放送」

※放送情報は変更となる場合があります。

α-STATION FM京都『NEW J&M THEATER』

DJはマツモトアキノリさんと嵐山で暮らす保護犬のワンちゃん、ジェームスJr.君。マツモトさんがジェームス君とおしゃべりをするように進行していて、終始ほのぼの。

番組ではジェームスJr.君とゆかりのある人物をゲストに招いて、じっくりと話を聞きます。ある回は動物病院の先生、またある回は動物を守る活動をしている音楽家などさまざま。マンスリー・プレゼントも用意されています。

NEW J&M THEATER
放送局:α-STATION FM京都
放送日時:毎週水曜 20時30分~21時00分
出演者:マツモトアキノリ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

広島FM『ASAからZOO アニマルポン! シーズン4』

コラムでは何度か紹介していますが、動物に関するラジオドラマ、オリジナルソング、広島市安佐動物公園の情報など、非常に手間がかかった番組です。特にドラマは有名な作品のパロディーが多く、お父さん、お母さん世代が聴くとクスクス笑えます。

レポーターの“ヤマモンキー”が、安佐動物公園に遊びに来ていた子どもたちと触れ合うコーナーもほのぼの。

余談ですが、安佐動物公園では雨天時に「アニマルカード」を配布しています。そのときによって配布されるカードの動物が異なるため、ぜひ安佐動物公園のTwitterアカウントでチェックしてみてください。

ASAからZOO!アニマルポン!シーズン4
放送局:HFM 広島エフエム
放送日時:毎週土曜 9時00分~9時30分
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

RNB南海放送『モーニングディライトブリーズ』

木曜10時20分からは「動物パラダイス」を放送。愛媛県立とべ動物園の担当者が動物についておしゃべり。動物の最新情報はもちろん、聴けばとべ動物園に行きたくなる話題が満載です。

とべ動物園のサイトでは、動物園に行った気分になれるYouTubeチャンネルも開設しています。番組と合わせて楽しむのがおすすめです。番組のプレゼンター(パーソナリティ)は熊本フミさんです。

モーニングディライトブリーズ
放送局:RNB南海放送
放送日時:毎週火曜 9時00分~11時10分
出演者:熊本フミ
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#md1116」

※放送情報は変更となる場合があります。

LOVE FM『月下虫音』

DJは“昆虫DJ”こと大田こぞうさん。動植物が大好きで、子どものころは昆虫図鑑を暗記するほど読んでいたというほどです。あくまでも“音楽番組”なので、こぞうさんが選んだとっておきの曲をオンエアしていますが、いきものの話も充実。

不定期で生き物の専門家を招き、その秘密に迫る企画も行っています。マリンワールド海の中道の元館長、福山大学海洋生物科学科の元客員教授の高田浩二さん、九州大学総合研究博物館准教授の丸山宗利さん、九州大学准教授でハキリアリの研究者・村上貴弘さんら錚々たるメンバーです。

日曜日はこぞうさんの家で宅録したものを放送。平日とはまた違った雰囲気でお届けします。

月下虫音
放送局:LOVE FM
放送日時:毎週日曜~木曜 21時30分~23時00分
出演者:大田こぞう
番組ホームページ

※毎週日曜は21時~22時

※放送情報は変更となる場合があります。

OBSラジオ『動物なしか!』

動物に関する「なぜ?」について答えます。出演はアニマルドクターの神田岳委さんと、コピーライターで人気長寿番組『夕方なしか!』(土曜日16時40分〜17時)のパーソナリティーの吉田寛さん。

動物にまつわることわざを発端に、神田さんが動物の話をどんどん膨らませていきます。

動物なしか!
放送局:OBSラジオ
放送日時:毎週金曜 18時10分~18時20分
出演者:吉田寛、神田岳委
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

MBCラジオ『城山スズメ』

MBCラジオが昭和28年に南日本放送として開局以来、放送を続けている長寿番組です。月曜日16時からのコーナー「スズメでコブタヌキツネコ」では、リスナーから届いた動物に関するお便りを紹介します。ペットから街で見かけた野生動物の話までバラエティ豊かです。

パーソナリティーは、采野吉洋アナウンサーと笹田美樹さん。采野アナは見た目はダンディなおじさまですが、急に動物のものまねをすることも。特に犬のなきまねは絶品です。笹田さん(ささやん)のさりげないフォローにも注目です。

城山スズメ
放送局:MBCラジオ
放送日時:毎週月曜~金曜 13時30分~16時40分
出演者:采野吉洋、笹田美樹
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#城山スズメ」

※放送情報は変更となる場合があります。

RBCiラジオ『只今 いきものんちゅ』

「沖縄にいるアリは151種類。そのうち沖縄にしかいない固有種は31種類。性格は本土のアリにくらべると比較的大人しく、争わないアリが多いんです…」

身近にいる生き物からペット・そして固有種まで沖縄に住んでいる生きものたちの魅力を伝えます。パーソナリティーは美川憲一さんのものまねでおなじみ、魅川憲一郎さん。30分ずっと美川憲一さんのまねで喋ります。声も喋り方もそっくりなので本人と間違える人もいるとか。

特に生きものの解説のコーナーは情報量が多いため、頭に入らなかった部分はradikoのタイムフリーを使って聴き直すことをおすすめします。調査員は沖縄出身のお笑いコンビ・ゴリラコーポレーション。番組の後半では世界の生きものに関するニュースを紹介するコーナーもあります。

只今 いきものんちゅ
放送局:RBCiラジオ
放送日時:毎週日曜 11時30分~12時00分
出演者:魅川憲一郎
番組ホームページ
公式Twitter
公式Facebook
公式Instagram

twitterハッシュタグは「#いきものんちゅ」

※放送情報は変更となる場合があります。

この記事を書いた人

やきそばかおる

小学5年生以来のラジオっ子。ライター・構成作家・コラムニスト。

「BRUTUS」「ケトル」などのラジオ特集の構成・インタビュー・執筆を担当するほか、radiko.jp、シナプス「I LOVE RADIO」(ビデオリサーチ社)/ J-WAVEコラム「やきそばかおるのEar!Ear!Ear!」/otoCoto「ラジオのかくし味」/水道橋博士のメルマ旬報など連載や、番組出演を通じて、ラジオ番組の楽しさを発信。

ラジコプレミアムを駆使しながら、全国のユニークな番組を紹介するツイキャス番組「ラジオ情報センター」(水曜21時〜22時)も放送。全てを合わせると、年間でのべ800本のラジオ番組を紹介している。

Twitter

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Zypsy・玉井和佐の仕事論「やりたいことが“人のためになること”に転換できたときに、自分のキャリアになる」

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。11月27日(土)の放送は、ウェブデザインサービス「Zypsy」の共同創業者でCEOの玉井和佐(たまい・かずさ)さんをゲストに迎え、お届けしました。


(左から)笹川友里、玉井和佐さん


◆スタートアップを次のステージへ押し上げるために

1990年生まれの玉井さんは、Mercariアメリカオフィスの立ち上げにインターンとして参画の後、2018年サンフランシスコにてスタートアップに特化したデザインスタジオ「Zypsy, Inc.」を創業。シリコンバレーのスタートアップのデザイン及びグロース支援を多く手掛けています。

「デザインって、1つのスキルセットではない」と玉井さん。例えば、戦略を考える人、コピーを考える人、ロゴを作る人、アドやプロダクトを作る人など、「一つひとつの専門スキルが違う」と言います。

とはいえ、少人数で創業したばかりでこれらすべてのスキルを有する人材を雇うことは難しいことから、「Zypsyでは、創業初期のファウンダーたちに対して、一つひとつの“分業”に対するエキスパートを世界中から集めてチームを作り、長期的に一緒にプロダクトを作って育てている」と自身の事業を説明。2018 年の創業以降、現在は45名を超える精鋭が集結するまでに成長を遂げています。

また、アーリーステージ(起業直後)の資金調達前のスタートアップに対しては、「株式と引き換えにデザインのエキスパートを提供して、アーリーステージから次のステージまで支援している」と言います。そのため、「大きな予算を取るよりも、次のステージに連れて行ってあげられるだけの収益やユーザー数、トラクション(牽引力)づくり、ポジショニングづくりなど、最初に必要なものを一緒に作っている」と説明します。

また、玉井さんは「スタートアップは主に、“チーム(誰がやっているのか)”。“プロダクト(どんな事業に取り組んでいるのか)”。“トラクション(どのぐらいユーザー数がいて、収益が上がっているのか)”。この3つで評価される」と強調します。

ところが、「アーリーステージのスタートアップのほとんどが、自分たちが何者であって、なぜあなたたちに使われる価値があるのか、というところのコミュニケーションができずに死んでいくんです」と現状を語ります。

そのため、Zypsyでは「コミュニケーションの部分とディストリビューションの2つに特化したデザインをしている」と玉井さん。「どうやったら世の中のユーザーの人たちにわかりやすく伝えられるのか、どうやったら使ってもらえるだけのコミュニケーションができるのか、というところを起点に、ブランドを作ったリ、プロダクトのUX(ユーザーエクスペリエンスの略。サービスとユーザーをつなぐ接点)を作ったりしている」と話します。

◆「“成功の再現性”を作っていきたい」

玉井さんがMercariアメリカオフィスの立ち上げに参画していた頃は、「僕自身が何をやりたいのか非常に迷っている時期があって、右往左往して焦っていた」と振り返ります。そんなときに、“恩師”と慕う起業家の小林清剛さんと出会い、「“こういう生き方ってかっこいいな”と思って始めたのが、僕の起業家としてのファーストステップだった」と転機を語ります。

そんな自身の経験から、人生の行き先に悩んでいるときこそ「今できることをやってみること」とアドバイスも。そして、「できることをやっていくと、やれることが増える。やれることが増えると、やりたいことが増えるようになる。そして、やりたいことを“人のためになること”に転換できたときに、それが自分なりのキャリアだったり志になっていくのかなと思う」と語ります。

あらためて、「僕の場合、“人のためになること”を事業化することで、提供できる価値が最大化するという理由で起業家をやっていて、その提供できる価値が世界中に行き届くから、今サンフランシスコにいる」と語ります。

“シリコンバレー”という地については、「世界中の優秀な人たちが、彼らの抱えている問題を解決するために、ここでチャレンジしているという意味ではスケールがすごく大きいなと感じますし、そこに入ってくる投資家やタレントたちも、今までに見たことのないぐらい優秀なレベルの人たちがいる」と言い、「それだけ“期待値に応えられるサービスを提供しないといけない”というプレッシャーも大きいですけど、そこから作り出せる価値はすごく大きい。そういう意味でも、すごく楽しい仕事だと思っている」とやりがいを語ります。

ここで笹川が、シリコンバレーで対等に渡り合うために努力し続けていることを聞くと、玉井さんは「成功の再現性」と回答。その深意について、「“やったことがある”ということが大切だと思うんですよね。誰かを採用するときも、“いいプロダクトを作ったことがあるか”“アーリーステージからグロースステージ(軌道に乗り始め成長しつつある時期)まで、ちゃんと引っ張ったことがあるリーダーか”など、“やったことがある”を蓄積することで、ほかの会社やプロジェクトに行っても、それをまた再現できる。だから、“やったことがある”ことから、いろいろなものを学ぶことがすごく大切」と説明します。

そして、Zypsyに在籍する人材から学べることもすごく大きいと言い、「一人ひとりの知識や経験から学びを蓄積していくこともすごく大切にしている」と話します。

Zypsyが見据える今後についても、「“成功の再現性”を作っていきたい」と言います。「(今後も)“たくさんのスタートアップを支援したい”という気持ちはあるが、量に対して質を犠牲にするようなことはしたくない。一件ずつ、丁寧にスタートアップのファウンダーと話をしながら、我々が本当にフィットするかを見極めつつ、少しずついい成功事例を作っていきたい。また、今やっている株式でのパートナーシップも徐々に増やしつつ、金銭的にも体験的にも一緒に成功できるような仕組みを作りながら成長していけたら」と展望を語りました。

次回12月4日(土)の放送は、トヨタ自動車株式会社ZEVファクトリー ZEV B&D Labグループ長の谷中壮弘(やなか・あきひろ)さんをゲストに迎え、お届けします。トヨタが提案する新たな移動の形、未来のモビリティについての貴重な話が聴けるかも!? どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年12月5日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DIGITAL VORN Future Pix
放送日時:毎週土曜 20:00~20:30
パーソナリティ:笹川友里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/podcasts/futurepix/

Facebook

ページトップへ