JO1・金城碧海、河野純喜、與那城奨がオーディション中に起きたハプニングベスト3を発表!

昨年、視聴者投票によるオーディション番組から誕生したボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)。3月4日(水)にデビューしたばかりですが、デビューシングル『PROTOSTAR』はオリコン週間シングルランキング初登場1位を獲得し、今最も勢いのあるアイドルグループのひとつとして注目を集めています。

3月24日(火)のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』では、ゲストコーナーにJO1から金城碧海(きんじょうすかい)さんと河野純喜(こうのじゅんき)さん、そして與那城奨(よなしろしょう)さんが登場しました。(ニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』3月24日(火)放送分)

ダンス未経験で挑戦したオーディション! 河野「ホントにヤバかったです」

JO1(ジェイオーワン)は、2019年に放送されたサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!/TBS系)から誕生。101人の練習生の中から、視聴者である国民プロデューサーの投票によって結成された11人組ボーイズグループです。

『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』のゲストコーナーには、“1日マネージャー”として同行したリーダー・與那城奨(よなしろしょう)さんが見守る中、金城碧海(きんじょうすかい)さんと河野純喜(こうのじゅんき)さんが登場しました。

河野:JO1のパワフルボイスこと、河野純喜です。よろしくお願いします!

金城:JO1のされどポーカーフェイス、金城碧海です。よろしくお願いします!

ラジオの生放送は初めてで、緊張気味の二人をあたたかく迎え入れた番組パーソナリティ・東さん。当日は、朝の情報番組『スッキリ』に生出演後のラジオ出演というスケジュールだった二人。かなり早起きだったようで……。

:今日は朝何時起き?

河野・金城:朝3時起き……。

:早っ! リハが早いってことか。朝からみんなでリハして、声は出た? 朝から?

河野:声出ました。絞り出しました!

二人とも自ら応募したと語るオーディションは、約半年間。歌やダンスなどさまざまな課題に挑戦する中で、ダンス未経験の二人はとても苦労したそうです。

:元々踊れなかったの?

河野:はい、全然です。僕ら二人はホントにヤバかったです。

金城:今日も『スッキリ』で、ダンスできない時のオーディションの映像を流されて……(笑)。

:(笑)。売れれば売れるほど、そういうの使われるから!

デビューして変わったこと! 金城「僕は目でバレてます(笑)。」

二人は、東さんからデビューした今の心境を聞かれ、取材を受けたり、番組に出たりするようになって自分の人生が180度変わったと語りました。

:芸能人になったなって実感することはありますか?

金城:僕は個人的に、収録に行った時にすれ違う芸能人の方と普通に「おはようございます」って挨拶している自分がすごく怖くて。

:(笑)。

金城:その時に、僕もそういう立場になったんだなと。

まだまだテレビ局に入る時や芸能人に会うと緊張するという二人。河野さんは、実際に会ってびっくりした芸能人を明かしました。

:会ってびっくりした人は?

河野:吉本の事務所でダウンタウンさん。オーラがすごくてホントにびっくりしました!

また芸能人になったことで、外を歩く時も以前とは変化があるそう。

河野:僕は街中を歩く時に、ちょっと周りを気にするようになりました。

:今時はそうよね〜

山根:マスクや帽子などで対策しているんですか?

金城:僕に関してはマスクつけてても帽子かぶっててもバレますね。(気付いた人に)「分かりますか?」って聞くと「そうですね、目が」って。

リーダー・與那城奨も合流! オーディション中に起きたハプニングを紹介

デビュー曲「無限大(INFINITY)」のオンエア後は、“1日マネージャー”として二人の様子を見守っていたリーダー・與那城奨(よなしろしょう)さんもスタジオ内へ。三人が揃ったところで、オーディション中のハプニングベスト3を発表しました。

3位は「幽霊」。金城さんは、韓国での合宿中に幽霊を見たそうで……。

金城:僕の部屋で女の人の声を聞いて! それでみんなを呼び込んで川の字になって寝たんですよ。そしたらやっぱり女の人の声が聞こえるんですよ、廊下をコツンコツンってヒールで歩く音とか。本当に衝撃的だったのが、電気消しているのに暗闇の中でチカチカ光るんですよ。それがずっと続いて……でも僕らは練習で疲れてたので、ぐっすり寝てました(笑)。

2位は「キー」。金城さんが担当した曲(「タマシイレボリューション」/Superfly)が、ステージで披露する際に、練習していた時のキーではなく、原曲のキーが流れてしまうというアクシデントがあったんだとか!

:そういう時ってもう1回歌うの?

金城:特別に……。

:でもキーが高いの歌った後に、きつくなかった?

金城:全員喉のストレッチしたりとか、あとは歌い慣れていたので大丈夫でした。

與那城:すごかったのが、止めないで最後まで歌い切るんですよ! それがすごいカッコ良くて、何事もなかったかのように……それこそポーカーフェイスで!

:伝説持ってるじゃん!

金城:その歌詞にちょうど「ポーカーフェイス」っていうフレーズがあって。

與那城:そこで一躍有名になりました!

1位は「災害」。合宿中に台風の影響を受けて、過酷な状況の中で練習していたそうです。

河野:まだ被害がある方もいらっしゃるかもしれないので、言いにくいんですけど、合宿所の窓から土砂が入ってきて、車も浮いて流されて、電気も水道も止まってしまってクーラーも使えず。

お風呂も使えなくて、みんなで大浴場に行って、ウォータークーラーのタンクにある水で入ったりしました。

金城:10日間で仕上げなきゃいけなくて、僕らは未経験なので一日一日が大切で。でも練習できない日とかもありました。

與那城:夜がやっぱり寝れなかったよね。

:そういう事をひとつひとつ乗り越えてデビューしたんだね。

リスナーからの質問に回答&得意なモノマネも披露!

番組にはリスナーからたくさんのメールが届き、「高校生の時にやっておいた方が良いことは?」、「得意なモノマネは?」などの質問に、三人は楽しく回答していきました。中には『スッキリ』でJO1を初めて知った方からのメールもあり、そのほかにも「よく使うLINEのスタンプ」や、メンバー同士のエピソードなど、JAM(JO1のファン)の方には嬉しい情報も紹介されました。

今後もますますの活躍が期待されるJO1。まだ彼らを知らない方もぜひチェックしてみては?

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週月曜~金曜 11時30分~13時00分
出演者:東貴博、山根千佳
番組ホームページ
公式Twitter

Twitter「#ビバリー昼ズ」

※放送情報は変更となる場合があります。

▼スマートフォンで聴くなら

▼パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ