オードリー、三四郎、岡村隆史、アルコ&ピース…お笑い芸人のラジオ番組

お笑いが好きな方におすすめ! テレビで活躍しているお笑い芸人のトークは、多くのラジオリスナーから愛されています。

今回はオードリー、三四郎、岡村隆史さん(ナインティナイン)、アルコ&ピースがパーソナリティを務めるラジオ番組を紹介します。

アルコ&ピースが出演! TBSラジオ『アルコ&ピース D.C.GARAGE』

TBSラジオの火曜24時からは、年の差5歳のお笑いコンビ・アルコ&ピースがパーソナリティを務めています。先輩・後輩である二人が、部室で喋っているような雰囲気が特徴です。

アルコ&ピースは、お笑い芸人によるラジオ番組を特集した雑誌の表紙になるなど、世間から「ラジオ芸人」としての認知も高い二人のトークをぜひご堪能ください!

アルコ&ピース D.C.GARAGE
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週火曜 24時00分~25時00分
出演者:アルコ&ピース(平子祐希/酒井健太)
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#アルピーdcg」

※放送情報は変更となる場合があります。

岡村隆史が出演! ニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』

毎週木曜深夜25時からは、ナインティナイン・岡村隆史さんが『オールナイトニッポン』を担当しています。

岡村さんは、前番組である『ナインティナインのオールナイトニッポン』から継続して、今年でラジオ歴26年。さまざまなコーナーや企画を行い、毎回ラジオ愛あふれる放送を届けています。

メッセージは、最近では珍しいハガキが中心で、リスナーとの距離が非常に近い番組です!

ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 25時00分~27時00分
出演者:岡村隆史(ナインティナイン)
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#99ann」

※放送情報は変更となる場合があります。

三四郎が出演! ニッポン放送『三四郎のオールナイトニッポン』

マセキ芸能社所属・三四郎によるラジオ番組です。中学校からの同級生によるコンビで、前述のアルコ&ピースとは異なり、教室の隅のほうで盛り上がっているような空気感のトークが特徴。

入れ替わりが激しいとされる『オールナイトニッポン0 (ZERO)』を4年間担当したのち、現在の『オールナイトニッポン』放送枠(25時台)に変わって放送が続き、根強い人気を誇ります!

三四郎のオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週金曜 25時00分~27時00分
出演者:三四郎(小宮浩信/相田周二)
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#三四郎ANN」

※放送情報は変更となる場合があります。

オードリーが出演! ニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』

こちらも中学校からの仲良しコンビ・オードリーがパーソナリティを務める『オールナイトニッポン』。放送開始から、今年で11年目を迎える人気番組です。

番組のタイトルコール前に行われる「オープニングトーク」と呼ばれるゾーンでは、つい話が盛り上がってしまい、毎回30分以上話してしまうなど、二人の「素」のトークをトークをたっぷり楽しめますよ!

オードリーのオールナイトニッポン
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週土曜 25時00分~27時00分
出演者:オードリー(若林正恭/春日俊彰)
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#annkw」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

及川光博、MISIA、サカナクション・山口一郎が語る「いま、音楽にできること」

ニッポン放送で、4月18日(土)に特別番組『いま、音楽にできること』が放送された。新型コロナウイルスで大きな影響を受けたエンタメ・音楽業界。この3時間の特番では、エンタメ・音楽業界の主要3団体のトップが今の現状について語り合ったほか、第一線で活躍するアーティストたちが、それぞれの立場から考える「いま、音楽にできること」を発信した。

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』4月18日(土)17時40分~20時40分 生放送

一般社団法人日本音楽事業者協会会長・堀義貴氏、一般社団法人日本音楽制作者連盟理事長・野村達矢氏、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会会長・中西健夫氏の3人の鼎談を受け、サカナクションの山口一郎が登場。アーティストの視点からいま感じていること、音楽業界への提言など、3団体のトップと語り合った。

サカナクション・山口一郎

「音楽の復興をやっていかなきゃいけない」サカナクション・山口

山口は、全国ホールツアー『SAKANAQUARIUM2020″834.194 光”』の延期や中止が決定しているが、今こそ、「音楽がどういう性質のものなのかを知ってもらえるチャンス」とし、「エンタメが文化として、いかに人々にとって大切なものなのかを説得していく、説いていく時期がきている。これまで怠ってきた部分を伝え直していくことが大事」と語った。そして、山口が「今聴いてもらいたい1曲」として、ボブ・ディランの「Blowin’ in the Wind」を選曲。「社会に文化の大切さを理解してもらうこともミュージシャンとしてやっていかなきゃいけない」と語った。

コンサートプロモーターズ協会・中西健夫会長/日本音楽制作者連盟・野村達矢理事長/サカナクション・山口一郎/日本音楽事業者協会・堀義貴会長

そして、「人間が最初に触れる文化は音楽だと思うんですよ。生まれて、お母さんが赤ちゃんを抱いて、子守唄から始まる。人間の中に、あまりにも近すぎて意識できなくなるほど近いものが音楽。これが必要なのか、必要じゃないのかわからなくなるくらい染み込んでいるんですよね」と音楽と人間の根源的な結びつきを説明、「その感覚を呼び戻してあげることが、ミュージシャンとしてできること。街を歩いていて、一切音楽がなくなったときに、寂しいなと思う」と音楽の“復興”への意気込みを語った。

MISIA

MISIA「音楽は心の栄養」

続いては、MISIAがテレワークでゲスト出演。新型コロナウイルスの影響を受け、「今こそ、人としての行動が問われる時代」と語ったMISIAは、自身のホームページでの『あなたにスマイルプロジェクト 〜大切な誰かにスマイルを届けよう〜』の活動について報告。海外では音楽を通して思いを共有している一方で、日本ではそういった動きが少ないことを振り返り、「みんなが辛いし、みんなが頑張っているってことを感じるだけでも人はすごく元気になれます」と訴えた。さらに、「人間が生きていく上で、体の栄養だけでなく、心の栄養がないと生きるのが辛い」と話し、“音楽の力”を伝え続けていきたいと語った。そして「わたしたちは形を変えてでも、明日へと歌い続けていきたい。みんなと頑張っていきたい」と強い思いを述べた。

及川光博

“遠隔ハグ”で愛を届けるミッチー

続けて、歌手で俳優の及川光博がテレワークでゲスト出演。登場して早々、「今、ミッチーは寂しいです」と率直な思いを切り出し、4月以降のワンマンショーツアー『SOUL TRAVELER』の9公演が開催延期になったことや、自身が出演するドラマ『半沢直樹』の撮影が中断になったことに触れ、「自分の中のパワーを持て余している毎日」と語った。しかし、「表現欲求や創作意欲を失わないように、なるべくなら楽しく時間を過ごそう」と、スタッフやファンに伝えた及川は、現在準備中のワンマンツアーは中止せず、延期する意向を示した。そして「エンターテインメントは生きていく上では必要な産業ではないかもしれない。けれでも、幸せになるためには必要不可欠だと思うんです」と吐露。最後は「いつの日か、笑顔で一緒に歌って踊って笑って泣ける日を信じて、会えない時間に愛を育てましょう」とリスナーに語りかけながら、及川の得意技だという“遠隔ハグ”を交わして締めくくった。

Little Glee Monster

2週間ぶりに会った Little Glee Monster

そして、なんとメンバーが会うのが2週間ぶりという Little Glee Monster は、ニッポン放送地下のイマジンスタジオからスペシャル生ライブを実施。メンバー間の距離を空け、仕切りも立てるという環境のなかで、爽やかな歌声を届けた。

なお今回の番組では、スタジオが“三密”にならぬよう、感染症対策が施されたスタジオにて出演者同士の距離や換気などしっかりと対応した上で、テレワーク出演や中継出演なども行い、実施された。

ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』

【番組概要】
■タイトル:ニッポン放送特別番組『いま、音楽にできること』
■放送日時:4月18日(土)17時40分~20時40分 生放送
■出演者:
(司会)垣花正
堀義貴(一般社団法人 日本音楽事業者協会会長)
野村達矢(一般社団法人 日本音楽制作者連盟理事長)
中西健夫(一般社団法人 コンサートプロモーターズ協会会長)
(ゲスト)及川光博、
MISIA、山口一郎(サカナクション)、Little Glee Monster
■番組メールアドレス:music@1242.com
■番組ハッシュタグ:#いま音楽にできること

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ