ミルクボーイ・内海の結婚に母親が反対? 「4と9はあかん」

昨年のM-1王者・ミルクボーイの冠ラジオ番組がいよいよスタート! 過去5回の特番を経て始まった、ABCラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』(毎週月曜24時30分~)。

記念すべき初回放送では、内海さんの結婚に関する話や、番組ロケで共演した西川きよしさんのエピソードについて語りました。(ABCラジオ『ミルクボーイの煩悩の塊』3月30日(月)放送分)

駒場、相方・内海の言動に物申す

過去5回の特番を経てレギュラー化した経緯もあり、オープニングから「気を引き締めていかないと」と、謙虚な姿勢を見せる内海さん。一方、相方の駒場さんは内海さんの言動に気になることがあるようで……。

駒場:こないだも記者会見みたいなやつでね、記者の方が「今、舞台の方がちょっと止まってますけど、お仕事どうですか?」という質問をされたあとに、内海君が「いや、仕事なんてナンボでもありますからねえ」って言ってたのは、もう衝撃でした。

内海:違う違う、はしょりすぎや! 記者と一緒や、今の発言。違うんですよっ!

駒場:みなさん聞きましたか? 僕は言うてないですからね。あれ、Yahoo!ニュースとかで「ミルクボーイが~」って言うてますけど、「内海が」まで書いてほしいですよ。

内海:違う、これは俺にちゃんと弁明させて。「舞台がお休みですから、お仕事なくなってるんじゃないですか?」って心配してくださったので、「舞台はないですけど、(舞台が)ないかわりに、"ないんやったら収録とかに来てください"って呼ばれてます」って言って、「仕事なんかナンボでもあります」って言いました。

駒場:だからそのままや(笑)。

内海、5月に結婚? "おかんの願い"とは

以前から「3ヶ月連続で月給30万を超えたら結婚」と公言している内海さんは、2月、3月と目標をクリアしたことをリスナーに報告しました。結婚にリーチをかけた内海さんですが、母親に電話で言われた一言とは……?

内海:「(内海母)結婚なんやけど、ほんまにしてほしいんやけど、4月ってのが"4"がつくから、それだけは亡くなったおばあちゃんもずっと言ってた、"4"はあれや」って言うて。たぶん、日本で唯一ひとりだけ"4"を気にしてます。「"4"とか"9"はあかん」って言うてました。おかんの願いなので、5月25日には(結婚)しますよ。

駒場:それは僕も結婚してますから、親に喜んでもらうのが1番ということで。

内海:おかんが言うてますから。ごめんなさいね、うちのおかんが気にしぃなもんで。

駒場:いや、でも大変よ。顔合わせとかご挨拶とか、ほんまにやること多いですよ、結婚するって。けっこうヘラヘラしてる場合じゃないですよ。

内海:先輩ヅラすんなよ、そんなに……。

駒場:2年先輩ですから、結婚に関して。想像より大変やから。

内海:嫌やわあ、そういうの。わかりました、いろいろと教えてください。

ミルクボーイ、西川きよしと初共演

関西の番組で西川きよしさんと1日ロケを行ったというミルクボーイ。ロケの合間には、西川さんから昔の芸能話を教えてもらったそうです。

駒場:言ってなかったけど、僕、ロケバスできよし師匠と1回ふたりきりになったんですよ。そのとき急に、渡哲也さんに電話しましたからね(笑)。

内海:ええ、うそ(笑)。それ、繋がるの?

駒場:「電話するわあ!」って言って電話しだして、「何ですか?」って言うたら「渡哲也さんやねん!」って言って出はってから(笑)。

内海:(電話に)出はったん?

駒場:なんか、「お互い元気でいましょう」っていう連絡を定期的に取り合ってるらしい。それをロケバスの合間に「元気ですかあ、これからもねえ、頑張ってやっていきましょうねえ!」みたいなのを、電話で話してはって。

内海:渡さんはすぐ出はんねんね。予定合うねんな。

そのほか、番組ではネタコーナーも発表されました! ミルクボーイ待望のラジオ初レギュラー番組「ミルクボーイ煩悩の塊」、今後もお楽しみに!

ミルクボーイの煩悩の塊
放送局:ABCラジオ
放送日時:毎週月曜 24時30分~25時00分
出演者:ミルクボーイ
番組ホームページ
公式X

Twitterハッシュタグは「#ボンカタ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ