林原めぐみ、水樹奈々、坂本真綾、水瀬いのり…女性声優がパーソナリティを務めるラジオ番組

普段はなかなか聴くことのできない”素”のトークが人気を博す声優の方々によるラジオ番組。アニメファンだけではなく、多くのラジオリスナーにも支持されています。今回は、林原めぐみさん、水樹奈々さん、坂本真綾さん、水瀬いのりさんといった女性声優がパーソナリティを務めるラジオ番組を紹介します。

林原めぐみ出演 TBSラジオ『林原めぐみのTokyo Boogie Night』

林原めぐみさんは「ポケットモンスター」のムサシやポケモン、「名探偵コナン」の灰原哀、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイなど、一度は耳にしたことのあるキャラクターを演じています。

リスナーから林原さんへ珍しいものを紹介する『こんなんありますぅ』や、早口言葉に挑戦してもらう『早口言葉の挑戦状』などユニークなコーナーが多く、採用されると、「リスナーのしるし」として靴ひもが送られます。1992年から放送を続ける長寿番組です。

林原めぐみのTokyo Boogie Night
放送局:TBSラジオ
放送日時:毎週日曜 24時00分~24時30分
出演者:林原めぐみ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

林原めぐみさんの記事はこちら

上坂すみれ出演 文化放送『上坂すみれの♡をつければかわいかろう』

2012年のデビュー以来、数多くのアニメ作品に出演し、さらにアーティストとしても活躍中の上坂すみれさん。戦車やロリータなど、多趣味なことでも知られています。

『上坂すみれの♡をつければかわいかろう』は、そんな上坂さんの世界観全開の番組。冒頭の挨拶は、大好きなロシアから「みなさま、ズドラーストヴィーチェ!」(ロシア語で「こんにちは」)からスタートします。

上坂すみれの♡をつければかわいかろう
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 24時00分~24時30分
出演者:上坂すみれ
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

上坂すみれさんの記事はこちら

水瀬いのり出演 文化放送『水瀬いのり MELODY FLAG』

『ご注文はうさぎですか?』の主要キャラクター・チノ役や、アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』の主人公・成瀬順役で知られる水瀬いのりさん。「いのりん」の愛称で親しまれています。

リスナーから落ち込んだことを送ってもらい、水瀬さんがそれを励ましてあげる『がんばribbon』というコーナーなど、リスナーとの距離が近い番組。番組タイトルは自身の発表した楽曲から付けられており、オープニングで毎回聴くことが出来ます。

水瀬いのり MELODY FLAG
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 22時00分~22時30分
出演者:水瀬いのり
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#melody_flag」

※放送情報は変更となる場合があります。

水瀬いのりさんの記事はこちら

田村ゆかり出演 文化放送『田村ゆかりの乙女心♡症候群』

『魔法少女リリカルなのは』の高町なのはや、『HUGっと!プリキュア』でのルールー・アムール/キュアアムール、『ひぐらしのなく頃に』の古手梨花など、人気作に多く出演している田村ゆかりさん。

ラジオでは田村さんの飾らない等身大のトークが魅力です。リスナーへの忖度もほどほどで、程よい距離感の番組。そのためか、アンメファン以外のリスナーも多いんだそうです。

田村ゆかりの乙女心♡症候群
放送局:文化放送
放送日時:毎週木曜 21時30分~22時00分
出演者:田村ゆかり
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#乙女モード」

※放送情報は変更となる場合があります。

田村ゆかりさんの記事はこちら

堀江由衣出演 文化放送『堀江由衣の天使のたまご』

デビューから第一線で活躍を続ける堀江由衣さん。『ラブひな』の成瀬川なるや、『化物語』の羽川翼を演じるほか、歌手としてライブ活動も積極的に行っています。。ファンからはの相性は「ほっちゃん」です。

『堀江由衣の天使のたまご』、通称「天たま」は2002年から放送開始。不定期ではありますが、リスナーに直接電話をつなぐ「アポなしテレフォン」のコーナーなど、リスナーに寄り添った放送が特徴です。

堀江由衣の天使のたまご
放送局:文化放送
放送日時:毎週金曜 26時00分~26時30分
出演者:堀江由衣
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#tentama」

※放送情報は変更となる場合があります。

堀江由衣さんの記事はこちら

小倉唯出演 文化放送『小倉唯のyui*room』

2009年に14歳で声優デビューを果たした小倉唯さん。『ロウきゅーぶ!』の袴田ひなたや『変態王子と笑わない猫。』の筒隠月子を演じるほか、現在も多くの作品に出演しています。最近ではYouTubeチャンネルを開設するなど、活動の幅を広げています。

番組は、「お部屋でまったりとくつろぐような感じでゆるりとお届けしていきます」という冒頭の挨拶のとおり、スローなテンポで放送しています。リスナーへの対応が丁寧で、ファン想いな小倉さんの姿を伺うことが出来ます。

小倉唯のyui*room
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 24時30分~25時00分
出演者:小倉唯
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

小倉唯さんの記事はこちら

水樹奈々出演 TOKYO FM『水樹奈々のMの世界』

1997年のデビューから現在まで、数多くのキャラクターを演じたきた水樹奈々さん。加えて女優や歌手としても幅広く活躍中。歌手としては、日本武道館でライブを行うほか、紅白歌合戦へも出場するなど、声優アーティスト界のトップランナーとして走り続けています。

『水樹奈々のMの世界』では、水樹さんセレクトのおすすめな楽曲が聴けるほか、趣向を凝らしたコーナーも充実。番組を通して水樹さんのパーソナルな部分をより知ることができます。

水樹奈々のMの世界
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週月曜 21時00分~21時30分
出演者:水樹奈々
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#nana_m」

※放送情報は変更となる場合があります。

水樹奈々さんの記事はこちら

坂本真綾出演 bayfm78『ビタミンM』

子役としてデビューし、現在は声優・歌手・女優それぞれで高い注目を集める坂本真綾さん。アニメだけではなく、吹き替え声優としても多くの作品に出演するほか、歌手としては2020年でデビュー25周年を迎えるなど、マルチに活動しています。

『ビタミンM』では、一つ一つのメールに真摯に答えていく、静かで力強い坂本さんの言葉を聴くことが出来ます。また、放送中には坂本さんの発表した数々の名曲を堪能できるところもポイントです。

ビタミンM
放送局:bayfm78
放送日時:毎週金曜 25時30分~26時00分
出演者:坂本真綾
番組ホームページ

twitterハッシュタグは「#ビタミンM」

※放送情報は変更となる場合があります。

坂本真綾さんの記事はこちら

スマートフォンで聴くなら

パソコンで聴くなら

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ