バイきんぐ・小峠、高いプロ意識を語る!「プロとしてハゲてる」

多彩なジャンルのパーソナリティが共演している、MBSラジオ『アッパレやってまーす!』。6月11日(木)は、極楽とんぼ、小峠英二さん(バイきんぐ)、小林豊さん(BOYS AND MEN)、大谷映美里さん(=LOVE)、池田裕子さんが、最近ハマっていることなど、さまざまなテーマで盛り上がりました。(MBSラジオ『アッパレやってまーす!』6月11日(木)放送分)

=LOVE・大谷、回転寿司はネット予約!

6月11日(木)の『アッパレやってまーす!』は、極楽とんぼ、小峠英二さん(バイきんぐ)、小林豊さん(BOYS AND MEN)、大谷映美里さん(=LOVE)、池田裕子さんが出演。オープニングトークでは、アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)の大谷さんが、回転寿司をネット予約してから食べに行くことを明かしました。

加藤:あれ、ふらっと行く店じゃないの?

大谷:ふらっと行ったら、2時間とか並びますよ。

加藤:あ、そうなんだ!?

大谷:そうなんです。本当にアトラクションくらい並ぶんで、ちゃんと予約してから行ってますね。

大谷さんの行動に男性陣が驚きを隠せない中、話題は回転寿司での食べる量について。

加藤:何皿くらい食うの?

大谷:私は多いときで、20(皿)とか……。

加藤:食うね~!!

小峠:え、食うね? 細いのに。

大谷:私、めっちゃ食べるんですよ。でも、まあ一皿1貫のやつもあるじゃないですか。それも含めて、20皿くらい……。

加藤:20皿なんか、俺食えないよ!

大谷:え、本当ですか?

小峠:20(皿)は食えねえなあ。

加藤:3皿だなあ。

山本:3皿……!?

大谷:3皿……(苦笑)。何しに行ってるんですか(笑)。

小峠:もう行かない方がいいよ、そんなん。

加藤:いいじゃねえか、3皿でも(笑)。

プロ同士のハゲいじりはあり? 小峠「プロとしてハゲてる」

テーマは会話での"自己嫌悪"に関する話題へ。加藤さんは以前、髪の薄さに悩むマネージャーを励ます一方で、同じく髪が薄くなってきたスタッフに向かって「お前ハゲてきたな!」と言ってしまい、すごくヘコんたそうです。

加藤:薄くなってきたやつと、薄くなってきてるやついるじゃん? 俺らぐらいの歳になったら、結構多くなってくるからさ。だから俺そういうのって、ちゃんと気にしないとダメだなって思ってるの。

小峠:そうですね。

加藤:こういう風に仕事の時だったら、もうお互いプロ同士ですから、それはいいと思ってるんだけど……。

山本:どういうこと?(笑)。 プロ同士だったら、多少ハゲをいじっても大丈夫ということ?

加藤:やっぱり、それはプロだもん(笑)。だって、小峠も山本さんもプロのハゲじゃないですか。

小峠:そりゃ、プロのハゲですもん。

山本:素人にいじられるよりは、プロにいじられた方が俺らもいいもんなあ?

小峠:いやまあ、そうですね。

加藤:でもプロとしては、やっぱりそれはいいわけでしょ?

小峠:こっちはプロとしてハゲてますからね。そのへんの素人のハゲとは同じにしてほしくはないですね。

山本:確かにな。

小峠:そりゃそうですよ。素人ハゲとはワケが違います。

山本:全然違う。

加藤:例えばさ、俺と小峠で飲みに行くじゃん? そのとき、もうオフじゃん。オフで(ハゲを)いじっていいの?

小峠:いいっすよ、もちろん。そりゃそうですよ。

加藤:オフでもいいのか。そこ訊いとかないとさあ。

小峠:いやいや……。ハゲにオンオフないっすよ。

山本:ハゲてんだもんなあ。

小峠:ハゲてるんだから。

加藤:プロ意識だけはあるってことね?

小峠:ハゲは常にオンですよ。

加藤:ああ、そうか(笑)。オンのハゲが見えてるわけだもんな(笑)。

小峠:オンのハゲってなんすか(笑)。

ボイメン小林、常備菜の作り置きにハマる!

名古屋から電話出演のBOYS AND MEN・小林豊さんは、最近常備菜の作り置きにハマっていて、主婦力を上げようと思っているそうです。

小林:最近作ったのは、きのこのマリネとか……。

小峠:マリネなんか作ってるの? すごいねえ。

加藤:やるねえ。

小林:あとは薬味をたくさん刻んで作る、山形の出汁みたいなやつを作ってみたりとか。いろんな種類を料理の中で出せたらいいなと思って。そうしたら、ウェルカムしてくれた人以外、喜んでくれるかなあって思って。

「名古屋に来てくださいよ!」と小林さんがラブコールを送るものの、スタジオの各メンバーは渋るばかり。そんな中、名古屋へ行く機会の多い山本さんが第1候補となりますが……。

小林:来てくれるなら、いくらでもおもてなししますよ。

加藤:え、ゆーちゃむ(小林さんの愛称)、山本泊まるのよ?

小林:あ……泊まってくんですか?

山本:だって、(名古屋に)行ったら泊まらないと。どうするの?

小林:……そうですよねえ。

山本:……ダメなの?

小林:うーん……。

山本:ダメっぽいな、それ。

大谷:嫌そう(苦笑)。

小峠:めちゃくちゃ渋ってんじゃねえかよ。

加藤:「来てくださーい」って言ってたのになあ。

小峠:ちょっと……現実味を帯びたら、急に(笑)。

加藤:「あの物体が家に泊まるのか」って想像したら(笑)。

小峠:最初はノリで「どうせ来ねえだろう」って思って、「来てください、来てください!」って……(笑)。

加藤:ゆーちゃむ、何でお前、リアルになって変わってんだよ(笑)。

山本:なんなんだよ。俺、じゃあもう本当に行くぞ?

小林:いやいや……あ、常備菜なんで持っていけるんで、持っていきます(笑)。

山本:なんだよ、それ! 玄関まで行って入れねえやつじゃねえか!

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週木曜 22時00分~23時30分
出演者:極楽とんぼ、小峠英二(週替わり)(バイきんぐ)、小沢一敬(週替わり)(スピードワゴン)、小林豊(BOYS AND MEN)、大谷映美里(=LOVE)、池田裕子
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#アッパレ木」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ