バイきんぐ・小峠、高いプロ意識を語る!「プロとしてハゲてる」

多彩なジャンルのパーソナリティが共演している、MBSラジオ『アッパレやってまーす!』。6月11日(木)は、極楽とんぼ、小峠英二さん(バイきんぐ)、小林豊さん(BOYS AND MEN)、大谷映美里さん(=LOVE)、池田裕子さんが、最近ハマっていることなど、さまざまなテーマで盛り上がりました。(MBSラジオ『アッパレやってまーす!』6月11日(木)放送分)

=LOVE・大谷、回転寿司はネット予約!

6月11日(木)の『アッパレやってまーす!』は、極楽とんぼ、小峠英二さん(バイきんぐ)、小林豊さん(BOYS AND MEN)、大谷映美里さん(=LOVE)、池田裕子さんが出演。オープニングトークでは、アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ)の大谷さんが、回転寿司をネット予約してから食べに行くことを明かしました。

加藤:あれ、ふらっと行く店じゃないの?

大谷:ふらっと行ったら、2時間とか並びますよ。

加藤:あ、そうなんだ!?

大谷:そうなんです。本当にアトラクションくらい並ぶんで、ちゃんと予約してから行ってますね。

大谷さんの行動に男性陣が驚きを隠せない中、話題は回転寿司での食べる量について。

加藤:何皿くらい食うの?

大谷:私は多いときで、20(皿)とか……。

加藤:食うね~!!

小峠:え、食うね? 細いのに。

大谷:私、めっちゃ食べるんですよ。でも、まあ一皿1貫のやつもあるじゃないですか。それも含めて、20皿くらい……。

加藤:20皿なんか、俺食えないよ!

大谷:え、本当ですか?

小峠:20(皿)は食えねえなあ。

加藤:3皿だなあ。

山本:3皿……!?

大谷:3皿……(苦笑)。何しに行ってるんですか(笑)。

小峠:もう行かない方がいいよ、そんなん。

加藤:いいじゃねえか、3皿でも(笑)。

プロ同士のハゲいじりはあり? 小峠「プロとしてハゲてる」

テーマは会話での"自己嫌悪"に関する話題へ。加藤さんは以前、髪の薄さに悩むマネージャーを励ます一方で、同じく髪が薄くなってきたスタッフに向かって「お前ハゲてきたな!」と言ってしまい、すごくヘコんたそうです。

加藤:薄くなってきたやつと、薄くなってきてるやついるじゃん? 俺らぐらいの歳になったら、結構多くなってくるからさ。だから俺そういうのって、ちゃんと気にしないとダメだなって思ってるの。

小峠:そうですね。

加藤:こういう風に仕事の時だったら、もうお互いプロ同士ですから、それはいいと思ってるんだけど……。

山本:どういうこと?(笑)。 プロ同士だったら、多少ハゲをいじっても大丈夫ということ?

加藤:やっぱり、それはプロだもん(笑)。だって、小峠も山本さんもプロのハゲじゃないですか。

小峠:そりゃ、プロのハゲですもん。

山本:素人にいじられるよりは、プロにいじられた方が俺らもいいもんなあ?

小峠:いやまあ、そうですね。

加藤:でもプロとしては、やっぱりそれはいいわけでしょ?

小峠:こっちはプロとしてハゲてますからね。そのへんの素人のハゲとは同じにしてほしくはないですね。

山本:確かにな。

小峠:そりゃそうですよ。素人ハゲとはワケが違います。

山本:全然違う。

加藤:例えばさ、俺と小峠で飲みに行くじゃん? そのとき、もうオフじゃん。オフで(ハゲを)いじっていいの?

小峠:いいっすよ、もちろん。そりゃそうですよ。

加藤:オフでもいいのか。そこ訊いとかないとさあ。

小峠:いやいや……。ハゲにオンオフないっすよ。

山本:ハゲてんだもんなあ。

小峠:ハゲてるんだから。

加藤:プロ意識だけはあるってことね?

小峠:ハゲは常にオンですよ。

加藤:ああ、そうか(笑)。オンのハゲが見えてるわけだもんな(笑)。

小峠:オンのハゲってなんすか(笑)。

ボイメン小林、常備菜の作り置きにハマる!

名古屋から電話出演のBOYS AND MEN・小林豊さんは、最近常備菜の作り置きにハマっていて、主婦力を上げようと思っているそうです。

小林:最近作ったのは、きのこのマリネとか……。

小峠:マリネなんか作ってるの? すごいねえ。

加藤:やるねえ。

小林:あとは薬味をたくさん刻んで作る、山形の出汁みたいなやつを作ってみたりとか。いろんな種類を料理の中で出せたらいいなと思って。そうしたら、ウェルカムしてくれた人以外、喜んでくれるかなあって思って。

「名古屋に来てくださいよ!」と小林さんがラブコールを送るものの、スタジオの各メンバーは渋るばかり。そんな中、名古屋へ行く機会の多い山本さんが第1候補となりますが……。

小林:来てくれるなら、いくらでもおもてなししますよ。

加藤:え、ゆーちゃむ(小林さんの愛称)、山本泊まるのよ?

小林:あ……泊まってくんですか?

山本:だって、(名古屋に)行ったら泊まらないと。どうするの?

小林:……そうですよねえ。

山本:……ダメなの?

小林:うーん……。

山本:ダメっぽいな、それ。

大谷:嫌そう(苦笑)。

小峠:めちゃくちゃ渋ってんじゃねえかよ。

加藤:「来てくださーい」って言ってたのになあ。

小峠:ちょっと……現実味を帯びたら、急に(笑)。

加藤:「あの物体が家に泊まるのか」って想像したら(笑)。

小峠:最初はノリで「どうせ来ねえだろう」って思って、「来てください、来てください!」って……(笑)。

加藤:ゆーちゃむ、何でお前、リアルになって変わってんだよ(笑)。

山本:なんなんだよ。俺、じゃあもう本当に行くぞ?

小林:いやいや……あ、常備菜なんで持っていけるんで、持っていきます(笑)。

山本:なんだよ、それ! 玄関まで行って入れねえやつじゃねえか!

アッパレやってまーす!
放送局:MBSラジオ
放送日時:毎週木曜 22時00分~23時30分
出演者:極楽とんぼ、小峠英二(週替わり)(バイきんぐ)、小沢一敬(週替わり)(スピードワゴン)、小林豊(BOYS AND MEN)、大谷映美里(=LOVE)、池田裕子
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#アッパレ木」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

コシノジュンコ、「ファッション」を語る “たかが洋服”ではない

ファッションデザイナーのコシノジュンコが、5月9日(日)に放送された、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時~14時30分)にゲスト出演。文化服装学院に入学して、飛び級でデザイン科へ入り、史上最年少で新人デザイナーの登竜門である「装苑賞」を受賞。1960年代からファッション界をリードして、いまも日本と世界のファッション業界で活躍するコシノが、改めて洋服の魅力や、日本人のファッション感覚について語った。

コシノ:洋服は“たかが洋服”ではなく、すごく大切ですね。自分の気持ちを変えてくれます。朝起きて、今日何を着るか。着るものが決まると仕事もすごいスムーズじゃないですか? 会う人によって『この服はどうかな?』って。外に出ようと思って雨だったり。服装によって表現するわけです。だから便利といえば便利だけど、大変といえば大変。でも、ドン! と後押しをしてくれるような気がするんです。

戸田:はい。

コシノ:頭の切り替えと気持ちの切り替えができるので、新しいチャレンジができますね。

戸田:分かります。洋服が決まると、その日の行動もこれで決まった! みたいな。

コシノ:女性は毎日着替えるでしょ? ちょっとでも変えるじゃないですか? でも男性は少々変えなくても分からないですよね。ひとつのジャケットを毎日着ていても大丈夫で、ちょっとネクタイを変えたりするだけで変えられる。でも、たった一つの自分の自信のあるジャケットがあることも大切です。

戸田:なるほど。

コシノ:特に、外国に行って名刺を出しても覚えていてくれないですよね。着ているものの印象で、「あの時、あれを着ていた人ね!」って、それなんです。一気に近付いてくれるというか。

戸田:海外の人ってよく、初めて会っても洋服のことを褒めてくれますよね。

コシノ:そう、ニューヨークで私が歩いていたら、車がパーっと止まって「ねえ! その洋服どこで買ったの?」って。わざわざ車を止めて話をします?

戸田:そうですね、日本じゃ考えられない(笑)

コシノ:勘がいいというか、積極的という。アメリカ人は平気ですね。

戸田:そうですよね。

コシノ:ファッションって表面だけに見えますけど、一種の世の中の動きみたいなものだと思うんです。ファッションは、流行という意味でしょ? 世の中の流行を着るわけです。日本には四季があるから、「四季」が一番のテーマですよね。一方で四季のない国は、ファッションの変化どころか、発展が遅い。

戸田:そうか……。

コシノ:特に東南アジアとか、ずっと暑い国。例えばインドだったらサリーさえ着ていれば、きれいな色だったら何とかなるみたいな。だからファッションと縁遠いんですよね。暑い国は簡単に、布一枚で着られちゃうから。でも日本は、今暑いと思っても冬が来るし、寒いかと思ったら春、夏……とその変化があるから発展していくわけ。だから流行に敏感なの。

日本では春夏秋冬に合わせ、服を変えていく生活環境だからこそ、ファッションが発展して流行にも敏感になった、と語ったコシノ。

この他にも番組では、70年代、ファッションや音楽など東京カルチャーの発信地だった原宿での思い出や、いいデザインや理想のデザイン、フレディ・マーキュリーとの秘話も紹介。終盤には、これからの予定や夢を語る中で、コシノは「日本の中で、日本の文化とか伝統とかにもっと興味をもって。今まで見られなかった、日本の伝統的なものを積極的に見るとか……」とコメント。いまはコロナ禍だが、それが終息したら日本の素晴らしさを、自信もって海外に発信できるようにしたいと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ