ラジオは自分たちの目を通して見た世界観を話すもの!『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)』インタビュー

今年4月にスタートしたニッポン放送『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)』。『オールナイトニッポン』初のYouTuberラジオとして、人気YouTuber・水溜りボンドのカンタさんとトミーさんがパーソナリティを務め、木曜の深夜を楽しく盛り上げています。

今回はカンタさんとトミーさんに、番組が始まった今のお気持ちや、YouTuberとラジオの違いなどをお聞きしました。

レギュラー3ヶ月目、”ラジオの深み”を実感中!

ーー4月に番組がスタートしてそろそろ3ヶ月目(※取材は6月)になりますが、今のお気持ちはいかがですか?

トミー:本当に毎回必死にやってますね。楽しくやれるようになりつつ、まだ勉強しながらやっている感じですね。

カンタ:単発でもやらせてもらったんですけど、いざレギュラーをやることになって、毎週しゃべることや、たくさんの人が楽しんでくれることを考えた時に、今まで聴いていた”ラジオの深み”を、改めて実感する3ヶ月になったとすごく感じました。

ーーお二人は元々ラジオは聴く方でしたか? 好きな番組や普段聴いている番組があったら教えてください。

カンタ:割と聴いていたほうだと思いますね。特に『オールナイトニッポン』にはかなり思い入れがあって。たまたまかもしれないけど、(星野)源さんやオードリーさんの番組など、気づいたら聴いていた番組は『オールナイトニッポン』が多かった気がしますね。

トミー:浪人時代は、とにかく片っ端からその日その時間で流れてるラジオを聴いていました。あの時聴いていたラジオの量は異常だったと思いますね。

ラジオは、自分たちの目を通して見た世界観を話すもの

ーーお二人はYouTuberとして活動されていますが、YouTubeとラジオの違いはどんなところだと思いますか?

トミー:ラジオとYouTubeは全然違うと思いますね。まずリスナーさんや視聴者さんとの関わり方が全然違いますし、YouTubeよりもラジオは、トミーとカンタの目を通して見た世界観を話すものだなぁと思います。

普段のYouTubeは企画があって、企画を進めていく上で発言していきますが、ラジオは自分たちの世界観を通してしゃべること自体が企画になっています。自分たちの内側から出るものが非常に多くの比重を占めていると思います。この歳でラジオを始めてみて、やはり周りの人たちが積み重ねてきたものの多さと自分たちの未熟さをすごく実感しますね。もっと自分もいろいろな経験をして積み重ねていかないとなぁと思います。

YouTubeで出さなかった部分を『オールナイトニッポン』で出していきたい!

ーーお二人が思う番組の魅力や注目して欲しいポイントは? また、今後番組で挑戦してみたいことはありますか?

カンタ:YouTubeで動画を毎日配信している中でも、やはり出ていなかった部分がふっと出る瞬間がラジオにあります。それが僕らもすごく楽しいし、それを一緒に楽しんでくれるリスナーさんが増えてきてくださってると日々感じているので、そこを楽しんでいただけたらなあと思います。今後もどんどん面白くなっていくと思いますね。

トミー挑戦したいことは、YouTubeではやらなかったこと、出さなかった部分ですね。今まで出さないと決めていた部分や、やらないと決めていたコンテンツを『オールナイトニッポン』という枠組みの中で、出していけたら面白いと思いますね。

ーー最後に番組を聴いているリスナーやradiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

カンタ:番組を始めて3ヶ月経ったんですけど、初々しさというか、YouTuberがこういったラジオ番組のレギュラーをやったことがあまりないと思うので、そのフレッシュさや新しさを残しつつ、やはりどんどん完成度を高めて、たくさんの人が楽しめる番組になったらいいなぁと思います。ぜひこれからも楽しんで聴いてください!

トミー:「YouTuberがやるラジオ」ってどういうものなのか、なかなか僕らも想像つかなかったところがあるんですけども、僕らはこの1週間に1回のラジオの放送をすごく楽しみにするようになったし、ラジコやMixChannel、リスナーの方々と今までになかったような関係値を築いていきたいと思うので、どっぷり関わっていけたらと思います。

水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)
放送局:ニッポン放送
放送日時:毎週木曜 27時00分~28時30分
出演者:水溜りボンド(カンタ、トミー)
番組ホームページ
公式Twitter

twitterハッシュタグは「#水溜りボンドANN0」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

芝大輔、単独ライブ「穴掘り天国2」の構成について語る!『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』

文化放送超!A&G +にて毎週土曜日27:30から放送中の『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔』。パーソナリティは、脚本家・放送作家の松原秀さんと、お笑い芸人「モグライダー」の芝大輔さん。

9月24日の放送では、モグライダー単独ライブ「穴掘り天国2〜芸能人大集合スペシャル〜」について語られました。

芝 我々単独ライブって数えるくらいしかやってないのね。
松原 うん。
 で、単独ライブにも2種類あるのよの。
松原 それも特殊だよね。2種類単独ライブのパターンがあるって。
 そう(笑)。昔、秀ちゃんに見に来てもらったやつは、準備とか着替えとかがあって本当に大変なのよ。
松原 どちらかというと、しっかり作りこまれてるというか。
 うん、そう!なんかね、いろいろ筋とか考えたりするのよ。
松原 うんうん。
 でも、この前やったやつは、俺たち何年か前にDVDを出してるんだけど(それと構成が同じで)、ネタをどれ入れるか迷うから、粗く候補出しといて、その場でリクエストしてもらったネタを披露しますっていうのをやったのね。
松原 うんうん。
 それが普段ライブとかでやってるやり方だから、それを入れちゃうのが一番いいんじゃない?っていうのを一回だけやったのよ。
松原 だって(今回のライブの)タイトルに「2」って書いてあるもんね。
 そう!1回目のDVDのタイトルが「穴掘り天国」なの。
松原 なるほどね!

また、芝さんたちは、1日に2公演行ったのが初めてだったそうで、昼と夜で内容を変えたのだとか。

 今回、ネタを16個くらい後ろに出しておいて、その中から(選んでもらったネタを)時間の許す限りやったのね。それだと自分たちも飽きないからって。
松原 うんうん。
 で、昼夜やれば、昼しかやらないネタ・夜しかやらないネタが出てくるから、必然的に内容が変わるしちょうどいいかなって思って。
松原 うん~!
 (選択肢の中に)新ネタを入れたんだけど、それは昼しかリクエストなかったの。
松原 そうなんだ。
 そう!でも、手応え的には夜の方が……。単純に最後だから「よっしゃあ!」ってやった感はある(笑)
松原 へえ~!
 昼は昼で全然よかったけどね。

松原さんは、芝さんに単独ライブの前夜について尋ねます。

松原 前日、地元帰ってない?
 そう!前日がこれ(『裏表』)よ。
松原 そうだ!前日がこれの収録して!
 そのまま最終の新幹線で地元帰ったね。
松原 浜松町で番組録って、そのまま愛媛に行ったもんね。
 そう。で、翌朝一番の飛行機乗って戻ってきて、単独ライブやったの。
松原 (笑)。すごいね!
 我ながらね(笑)。でも、そのやり方だったから行けたっていう話だけどね。

『裏表 松原秀とモグライダー芝大輔 』第21回(9月24日放送分)はYouTube文化放送A&G 「裏表 松原秀とモグライダー芝大輔」チャンネルでアーカイブ配信中。

 

Facebook

ページトップへ