odol×林響太朗監督によるスペシャル対談! radiko ブランドムービーに込めた思いとは

音楽への感謝をテーマに、豪華アーティストによるスペシャルライブやトークセッションを8時間にわたって放送した『InterFM897 SPECIAL DAY「謝音祭」』。放送では、radiko ブランドムービー「その音は、」に楽曲提供したバンド・odolと、映像監督を務めた林響太朗監督によるスペシャル対談が放送されました。(InterFM897『InterFM897 SPECIAL DAY「謝音祭」, 3pm』7月24日(金・祝)放送分)

「ラジコ」をどう見せるか考えた

スペシャル対談には、林響太朗監督と、odolからミゾベリョウさん(ボーカル、ギター)、森山公稀さん(ピアノ、シンセサイザー)が登場しました。

ーーradiko ブランドムービーは、どういうイメージで作ったんですか?

:イメージはあんまりなくて。ラジコというものをどう見せるかを考えて、話し合いを重ねる中で“小さな幸せに寄り添う”という言葉が出てきました。

ーーodolを起用した理由は?

:なんでですかねえ……(笑)。ミゾべくんの声が透き通っていてぴったりだと思ったのと、前から一緒に作品を作らせてもらっていたので。

森山:ミュージックビデオを4本、アーティスト写真とかも撮ってもらったりしてますね。

ーーodol側は林監督からオファーをいただいてすぐにお返事したんですか?

森山:即ですね。響太朗さんとやれるのであれば「どんな条件でもやります!」という感じでした。

ミゾべ:ありがたいよね。

映像のために書き下ろされた楽曲!

ーー曲は映像のために書き下ろしたんですか?

森山:そうですね、今回、曲の始まりもない段階で響太朗さんと話して、タネをいただいて、それを形にしました。

:先に企画があって、その企画を森山くんたちに相談して、僕からの音のアイデアなどもちょっとだけ伝えながら作ってもらいました。

ーー林監督からはどういう音のオーダーを出したんですか?

:ああ、ちょっと大きく言い過ぎたな(笑)。いつものodolだと洗練されていて、デジタルっぽいところがあるので、もう少しラジコのナチュラルな空間になるように、“生音っぽい感じ”をリクエストしました。

森山:この曲の特徴として、ストリングス(※ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどの弦楽器)のサウンドのことを言っていただくことが多いんですけど、“生感”を出すためにいろんなアイデアを膨らませました。例えば、ストリングスをすごく小さな音で演奏した時に、奏者のブレスの音も一緒に録れるんですけど、そういう息遣いみたいなものを音として聴こえなくても一緒に入れたりとか。ドラムも普通のスティックじゃなくて、ざらざらとした音を出せるようにブラシを使ったりとか。曲の構成や楽器の編成は、響太朗さんとの最初の話し合いの場で決めていったという感じです。

ーー今の時代、ストリングスの音を録りたいと思ったらシンセサイザーで無限に作れますが、実際に人に弾いてもらうのは違いますか?

森山:やっぱり全然違いますね。特にこういう空気感を大事にする音楽だと、説得力が変わってくるというか。メンバーや映像チームとは、録る直前までは打ち込みでやり取りしていたのですが、そこが差し替わった瞬間に、大きく印象が変わりましたね。

ミゾべ:全然変わったよね。

森山:本当に目指してた形に近づいたなって思いました。

ーーそこまで曲が組み上がっていく時って、映像はある程度かたまって出来ているんですか?

:そうですね。録り終わったらすぐに編集して、逆にここでこういう間を作りたいとか、そういうところも含めてデータでやり取りしてましたね。

完成した radiko ブランドムービーを見て…

ーーお互い出来上がった作品を見ての感想を聞かせてください。

ミゾべ:僕作品を見てすぐ、odolのメンバーに「この作品に関われて良かったです」って送りましたね。誰からも何も返ってこなかったけど(笑)。

森山:進行中も段々出来上がってく様子は見ていたのですが、完成したものを見た時「こんなにいい曲だったのか!」って思いましたね。改めて自分たちで再評価できたというか。聴こえ方が全然変わりました。

ーー林監督は、出来上がった映像に音を当てた作品を見てどう感じましたか?

:それで言うと、デモの段階でもう完成していたんですよ。その段階で「これはいけるな」って思っていて。そこからまた映像の編集も加速して、良い感じに作れました。

odolによるスペシャルライブも!

対談のあとには、odolによるスペシャルライブも! radikoブランドムービーの楽曲「小さなことをひとつ」、「虹の端」を披露しました。

InterFM897 SPECIAL DAY「謝音祭」, 3pm
放送局:InterFM897
放送日時:2020年7月24日 金曜日 15時00分~16時00分
出演者:井手大介、 堀田茜

※odol x 林響太朗 スペシャル対談は15時30分〜

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

タグ

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ