RADWIMPS・野田洋次郎、米津玄師とのコラボ曲を語る「歌詞も含めてやっぱり米津節」

さまざまなアーティストが月替わりでパーソナリティを務めるTOKYO FM『Monthly Artist File-THE VOICE-』。8月度は、8月5日(水)にニューアルバム「STRAY SHEEP」をリリースする米津玄師さんが担当します。

8月1日(土)の放送では、RADWIMPS・野田洋次郎さんをゲストに迎え、2人の出会いや米津さんのニューアルバム「STRAY SHEEP」に収録のコラボ曲「PLACEBO」の制作秘話を語りました。(TOKYO FM『Monthly Artist File -THE VOICE-』8月1日(土)放送分)

米津玄師、RADWIMPSとの出会いを語る

冒頭では、RADWIMPSのメジャーデビューアルバム「RADWIMPS 3〜無人島に持っていき忘れた一枚〜」から「螢」をオンエア。その後、米津さんがRADWIMPSに出会ったきっかけについて語りました。

米津:俺が高校生の時に、RADWIMPSと初めて出会って、この曲を聴いた時の衝撃がものすごく残っていて。サビで8分の6拍子になったりとか、トリッキーなんだけど、高校生の時の自分の寂寥(せきりょう)感とか寂しさとかと、ものすごくガっと一致する感じがあって。「この人は一体どういう人なんだろう?」って興味を抱くに至った1曲かもしれないですね。

野田:すごく嬉しい。俺のデビューアルバムですね。

米津:デビューアルバム?

野田:必死でしたねえ。

米津:その時、高校1、2年生だったと思うんですけど、本当に高校で流行ってて。主に女の子がめちゃくちゃ聴いてて。当時、歌詞画ってあったのわかります?

野田:ああ、あったねえ。

米津:携帯の待ち受けにミュージシャンの歌詞を載せる。そういう文化があったんですけど。

野田:なんか当時、ものすごい歌詞がフィーチャーされてたよね。

米津:そうそう。それでもう、RADWIMPSが覇権を握っている感じがあって。みんなRADWIMPSの歌詞を携帯の待ち受けにしてて。そこで興味を持ったのが最初の出会いかもしれないですね。

初共演の対バンツアーを振り返る

野田さんが米津さんの名前を初めて見た時の印象を語りました。

野田:未だに憶えてる。本当に何て読むかもわからない、芸名なのか何なのかわからない。

米津:それってどのタイミングでした?

野田:確か「ROCKIN'ON JAPAN」かなんかの雑誌で。最初、写真じゃなくて絵で登場したよね? 

米津:本当に1番最初ですね、たぶん。

野田:「こいつ何だよ」って思って(笑)。「自分の絵で登場とか、何こいつ?」って思って。あの印象が強いかも。

米津:「diorama」(1stアルバム)の時だと思いますけど。

野田:あれが何歳?

米津:あれが……21(歳)とか。

野田:確かあれくらいの時期に初めて聴いて。ものすごく緻密な……何ていうんだろう。まあ、「本当に友達いなそうだな、こいつは」っていう(笑)。すごく面白いことやってるけど、大変そうだなあっていう。

続けて2人は、初共演を果たしたRADWIMPSの対バンツアー「10th ANNIVERSARY LIVE TOUR RADWIMPSの胎盤」(2015年11月4日)について振り返りました。

野田:言葉少なだったよね。

米津:そうですね。俺はもう、見てたそのまんまの人だなあっていう感じが。

野田:そうだよね。まあ、お互いライブ前だったからめちゃめちゃ緊張してたしね。先輩と後輩と両方、ちょっと呼びたいみたいな。だから先輩たちはMr.Childrenさんとかスピッツさんとか。米津たちがたぶん1番若いくらいかなあ。あとはきのこ帝国とかクリープハイプとか。その中でやっぱり(米津は)1番未知で。俺はRAD好きとか知らなかったからね。絶対断られるだろうなとか思ってたけど(笑)。

米津:俺は呼んでもらえてすごく嬉しかったですねえ。本当にRADWIMPSって、あまり周りと絡まないっていうイメージがあったから、それを大々的に最初に対バンツアーっていう形でやったところに、そこに俺は絡んでいけるようなものになれたんだなあっていう、そういう風に教えてもらえる感じがあって、すごく嬉しかったですね。

コラボ曲「PLACEBO」制作秘話

番組後半では、米津さんと野田さんによるコラボ曲「PLACEBO」を初解禁! 2人が制作秘話について語りました。

米津:プライベートで2人で会うと、一緒にデュエットしたりするじゃないですか。あの高揚感ってものが、俺にとってはものすごく大きなものがあって。

野田:俺も今回、すごくあった。

米津:俺はあれをやりたかったんですよね、新しい曲で。お互いの何らかの掛け合いがあって、否が応にも心が躍るような何かっていうものを。レコーディングの段階で、ラスサビで掛け合いを追加したりとかして、俺はあのレコーディングは本当にすごく楽しかったですね。

野田:俺も楽しかった。何回でも歌いたくなったし。

米津:自分にとっては本当に自然な流れでしたね。洋次郎さんとやるっていうのであればこういう形なんじゃないかって。そこにあまり迷いも特になくて、考えることもなく、手を動かしてたら曲がああいう形になったっていう。

野田:夏だからなのか夏っぽさも感じつつ、不思議な高揚感というか、歌詞も含めてやっぱり米津節だなあというか。言葉回しも不思議だよね。当然だけど、俺だったら絶対浮かばないなあっていう。

米津:俺は結構、韻を踏むのが好きなんですけど、韻を踏む気持ちよさとか、譜割りの言葉のリズムの気持ちよさっていうものを、たぶん1番明確に教えてもらったのはRADWIMPSであるなっていう感じはします。

野田:嬉しい。でも確かにあなたの韻の踏み方は面白いなあ。自分の血液にして自分で吐き出してる感じが。

米津:どういう風に受け止められますかねえ。

野田:でも、これはたぶんすごくわくわくするよね。

米津:想像していたような形ではないだろうなあとは思うんですけど。でも、好きになってくれるんじゃないかなあって。

野田:とても良い裏切りもある。でも素晴らしい曲ですよねえ。

Monthly Artist File -THE VOICE-
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週土曜 17時00分~17時55分
出演者:米津玄師
番組ホームページ

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

2027年までにトマホーク500発の購入を検討の報に大竹「抑止力は、専守防衛の中で大事だけど、ちょっとノリを超え始めてるんじゃないかな」

11月30日の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)にて、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討しているというニュースを取り上げ、大竹がコメントした。

読売新聞によると、防衛省が米国製の巡航ミサイル「トマホーク」について、2027年度までをメドに最大500発の購入を検討していることがわかった。岸田首相は13日のバイデン米大統領との首脳会談で購入交渉を進展させる方針を確認し、「反撃能力」の保有に向け、準備を加速させている。

防衛省は改良された12式の配備が遅れたとしても、反撃能力を早期に確保するため、トマホークを導入したい考えだ。北朝鮮がミサイル発射技術を急速に進展させていることなどを踏まえ、最大500発の保有が必要だと見積もっているという。このニュースを受けて大竹は、次のようにコメントした。

大竹「これはやっぱしクリミア併合あたりからの今のロシアとウクライナの戦闘状況、アジアでは中国の脅威、それに合わせて北朝鮮という条件が重なって、にわかに我が国の専守防衛の問題が国会でこのままの防衛費で足りるのかしらと。もうちょっと上げた方がいいんじゃないのっていう議論が始まって2027年までには防衛力を上げていこう、今までの1%ちょっとから2%まで上げるという話になってきた。これによって日本の防衛予算はアメリカ中国に次ぐ防衛予算は、第3位に躍り出るということになる。それが本当の日本の専守防衛の形になるのか」

さらに番組では東京新聞による柳沢協二・元官房副長官補の発言を取り上げた。

「最大の問題は、日本を狙う攻撃の着手を事前に認定できても、たたけば結果として日本が先に相手の本土を攻撃する構図になることだ。国際法上は先制攻撃ではないとの理屈でも、相手に日本本土を攻撃する大義名分を与えてしまう。確実に戦争を拡大させ、際限のないミサイルの撃ち合いに発展する」
これに大竹は同意し、次のように続ける。

大竹「前にも言ったけどウクライナはあれだけ国内にロシアからの攻撃を受けつつも、ロシア本土の攻撃はしていない。それには、諸事情、NATOとの関係、アメリカとの関係とかいろいろあるだろうけども、もしこれを攻撃するようなことになれば、火種がここで収まらないであろうということが簡単に想像できる。だからそれも含めてしないんだろうなという想像はできる。日本は、もうこれ無理だととあるコメンテーターが言っている。中国も、北朝鮮もこっちにたくさんミサイル向いてる。1カ所攻撃したところで、何箇所でも攻撃したところで、それをやったらとんでもない目に遭うだろうというようなことがもうわかりきってる。何千発のミサイルがこちらを向いているって言ってもね言い過ぎじゃないくらいの状況だと思うよね。そういう中で国としては、建前かもしれないけども、抑止力だと。それは俺もわかる。抑止力は、専守防衛の中で大事だけどこの抑止力が、敵基地攻撃能力とか、相手の軍事施設とか相手の国会とかそういうところを攻撃するっていうのがちょっとノリを超え始めてるんじゃないかなっていう危惧は十分にあるよね。

Facebook

ページトップへ