島崎遥香、小泉今日子への憧れを語る「アイドルじゃなかったとしても…」

吉岡里帆さんがパーソナリティを務める、J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』。9月13日(日)の放送は、"ぱるる"こと、島崎遥香さんをゲストに迎え、島崎さんのアイドル時代やライフスタイルにまつわるエピソードで盛り上がりました。(J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』9月13日(日)放送分)

吉岡里帆がパーソナリティを務めるラジオ番組

ぱるる、地元・さいたまスーパーアリーナでの思い出

今回の『UR LIFESTYLE COLLEGE』は、吉岡さんとの共演経験もある島崎遥香さんがゲストに登場! 島崎さんの音楽との出会いや吉岡さんとの共通点の話題で盛り上がる中、吉岡さんが島崎さんに送った手紙について語りました。

島崎:(AKB)総選挙の時だよね? それはすごく憶えてる。嬉しかった。

吉岡:そうそう。すごく緊張するって言ってて。

島崎:泣いたんだよ、私。それで。

吉岡:本当?「その時、何ができるんだろう」って思って。でも、知らない世界過ぎて。

島崎:メッセージカードに写メって送ってくれたの。

島崎さんはAKB48時代の忘れられないライブに、島崎さんの地元・埼玉で行った、さいたまスーパーアリーナでの公演を挙げました。

島崎:私がモーニング娘。さんのライブで初めて行ったのが、さいたまスーパーアリーナだったの。そこに自分が立っているっていう不思議感。まさか立つとは思っていないから。

吉岡:さいたまスーパーアリーナって、巨大じゃないですか。会場自体が。どんな感じなんですか? メンバーみんなで歌ったり踊ったりするって。

島崎:でもなんか、ありがたいことにドームツアーもやらせてもらったから、アリーナが小っちゃく見えちゃうんだよね。不思議な感覚で。

吉岡:そうなんだ。へえ、それ不思議だね。そんな感覚になったりするんだ。

島崎:アリーナだと普通にお客さんの顔も見えるしね。東京ドームだと奥までは見えないから。アイドルになってよかったことの中に入るのかわからないけど、そういう景色を見える人って少ないわけだから、それはいい経験をさせてもらったなあって思うかな。

吉岡:そうだよね。本当、数少ない人しか立てない場所ですもんね。

島崎:でも、その当時なんて分かってないから、若過ぎるし。それがすごい事だっていうのもあまり分かってないから、今になって事の重さを思うかなあ。

「小泉今日子さんになりたいかな」ぱるる、小泉今日子への憧れを語る

AKB48卒業後、女優業を中心に活動を続けている島崎さんが、芸能活動を続けていく中で大切にしている事、変わらない事について語りました。

島崎:なんかずっとね……アイドルを卒業したんだけど、ずっとアイドルでいるっていう感覚かな。ずっとアイドルっていうか、ずっと"ぱるる"みたいな感覚かな。

吉岡:じゃあ、周りから求められるものも感じ取れるって事だ。たとえば、"島崎遥香"っていう一人の人間がいるじゃない。"ぱるる"っていうあだ名にもキャラクターがついてて、みんなが想像する人間像みたいなのがあるわけじゃない。"ぱるる"っていう人に対してさ。それに応えていくわけでしょ。

島崎:そうそう。私、小泉今日子さんと共演させてもらった時に、すごくかっこよくて。でも、周りはみんな「ああ、キョンキョンだ」って感じなわけ。それが良いなあって思ったの。そこへの憧れもあるかもしれない。

吉岡:ああ、なるほどね。

島崎:でもさ、私たちの世代からしたら女優さんなんだけど、同世代の人たちからしたら"キョンキョン"なわけで、それがすごく良いなあって思った。小泉今日子さんになりたいかな(笑)。

吉岡:ははは(笑)。端的に言えば。

島崎:そう、ご本人にはそんな事言えてないんだけど、見ててすごい、なんだろうな……たとえ女優さんやアイドルじゃなかったとしても、小泉今日子さんは"キョンキョン"なんだよなあって、自分で勝手に思ってるの。それがいいなあっていう。

吉岡:じゃあ、もう"ぱるる"っていう概念になるみたいな事かな(笑)。面白い夢だね。

島崎:そうそう(笑)。だから今、女優さんとかアイドルとか「自分は何の職業ですか?」って言われたら、すごく今悩んじゃうんだよね。「何って言ったらいいんだろう」っていう。

吉岡:だから、あれだよね。肩書きがあって名前があるんじゃなくて、その肩書きはなく、もう"ぱるる"という肩書きになるっていう事が仕事っていうか生き方って事だよね。

島崎:なったら素敵だなあって思う。

吉岡:いやあ、なるよ。それは。なりたいって思った瞬間から絶対になれるし、なってるんじゃないかなあ。ファンの人にとっては変わらない事だから。面白い夢ですね。

ぱるるがときめいているアイテムは?

島崎さんは、快適に暮らすため心掛けている事に「物を増やさない事」を挙げ、生活感を無くすために物を誰かにあげたり、歯ブラシさえも棚に閉まったりしていた時期があったと語りました。また、「最近新しく買ったすごく胸ときめくもの」、「捨てずに置いているもの」への質問に対しての答えは……?

島崎:本当にときめいてる物でいい?(笑)

吉岡:いいよ(笑)。

島崎:テレビ台の横の額縁に、韓国の私の好きな俳優のチ・チャンウクさんっていう人がいるんだけど、その人の写真を額縁に置いてる(笑)。

吉岡:ははは(笑)。もうキュンとするんだ、見ると。

島崎:そう。その人を見ながら「頑張ろう」って。

吉岡:ブレないですねえ。

島崎:もう一つの質問は、"セボンスター"って分かる?

吉岡:セブンスター?

島崎:セブンスターはタバコだから(笑)。スーパーで子どもが買うお菓子コーナーで、おもちゃが付いてるキラキラのネックレスをコレクションしてるの。

吉岡:へえ。今でも集めてるんだ。

島崎:今でも集めてる。見かけると買う。

吉岡:じゃあ、結構な量あるんじゃないですか?

島崎:そう、結構ある。100均でちゃんとケースでこうやって(飾って)、いっぱい集めてる。

吉岡:うわあ、それめっちゃ良いね。それ、楽しそう。

UR LIFESTYLE COLLEGE
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 18時00分~19時00分
出演者:吉岡里帆、ゲスト:島崎遥香
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

90年代初めの"サブカル・バンド"にはプレッシャーになった「浪漫飛行」の大ヒット

「宝島」を読んで悦に入っていた青春時代 ©STVラジオ

シンガーソングライターの松崎真人が、'70~'90年代の日本の曲・日本語の曲を厳選かけ流し(イントロからアウトロまでノーカット)でお届けするSTVラジオ『MUSIC☆J』。5月8日は、10曲目~12曲目の「つながり」にフォーカスします。

☆10曲目「浪漫飛行/米米CLUB」

松崎:言わずと知れた1990年度のオリコンで年間2位。米米CLUBの中でも特大級のヒットでございます。クレジットを見ると、アレンジが中崎英也で共同クレジットになってるんですね。作曲が米米CLUBアレンジがで米米CLUBと中崎英也というクレジットなので、こういう場合は往々にして、どこからが作曲でどこからが編曲かあまりこだわらないというパターンが多いんですけど、そうでないと当時、浪漫飛行が出るまで米米CLUBは、16ビートのファンクをやって、同時にステージでは面白いことをやって、シュールな前衛芸術なのか?お笑いなのか?というギリギリを攻めるマニア受けのバンドだと思われていたわけです。でも大所帯のバンドを維持するには、どっかでブレイクというか大ヒットが欲しいとうことで、狙って大トッと言うのはなかなか生まれないんですが、ここは狙って取ったというのはスゴいですね。

松崎:で、これ(浪漫飛行)も"元歌"がある曲でして、次の曲も同じ元ネタです。

☆11曲目「トゥナイト/佐野元春」

松崎:当時、佐野元春さんが自分でやっていた雑誌やFM番組の色んな情報を加味すると、恐らく、米米CLUBの浪漫飛行と同じ元ネタにスゴく触発されてるんじゃないかと思います。きょうは"3段逆スライド"でもう3曲目で元歌に行ってしまいます。「トゥナイト」の2年前のヒット曲ですね。歌詞で描かれている情景を含めて、同じニューヨークを描いている曲です。そこら辺も共通するんじゃないかと思いますね。

☆12曲目「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」

松崎:もうメロディーのどこを取って、どこをパクったとか、そういう次元じゃないんですよね。この単調な割とマシン的なリズムにシンセベースを♪ドンドンドンドンって行く感じ。で、米米CLUBの浪漫飛行が技ありなのは、全然テンポが違うんです、いま聴くと。元春さんの曲もそうですし、音の各要素で少しずつJOE JACKSONの良さを取り入れてるんですけど、やはりメロディじゃないというところと、小技の効かせ方に日本的な遊び、日本語の遊びが高等戦術として使われているところが、それぞれスゴいなと思うところです。

松崎:ちょっとだけ付け足すと、「浪漫飛行」とか「君がいるだけで」で米米CLUBが売れたコトって言うのは、同系統の「劇団系」とか「アート系」「パフォーマンス系」の(いわゆるサブカルチャー系)バンドが、"あなたたちも米米CLUBのように大きく売れて欲しい"というプレシャーを与えられる大きな遠因になっていたんです。例えば、「メンズ・ファイブ」とか、浜田麻里さんがいた「モダン・チョキチョキズ」とか、放っておいてもらえたら面白く活動が続けられたのに、「浪漫飛行」的な成功を、当時、90年代後半とかCDがパカパカ売れていた時代には、そういう面白いことやってるバンドにも大きいヒットを望むみたいな風潮がございまして、その白羽の矢が立ったバンドには、それなりに苦労したということです。これは"実話"込みでございますですね。

<5月8日のプレイリスト>
M01「Get Wild/TM Network」
M02「Dear My Friend/Every Little Thing」
M03「深い森/Do As Infinity」
M04「プリティー・プリティー/石野真子」
M05「恋のバッド・チューニング/沢田研二」
M06「ごはんができたよ/矢野顕子」
M07「五月のバラ/鹿内孝」
M08「飛んでイスタンブール/庄野真代」
M09「ペガサスの朝/五十嵐浩晃」

M10「浪漫飛行/米米CLUB」
M11「トゥナイト/佐野元春」
M12「STEPPIN’OUT/JOE JACKSON」
M13「青空のある限り/ザ・ワイルドワンズ」
M14「忘れ得ぬ君/ザ・テンプターズ」
M15「愛の挽歌/つなき&みどり」
M16「HURRY GO ROUND/hide with Spread Beaver」
M17「恋のマジックポーション/すかんち」
M18「丸ノ内サディスティック/椎名林檎」
M19「君は風/佐々木幸男」
M20「雨が空を捨てる日は/中島みゆき」

M21「ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ」
M22「紳士同盟/薬師丸ひろ子」
M23「泣かないで/舘ひろし」
M24「十戒(1984)/中森明菜」
M25「シャツのほころび涙のかけら/NSP」
M26「決められたリズム/井上陽水」
M27「ジュテー厶/坪倉唯子」
M28「ハナミズキ/一青窈」
M29「ホンダラ行進曲/ハナ肇とクレイジー・キャッツ」
M30「もうひとつの土曜日/浜田省吾」

<松崎真人の編集後記>
「恋のバッド・チューニング/沢田研二」。あの「TOKIO」の次のシングルとして制作陣のプレッシャーは大きかったと思うが、それを聴き手に悟らせない遊び心溢れる楽曲。女性コーラスにあのパタパタママで有名な「のこいのこ」さんを起用していたことは今回初めて知った。男と女は「ズレてる方がいい」というコンセプトは2021年にも通用するかも。

STVラジオ『MUSIC☆J』(毎週土曜 18:00~21:00)
 

Facebook

ページトップへ