島崎遥香、小泉今日子への憧れを語る「アイドルじゃなかったとしても…」

吉岡里帆さんがパーソナリティを務める、J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』。9月13日(日)の放送は、"ぱるる"こと、島崎遥香さんをゲストに迎え、島崎さんのアイドル時代やライフスタイルにまつわるエピソードで盛り上がりました。(J-WAVE『UR LIFESTYLE COLLEGE』9月13日(日)放送分)

吉岡里帆がパーソナリティを務めるラジオ番組

ぱるる、地元・さいたまスーパーアリーナでの思い出

今回の『UR LIFESTYLE COLLEGE』は、吉岡さんとの共演経験もある島崎遥香さんがゲストに登場! 島崎さんの音楽との出会いや吉岡さんとの共通点の話題で盛り上がる中、吉岡さんが島崎さんに送った手紙について語りました。

島崎:(AKB)総選挙の時だよね? それはすごく憶えてる。嬉しかった。

吉岡:そうそう。すごく緊張するって言ってて。

島崎:泣いたんだよ、私。それで。

吉岡:本当?「その時、何ができるんだろう」って思って。でも、知らない世界過ぎて。

島崎:メッセージカードに写メって送ってくれたの。

島崎さんはAKB48時代の忘れられないライブに、島崎さんの地元・埼玉で行った、さいたまスーパーアリーナでの公演を挙げました。

島崎:私がモーニング娘。さんのライブで初めて行ったのが、さいたまスーパーアリーナだったの。そこに自分が立っているっていう不思議感。まさか立つとは思っていないから。

吉岡:さいたまスーパーアリーナって、巨大じゃないですか。会場自体が。どんな感じなんですか? メンバーみんなで歌ったり踊ったりするって。

島崎:でもなんか、ありがたいことにドームツアーもやらせてもらったから、アリーナが小っちゃく見えちゃうんだよね。不思議な感覚で。

吉岡:そうなんだ。へえ、それ不思議だね。そんな感覚になったりするんだ。

島崎:アリーナだと普通にお客さんの顔も見えるしね。東京ドームだと奥までは見えないから。アイドルになってよかったことの中に入るのかわからないけど、そういう景色を見える人って少ないわけだから、それはいい経験をさせてもらったなあって思うかな。

吉岡:そうだよね。本当、数少ない人しか立てない場所ですもんね。

島崎:でも、その当時なんて分かってないから、若過ぎるし。それがすごい事だっていうのもあまり分かってないから、今になって事の重さを思うかなあ。

「小泉今日子さんになりたいかな」ぱるる、小泉今日子への憧れを語る

AKB48卒業後、女優業を中心に活動を続けている島崎さんが、芸能活動を続けていく中で大切にしている事、変わらない事について語りました。

島崎:なんかずっとね……アイドルを卒業したんだけど、ずっとアイドルでいるっていう感覚かな。ずっとアイドルっていうか、ずっと"ぱるる"みたいな感覚かな。

吉岡:じゃあ、周りから求められるものも感じ取れるって事だ。たとえば、"島崎遥香"っていう一人の人間がいるじゃない。"ぱるる"っていうあだ名にもキャラクターがついてて、みんなが想像する人間像みたいなのがあるわけじゃない。"ぱるる"っていう人に対してさ。それに応えていくわけでしょ。

島崎:そうそう。私、小泉今日子さんと共演させてもらった時に、すごくかっこよくて。でも、周りはみんな「ああ、キョンキョンだ」って感じなわけ。それが良いなあって思ったの。そこへの憧れもあるかもしれない。

吉岡:ああ、なるほどね。

島崎:でもさ、私たちの世代からしたら女優さんなんだけど、同世代の人たちからしたら"キョンキョン"なわけで、それがすごく良いなあって思った。小泉今日子さんになりたいかな(笑)。

吉岡:ははは(笑)。端的に言えば。

島崎:そう、ご本人にはそんな事言えてないんだけど、見ててすごい、なんだろうな……たとえ女優さんやアイドルじゃなかったとしても、小泉今日子さんは"キョンキョン"なんだよなあって、自分で勝手に思ってるの。それがいいなあっていう。

吉岡:じゃあ、もう"ぱるる"っていう概念になるみたいな事かな(笑)。面白い夢だね。

島崎:そうそう(笑)。だから今、女優さんとかアイドルとか「自分は何の職業ですか?」って言われたら、すごく今悩んじゃうんだよね。「何って言ったらいいんだろう」っていう。

吉岡:だから、あれだよね。肩書きがあって名前があるんじゃなくて、その肩書きはなく、もう"ぱるる"という肩書きになるっていう事が仕事っていうか生き方って事だよね。

島崎:なったら素敵だなあって思う。

吉岡:いやあ、なるよ。それは。なりたいって思った瞬間から絶対になれるし、なってるんじゃないかなあ。ファンの人にとっては変わらない事だから。面白い夢ですね。

ぱるるがときめいているアイテムは?

島崎さんは、快適に暮らすため心掛けている事に「物を増やさない事」を挙げ、生活感を無くすために物を誰かにあげたり、歯ブラシさえも棚に閉まったりしていた時期があったと語りました。また、「最近新しく買ったすごく胸ときめくもの」、「捨てずに置いているもの」への質問に対しての答えは……?

島崎:本当にときめいてる物でいい?(笑)

吉岡:いいよ(笑)。

島崎:テレビ台の横の額縁に、韓国の私の好きな俳優のチ・チャンウクさんっていう人がいるんだけど、その人の写真を額縁に置いてる(笑)。

吉岡:ははは(笑)。もうキュンとするんだ、見ると。

島崎:そう。その人を見ながら「頑張ろう」って。

吉岡:ブレないですねえ。

島崎:もう一つの質問は、"セボンスター"って分かる?

吉岡:セブンスター?

島崎:セブンスターはタバコだから(笑)。スーパーで子どもが買うお菓子コーナーで、おもちゃが付いてるキラキラのネックレスをコレクションしてるの。

吉岡:へえ。今でも集めてるんだ。

島崎:今でも集めてる。見かけると買う。

吉岡:じゃあ、結構な量あるんじゃないですか?

島崎:そう、結構ある。100均でちゃんとケースでこうやって(飾って)、いっぱい集めてる。

吉岡:うわあ、それめっちゃ良いね。それ、楽しそう。

UR LIFESTYLE COLLEGE
放送局:J-WAVE
放送日時:毎週日曜 18時00分~19時00分
出演者:吉岡里帆、ゲスト:島崎遥香
番組ホームページ
公式Twitter

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ