稲垣吾郎、19年ぶりフォトエッセイ『Blume』発売!「皆さんだったら、これはもう56冊くらい…」

稲垣吾郎さんが架空の女性誌の編集長となり、さまざまなトレンドやカルチャーを紹介する、文化放送『編集長 稲垣吾郎』。9月16日(水)の放送では、稲垣さんのフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』(9月18日(金)発売)の話題や、プライベートトークで盛り上がりました。(文化放送『編集長 稲垣吾郎』9月16日(水)放送分)

稲垣吾郎の過去の記事はこちら

19年ぶりのフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』発売!

9月18日(金)に、稲垣さんの19年ぶりとなるフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』(宝島社)が発売されます。

稲垣:これはもう、『編集長 稲垣吾郎』を聴いてくださっている皆さんだったら、56冊くらい買ってくれるんじゃないですか。56冊はちょっと、いくらなんでも? 確かに。5冊? 6冊?(笑)。 なんか、いっぱいちゃんと売れないと、編集と出版社の方に申し訳ないなあと思って(笑)。

フォトエッセイ『Blume』は、人気ファッション誌「GLOW」での連載「大人男子ライフ」に加筆し、単行本化したもので、未公開カットを含めたフォト・エッセイパート加えて稲垣さんのロングインタビューが収録されています。

稲垣:やっぱり全てスタッフと相談しながら、細かい事まで一つ一つ決めていった手作り感満載の『Blume』なんでね。僕もとても思い入れがありますし、皆さんにも気にいってもらえる内容になってるんじゃないのかなと思いますので。ね、56冊という事で(笑)。まあ、ちょっと「お財布も心配してくださいよ」って感じですよね。じゃあ、5冊? 6冊?

吾郎編集長、浅草でいちごスイーツを堪能

番組のメインコーナー「GORO's Search」では、渋谷に完全会員制のパフェバー「リメークイージー(RemakeEasy)」がオープンするメールを紹介。普段、甘い物をあまり食べないという稲垣さんは、浅草でいちご専門のスイーツ店に立ち寄った時のエピソードを語りました。

稲垣:僕、それ(お店)を見た時に、スターバックスさんの「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」を思い出したんですよ。僕、どうしても"ゴロっと"って名前が"吾郎"だけに気になったので。それで買って味わってみた話をしたと思うんですけれども。その事を思い出して、確かに「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」美味しかったなあって思って。

ただ、ここはいちご専門のスイーツ店なんで、どう違うのかなあって思って「すみません。いちごのスムージー1つください」って言って買ったんですよ。650円で。フラペチーノとは全然違う。いちごのスムージーが入ってて、上の方にはいちごを凍らせたものを、細かく砕いたものを添えてるわけですよ。だから、要は「ゴロッとフラペチーノ」とは違ったんですよ。とにかく、いちごスイーツ屋さんのいちごスムージーを飲んで美味しかったという話です。

いちごを凍らせたものを粉々にして、かき氷のようにして、一緒にパフェのようにして。太いストローで、暑い浅草の街を闊歩しながら、全身黒ずくめの男がいちごのスムージー飲んでるって、ちょっと皆さん想像してください。怖いですよね。肩にカメラとかぶら下げながら(笑)。でも、本当に美味しかったんですよね。もしかしたら本当、年々甘い物が好きになってきてるかもしれない。

主演舞台『No.9 -不滅の旋律-』再々演「何度もやりたいもんですよ」

リクエストコーナー「GORO's Break Time」では、稲垣さん主演の舞台『No.9 -不滅の旋律-』の再々演が発表された事を受け、『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』の再々演を希望するリスナーのメールが届きました。

稲垣:そうなんだよね。確かに『君の輝く夜に』も2回やってる。そっか、次やったら再々演になるのか。そうですね、やっぱり何度もやりたいもんですよ、一つの舞台。僕は飽きるって事がやっぱり無いですし。やればやるほど、やる時によって自分の状態とか世の中の流れとかによっても、違う作品になってきますしね。それは(舞台を)観る皆さんも同じだと思うんですけれども。

僕はやっぱり、この再々演とかをずっとやっていくっていう事を一つのライフワークとしてね、そういう作品がいくつかあるっていうものにはやっぱり憧れますよね。今回、『NO.9』の再々演は本当に嬉しいんですけれども、(『君の輝く夜に』脚本・演出担当の)鈴木聡さんとの作品でも、ずっと続けていけられるような作品があってもいいなあとは思うんですけれどもね。

編集長 稲垣吾郎
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 21時30分~22時00分
出演者:稲垣吾郎
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#編集長稲垣吾郎」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

三四郎「何をやったかも、話したかも覚えてない」冠ラジオ放送“346回”を突破 これまでの7年間を振り返る

1月14日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。記念すべき、346(サンシロー)回目の放送だったため、これまでの約7年間を振り返ったが、思い出に残っていることは昨年のことばかりと語る。

三四郎、この日のゲスト・リニアのしょうへい(中央左)、フレンチぶるの加瀬部駿介(中央右)

相田:今日は、放送回数346回目! “三四郎”ということですね!

小宮:もうちょっとで、丸7年。記念すべき346回目でございますね。

相田:そうなんですよね~。昨年は色々とね……東京国際フォーラムでイベントをやったり。

小宮:番組のファンクラブができたり。

相田:そうね。

小宮:思い出に残っているのは昨年のことばかり。

相田:ははははは(笑)

小宮:これ、いかに残らないかだよね、印象に。7年間やっていて、いかに残らないか。

相田:確かにね~。

小宮:スペシャルウィークのゲストとかを思い出したりしますけど、何をやったか思い出せます?

相田:う~ん……ちょっと、思い出せないですね。

小宮:いかに残らないかだよ。

相田:何をやったかって言われたら、確かに昨年の番組イベント『バチボコプレミアムライブリベンジ』が頭に残ってるね。

小宮:そうそう。(それ)以降はあんまり印象がないし、何をやったかも覚えてない。何を話したかも覚えてない。

相田:そうですね。

小宮:だから、ここまで続いたのは大したものでしょう? あんまり残らないのに(笑)

相田:ははははは(笑)

小宮:まあ、残らないこそ、よかったのかもしれない。

相田:逆にね。残っちゃってたらもう、パンパンになっちゃうもんね。

小宮:うん。ちゃんと残って続くのが一番いいんだけどね。本当はね。

相田:ちゃんと整理が出来てて、残るのが一番いいけどね(笑)

これまで、SNSのトレンドランキングで1位を獲得するなど、カオスな企画や三四郎ならではのゆるいトークで話題を呼んできた当番組。そのため、小宮は、7年間を振り返ってみても何を話したか記憶に残っていないと発言。しかし、記憶に残ってないことが逆によかったのかもしれないと語ると、相田も同調していた。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ