稲垣吾郎、19年ぶりフォトエッセイ『Blume』発売!「皆さんだったら、これはもう56冊くらい…」

稲垣吾郎さんが架空の女性誌の編集長となり、さまざまなトレンドやカルチャーを紹介する、文化放送『編集長 稲垣吾郎』。9月16日(水)の放送では、稲垣さんのフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』(9月18日(金)発売)の話題や、プライベートトークで盛り上がりました。(文化放送『編集長 稲垣吾郎』9月16日(水)放送分)

稲垣吾郎の過去の記事はこちら

19年ぶりのフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』発売!

9月18日(金)に、稲垣さんの19年ぶりとなるフォトエッセイ『Blume(ブルーメ)』(宝島社)が発売されます。

稲垣:これはもう、『編集長 稲垣吾郎』を聴いてくださっている皆さんだったら、56冊くらい買ってくれるんじゃないですか。56冊はちょっと、いくらなんでも? 確かに。5冊? 6冊?(笑)。 なんか、いっぱいちゃんと売れないと、編集と出版社の方に申し訳ないなあと思って(笑)。

フォトエッセイ『Blume』は、人気ファッション誌「GLOW」での連載「大人男子ライフ」に加筆し、単行本化したもので、未公開カットを含めたフォト・エッセイパート加えて稲垣さんのロングインタビューが収録されています。

稲垣:やっぱり全てスタッフと相談しながら、細かい事まで一つ一つ決めていった手作り感満載の『Blume』なんでね。僕もとても思い入れがありますし、皆さんにも気にいってもらえる内容になってるんじゃないのかなと思いますので。ね、56冊という事で(笑)。まあ、ちょっと「お財布も心配してくださいよ」って感じですよね。じゃあ、5冊? 6冊?

吾郎編集長、浅草でいちごスイーツを堪能

番組のメインコーナー「GORO's Search」では、渋谷に完全会員制のパフェバー「リメークイージー(RemakeEasy)」がオープンするメールを紹介。普段、甘い物をあまり食べないという稲垣さんは、浅草でいちご専門のスイーツ店に立ち寄った時のエピソードを語りました。

稲垣:僕、それ(お店)を見た時に、スターバックスさんの「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」を思い出したんですよ。僕、どうしても"ゴロっと"って名前が"吾郎"だけに気になったので。それで買って味わってみた話をしたと思うんですけれども。その事を思い出して、確かに「ゴロッと イチゴ フラペチーノ」美味しかったなあって思って。

ただ、ここはいちご専門のスイーツ店なんで、どう違うのかなあって思って「すみません。いちごのスムージー1つください」って言って買ったんですよ。650円で。フラペチーノとは全然違う。いちごのスムージーが入ってて、上の方にはいちごを凍らせたものを、細かく砕いたものを添えてるわけですよ。だから、要は「ゴロッとフラペチーノ」とは違ったんですよ。とにかく、いちごスイーツ屋さんのいちごスムージーを飲んで美味しかったという話です。

いちごを凍らせたものを粉々にして、かき氷のようにして、一緒にパフェのようにして。太いストローで、暑い浅草の街を闊歩しながら、全身黒ずくめの男がいちごのスムージー飲んでるって、ちょっと皆さん想像してください。怖いですよね。肩にカメラとかぶら下げながら(笑)。でも、本当に美味しかったんですよね。もしかしたら本当、年々甘い物が好きになってきてるかもしれない。

主演舞台『No.9 -不滅の旋律-』再々演「何度もやりたいもんですよ」

リクエストコーナー「GORO's Break Time」では、稲垣さん主演の舞台『No.9 -不滅の旋律-』の再々演が発表された事を受け、『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』の再々演を希望するリスナーのメールが届きました。

稲垣:そうなんだよね。確かに『君の輝く夜に』も2回やってる。そっか、次やったら再々演になるのか。そうですね、やっぱり何度もやりたいもんですよ、一つの舞台。僕は飽きるって事がやっぱり無いですし。やればやるほど、やる時によって自分の状態とか世の中の流れとかによっても、違う作品になってきますしね。それは(舞台を)観る皆さんも同じだと思うんですけれども。

僕はやっぱり、この再々演とかをずっとやっていくっていう事を一つのライフワークとしてね、そういう作品がいくつかあるっていうものにはやっぱり憧れますよね。今回、『NO.9』の再々演は本当に嬉しいんですけれども、(『君の輝く夜に』脚本・演出担当の)鈴木聡さんとの作品でも、ずっと続けていけられるような作品があってもいいなあとは思うんですけれどもね。

編集長 稲垣吾郎
放送局:文化放送
放送日時:毎週水曜 21時30分~22時00分
出演者:稲垣吾郎
番組ホームページ

Twitterハッシュタグは「#編集長稲垣吾郎」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

戦後沖縄初のアナウンサー 川平朝清がナビゲート!沖縄ならではのジャズ=ウチナージャズの魅力を探る特別番組をJ-WAVEでオンエア

左:ジョン・カビラ、右:川平朝清/番組収録は息子ジョン・カビラのサポートのもと実施

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、7月10日(日)22:00~22:54、沖縄で戦後のアナウンサー第1号となった川平朝清(94歳)のナビゲートで、「沖縄ジャズの戦後史」をテーマにした特別番組『J-WAVE SELECTION UCHINA JAZZ CHRONICLE ~沖縄ジャズの戦後史~』をオンエアいたします。

米軍統治下にあった沖縄では、基地内に兵士のための20以上のジャズクラブが立ち並び、ビックバンドのコンサートが頻繁に開かれていました。1950~60年代には沖縄だけで400人以上ものミュージシャンが基地での演奏に従事し、売れっ子ミュージシャンともなると高給が保証される全盛時代を迎えます。しかし、1972年の日本本土復帰により状況が一変。400人以上いたプレイヤーの9割は失業し、ジャズマンたちの仕事場はホテルのラウンジやライブハウスに移っていきます。その後、沖縄のジャズは、沖縄ならではの要素を吸収しつつ、独特の発展を遂げていきます。

今年5月、沖縄が本土復帰50年の節目を迎えました。この番組では、長兄の朝申さんと共に米軍政府運営の下「AKAR」を設立し、沖縄で戦後のアナウンサー第1号となった川平朝清のナビゲートで、沖縄ならではのジャズの発展を振り返ります。

今なお現役ミュージシャンとして沖縄ジャズをけん引するドラマー 上原昌栄(86歳)をはじめ、これまでウチナージャズを支えてきたミュージシャンや関係者たちにインタビューを実施。長い時をかけて、沖縄ならではのジャズに昇華した「ウチナージャズ」の魅力を探るとともに、ジャズから見た沖縄の戦後史に迫ります。

番組内容

① 川平朝清 沖縄のジャズの思い出
沖縄で戦後初のアナウンサーとしてラジオ番組を担当していた頃の沖縄ジャズシーンを振り返ります。

220704_uchinajazz_2.jpg


②ウチナージャズプレイヤー それぞれの戦後史
上原昌栄ほか、ウチナージャズプレイヤーたちがそれぞれがどのように戦後ジャズと関わってきたかを紐解きます。

220704_uchinajazz_3.jpg


③『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』レコーディングの様子
真栄里英樹の総合プロデュースのもと、ウチナージャズプレイヤーが集結し制作されたアルバム『ウチナー・ジャズ・ゴーズ・オン』のレコーディングに潜入。同アルバムには、沖縄の新世代ビッグバンド・メンバーと、戦後米軍基地のクラブで活躍したレジェンド・ミュージシャンたちが融合した、<ウチナージャズ>が全15曲収録されています。真栄里英樹に加え、女性ジャズ・ヴォーカルの継承者 安富祖貴子、そして同レコーディングに最年長として参加した、今年92歳になる現役サックス・プレイヤー アラン・カヒーペのインタビューを交えながら、ウチナージャズの現在をお届けします。

220704_uchinajazz_jacket.jpg

番組概要

放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE SELECTION UCHINA JAZZ CHRONICLE ~沖縄ジャズの戦後史~
放送日時:2022年7月10日(日)22:00~22:54
ナビゲーター:川平朝清
番組サイト: https://www.j-wave.co.jp/original/jwaveplus/

Facebook

ページトップへ