Creepy Nuts・R-指定、木村拓哉へのリスペクトが炸裂!「俺だけの呼び方をしたい」

木村拓哉さんがパーソナリティを務める、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』。11月のマンスリーゲストは、Creepy Nuts・R-指定さん、DJ松永さんです。11月1日(日)の放送では、R-指定さんが木村さんへのリスペクトを熱く語りました。(TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』11月1日(日)放送分)

木村拓哉、爆笑問題・太田からのメールを紹介「こんなことができるのはお前だけだぞ」

R-指定、"木村"と呼び捨てにする理由

木村拓哉さんと親交のある方をゲストに迎えてお送りする『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』。11月のマンスリーゲストは、Creepy Nuts・R-指定さん、DJ松永さんです。

今回が木村さんと初対面のCreepy Nutsは、リスナーからのメールでR-指定さんの木村さんに対するリスペクトぶりや、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演した際、R-指定さんが“木村”と呼ぶパフォーマンスを披露していた事を指摘されました。

R-指定:いや、会うと思ってないから……。まさか本当に会えると思ってないから(苦笑)。

木村:でも、その……「ああ、"木村"ね」っていうのは、やっぱりそういう事で合ってるんですか?

R-指定:いや、あの……基本的にまず敬称略の件というか、呼び捨ての件はちょっと申し訳ないんですけど(苦笑)。ゴジラとかスーパーマンとかに"さん"って付けないじゃないですか。もう、それ級なんですよ。俺からしたら。

木村:"ゴジラさん"。まあ、確かにおかしいですね。"ウルトラマンさん"っておかしいですよね。

R-指定:そうなんですよ。そのレベルで……あと皆さん、木村さんの事を"キムタク"って呼んだりするじゃないですか。で、ちょっとやっぱこのなんか……「俺だけの呼び方をしたい」というのがありまして、いろいろな結果、"木村"と呼んじゃってるわけなんですよ。

木村:いやいや、クラスの同級生もしくは担任の先生にしか言われない呼び名ですよね。「木村!」って。

またR-指定さんは、粋な事をしたりカッコいい行動をしたりする事を"木村" と呼んでおり、木村さんへの想いを熱く語りました。

R-指定:俺ら世代からしたら本当に、辞書で"男前"とか"かっこいい"の欄を引くと"木村拓哉"って辞書に書いてあるくらいの……。

木村:いや、そんな辞書は出版されてないですよ。

R-指定:はは(笑)。俺だけか(笑)。

DJ松永:確かにそんなの書店で見た事はないね(笑)。

キムタクは「平成のアカレンジャー」?

以前から「平成=木村だ!」、「俺は木村拓哉に憧れてロン毛にしている」など木村さんへのリスペクトを欠かさないR-指定さん。「平成=木村」についての意味を自ら説明しました。

R-指定:平成を振り返った時に、日本の人間全員でアベンジャーズを作ったり戦隊ヒーローを作ったりした時に、平成のアカレンジャーが木村さんなんですよ。

木村:あ、マジっすか。へ~。

R-指定:俺らの中でマジで。で、振り返った時に「いや平成って、マジ木村さんの年やったよなあ」って。「その時代のアカレンジャーやんな」みたいな。

木村:マジで~?

R-指定:その上、これ「平成=木村」って言ってますけど、令和も木村って言って終わってますからね(笑)。

木村:いやいやいや。え~、嬉しいなあ、でもそういう風に言ってもらえると。でも面白いですよね。"平成のアベンジャーズ"って言っておいて、アカレンジャーっていう。

R-指定:あ、そうや、アイアンマンや(笑)。

木村:相当、人数がギューンっと減るっていうね。

R-指定:アイアンマンやった(笑)。

DJ松永:めちゃめちゃ絞られた(笑)。

DJ松永、自身のDJスタイルを振り返る

木村さんは、DJ松永さんの見た目を「TOKYO FMのいちスタッフ」や「エンジニアリングをしてそうな人」と例えつつ、DJでの輝かしい実績とのギャップに疑問を感じます。

木村:おかしくないですか……?

DJ松永:おかしくないですよ(笑)。

木村:いや、なんか僕の勝手な印象ね。DJをやってる人って、それこそ見た目的にはピュアではなく、ちょっとキャップを斜めに被りなのか、ちょっとデカめのオーバーサイズのTシャツを着てるのか、指輪をちょっとゴロゴロさせて、「あ……お願いします」っていうちょっと気だるそうに漂わせてるのかなあって思ったら、「なに、この好青年!」みたいな人が世界一のDJの称号を持ってるんですよね。

DJ松永:一応、そうです(笑)。一応そうなんですよ。

木村:不思議だな~。

DJ松永:やっぱり天邪鬼な精神でHIP HOP聴いてたりしたんですよ。それこそみんながJ-POPを聴いてる中で中学2年生の俺がHIP HOP聴いてて、誰も聴いていない世界に触れてる優越感みたいなものがあって気持ち良かったんですけど。で、その格好をして初めてクラブに行った時に、全員俺と同じ格好をしていたんですよ。

そうなってくると天邪鬼精神的に「あれ? 俺、結局制服着てる感じになってるな」とか思って。でも、やっぱり「ちゃんとHIP HOPらしい格好をした方が正義だな」と思ってそういう格好をしてたんですけども、やっていけばやっていくほどHIP HOPは自分らしくある事が重要だとか、自分に自信がついていけば「あ、なんかHIP HOPっぽい格好に身を包まなくてもいいのかも」と思って、どんどん自分に自信がついていった結果こうなったんですよね。HIP HOPらしくない、DJらしくない格好に変化を辿っていったんですよねえ。

木村:そこで松永さん的に「あれ……何? 制服じゃん」っていう天邪鬼というか、ご本人は天邪鬼っておっしゃってるけど、その視点を持てたのはすごいっすよねえ。

DJ松永:ああ、本当ですか。でもなんかやっぱり、出が不良じゃないんで……。

木村:ああ、それをまたまっすぐ言う感じもね(笑)。割とフェイク入れて「俺、ちょっと昔悪さしてたんで」っていうのが割と今までの流れでいうと多かったように思うんですけど、そっち出身じゃないんですね。

DJ松永:そう、違うんですよ。そもそもその時点で自分は違うっていう意識があったんで、自分らしくいられた方が楽なんですよね。でも自分らしくいられるには、ちゃんとDJの自信がないとやっぱり自分らしくいられる度胸がつかなかったですけど。

木村:面白い。面白いぞ、今日のゲスト。

Creepy Nutsがコロナ禍で感じた事

またCreepy Nutsは、コロナ禍での音楽活動で感じた事について、木村さんからの質問に答える形で語りました。

R-指定:この期間はひたすら曲を作ってましたねえ。家に2人とも籠って曲を作るという事しかなかったんで、緊急事態宣言の時はずっとお互い家で曲を作ってましたし、でも逆に言うと、純粋な意味ですごく音楽だけに、制作に向き合えたのかなみたいな。でも、その期間が終わるとライブしたいわけじゃないですか。でもやっぱりライブができないと。

今、配信ライブとかもちょくちょくやらせてもらったりとか、ちょっとずつお客さんを入れるライブとかも本当に数える程度でできるようになったんですけど、やっぱりライブができないっていう状況がこんなにアーティストにとってしんどいやなっていうのは、お互いほんまにびっくりするくらい改めて自覚させられたみたいな。それまで毎週ライブが結構入ってたりとか、曲作りもせなあかん、ライブもせなあかんみたいにブワァっとなってて……。

木村:ライブっていう実際に人の前で、それこそ自分たちの作ったものをすごく熱く受け止めてくれる人たちがいるっていう現状と、自分たちで新しいものを作るっていうクリエイトの天秤が、今までは均等に保たれていたりとか。もしくはライブの比重がちょっと重くなってくると、より良いものを会場に持っていきたいからちゃんと作らなきゃっていうので、天秤がすごくいい感じで取れていたと思うんですけど。

DJ松永:自分の自覚としては、ライブに向かう時に「いいライブしなきゃ」とか「かまさなきゃ」みたいな感じとか、乗り切るみたいな意識でライブをやってたんですけど、ライブをやってないと結構精神的な健康が蝕まれていったんですよね。

R-指定:だから、ほんまはむしろ"勝負"っていう感じやったんですよ、それまでは。毎回のライブが「この現場、外されへん」っていうのが毎日って感じやったんですけど。そんな事よりも勝負とかよりも、もっと俺らの根源に関わるとか。

DJ松永:やっぱり、何で人前に立ってDJやり始めたかというと、めっちゃ人前に出てカッコつけたいんですよね。それで、ちゃんと歓声を浴びて称賛を浴びたい。自分の持っているナルシストな自分を全部フルに出したいからやっぱりステージに立ってたんですよ。でもそれが無くなると、そういう自分を昇華できる場所が全くなくて、まっすぐ歓声を浴びたいみたいな自分が全く報われなくて。

結構それでガタガタと崩れたりとかして。このタイミングになって「あ、めっちゃ俺ナルシストなんだな」って気付いたんですよね。「めっちゃカッコつけたいんだな、俺」ってのが。ライブが無くなってこのタイミングでめっちゃ気付きましたね。「ちゃんとストレートにカッコいいって思われたいんだ、俺」って。

木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送局:TOKYO FM
放送日時:毎週日曜 11時30分~11時55分
出演者:木村拓哉、ゲスト:Creepy Nuts(R-指定、DJ松永)
番組ホームページ
公式Twitter

Twitterハッシュタグは「#フロウさん」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

原油価格高止まりか ~OPECプラスが原油増産計画維持を決定

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月3日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。原油の増産計画を維持するとしたOPECプラスの発表について解説した。

OPECのロゴと石油ポンプの模型=2020年4月(ロイター=共同) ©共同通信社

OPECプラス、原油の増産計画の維持を決定

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は12月2日、現在の原油増産計画を2022年1月も維持すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面は影響を見極める必要があると判断した模様。

飯田)「増産のペースを維持」と出ていますが。

宮家)それ以上ペースを上げる気はないと。

飯田)上げる気はない。

宮家)ようやく石油価格が上がって来たところで、オミクロン株の影響でまた収縮してしまったら困るため、このままで行くということです。私なりに理解している大きな流れを申し上げると、トランプ政権の時代には「温暖化? そんなものは関係ない」と、シェールオイルを増産したのです。そうすると供給が増えますから値段が下がる。それで産油国が困ってしまったわけでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)ところがバイデンさんになったら、「あれ? いやいや、逆だろ」と。「温暖化が大変だ。厳しくやらなければいけない」となって、シェール生産は制限される。そうなると今度は供給が下がります。コロナがやや収束し、また経済を頑張らなければということで、需要が上向きになったので、「バーン」と価格が上がって来たわけですよ。

アメリカが最も困っているのは原油価格ではなくインフレ

宮家)オミクロン株がどうなるかは別として、いまアメリカが最も困っているのは、石油価格だけではなくインフレです。サプライチェーンの問題もあるし、労働力不足で賃金も上がっています。これを何とかしないと、バイデンさんは次の中間選挙が危ないわけですよ。

飯田)中間選挙が。

宮家)それで必死なのだけれども、いま申し上げた通り、OPECに何かを頼んでも言うことを聞いてくれないわけです。価格が下がったときに助けてくれなかったではないかと言われるでしょう。

飯田)そうですよね。

宮家)これは怒りますよね。

飯田)マイナスの値段になりましたからね。

原油価格は高止まりか ~オミクロン株もあり、様子見の状況

宮家)そこでバイデンさんは原油の備蓄を放出することにした。しかし、放出すると言っても、数日分の原油を放出したところで、マーケットに大きな効果はありません。ただ、産油国へのメッセージにはなる。

飯田)なるほど。

宮家)OPECプラスは現状維持ということではありますが、消費国側からすれば、思ったように増産が進まないと。つまり当面、原油価格は高止まりになる可能性があるのだと思います。

飯田)足元のWTI原油、アメリカのニューヨーク市場では、1バレルあたり67ドル42セント。北海ブレントが70ドル43セントです。

宮家)少し下がりましたね。

飯田)80ドルを超えたところからは少し下がりましたが、これ以上は下がらないという感じですか?

宮家)この辺りで止まることを考えているのだと思います。様子見ですよ。

飯田)様子見。

宮家)結局、オミクロン株がどの程度拡大するかによって、戦略を練り直すことはあるかも知れません。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ