北海道の魅力や2人の仲の良さをお届けしたい!『クリエイターズ』北の打ち師達インタビュー

ここ数年、″インフルエンサー“として幅広い世代に影響を与えるYouTuberがパーソナリティを務めている東海ラジオ『クリエイターズ』。今回は、月曜日を担当する北の打ち師達のインタビューをお届けします。

北海道の魅力や2人の仲の良さをお届けしたい

ーーご自身が思う番組の魅力や、注目して欲しいポイントを教えてください。

ふぇると:北海道出身なので、北海道の魅力や地元ならではのトーク。2人の仲の良さをお届けしたいと思います。

はるくん:普段YouTubeでは見せないプライベートな部分や動画の裏側をたくさん話していきたいと思います。

ラジオでお互いに面と向かって話すのはちょっと緊張する

ーー普段活動されているYouTubeとラジオの違いはありますか? また、逆に共通する点はありますか?

ふぇると:ラジオのように、声だけで場面が展開していくことは中々無い機会なので、声色で感情を伝えるのが大変そうです。「聴いている皆さんを楽しませる」という点は共通しているので、精一杯がんばります!

はるくん:普段はカメラの前で2人横に座って話すので、面と向かって話すのはちょっと緊張します。聴いてくれる方に分かりやすく伝わるように話そうと考えるのは、共通しているかもしれません!

ーー元々ラジオは聴く方でしたか? 好きな番組や普段聴いている番組があれば教えてください。

ふぇると:あまり聴く機会はなかったです。

はるくん:あまり聴く方ではなかったのですが、父親が昔ラジオパーソナリティをやっていてすごく楽しそうだったので、いつかやってみたいとずっと思っていました。

1回の放送で5回くらいクスッとさせる自信がある

ーーこれから番組でやりたいことや挑戦してみたいことを教えてください。

ふぇると:ゲストを交えてのトークコーナーや、リスナーさんとの生電話などをやってみたいです。

はるくん:日々の動画の裏話をしたり、特別ゲストを招いたりしてみたいです。

ーー最後に番組を聴いているリスナー、radiko news読者に向けたメッセージをお願いします。

ふぇると:ラジオのレギュラーを初めて務めるので、グダグダしてしまうこともあると思いますが、聴いている皆さんに楽しんでもらえるように、僕らも楽しみます!

はるくん:1回の放送で5回くらいクスッとさせる自信があるので、ぜひ聴いてください!

【北の打ち師プロフィール】      
北海道出身の「ふぇると」と「はるくん」の2人からなるマルチクリエイター。代表作は「君の名は。」の楽曲でパフォーマンスしたヲタ芸動画や1週間生活、24時間生活などの人気企画がある。
また、日常動画では2人で面白いコンテンツを配信。彼ら独自のネタや高い編集技術は、北の打ち師達の強みになっている。

ふぇると
高い編集技術と企画力を持っており、リーダーとして活躍。ヲタ芸に関してもパフォーマンスに定評がある。

はるくん
ふぇるととは高校時代の同級生。基本は演者として活躍している。ルックスの良さやファッションセンスに定評があり女性人気も高い。コミュニケーション力が高く独自の言い回しやトークが人気!

北の打ち師達出演『クリエイターズ』(月曜日)

2020年12月7日(月)に放送スタート。ヲタ芸動画、1週間生活、24時間生活などの人気企画で注目を集めているマルチクリエイター・北の打ち師達が、初めてラジオ番組のレギュラーパーソナリティに挑戦します。

クリエイターズ(月曜日)
放送局:TOKAI RADIO
放送日時:毎週月曜 25時00分~26時00分
出演者:北の打ち師達
番組ホームページ
公式Twitter

番組ハッシュタグは「#キタウチラジオ」

※放送情報は変更となる場合があります。

ラジコをスマートフォンで聴く

ラジコをパソコンで聴く

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

5月12日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ